Mobile:NEWS 2003年8月11日 05:29 PM 更新

透過型液晶【とうかがたえきしょう】


 透過型液晶とは、バックライトを利用し、裏側から光を透過させて表示を行う液晶デバイスのこと。一般的なPCの液晶ディスプレイには、ほとんど透過型が使われている。

 そもそも液晶は、有機EL(用語参照)やLEDなどと違い自ら発光することはない。そのため、液晶画面に文字などを表示するには、何かしらの光源が必要となる。透過型液晶は、液晶の裏にライトを置いて、そのライトを光源として表示を行う。

 透過型液晶のメリットは、PCを最も多く使うであろう屋内で見やすいこと。暗い場所であっても、バックライトのおかげで画面は鮮明に表示される。逆に屋外の太陽光の下などでは、バックライトよりも外光が明るいため、画面は急激に見えにくくなる。

 透過型液晶を搭載した携帯電話「SO503i」(記事参照)/503iS(記事参照)は、屋内での発色の良さは群を抜いていたが、晴れた日には屋外でまったく見えなくなるほどでクレームも多く、後継の「SO504i」では半透過型液晶(用語参照)に変更されている。

 透過型液晶のデメリットとしては、屋外での見にくさ以上に、消費電力が高いことが挙げられる。透過型液晶はバックライトが消えてしまうと画面は真っ暗になってしまうので、常にバックライトを点灯し続ける必要がある。液晶自体が消費する電力の、数倍〜数十倍の電力をバックライトが要求してしまうのだ。従って、バッテリー駆動の製品ではおのずと採用が見送られることになる。



関連記事
▼ ケータイ技術研究所 1 液晶が最も明るい端末を探せ
携帯電話のスペックの中で、最も気になるものといえば液晶ではないだろうか。しかし“6万5000色TFT液晶”といっても、必ずしも見やすいとは限らない。液晶の見やすさを決める要素の1つ、“明るさ”について、全12機種を計測してみた

▼ QVGAで止まらない〜携帯液晶の次
もはやQVGA液晶はハイエンド携帯のスタンダード。しかし高解像度化の流れは止まらず、次はCIFサイズ(352×288)になるという。26万色に達した発色は、続いて色再現性アップを目指す。EDEXで、携帯液晶の“次”を聞いた


関連リンク
▼ シャープ 液晶って何?

[江戸川, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!