Mobile:NEWS 2003年4月21日 04:13 PM 更新

カメラ付き端末シェアトップはシャープ〜ガートナー

2002年に販売された携帯電話のうち36.4%はカメラ付き。うち、シェアトップはシャープだった。今後もカメラ付き端末が市場を牽引するが、インターネット接続やカラー液晶ほどの需要喚起は難しいとガートナーは見ている

 ガートナー ジャパンは4月21日、2002年の国内携帯電話端末販売台数を発表した。第4四半期(10−12月期)にはカメラ付き端末が販売を牽引したものの、通期では対前年比3%減の3939万台となり、2年連続で前年割れとなった。

2002年(参考)2001年対前年成長率
ベンダー販売台数シェア販売台数シェア
NEC781万750019.8%1149万750028.3%-32%
パナソニック646万450016.4%728万600017.9%-11.3%
シャープ528万550013.4%302万22007.4%74.9%
東芝306万66007.8%177万5004.4%73.2%
三菱電機302万92007.7%363万26008.9%-16.6%
その他1372万580034.9%1339万240033.1%2.5%
合計3938万9100100%4060万1200100%-3.0%

 カメラ付き端末は2002年に急速に販売を伸ばした。総販売数に占める割合は、第1四半期は15.7%だったが第4四半期では57.3%に達し、通年では36.4%となった。

2002年、カメラ付き端末シェア

 カメラ付きの中で大きなシェアを獲得したのがシャープだ。シェア36.2%で1位。年間で519万5800台を販売した。ただしガートナーは「カメラ付き端末を提供するベンダーが増加するにつれ、圧倒的な優位性は次第に失われつつある」としている。

 2位の三洋電機は、au向けおよびJ-フォン向けが好調。12.9%のシェアを獲得した。

 3位は11.3%のシェアを獲得したNEC。ドコモ向けのカメラ付き端末投入で遅れをとったものの、発売後急速に販売数を伸ばした結果、通年で3位に食い込んだ。


三洋電機は、三洋テレコミュニケーションおよび三洋マルチメディア鳥取の合計

新規は減少、買い換え喚起の大型サービスはなし

 これまで、携帯電話の新規契約は年間約1000万のペースで推移してきたが、2002年は641万と大幅に減少した(4月7日の記事参照)。今後も新規購入は減少が続くと見られる。

 一方で買い換え需要も厳しいとガートナーは見ている。今後、カメラ付き端末の高機能化、動画対応化によって新たな買い換え需要が喚起されると予想されるが、「その需要の規模は、モバイル・インターネットやカラー液晶などが喚起した需要に比べると相対的に小さいものになると考えられる」(ガートナー)。

 ガートナーによると、携帯電話市場は既に右肩上がりの成長フェーズを終えており、2004年以降も基本的に年4000万台をベースに、ほぼ横ばいで推移するもようだ。



関連記事
▼ iショット900万突破〜機能普及を数字で見る
「カメラ付きならJ-フォン」という人々の印象とは異なり、ドコモのiショットが急激な追い上げを見せている。503i、504iのシェアなどを、ドコモの発表からまとめてみた

▼ 2強から混戦へ〜国内携帯シェア争い
マルチメディア総研の調査によると、2002年度の携帯電話シェア争いは、NECとパナソニックの2強時代が終わりを告げた。2強がシェアを落とす中、シャープと東芝が躍進し「混戦に突入した」

▼ 携帯電話出荷台数、4カ月連続で前年比プラス──JEITA
電子情報技術産業協会(JEITA)は4月8日、移動電話の2003年2月国内出荷実績を発表した。国内出荷数量は363万3000台。4カ月連続で前年比でプラスに

▼ 携帯電話市場は2002年以降、緩やかな成長へ〜ガートナー
2001年に前年割れした国内携帯電話市場だが、2002年以降はカメラ内蔵端末やCDMA2000 1x、PDC高速パケット端末などによって需要が牽引されるとガートナーは見ている


関連リンク
▼ ガートナー ジャパン

[斎藤健二, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!