Mobile:NEWS 2003年4月15日 03:33 PM 更新

KDDIとツーカーも、カメラ画像サービスで閲覧制限

添付メールではなく、本文中にURLを記載する形で画像を送信するサービスに、次々と閲覧制限が行われる。ドコモに続き、KDDIとツーカーも閲覧の回数制限を行う

 KDDIとツーカーグループは4月15日、携帯のカメラで撮影した写真の送信サービス「フォトメール便」(KDDI)と「ピクチャーメール」(ツーカー)のアクセスに50回までの回数制限を行うと発表した。実施時期はそれぞれ5月7日から。

 同サービスは、撮影した画像をメールに添付して送信すると、受信した相手は本文中のURLにアクセスすることで写真を閲覧できるもの。NTTドコモのiモードなど、添付メールを受信できない端末宛にも画像を送信できるのが特徴。

 両社はアクセス制限の理由として、出会い系サイトなどで不特定多数に向けて公序良俗に反する画像を公開することを防ぐためとしている。

 添付ファイルが利用できないドコモのiショット端末では、すべての画像付きメールが、本文中にURLが記載される形でやり取りされる。そのため、早くから不特定多数に向けた公開が問題となっており、今年2月17日から閲覧制限を行っている(1月20日の記事参照)。

 なお、J-フォンも「@写メール」という名称で同様のサービスを行っているが、「現在のところ、アクセス回数を制限する予定はない」としている。



関連記事
▼ iショット閲覧制限〜画像対応出会い系サイトが遠因?
昨今の「出会い系サイト」では画像対応が盛んだ。多くのサイトでは自前のシステムを用意しているが、iショットサーバを利用して画像を表示させることもできる。iショットの閲覧制限にはそのあたりに要因があったようだ

▼ ドコモの「iショット」、画像の閲覧回数を制限
ドコモは同社の静止画メールサービス「iショット」において、2月17日よりiショットセンターに保存されている画像の閲覧回数を制限する

▼ KDDI、カメラ付きムービー端末発表
KDDIは、カメラ内蔵の4機種を9月20日から投入する。最上位機種となる「A5301T」は、撮影した動画をメールで送信することもできる。また月額1200円で0.1円/パケットとなるオプションプランも提供する

▼ J-フォンの写メールをiモードに送ろう
写メールをiモードなどほかのキャリアの携帯電話からも閲覧できるサービスが相次いで2つ、発表された

▼ iショットは写メールを超えられるか?
ドコモがカメラ付き携帯を投入する。「写メールの後追い」であることは確かだが、高性能の端末を用意し、「iショット」というiモード向けの画像送信・変換サービスも用意した。実機発売前だが、その実力を考察してみよう


関連リンク
▼ ツーカーセルラー東京 プレスリリース
▼ KDDI
▼ ツーカー

[斎藤健二, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!