News:っぽいかもしれない 2002年2月9日 01:37 AM 更新

っぽいかもしれない:熱き「男の子」たちの闘い(5)

 一方,246点の16位で通過したのがこれ。もう,あちこちで話題になっているけど,柳琢也さんの「アニメイダー」。いやぁ,なんともやってくれましたっていう趣味的なデザインのかたまり*6。大きさもでかい。胸にはスピーカーもついていて吠えることもできる(ハードウェア的にはできるんだけど,声はしこまれてなかった)。腕はロケットパンチ。ダウンにならないように,発射した後は糸で巻き上げる。でもやっぱりこれも歩けなかった。歩けなかったけど,とにかくこういうのを作っちゃうってところに審査員も惹かれたんだろう。

 趣味的っていえば,ガンダムものもいくつかあった。というか,既存のデザインを使っているのがみんなガンダム系なのだ。なんでっていうくらい。いや,ガンダムが悪いってわけじゃないけど,他にもいっぱいあるじゃない。おもわず鉄人28号やマジンガーZやパトレイバーの擁護をしたくなってしまった*7

rcgundam.mpg(824Kバイト)

 松本大輔さんの「RC-GUNDAM」。ガンダムって格好いいんだけど,実際にロボットとして歩かせようとしたら大変なのだ。足の裏は小さいからバランス取りにくいし,足も細いから大きなモータを使えない。そんな悪条件をクリアしてこの形を作り上げちゃったってことがすごいのだ。素敵。392点(4位)。

 もうひとつ,川野秀史さんの「222002」。今日の日付がそれっぽい名前になっている。これもフォルムは美しかったのだけど,歩くところまではいかなかった。166点(21位)。

yrcdom.mpg(1Mバイト)

 一方こちらは,片迫(かたさこ)春男さんの「YRCドム」。腰から回転させることで後の脚を前に出すという方法で2足歩行する。だから,こいつは全方向に同じように動ける。この運動性能はすごい。彼は横須賀のロボットクラブには所属しているものの,公式大会には初出場だそうなんだけど,一躍台風の目に躍り出てしまった。432点の2位。

 500点満点中の468点で見事1位通過したのは,やはり吉村さんの「R-BlueIII」だった。実は,コントロールに使っているノートパソコンが試技の直前にトラブルを起こして,順番を遅らせるという冷や汗状態だった。それでも動きだせば華麗。プレスプレビューの日にも登場しただけのことはある。


*6 「アアア,アアア,アニメイダー」なんだろうなぁ。

*7 もっといっちゃうと,モチーフはやっぱり最初のガンダムかOVAなのね。∀じゃだめ?

前のページ1 2 3 4 5 6次のページ



Special

- PR -

Special

- PR -