Mobile:NEWS 2003年9月18日 10:24 PM 更新

スライド型VGS端末「V801SA」に触る

WPC EXPO 2003のボーダフォンブースでは、10月に発売を予定している「V801SA」に触れられる。Web閲覧やメール、テレビ電話にも対応し、MP3やMPEG-4動画を着信時に鳴らすこともできる、最新3G端末だ。

 WPC EXPO 2003のボーダフォンブース(J-フォンブース)では、10月に発売を予定している3G端末「V801SA」に触れて試すことができる。


 「V801SA」にはいくつかのポイントがある。

 一つは、スライド型という斬新なデザイン。大きなメイン液晶が常に表に出ている形状は、回転型と並んで年末の流行になりそうだ。ただし、その機構のせいか厚く、重く感じる。


表、裏にそれぞれ31万画素のCCDカメラを搭載。背面には高輝度白色LEDを使ったライトも備える。USIMカードは電池を外して差し込む

 200Kバイトまでのファイルをメールに添付できるようになり、最大40秒のムービー写メールを送信可能になった。ただし動画の最大解像度であるQCIF(176×144)では20秒が最長だ。

 注目なのは、MP3やMPEG-4の音楽や動画を着信時に鳴らせるようになっていること。「着信メロディ究極の進化」とうたっており、au向け「着うた」で7割のシェアを持つレーベルモバイルもコンテンツを提供することになっている。ダウンロードしたコンテンツはSDカードにも保存可能だという。

 V801SAはステレオスピーカーを備えており、SDカード内のMP3やAACの音楽ファイルも再生可能。ただしSDオーディオ対応となるため、PCの音楽ファイルを再生するには「SD JukuBox」などのソフトを使ってSDカードに音楽を入れる必要がある。「J-SH53」などと同様の仕様だ。


動画もサムネイル表示可能 


 J-フォンの3G端末としては初めてWebアクセスにも対応している。10月1日のブランド変更後に登場する端末だけに、従来の「J-フォンメニュー」の代わりに「ボーダフォン ウェブ」と表示されている。

 テレビ電話は、ハンズフリーに対応した。騒がしい会場では、その性能は分からないままだったが、従来よりも快適に使えるのは間違いない。

 なお三洋電機によれば、ソフトウェアなどの違いから別端末として扱っているが、V801SAは欧州向けの「SUP-700」と内容はほぼ同等となる。



オーディオトラックのリストに宇多田ヒカルの「COLORS」のMP3ファイルが見える。単に聞くだけでなく、着信音の代わりに鳴らすこともできるという




関連記事
▼ J-フォン、メールとWebが使える3G端末を投入
J-フォンは10月の3G新サービス開始に伴い、三洋電機製のW-CDMAとGSMのデュアル端末「V801SA」を投入する。この端末はドイツのCeBITで参考出展されていた。

▼ 海外から写メール〜J-フォン、3G新サービスを10月開始
J-フォンは第3世代携帯電話向けのボーダフォンライブ!を10月上旬から提供する。最大40秒のムービー写メールやWAP2.0にも対応したWebアクセスが可能。データの国際ローミングにも対応し、海外から写メールすることもできる。

▼ 三洋、GSM圏にスライド型UMTS端末で参入
スライド型の携帯電話が、UMTS/GSM対応で登場する。表裏、2個のカメラを搭載したハイエンド機となる

▼ J-フォン、CF型VGS端末を参考展示
J-フォンは、最大386Kbpsのパケット通信が可能なコンパクトフラッシュTypeII型のVGSデータ通信カードをWPC EXPOで参考出展した。

▼ 特集:WPC EXPO 2003

関連リンク
▼ J-フォン

[斎藤健二, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!