Mobile:NEWS 2003年11月10日 11:46 PM 更新

au、またも月間純増首位。ドコモPDC離れ進む〜10月契約者速報

絶好調のauは10月の純増シェアで過半数を取り、またも月間トップに。ドコモのPDCは18万の純減となり、FOMAは33万の純増。PDCの買い控えの影響もあるが、世代交代の始まりを思わせる数字となった。

 電気通信事業者協会(TCA)は11月10日、ブラウザフォンサービス契約数を含めた携帯電話/PHSなどの2003年10月の契約数を発表した。携帯電話契約数は35万3100増えて、7894万7800。

グループ名2003年10月純増数累計
ドコモ 14万60004518万8000
au(KDDI)18万59001544万8400
ツーカー−1万2000368万7100
ボーダフォン3万32001462万4300
累計35万31007894万7800


各キャリアの単月の純増数の推移

 auはますます上り調子。純増シェアは52.6%と過去最高で、ドコモを抑えてまたも月間純増数のトップに立った。上期(4-9月)の純増シェアでトップだったのに続き(8月7日の記事参照)、下期も好調な滑り出しだ。

 ドコモはPDCからFOMAへの買い換えが進んでいる。9月に初めて純減を記録したPDCは、10月も−18万8000の純減。代わってFOMAは33万4000の純増と、さらにペースを上げ過去最高の純増数となった。PDCでは発表済みの「505iSシリーズ」発売を間近に控え(特集参照)、買い控えが起きた可能性もある。

 ボーダフォンは調子が上がらない。純増シェアは9.4%で、純増数は対前年同月比で41%だった。

グループ名単月シェア累計シェア
ドコモ41.3%57.2%
au(KDDI)52.6%19.6%
ツーカー-3.4%4.7%
ボーダフォン9.4%18.5%


各キャリアの単月シェアの推移

FOMAは純増33万。移行さらに加速

 第3世代携帯電話では、FOMAの加速が著しい。立川敬二社長は10月30日に、2004年3月末時点のFOMA契約者数目標を当初の146万から200万に上方修正したが(10月30日の記事参照)、現在のところ年内にも200万を突破するペースだ。

 auのCDMA2000 1xは9月と同様のペースで、順調にcdmaOneから移行している。なおKDDIは、この秋から通信方式のブランド名として「CDMA2000 1x」に代わり「CDMA 1x」という名称を採用している。

 ボーダフォンの3Gは5600の増加に留まり、累計でも未だ10万に達していない。11月20日前後に発売されるフルスペックの新端末「V801SA」が注目される(9月18日の記事参照)。

グループ名2003年10月純増数(3G)累計(3G)
ドコモ33万4000133万7000
ボーダフォン56008万8600
au(KDDI)45万79001066万1000
各キャリアの第3世代携帯電話契約数

BREW、100万台超える

 auのBREWアプリ対応端末が100万台を超え、120万台と急速に伸びている。対応機種も従来の「A5304T」「A1304T」「A5306ST」に加え、10月末にはBREW2.1対応の「A5501T」、11月頭には「INFOBAR」が発売されており、人気端末のBREW対応によりさらに勢いがつきそうだ。

 着うた端末も500万を超え、市場が整ってきた。

 ドコモのiモードは4000万を超えた。iショット対応端末も間もなく2000万に達しそうだ。

キャリアカメラムービーアプリGPS着うたWeb
ドコモ1995万2069万4001万5000
au(KDDI)849万584万120万(BREW)657万548万1235万8800
ボーダフォン1093万5500246万4200728万33001263万8400
ムービーは撮影した動画をメールで送信できる端末を指す。ドコモのカメラ対応端末数はFOMAを除く。Webはボーダフォンは対応機種台数、ドコモとauは契約数。それぞれ各社広報部の提供データ

PHSは各社1万以上の純減

 PHSは変わらず低調。各社1万以上の純減となった。

グループ名2003年10月純増数累計
DDIポケット-1万200292万7700
ドコモ-1万5000165万1000
アステルグループ-1万150570万5633
累計-3万6705528万4333



関連記事
▼ ドコモのムーバが純減。転換期へ〜9月契約者速報
ドコモのムーバ(PDC)が史上初めての純減を記録した。ただしFOMAは、過去最高の純増を記録しており、2G、3G合計では前年並み。ドコモは「順調に推移している証」だとしている。

▼ ドコモまたも2位転落──8月事業者別契約者速報
単月純増シェアで、またもドコモがauに負けた。今期、auが首位を取るのは4回目。ただしFOMAは8月も12万7000増やし、順調だ。

▼ FOMA12万4000の純増──7月事業者別契約者速報
3カ月ぶりにauを抑えて月間純増シェアトップに復帰したドコモ。FOMAも過去最高レベルの純増を見せ、調子を上げてきた。FOMA契約者のうち18%を7月に獲得している。

▼ FOMA、2003年度契約目標を200万に上方修正
ドコモは2004年3月末のFOMA契約者数目標を、これまでの146万人から200万人に上方修正した。ARPUも1万円を超え、契約者数の伸びも順調なため。また上期は、端末1台あたり3万円前後発生するインセンティブ費用の増加により、増収減益となった。


関連リンク
▼ 電気通信事業者協会(TCA)

[斎藤健二, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!