Mobile:NEWS 2003年5月16日 02:29 PM 更新

京セラの液晶回転「A5305K」、2万円を切って登場

液晶が回転するau端末「A5305K」が本日店頭に並んだ。カラーは赤のみで、価格は2万円を切っている

 KDDIの液晶回転型端末「A5305K」が本日店頭に並んだ。ムービー、GPS、Javaに対応したハイエンド端末ながら、価格は2万円を切る1万9800円(都内量販店での新規価格。ZDNet調べ)。カラーは当初「フォーミュラレッド」のみで、今後シルバーとゴールドが登場する。


 KDDIは、これまで新規契約の際に必要だった契約事務手数料を、5月1日から全国一律で翌月の利用料と合わせて請求する形に変更している。量販店などでは、これまで手数料2700円を合算した形で価格を表示する場合が多かったため、この分を加味するとA5305Kの価格は従来のA5000シリーズの登場時価格とそれほど変わらない。

 A5305Kは、閉じた状態でメイン液晶が表に出ている回転型端末。液晶部を横に180度回転させることでダイヤルキーが現れる。撮影後、液晶を回転させると自動的にメール作成画面が現れるなど、回転動作を組み込んだインタフェースが特徴。33万画素CMOSカメラは背面に位置し、レンズカバーも備える。



関連記事
▼ 回転する「A5305K」、16日にお目見え
液晶“横回転”型の端末が、今週末、店頭に並ぶ

▼ 写真で見る、リボルバースタイルの「A5305K」
回転には意味がある──そんな発想から設計された京セラ製のau端末「A5305K」を写真で見ていこう

▼ 「A5305K」の回転は、ストレート端末の究極の進化形
京セラがリリースする「A5305K」は回転する液晶が特徴。リボルバースタイルと呼ばれるこの機構は、必然的な進化を形にしたものだという

▼ リボルバースタイルいきますか──中村獅童も納得の「A5305K」
パンクにも通じる歌舞伎役者のスピリッツを大切にしたい──斬新な風貌と古典を愛する心を併せ持つ歌舞伎役者、中村獅童。A5305Kのイメージキャラクターとしてまさにハマり役だ

▼ au、回転タイプのムービー端末「A5305K」発表
KDDIと沖縄セルラーは、CDMA2000 1x/ムービーメールに対応した新端末「A5305K」を発表した。メインディスプレイ側が180度回転する「ターンタイプ」デザインを採用している

▼ 回転型端末〜液晶が回らなくてはいけなかった理由
ドコモの「SO505i」、KDDIの「A5305K」。いずれも液晶が横に回転する“回転型”の端末だ。デザインの奇抜さばかりが目立つが、“回転”の背景には、回らなくてはいけなかった必然性がある


関連リンク
▼ KDDI

[斎藤健二, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!