News:っぽいかもしれない 2002年2月9日 01:37 AM 更新

っぽいかもしれない:熱き「男の子」たちの闘い(2)

 エントリーされたロボットは全部で38台。みな趣味で作っている人(ホビーイスト)たちの作品だ。時間とお金とをやりくりして*2,作り上げたものたちだ。「家庭が崩壊寸前です」なんていう冗談も飛び交っていたけど,あんまり冗談じゃないのかもしれない。そういえば,今回は女性の制作者は一人もいなかった。まだ,ロボットは“オトコノコ”たちのものなのかなぁ。

 さて,プレスプレビューでは実際のロボットによるデモンストレーションも行われた。まず登場したのは,株式会社ベストテクノロジーのFREEDOM。これは,大会に出場するものではない。出場マシンはきっといまごろ調整の真っ最中だろうし,なにより今日ここでうっかり壊れたら目も当てられないものね。

freedom2.mpg 模擬戦(980Kバイト)

 なんて思っていたら,実際に大会に出場するロボットも登場したのだ。エントリーナンバー001の吉村浩一さんの「R-BlueIII」。びっくりである。

rb3-punch.mpg 腰の入ったパンチ(1.3Mバイト)

 下馬評では,このロボットが優勝候補の筆頭だ。みんなが「打倒吉村!」って掲げるくらいのもの。確かにすごい。西村ロボットクラブの「NR-TWO」(こちらは出場しないロボット)相手に必殺技を仕掛ける。名づけて「マトリックス」。新しく覚えてきた技なのだそうだ。

rb3-matrix.mpg マトリックス 824Kバイト

 NR-TWOも負けてはいない。腕立てふせという大技を見せる*3

udetate.mpg 腕立て伏せ(2.1Mバイト)

 ところで,アナウンスされていた先行者の開発者の馬先生は,今日はまだいらっしゃらなかった。パネル展示とVTRの上映はあったのだけど。これも,明日に期待。

1日め:予選

 あけて2月2日の土曜日,予選会だ。ホールの壁際は机が並べられ,参加するロボットが展示されている。というより,みんな最後の調整に余念がない。観客もプレスも大勢詰めかけていて,ホールがとても狭くなってしまった*4


*2 多くのロボットの関節部分に使われている高トルクのサーボモータは,ひとつ1万円くらいする。(素直な設計なら)ロボットの自由度の数はモータの数だと思っていいから,自由度をあげようとするとどんどん1万円札がとんでいく。サーボモータじゃない安い普通のモータを使ってなんとかしようというアプローチもありえるのだけど,そうなると今度は制御がとっても大変になる。いずれにしても大変。

*3 腕立てふせのあと,ちゃんと起き上がるのがとってもえらい。

*4実際,見るのに辛くなるくらい混んでしまった。おそらく主催者が考えていた以上に人が集まったのだろう。

前のページ1 2 3 4 5 6次のページ



Special

- PR -

Special

- PR -