News 2003年12月18日 11:46 PM 更新

「必要なのはシームレスな互換性」――NEC、現行DVDも再生可能なHD DVD

NECが、現行DVDも再生できる次世代光ディスク規格「HD DVD」(AOD)ドライブを開発。対物レンズ1個で現行DVDとHD DVDの両方式の再生を可能にした。発表会で強調されたのは「現行DVDとのシームレスな互換性」だ。

 NECは12月18日、現行DVDとの互換性を持つ次世代光ディスク規格「HD DVD」(AOD)ドライブを開発したと発表。同日、都内でHD DVDの技術説明会を開催した。


次世代光ディスク規格「HD DVD」(AOD)ドライブ

 同社と東芝が提唱しているHD DVDは、405ナノメートルの青紫色レーザーを使用。現行DVDと同じ12センチ光ディスク片面に再生専用は15Gバイト/1層・30Gバイト/2層の容量を持ち、書き換え型は20Gバイト/1層の記録が可能だ。11月にROM規格がDVDフォーラムに承認され、現在は書き換え型の「HD DVD-ARW(Advanced ReWritable)」 の規格化が進められている(別記事を参照)。

 HD DVDは、2層で54Gバイトまでの容量が規格で定められているBlu-ray Discよりも記録容量でやや劣るが、現行DVDディスクと記録層の深さが同じ点などから、ディスク構造やヘッド構造などで現行DVDと高い互換性を確保しているのが“売り”だ。


ディスク構造とヘッド構造の比較。左が現行DVD、中央がHD DVD、右がBlu-ray Disc

 今回同社が開発したドライブは、光源に青紫色と赤色の2つのレーザーダイオードを持つ互換ヘッドを搭載。対物レンズ1個で現行DVDとHD DVDの両方式の再生を可能にした。物理フォーマットの違いは大規模LSIで機能互換させている。

 同社執行役員の渡辺久恒氏は「放送のデジタル化が急速に進み、ハイビジョンを初めとする映像インフラも非常な勢いで普及している。現在は赤色レーザーを使ったDVDがほとんどだが、デジタル化やハイビジョン化に合わせて青色レーザーに移行させたいというニーズが高まっている。そこで重要となるのは、現在のDVDからのシームレスな移行。アナログからデジタル、テープからディスク、SDからHDと、これまでもシームレスな移行がずっと行われてきた」と語り、次世代光ディスクへの移行には、現行DVDとの高い互換性が不可欠であることを訴える。


HD DVD試作装置では、HD DVD-ROM(青紫色レーザー、左)と現行DVD(赤色レーザー、右)の両方を再生できる

 今回開発した技術によって、HD DVDの大きな特徴である“現行DVDとの記録・再生互換”が、1つの光ヘッドで可能となった。これによって、DVDからのシームレスな移行が加速されると同社マルチメディア研究所研究部長の稲田博司氏はいう。

 「光ヘッドが1つで済むことで、ドライブの薄型化が可能になるほか低コストにも貢献。カートリッジが必要ないという点も、スリムドライブには有利で、デスクトップPCだけでなくノートPCにも展開可能。ディスク構造が現行DVDと同じなため、従来の生産設備も流用でき、メディアの生産コストも抑えられる。HD映像で2時間以上録画できるなど容量も十分。書き換え型では、シーケンシャルアクセスとランダムアクセスの両フォーマットに対応するため、PC/AV対応にも最適」(稲田氏)


光源に青紫色と赤色の2つのレーザーダイオードを持つ互換ヘッドを搭載

 同社は今年10月のCEATEC JAPAN 2003に、PCの5インチベイに内蔵可能なHD DVDドライブを、実際に記録・再生が行えるカタチで参考出展。HD DVDドライブから映像を再生するデモンストレーションも行われた(別記事を参照)。

 今回の発表会では、MPEG-2圧縮したHD映像(19Mbps)を収録したHD DVD-ROMの映像と、現行DVDに録画したSD映像とを、同じ1台のHD DVDドライブで再生するデモンストレーションを実施した。


MPEG-2圧縮したHD映像(19Mbps)を収録したHD DVD-ROMの映像

 「HD DVDの事業化タイミングは、映画コンテンツ(ROM)の登場とPCでの応用が進んだ時。これらがキラーアプリとなる点は、現行DVDの時と同じだ。具体的な時期は未定だが、2005年ごろの事業化を目指している。現状のDVD自体も普及はまだこれからだと思うので、急な置き換えはないと思う。逆に現行DVDの普及の一翼を担っていけるかなと考えている」(同社第一ストレージ事業部統括マネージャーの早津亮一氏)


PCの5インチベイ内蔵型もモックアップで展示

 なお、新開発のドライブは、2004年1月8日に開幕する「International Consumer Electronics Show 2004」(CES、米国ラスベガス)の同社ブースで出展する予定。

関連記事
▼ NEC、1ヘッドで現行DVD互換のHD DVDドライブを開発

関連リンク
▼ NEC

[西坂真人, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -