icon もばいる
つくりかた
 [第20回]

外出先で電池切れ! そんなピンチに強ーい味方,使い捨て充電器!

外出中に携帯電話がピーピーピー! 「ひー,充電切れになっちゃった!!」。そんな経験,ありませんか? 今回はそんなピンチの時に便利な使い捨て充電器についてのお話です。でもあれって,適合機種の基準や,過充電の心配はないのかなあ??

【国内記事】 2001年9月26日更新

 こんにちはー,もばいるのつくりかた第20回です。突然ですが,皆さんは携帯の電池が出先で切れてしまった! という時,どうしますか?

  1. 公衆電話を使う
  2. あきらめて家に帰って充電する
  3. 神様にお祈りしてみる

 ……そうですね,当然「3」ですよね! ということで,ある日携帯が電池切れで困っていた私も,とりあえず「電池電池電池」と唱えながら街を歩いていました。

 すると。コンビニで何やら私を手招きするものが……。おおっ「携帯電話用使い捨て充電器」! かくして私は無事救世主と巡り会うことができたのでした。おしまい。

 ……と,これで終わってしまっては,この連載の意味がありません。

 この商品のパッケージを見ると,ほとんどの携帯の機種に対応しているように書いてありますが,それってどうしてなのでしょう? それに,過充電などの心配はないのでしょうか??

電池は縁の下の力持ち

 うーん,これはちょっと調べてみなければ。まずはこの商品を作っている所に話を聞きに行ってみましょう。えーと,なになに?……「企画・発売元 トップランド」

 あれー? 第56回でストラップ,第9回で光るアンテナについてを教えてもらった,あのトップランドじゃないですか!

 ということで,一路静岡へ。もうすっかりお馴染みになってしまった谷下のおじさん,こんにちはー!

 「はいはい,こんにちは。今日はなんですか?」

Photo

 相変わらずにこにこと対応してくれるのは,トップランド専務取締役の谷下勇さん。以前,ストラップと光るアンテナについてお話を聞いたのですが,今回は携帯電話用の使い捨て充電器について。でも,同じ携帯周りの商品とはいえ,使い捨て充電器というのはちょっと傾向が違うような気がするのですが……。

 「そうですね。でも,携帯電話にとっては大事なものでしょう? 電池って」

 確かに,電池が切れてしまってはどうにもなりません。

 「携帯電話の電池は,昔に比べて大分長持ちするようになってきています。けれど,携帯電話自体の機能がいろいろと増え,電池の使用量も増えてきているんですよ。

 そうそう,話はちょっと変わりますが,絵本さんは携帯の電池が何に一番食われていると思います?」

 それは,もちろん通話でしょう! 電話ですもの,電波を飛ばしたり受けたりで電池は減っていくはずです。

 「いえいえ。ヒントは,ここ数年で電池の使用量がぐんと上がったということですよ」

 ここ数年……? うーん,だめだ,ギブアップ。

 「それは,メールです。ほら,絵本さんとかもやっているでしょう? 少しの空いた時間とかでも,メールを書いたり,読み返したり,ずーっと携帯電話をいじっていたり」

 あ,そうか,分かった! メールを見るときの液晶のバックライトが電池を食うんだ!

 ここ数年で変わったことといえば,携帯電話が通話だけでなく,メールの送受信にも活躍するようになったこと。メールの読み書きをしている間は,液晶画面のバックライトがつきっぱなしの状態になっています。また,メモリの呼出しなども繰り返し行われることが多くなりました。それが,通話などに比べてはるかにたくさんの電力を必要とするのだそうです。

 「今のバッテリーは性能が良くなっているから,電話の待ち受けと少々の通話ぐらいじゃ,なかなか電池が切れたりはしません。だけど,ずーっとメールを書いていたり,メモリを呼び出していたりすると,あっという間に電池なんて切れちゃうんです」

 さらに,iモードやiアプリなども登場し,携帯電話の画面でコンテンツを見ることも一般的になってきています。メモリの使用量も格段に増えました。従って,電池の使用量は上がる一方なのだそうです。

 「正直な話,ストラップや光るアンテナなどは,流行りすたりがあるでしょう。けれど,電池は絶対に携帯電話からなくなりません。それどころか,今後さらにさまざまな機能やサービスが増えていくでしょう。となると電池の使用量もどんどん増えていくことになります。

 今後,どうしても必要なものだから,これからも電源まわりの便利な商品を作り続けていきたいと思っています」

 トップランドさんでは,携帯電話の使い捨て充電器のほかに,車の中などで使える電源なども作っているそうです。携帯電話に限らず,すべての電化製品において,電源というのはなくてはならないものです。だから,便利なものをたくさん作りたい,そう谷下さんは言いました。

 「そもそも,電気製品のいろいろなパーツというのは,それぞれが限られた電源を取り合いしているものなんですよ。電池なんて地味なものですが,本当はこれがないと何もできない。影の主役みたいなものです」

次のページへ「使い捨て充電器作り方講座」



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!