News 2003年7月18日 00:14 AM 更新

PHSを捨てて無線LANを選んだNEW CLIEの判断は?(2/2)


前のページ

 UX50は3D描画にも対応している。サポートする3DグラフィックAPIはOpenGLをベースにソニーが拡張したもの。ただし、ハードウェアとして用意されているのはHandheld Engineに内蔵された2Dグラフィックエンジンのみ。3D描画は2Dエンジン+ソフトウェア処理で行うようになっている。

 出荷時に用意されている3D描画を使ったソフトは、メニューソフト「CLIE 3D Launcher」だけ。ソニーによると、SDKの公開にもう少し時間がかかるため、3D機能を駆使したアプリケーションの登場はまだ先のことになりそうだ。UX50の想定ユーザーが「30〜40歳のビジネスマン」ということで、3Dゲームの開発も現在のところ予定にない。


発売時は唯一の3D描画対応ソフトのCLIE 3D Launcher。選択したアイコンの周りを水玉が衛星のように回転する


デモンストレーションでは、表示された街マップからレストランを選択し、その店の内装をワイヤーフレームで再現するソフトが動いていた

 ちなみに、液晶の解像度は480×320ドットの横長ハーフVGA表示だが、なんと縦表示ができない。既存のソフトとの互換性が気になるが、「今のところ特に互換性に問題はないと考えている」(吉田氏)。画面が横長になったため、Graffitiの表示位置が右側と左側に切り替えられるようになっている。

 VGAでなくハーフVGAを採用した理由は「VGA対応ソフトを新たに開発するよりも、現在流通しているハーフVGA対応ソフトを使えるようにしたため」(吉田氏)。解像度が低いことで、Webブラウズに不安を感じるユーザーが多いかもしれないが「NetFrontでズーム表示をすればとくに問題はない」(吉田氏)。




NetFrontでZDNetにアクセス。上から1:1表示モード、フォント縮小モード、タイトルデザインも縮小したモードでの表示画面

 CLIEが登場してまもなく3年になるが、現在、国内のPalm端末シェアでトップ。米国市場でも2位にを占めるなど、PalmOS端末トップブランドの地位を確保するまでになった。

 そのCLIEも、最近は横ばい、もしくは微減傾向にある。その原因は「電子手帳の発展系である旧来型OrganizerベースPDAはすでに頭打ち状態状態。これからはネットワーク機能を実装した“PDA コミュニケータ”によって市場を拡大していかなければならない」(木村敬治氏 ソニー業務執行役員常務)


木村敬治氏 ソニー業務執行役員常務

 この「PDAコミュニケータ」のコンセプトを反映したUX50の選択したネットワークインフラが、無線LAN IEEE 802.11b。これまで筐体に搭載してきたUSBやBluetoothに加えて、IEEE 802.11bモジュールを内蔵し、本体だけで無線LANにアクセスできるようにしている。

 その一方で、デザインを重視するために切り捨てられたのがCFスロットだ。    CFスロットがなくとも、UX50はUSBもBluetoothも実装している。しかし、USBでサポートされているのは「PCとの接続利用」のみ。USB接続のPHSユニットは使えないことになっている。Bluetoothに至ってはPHSカードもなければ、国内で販売されている対応携帯電話端末もほとんどない。

 というわけで、メールやWebにアクセスしたいとき、UX50は必ずホットスポットで使わなければならなくなる。

 この制約をユーザーがどのように判断するか。AV機能とPDA機能を使うなら(そして7万円という価格も気にしないなら)、小さくて動画のパフォーマンスもそれほど気にならないUX50は、魅力的なツールになるだろう。しかし、今までCLIEとPHSを組み合わせて、どこでも自由にメールを送受信し、インターネットサービスを利用してきたユーザーにとって、ホットスポットでしか使えないUX50はどのように見えるのだろうか。

関連記事
▼ 写真で見る、クラムシェルCLIE「PEG-UX50」
▼ 横長液晶の新CLIEが登場 独自の新CPUを搭載
▼ 「ソニーショック」への回答は「商品力」と「第2次構造改革」

関連リンク
▼ ソニー

[長浜和也, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

前のページ | 2/2 | 最初のページ



Special

- PR -

Special

- PR -