Mobile:NEWS 2003年5月29日 04:24 PM 更新

FlashがあってこそのQVGA液晶〜バンダイのコンテンツ戦略(1/2)

504iシリーズ向けエンタテインメント系サイトで常に上位を占めるバンダイネットワークス。さらにリッチになった505iでは、どの機能に注目し、コンテンツを開発したのか

 「SIMPLE100シリーズ」「機動戦士ガンダムMobile Operation i」「3D育てて!シリーズ」──504i専用ゲームサイトでトップ3を独占するのがバンダイネットワークスだ。

 さらに機能が強化された505iシリーズでは、どの機能に注目し、どんなアプリを投入するのか──。その戦略をバンダイネットワークスの高橋豊志常務に聞いた。

今回の機能強化はコンテンツプロバイダが望んでいたこと

 QVGA液晶の標準搭載、2倍に拡張されたスクラッチパッド(4月18日の記事参照)、ネイティブアプリケーションとJavaとの連携強化、表現力の増した3Dエンジン(5月14日の記事参照)、Javaからの赤外線リモコン制御、Flashへの対応(2月24日の記事参照)──これらは505iシリーズから搭載された新しい機能の数々だ。

 「新しい機能はいろいろあるが、今回搭載されたのは、携帯電話が発達していく上で必要不可欠な機能」というのが505iシリーズに対する高橋氏の印象だ。

 新しい端末、新しいサービスが出てこないと、「携帯先進国日本」の進化が止まってしまい、携帯キャリア/コンテンツプロバイダ/端末メーカーともにビジネスが行き詰まってしまう。win-win関係を維持するためにはユーザーにとって魅力的なサービスを次々と展開しなければならない。「それをドコモはうまく推進しており、コンテンツプロバイダとしても助かっている」と高橋氏は話す。「コンテンツをリッチにしつつ、いろいろなプラットフォームに対して携帯が連動するという形を実現している」。

 例えば、「Flash対応1つとってもそこには必然性がある」。いくら液晶が大きくなってもそれを生かす「何か」がなければせっかく搭載した意味がない。

 もちろんメガピクセルクラスのカメラ搭載機ではそれが生きてくるが、505iシリーズすべてに高機能なカメラが搭載されるわけではない。ドコモは505iシリーズにQVGA液晶搭載するにあたって、QVGAを生かせる「何か」にFlashを選んだ。

 「(QVGAの大きな液晶に)アニメーションを表示させるためにはGIFやJPEGは力不足。FlashがなかったらQVGA対応のアニメーションサイトはつまらなくなってしまった可能性が大きい。せっかくの大画面を生かせなかっただろう」(高橋氏)。

 この機能を使ったのが505i向け「i動くキャラクターメール」「キャラくるメール!」「iキャラっぱ!」といったコンテンツ。これまで静止画やパラパラアニメだったグリーティングメールや待ち受け画面を、なめらかなアニメーションで楽しめるようになった。

注目の機能はどんなゲームに反映されるのか

 ほかに高橋氏が505iのiアプリDXで注目する機能は(1)端末内のネイティブアプリとの連携 (2)進化した3Dポリゴンエンジンの搭載 (3) iアプリから制御可能になった赤外線機能。

 表現力が増した3Dポリゴンエンジンは、「3D育てて!シリーズ」のペットや、「機動戦士ガンダム Mobile Operation i」をよりリアルなものに進化させたという。

 例えばこれまでの「3D育てて!シリーズ」は、ペットは3Dでも背景は2D。複数の3Dモデルを共存させられなかった。新しい3Dエンジンではそれが可能になり、「部屋の中にある椅子の上にペットが乗ったり、ボールにじゃれたりできる」。「機動戦士ガンダム」も、ガンダムとザクが縦横無尽に動いて戦い合うような表現が可能になり、ファミコンユーザーがスーパーファミコンの3Dゲームを初めて遊んだときのようなインパクトがあるという。


愛犬育成シミュレーション「遊んで!いぬとも」の画面。504iシリーズでは2Dだった背景が(2002年5月21日の記事参照)、505iシリーズ向けのものでは3Dで表現できるようになった

(C)エイチアイ・バンダイネットワークス 2003


「機動戦士ガンダム Mobile Operation i」も、1つのシーンに複数キャラクターを共存させられるようになった

(C)創通エージェンシー・サンライズ

 ネイティブアプリとの連携は、「キティ&サンリオメール」に生かされた。メールが来ると、待ち受け画面上のサンリオキャラクターがリアルタイムに知らせてくれ、着信履歴や受信履歴も端末の機能を使う必要なくアプリ上で確認できる。


「キティ&サンリオメール」。端末内部のアドレス帳や着信履歴をアプリと連携させられるので、端末にあらかじめ内蔵されたアプリのような感覚でメールを出せる

(C)75,76,82,84,88,96,98,02 SANRIO CO.,LTD.

 また「おもちゃメーカーならでは」を活かせる機能として、iアプリから制御できるようになった赤外線機能は使っていきたいと高橋氏。赤外線で玩具をコントロールするようなことも検討中だ。

[後藤祥子, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

前のページ | 1/2 | 次のページ



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!