icon もばいる
つくりかた
 [第9回]

ケータイのアンテナがぴかぴかするとカッコいいのだ!

ケータイの着せ替えアンテナ,ってありますよね? 着信するとぴかぴか光ったりするアレ。でも,どういう仕組みで光るのかな,と不思議に思ったことありません?

【国内記事】 2001年7月4日更新

 こんにちはー!「もばいるのつくりかた」連載第9回です。今回は,第5回第6回「ストラップのつくりかた」に登場したトップランドに,またまたお邪魔しています!

 トップランドのストラップの回で,「小さく作りすぎてしまったマスコットを利用してアンテナを作った」というエピソードがちらっとでましたが……。今回は,そのアンテナの謎について,詳しく聞いてみたいと思います。

光るアンテナ作り方講座 その1 (出生のヒミツ編)

 「用事があって,東京へ行った帰りの新幹線の中でした。高校生くらいの女の子が,携帯電話に小さなキーホルダーのようなものを付けていたんですよ。手作りみたいな感じだったな。その頃は,ミニストラップのようなものもまだ売られていませんでしたし,そういうごく小さいマスコットを作るのも面白そうだな,と」

 そんなエピソードから話し始めてくれたのは,専務取締役の谷下勇さん。

Photo

 長いストラップでなく,短いコンパクトなものを作ってみよう。そのコンセプトにしたがって,それまでのマスコットよりも小さいものを作ったのだそうです。

 「でも,いまいちだったんだよな」

 同意を求めた谷下さんに,デザイナーの牧野さんも苦笑い。

 「ストラップとして役割を果たすには,小さすぎましたね」

 と,見せていただいたマスコットは……本当だ,ちっちゃいですねー。でも確かに,携帯に付けるには,目立たなすぎるかしら? でもでも,とても小さいのに,すごく精巧です。

 「で,せっかく作ったマスコットですし,何かに使えないかなー,と考えたわけです。小さいことを活かした用途があるはずですから。

 それで,その頃光るアンテナというのが売られ始めていたんですが『マスコットが光る』というのはありませんでした。なので,そんなのがあったら面白いかなー,と」

 小さく作りすぎたこのマスコット,確かにアンテナのてっぺんに乗るにはぴったりの大きさです。アンテナの先ならば,マスコットも小さければ小さいほうが好都合。ストラップからアンテナへ,ちっちゃなキティちゃんのとらばーゆは大成功!なのでした。

光るアンテナ作り方講座 その2 (なんで光るの?編)

 さてさて。ヒカリモノ……ときたら,やはり知りたいのは光る仕組みについて。第34回で光についてはしっかり勉強しましたからね,まかせてください。えーと,このマスコットの小ささから見て,この中に入っているのは電球ではなくて「LED」なのでしょう?(精一杯の知識を披露してみる私)

 「そうそう,アタリです。では,そのLEDはどうして光るのでしょう?」

 うっ,突っ込みますね。えーっと,このアンテナ,着信するとマスコットが光るんですよね。ということは,着信すると携帯の方から電気がいって光る,のだ! どうですか? この答え当たってますか??

 「見事にハズレです(にっこり)」

 ……がっくり。

 「そもそも,このアンテナが光るには,電池のようなものは必要ないんです。もちろん,携帯の電源から電気をとっているわけでもありません」

 ??だって,光るにはエネルギーが必要でしょう?

 「簡単に言うとですね,電波が電気になって光るんです」

 電波が電気に……なぜ??

 はてなマークを頭のまわりに乱舞させている私に,谷下さんは子ども科学教室の先生のような口調で,説明を始めました。

光るアンテナ作り方講座 その3 (よいこの科学教室編)

 「光るマスコットの台座の部分に,光る仕組みは入っています。仕組みに必要なのは,単純に言えばコイルとコンデンサ,この2つだけです」

 えー,電池はー?(しつこい)

 「電池は必要ありません。電気はこの仕組みの中で起きるんです」

 ということは,発電の仕組みが入っているのかしら?

 「そうですね……フレミングの左手って覚えていますか?」

 お,覚えてますよ。中学校の理科で勉強しましたもの。えーと,たしか,左手の指をこういう形にして,それぞれが電流・磁界・力の向きを表している……というヤツでしょう?

Photo

 「そうそう,それによれば,電波は電気エネルギーに変換することができるわけですよ」

 携帯電話はその端末から電波を出して通信しています。つまり電気的な「波」を放射しているわけです。で,光るアンテナは,この「波」をキャッチし,この「波」(電気的振動)で回路を共振させて電力を得て,LEDを光らせています。だから,携帯電話本体から電源を取っているわけではないのだそうです。びっくり。

 「簡単にいえば,コイルに電波が当たると電流が流れるわけですよ。それをコンデンサを通して利用できる形の電気に変換しているんです。その電気で,LEDが光ります」

 むむ,なるほどー。納得です。私でも分かります。谷下先生,ありがとうございました!

光るアンテナ作り方講座 その4 (無線の思い出編)

 さて, アンテナが光る仕組みは分かりましたが,これはトップランドさんの発案なのでしょうか?

 「いいえ,この仕組みというのは,昔からいろいろなことで使われていたんですよ」

 例えば,小さい頃に読んでいた学習雑誌の付録になっていたような鉱石ラジオなども,これと原理は同じようなことなのだそうです。

 「私は学生の頃,アマチュア無線が趣味だったんですよ」

 谷下さんはにこにこしながら,ご自身の思い出を話し始めました。

 「無線のアンテナを立てて,そこに電波が来ているかどうかを確かめるのに,そんな機材を買うお金もなくて,じゃあ自作で作ればいい,と思ったんです。電波を受けたら豆電球が光る,そんな仕組みをごくごく簡単な材料で作りました」

 あ,それって光るアンテナとそっくりですね!

 「そうそう,同じですよ。例のマスコットをアンテナに転用しようと思いついたのも,こんな思い出にどこかで刺激されたのかもしれませんね」

 光るアンテナの仕組みというのは,素人工作にも使われるような,簡単な原理でできています。鉱石ラジオや電波検知器など,子供の頃に自作したおもちゃや道具の応用のようなものです。

 トップランドの皆さんとお話していると,子供の頃にわくわくして工作したその気持ちをそのままに,大人になったような印象を受けます。物を作ることの楽しさや興奮を,未だなくしていない,そんな感じを受けました。

 「ただですね……今の子供たちは,あまりおもちゃなどを自分で作りたいとは思わないようですね。淋しい気もしますが」

 既製品の溢れる現代では,自分の手で何かを作るという感覚は,しだいに薄れつつあります。そんな中でも,「楽しいから作るんです」そう言う谷下さんの笑顔はどこか誇らしげでした。

 さてさて,今回の「光るアンテナのつくりかた」はいかがでしたでしょうか?なんだか私でも光るアンテナが作れそうな気がしてきました!(気分だけ)

 それでは,次回もまた,違う「モノ」や「技術」の中に飛び込んでいきたいと思います。どうぞお楽しみに〜!

[絵本 智,ITmedia]

連載バックナンバー
▼ 第1回 iアプリのつくりかた コネクト(1)
▼ 第2回 iアプリのつくりかた コネクト(2)
▼ 第3回 きれいなLEDのつくりかた──スタンレー電気
▼ 第4回 7色LEDのつくりかた──スタンレー電気
▼ 第5回 携帯ストラップ編 トップランドその1
▼ 第6回 携帯ストラップ編 トップランドその2
▼ 第7回 俺色にそまれ!特製ケータイのつくりかた(1)
▼ 第8回 俺色にそまれ!特製ケータイのつくりかた(2)
▼ 第9回 ケータイのアンテナがぴかぴかするとカッコいいのだ!
▼ 第10回 ケータイの電池は強くて長持ち! そして燃えない??
▼ 第11回 “安全な”リチウムイオン電池のつくりかた
▼ 第12回 “電波がいっぱいになる? 回線を確保せよ〜携帯電話の通信方式〜
▼ 第13回 通信方式の進化は止まらない! 国際派ケータイへの道
▼ 第14回 君はアキハバラを知っているか!?〜夏休みお出かけガイド〜
▼ 第15回 液晶ってなんだろう?「液晶=イカ墨」説の謎
▼ 第16回 液晶はねじれている? ディスプレイの魔法
▼ 第17回 STN vs TFT,今後の液晶を制するのはどっち!?
▼ 第18回 10円玉と100円玉をばらまいて作りました!〜スーパーモバイル液晶〜
▼ 第19回 秘密基地潜入レポート! 液晶のふるさとシャープ天理工場
▼ 第20回 外出先で電池切れ! そんなピンチに強ーい味方,使い捨て充電器!
▼ 第21回 使い捨て携帯充電器……過充電の心配は? 適合機種の基準は?
▼ 第22回 新しいケータイへの換え時はいつ?
▼ 第23回 モバイルエージェントって何?〜飛行機と空港の関係〜
▼ 第24回 ケータイでP2P! 対戦ゲームもリアルタイムで
▼ 第25回 ケータイで伝わる「口コミ」情報〜Jumonの可能性〜
▼ 第26回 秋葉原の新名所!? 「ブロードバンドカレー」の謎を仕掛け人に聞く!
▼ 第27回 300円のケータイコンテンツなら,必ずそれだけの価値を!
▼ 第28回 チョロQも雑誌も? ケータイを飛び出したコンテンツたち
▼ 第29回 Javaはいらない? 私にもiアプリが作れた!
▼ 第30回 まるでSF! 未来のモバイルはこうなる!? ウェアラブルインターネット機器
▼ 第31回 ごろ寝したままインターネット! モバイルはフリーハンドで

関連リンク
▼ トップランド

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!