News 2003年8月19日 05:12 PM 更新

大容量・高速転送の“プロ仕様”――ソニー、「メモリースティックPRO Duo」発表

ソニーが、大容量・高速データ転送の小型記録メディア「メモリースティックPRO Duo」と、高速データ転送対応の新「メモリースティックDuo」を発表した。データサイズが大きくなっているデジカメ用途や動画の記録・再生に対応する。

 ソニーは8月19日、小型記録メディア「メモリースティックDuo」の新ラインナップとして、高容量記録で高速データ転送を可能にした「メモリースティックPRO Duo」2機種と、高速データ転送対応の新「メモリースティックDuo」3機種を発表した。9月19日から順次発売し、価格はオープン。


メモリースティックDuoの新ラインナップ、PRO Duo(左)と新Duo(右)

 小型機器向けに開発されたリムーバブルメディア「メモリースティック Duo」は、20(幅)×31(奥行き)×1.6(厚さ)ミリで重さは約2グラムと、メモリースティックに比べて大きさで約1/3、重さで約1/2の超小型サイズながら、アダプターを使うことで従来のメモリースティックと互換性を保つのが特徴。カメラ付き携帯電話をはじめ超小型の音楽プレーヤーデジタルカメラなど、小型化が必須のモバイル機器に採用されている。

 だがこれまでのDuoは、容量が最大128Mバイトで転送速度も従来のメモリースティックと同程度(約20Mbps)と、今から3年以上前となる2000年4月に発表されただけに仕様の古さは否めなかった。高画素化でデータサイズが大きくなっているデジカメ用途やメガピクセル化が進むカメラ付き携帯電話向けに「もっと大容量で高速転送タイプを」という声が上がっていた。

 メモリースティックPRO Duoは、今年1月に発表したメモリースティックの大容量・高速データ転送タイプ「メモリースティックPRO」をDuoサイズにしたもの。フラッシュメモリを高密度に積層することで、標準サイズのメモリースティックPROに比べて約43%薄いスペースに、最大512Mバイトの大容量を搭載可能にした。すでに512Mバイトタイプを市場に投入している“ライバル”SDメモリーカードに、これでやっと追いついたカタチとなる。


フラッシュメモリを高密度に積層することで、最大512Mバイトの大容量を搭載可能にした

 現行メモリースティックで使われているシリアル転送に加え、複数のビット情報を同時に送受信できるパラレル転送が可能。最高転送速度は160Mbps(理論値)と従来比約8倍の高速化を図ったほか、最低書き込み速度を15Mbpsと定めており、DVD画質並の動画をリアルタイムに記録・再生できる。著作権保護技術「マジックゲート」にも対応した。

 512Mバイトタイプの「MSX-M512A」(10月24日発売、実売3万5000円前後)と、256Mバイトタイプの「MSX-M256A」(9月19日発売、実売1万5300円前後)が用意される。


アダプターが標準で同梱

 なお、PRO Duoに対応したデジタルカメラ第一弾として、サイバーショットUシリーズの新製品「DSC-U50」が発表されている(別記事を参照)。

PROじゃないけど速い「新Duo」

 同時に発表された高速版Duoは、PROやPRO Duoと同様にパラレルインタフェースを採用し、データ転送速度を最大160Mbpsに高速化した。PROやPRO Duoと違うところは、最低スピード保証をしていない点だ。PROやPRO Duoでは、最低書き込み速度を15Mbpsと定めているが、高速版Duoの書き込みスピードは現行のメモリースティックとほぼ同じで、読み込みスピードのみが向上している。

 128Mバイトタイプの「MSH-M128A」(8000円前後)と64Mバイトタイプの「MSH-M64A」(5200円前後)、32Mバイトタイプの「MSH-M32A」(3000円前後)が用意される。3製品ともに、9月19日から発売する。

 メモリースティックPRO Duoと高速版Duoの主な仕様は以下のとおり。

名称メモリースティックPRO DuoメモリースティックDuo
記録容量(ユーザー領域)512(460)MB、256(220)MB128(123)MB、64(62)MB、32(31)MB
動作電圧2.7〜3.6V
最高転送速度160Mbps(理論値)
最低書き込み速度15Mbps最低書き込み速度保証なし
サイズ20×31×1.6ミリ(アダプター装着時21.5×50×2.8ミリ)
重さ約2グラム(アダプター装着時約4グラム)
付属品専用アダプター、本体&アダプター用ソフトケース
店頭想定価格3万5000円前後(512MB)、1万5300円前後(256MB)8000円前後(128MB)、5200円前後(64MB)、3000円前後(32MB)
発売時期9月19日(PRO Duoの512MBのみ10月24日)

Duoをアダプターなしで使えるUSBリーダー/ライター

 Duoの新ラインアップ発表に合わせて、Duo対応のメモリースティック用USBリーダー/ライター「MSAC-US30」も発表された。価格は5700円で、9月19日から発売する。アダプターを介することなく、Duoを直接挿入して使用できるのが特徴だ。


Duoを直接挿入して使用できるメモリースティック用USBリーダー/ライター「MSAC-US30」

 内部にメモリースティックのサイズを機械的に検出する機構を採用。幅で約1.5ミリ、厚さで約1.2ミリのわずかなサイズの差をもとに、フルサイズのメモリースティックかDuoかを判別し、それぞれのインタフェースが装備されたスロットに導く仕組みになっている。そのため、フルサイズのメモリースティックを挿した場合でもしっかり奥まで挿入され、逆にDuoを挿したときに抜けなくなるということもない。

 インタフェースはUSB2.0(ハイスピード対応)で、PRO/PRO Duo/高速版Duoに採用されているパラレルインタフェースに対応。同社従来品(「MSAC-US20」)に比べて、データ転送時間を約70%短縮した。著作権保護技術「マジックゲート」に対応しているほか、付属のアプリケーションソフト「SonicStage ver.1.5」を使うことで、PCと音楽データのチェックイン/アウトが行える。

関連記事
▼ ソニー「メモリースティックPRO Duo」発表
▼ 最大512Mバイトの「メモリースティックPro Duo」9月発売
▼ “とんがった”メディアを目指す「メモリースティックPRO」

関連リンク
▼ ソニー

[西坂真人, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -