検索
レビュー

“ほぼ裸”で使えるiPhoneケース「THE FROST AIR」を試す 薄くて軽いだけではなかった(1/2 ページ)

「ほぼ裸」をうたうiPhone 15 Pro向けケースがケースフィニットから発売されました。実際に使ってみると、本当に「ほぼ裸」。見栄えは? 保護性能は? など、気になる部分を紹介していきます。

Share
Tweet
LINE
Hatena
※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 iPhone 15 Proは、これまでのiPhone Proシリーズに比べ、軽く仕上がっています。また、チタニウム製フレームは、手触りのよさが魅力的。できればケースに収めず、“裸”で携帯したいと思う人もいることでしょう。

 とはいえ、背面のガラス割れ、フレームの傷などを心配しながら持ち歩くのも、少しゆううつです。不安感なく、“ほぼ、裸”での携帯を実現するのが、ケースフィニットの「CASEFINITE」ブランドの「THE FROST AIR」「THE FROST AIR ULTRA」「THE FROST AIR ULTRA MAGNETIC」ケースでしょう。

 それぞれどのような特徴があるのでしょうか。iPhone 15 Proに装着した様子とともに紹介していきます。

 CASEFINITE直販サイトでの価格(税込み)は、THE FROST AIRが3249円、THE FROST AIR ULTRAが4499円、THE FROST AIR ULTRA MAGNETICが5499円。

THE FROST AIR ULTRA MAGNETIC
THE FROST AIR ULTRA MAGNETICの装着イメージ

軽さ、薄さ、柔軟さを兼ね備えたTHE FROST AIR

 「THE FROST AIR」(フロストエア)は、厚さ0.8mm以下、重さは実測値約7.1gで半透明仕上げの、極薄/超軽量のiPhone 15/15 Pro向けケースです。

THE FRPST AIR
フロストエアスモークブラック
THE FRPST AIR
フロストエアアイスホワイト

 ポリプロピレン(PP)素材を採用しているため、全体的に柔軟性があり、着脱しやすいのが特徴的。軽さもこの素材のおかげといえます。

柔らかい
指で曲げられるほどの柔らかさがあります

 実際、製品の箱を開け、袋からケース本体を取り出したときに「うわっ、軽っ」と思わず声が漏れてしまいました。これならiPhone 15 Proの軽さを損なうことはなさそうです。

実測値は7.1g
実測値は7.1g。メーカー記載の数値(約8g)より軽く、決して“盛ってる”わけでないことが実証されました

 また、「ほぼ、裸」をうたっているとはいえ、カメラレンズやディスプレイ面よりわずかに高さのあるフチ、ポート周りの計算されたくり抜きなど、iPhone本体へのダメージを減らせるだろうという安心感のあるデザインとなっています。

カメラレンズ
レンズよりわずかに高いフチ
ディスプレイ
こちらはレンズ部ほどではありませんが、ディスプレイ面よりわずかに高くなっています。このあるかないか分からないような絶妙な高さが「ほぼ、裸」っぽいと感じました
ポート周り
下部のスピーカーや内蔵マイク、ポート周りはていねいにくり抜かれており、本体へのダメージを軽減します

軽く、薄く、丈夫なTHE FROST AIR ULTRAシリーズ

 THE FROST AIRの薄さや軽さをできるだけ損なわないようにしつつ、保護性能を高めたのが、「THE FROST AIR ULTRA」(フロストエアウルトラ)シリーズです。こちらは薄さ約1.2mm、重さは実測値約16.3gのシンプルデザインのものと、MagSafe対応で実測値約17.7gの「THE FROST AIR ULTRA MAGNETIC」(フロストエアウルトラ マグネティック)の2モデルが用意されています。

「THE FROST AIR ULTRA」と「THE FROST AIR ULTRA MAGNETIC」
「フロストエアウルトラ」(スモークブラック。写真左)と「フロストエアマグネティック」(アイスホワイト。写真右)
THE FROST AIR ULTRAとTHE FROST AIR ULTRA MAGNETICの重さ
フロストエアUltra(写真左)とフロストエアウルトラマグネティック(写真右)の実測値。MagSafe用のマグネットを内蔵していても、約1.4gの差しかないのが驚きです

 フロストエアウルトラは、ポリカーボネート製のハードケースです。そのため、薄くても耐衝撃性があり、フロストエアと比べ、保護力が高くなっています。

 また、フロストエア同様、レンズ部やディスプレイ面よりわずかにフチが高くなっており、硬いデスクなどへ置いたときのダメージを防ぐよう設計されています。

カメラレンズ
フロストエアウルトラマグネティックのカメラレンズ周り。フチが高くなっていて、レンズ部を下にして台の上に置いたときに、レンズが接地しません
ディスプレイ面
フロストエアウルトラマグネティックのディスプレイ側もわずかにフチが高くなっていて、ディスプレイ側を下にして平らな場所に置いたときに、ディスプレイが接地しません

 どのケースもMagSafe充電に対応していますが、フロストエアウルトラマグネティックの安心感は“ハンパない”と感じました。というのも、MagSafe対応モバイルバッテリーを近づけると「カチッ」という小気味いい音とともに吸着し、「あ、充電が始まったな」ということが目や耳、手に伝わる感触などで確認できるからです。

 もちろん、MagSafe対応バッテリーを下にした状態で振動を与えても落脱するようなことはありません。

THE FROST AIR ULTRA MAGNETICとMagSafeモバイルバッテリー
フロストエアウルトラマグネティックに吸着させたMagSafe対応モバイルバッテリーを下にして強く振ってみたところ、びくともしませんでした。ちなみにこちらのモバイルバッテリーは容量1万mAhのものなので、それなりに重さがあります
       | 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る