News 2003年10月7日 01:12 PM 更新

「CEATEC JAPAN 2003」が開幕

幕張メッセで映像、情報、通信の複合展示会「CEATEC JAPAN 2003」が開幕。IT/電子分野における最先端技術・製品の展示が行われている。

 10月7日、千葉・幕張メッセで「CEATEC JAPAN 2003」が開幕した。アジア最大級となる映像、情報、通信の複合展示会には、今年は国内外の667社/団体が出展。IT/電子分野における最先端技術・製品の展示が行われている。10月11日までの5日間開催し、約18万人の来場者を見込んでいる。開場時間は午前10時〜午後5時(7日午前中のプレミアムタイムは、関係者のみ入場可能)。


幕張メッセで開幕した「CEATEC JAPAN 2003」

 今回のテーマは「ユビキタス・コミュニティー、次へ始動!」

 会場は、デジタルネットワークステージ(ホール1〜5)と電子部品・デバイス&装置ステージ(ホール5〜8)に大別。デジタルネットワークステージは、ホームエンタテインメント/ホームネットワーク/カーエレクトロニクス/個人向けネットワーク・放送サービスの先端技術・製品が集まった「ホーム&パーソナルゾーン」と、ネットワークコンピューティング/企業向けネットワーク・システム/ソリューション・インターネットサービス/ソフトウェアなどを紹介する「ビジネス&ソサエティーゾーン」を設置。


華やかなホール1〜3の「ホーム&パーソナルゾーン」。AV製品、ネットワーク家電、ITS/カーエレクトロニクス、携帯電話などコンシューマー向け最新技術・製品が集まっている

 また、電子部品・デバイス&装置ステージは、半導体関連/電子ディスプレイ/電子部品/電源・電池などを展示する「電子部品・デバイスゾーン」と、無線通信機器/電子応用装置/電子計測器関連などの最新動向がわかる「産業用機器ゾーン」が用意されるなど、幅広い内容の展示が行われている。

 注目を集めているのはソニーブース。年末発売のHDD搭載DVDレコーダー「PSX」を参考出展している。午前中には発表会も行われ、価格やスペックなど詳細が紹介された(PSXの詳細は別記事を参照)。


年末発売のPSX。160GバイトHDD搭載「DESR-5000」(7万9800円)と250GバイトHDD搭載の「DESR-7000」(9万9800円)の2モデルが用意される

 三洋電機ブースでは、地上デジタルテレビ対応のW-CDMA/GSM端末を参考出展している。ブース内に放送基地局を設置し、実際にTV放送を受信するデモンストレーションを行っていた(別記事を参照)。


参考出展された地上デジタルテレビ対応のW-CDMA/GSM端末。同社は今年8月にCDMA2000 1x版を発表している

 東芝ブースでは、先日発表した手のひらサイズの「モバイル機器向け燃料電池」を参考出展している。25ccのメタノール燃料で、1ワットの出力を最大20時間発電することができる。


手のひらサイズの「モバイル機器向け燃料電池」。発表時の写真では携帯電話に接続していたが、会場ではPDA(Genio)につないで紹介。動作はしていなかったものの「実際に動かすことは可能」(同社)とのこと

 また、NECブースでは、PCの3.5インチベイに内蔵可能なAOD(Advanced Optical Disk)を参考出展している。これは今年のCESでお披露目したもの(別記事)だが、今回の展示では実際にAODで映像を再生するデモンストレーションも行われている。AODは、DVD Forumでの標準化が進められている「Blu-ray」ではないもう一方の青色レーザー光ディスク。同社のAOD製品は、2004年末から2005年初頭の商品化を目指しているという。


NECブースでは国内初披露のAODを参考出展

関連リンク
▼ CEATEC2003公式ページ

[西坂真人, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -