プロフェッショナル モバイル 過去記事一覧
検索
ニュース

Macで、Windowsで、iPhoneで、いつでもどこでも「MobileMe」WWDC'08基調講演まとめ(中編)(2/2 ページ)

WWDC 2008基調講演の詳報として、ここではアップルの新しいインターネットサービス「MobileMe」を見ていく。

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
LINE
Hatena
前のページへ |       

ネイティブアプリのような操作感をWebブラウザで実現

 電子メールアプリケーションは、Mac OS X付属のMailのような3ペイン型のインタフェースで、複数のメールを選択して、受信箱にドラッグしたりといった操作もできる。

 また、受信したメールに対して、ダイアログボックスを使って「ありがとうございます。」「わかりました。」など1〜2行の短い返事をすばやく書けるQuick Replyという機能なども用意した。

 アドレスブックも、検索フィールドに文字を1文字打ち込むごとに該当項目を絞り込んでいく検索ができたり、スケジュール帳では予定を選んで配色を変えたり、写真ギャラリーでは写真のサムネイル一覧の大きさをスライダーを使って自由自在に変更したり、写真の順番をドラッグして入れ替えたり、iDiskと呼ばれるファイルブラウザ機能ではまるでMac OS XのFinderのカラム表示のようなUIでファイル階層を移動できる。

 このようにMobileMeでは、これまでWebアプリケーションでは不可能とされていたようなネイティブアプリケーションならではの操作感をWebブラウザ上で実現してしまった。

 だがそれだけではない。MobileMeは、iPhoneの各機能とも非常に密接に連携している。シラー氏は、以下のデモを通してMobileMeの便利さを紹介した。

 まずはMobileMeのアドレス宛てに、今晩の飲み会をする場所の候補がメールで送られてくる。するとiPhoneでメール受信音が鳴り、メールが届いたことが分かる。

 そのメールを開いてみると、メールの本文にGoogle Mapで検索したレストラン情報のURLが書かれている。これをクリックすると、自動的にGoogle Mapが起動し、レストランの情報が表示される。

 これを使ってレストランに電話をかけ、席を予約をした後、ついでにレストラン情報をiPhoneのアドレス帳に追加する(「アドレス帳に追加」というボタンをタップするだけで完了)。

 その後、パソコンでWebブラウザを起動し、MobileMeのメール機能を開くと、同じメールがそこにもちゃんと表示されている。しかも、iPhoneですでに開いているので「既読」状態になっている。

 さらにアドレス帳機能に切り替えると、iPhoneで追加したばかりのレストランの情報がきちんと表示される。これはiPhoneにアドレス情報を追加すると同時に、追加したアドレス情報がMobileMeのサーバにプッシュ送信されたからだ。

 このようにMobileMeを使えば、iPhone上の情報とPC上の情報を完全に同一に保つことができる。

 この後シラー氏は、Web版MobileMeのカレンダーに追加した予定が、すぐにiPhoneのカレンダーにも反映されることや、さらにiPhoneで撮影した写真を「Send to MobileMe(MobileMeへ送信)」というボタンを押すだけで、MobileMeの写真ギャラリーに追加されることもデモしてみせた。

QuickReply(写真=左)。更新した予定は、数秒後にはiPhoneにも反映される。オレンジ色の部分がMacで追加した情報(写真=中央)。写真も「Send to MobileMe」ボタンを押すだけで簡単にギャラリーに追加できる(写真=右)

 MobileMeは年間99ドル(日本では9800円)のサービスで、60日間無料で試すことができる。

MobileMeの価格は年間99ドル

 このサービスの開始にあわせて、アップルの.macのサービスは中止となる。.macのアカウントは、そのまま自動的にMobileMeのアカウントにアップグレードされ、これまで.macで使っていた機能は、引き続きそのまま利用できる

 シラー氏がMobileMeの紹介を終えると、ジョブズは「すばらしいでしょう。我々は数年かけてこれを開発したんだ。今度こそはうまくやれたと思う」と語った。

前のページへ |       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったらITmedia Mobileに「いいね!」しよう
ページトップに戻る