Mobile:NEWS 2003年10月22日 00:24 AM 更新

“カメラ付き携帯で市場はミニバブル”〜2003年上期携帯出荷

2003年4-9月期は、上期としては過去最高の市場規模。トップのNECがさらにシェアを伸ばし、3位のシャープは伸び悩んだ。三菱はボーダフォン向けプリペイド「enjorno」が100万台に迫るヒットで4位に食い込んだ。

 メガピクセル端末など話題の多かった2003年上期(4-9月期)は、過去最高の市場規模にふくらんだ。出荷台数2569万台は、対前年比27.5%増。「いわば、カメラ付き端末のミニバブル」だと、携帯電話の出荷状況を調査したマルチメディア総研は形容する。


シェアトップ独走のNEC、シャープは伸び悩み

 そんな市場でシェアトップをキープしたのはNECだ。ドコモ向けの「N504iS」「N251iS」「N505i」がいずれもヒット。昨年よりさらに2.9ポイント伸ばして、シェア23.7%を獲得した。上半期の出荷台数は実に608万台に上る。

 2位のパナソニック モバイルコミュニケーションズは、「P504iS」「P505i」が当たり対前年比14.7%増の430万台を出荷したが、他メーカーの伸びに追いつかず、シェアを落とす結果となった。

 3位のシャープも失速気味だ。カメラ付き端末で不動の地位を築いた同社だが、9割近い端末がカメラを搭載する現状、“カメラ”という優位性が後退。上期はシェアを落とし、2位のパナソニックとの差も広がってしまった。

 4位に躍進したのは、三菱電機。ボーダフォン向けのプリペイド端末「enjorno」が100万台に迫るヒットを記録し、2002年度から順位を上げた。

メーカー出荷台数シェア対前年比出荷台数
NEC608万23.7%60.4%増
パナソニック モバイル430万16.7%14.7%増
シャープ276万10.7%-6.8%
三菱電機248万9.7%67.6%増
ソニー・エリクソン235万9.1%52.6%増
東芝231万9.0%77.7%増
三洋電機182万7.1%34.8%増
富士通175万6.8%-1.1%
その他184万7.2%-16.7%
2003年度上半期(4-9月期)。上期のペースで下期も推移すれば、年間5000万台の大台もあり得るが、「この勢いが下期まで継続する可能性は薄い」とマルチメディア総研。キャリアがインセンティブを抑える傾向にあることやカメラ付き端末への買い換え需要が一段落したためだ。上期を“ミニバブル”と呼ぶのはこうした理由もある

 市場は、2001年度までNECとパナソニックの2強時代が続き、2002年度はシャープがカメラ付きで躍進。しかし、2003年度上期はNECが総合力で目立ち、シャープが伸び悩むという状況だ。

 マルチメディア総研は、「3位シャープから8位富士通までは混線模様で、ヒット商品が出れば一挙に順位が変動する」とまとめている。



関連記事
▼ 2003年1Q、カメラ付きもNECがシェア首位に〜ガートナー調査
2000年以来、カメラ付き端末のシェア首位を維持してきたシャープが、2003年第1四半期ではNECにトップを奪われた。

▼ 2003年度、メガピクセルはカメラ付きの43%に〜矢野経
100万画素オーバーのメガピクセル端末が、大幅に出荷数を伸ばしそうだ。2003年度のカメラ付き端末の43.1%、数量にして1700万台がメガピクセルカメラ付きになると、矢野経済研究所では予測している。

▼ 2強から混戦へ〜国内携帯シェア争い
マルチメディア総研の調査によると、2002年度の携帯電話シェア争いは、NECとパナソニックの2強時代が終わりを告げた。2強がシェアを落とす中、シャープと東芝が躍進し「混戦に突入した」


関連リンク
▼ マルチメディア総研

[斎藤健二, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!