Mobile:NEWS 2003年9月12日 05:44 PM 更新

J-フォンも特定接続サービス〜迷惑メールの影響避ける

迷惑メールによって発生する輻輳を避けてメールを送信できる「メール送信接続先特定サービス」を、J-フォンは有料で提供する。

 J-フォンは、J-フォン端末向けにメールを送信するコンテンツプロバイダなどの企業向けに、迷惑メールの影響を受けることなくメール送信できる「メール送信接続先特定サービス」の提供を開始する。

 メールサーバに専用の接続口を設け、優先的に接続できるようにするもので、迷惑メールの大量送信によって発生するネットワークの輻輳(用語)に影響を受けずにメール送信できる。仕組みとしては、ドコモがiモードメール遅延の解消のために提供している「特定接続サービス」に近い。

 1契約で1IPアドレス、2セッションが割り当てられ、価格は月額1万5000円から。



関連記事
▼ ドコモ「特定接続サービス」──iモードメール遅延の解消に向けて
迷惑メールの被害は、未だ収まっていない。ドコモは迷惑メールによるメール遅延へ対処するため、契約ユーザーから送られるメールについて遅延せずにメールが送信できる有料サービスを始める。

▼ “迷惑メール”と“遅延メール”に関する「誤解」
キャリアの迷惑メール対策はどこまで効果があるのか? そしてユーザーがメールアドレスを変更すれば、メールの遅延は減るのか? ここには大きな誤解が含まれている。


関連リンク
▼ J-フォン

[斎藤健二, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!