Special
» 2016年08月31日 10時00分 公開

サイト運営者は知らなきゃ損!? ついに始まる新ドメイン「.shop」、活用のコツは

[PR/ITmedia]
PR

「.tokyo」など新ドメインが続々 中でも注目度が高いのは?

 WebサイトのURL末尾にあるジェネリックトップレベルドメイン(gTLD)。これまで日本では「.co.jp」「.com」などのgTLDを用いるのが一般的でしたが、最近ではその“常識”が変わりつつあるのをご存知でしょうか。

 ドメイン管理団体・ICANNが2012年にgTLD導入のルールを自由化したことで、さまざまなgTLDを登録・運用できるように。これに伴い、2014年には都道府県として初となる地理的名称を利用したgTLD「.tokyo」の運用がスタートするなど、大きな話題になりました。

 こうした新gTLDを使用することには、どのようなメリットがあるのでしょうか。まず挙げられるのは、ドメインに使える文字列の自由度が増すことです。従来のgTLDは「.com」「.jp」など22種類に限定されており、ネット利用の拡大につれてシンプルな名称の取得が難しくなっていました。新gTLDが多数登場したことで、自社や店舗の名称など、分かりやすい文字列を用いたWebサイトURLを保有できるようになったのです。

 そしてもう1つのメリットは、自社のビジネス種別に応じたgTLDを用いることで、サイト閲覧者に対してアピールできることです。

 この点において、数ある新gTLDの中でも注目が集まっているのが、今年から登録受け付けがスタートした「.shop」です。

photo GMOデジロックが運営する「VALUE-DOMAIN」で登録予約を受け付けている「.shop」

 この.shopというドメインは、一目で「販売系」のサイトと分かるため、特に活用価値の高いgTLDの1つと言われています。事実、ICANN主催のオークションでGMOドメインレジストリが運営権利を獲得した際の金額は約4150万ドル(約49.2億円)と、新gTLDにおいて世界最高額(2016年現在)となりました。

 では、.shopをうまく活用できるのはどのようなサイトでしょうか。生活雑貨や衣料品などコンシューマー向けのブランドはもちろん、特に親和性が高いのがオンラインショップです。服やアクセサリーなどの購入意欲を持つ人がこのドメインを見れば、一目で販売サイトだと分かるため、宣伝などにも利用しやすいgTLDだと言えるでしょう。

ドメイン取得は早い者勝ち! 店舗名に合ったドメインをゲットするには?

 この.shopを用いた独自ドメインを取得する上で注意しておきたいのが、ドメイン取得は先着順、つまり早い者勝ちであるということです。せっかくならこのチャンスを逃さず、シンプルなドメインを取得しておきたいもの。そのために以下のようなプロセスが用意されています。

登録フェーズ 実施期間 登録可能な対象者
商標権者向け優先登録期間 2016年7月2日〜8月30日 登録文字列の商標保有者
優先登録期間 2016年9月2日〜9月26日 誰でも
一般登録期間 2016年9月27日〜 誰でも

 このうち商標権者向け有線登録機関は、ドメインに登録する文字列の商標を持っている企業や団体だけが登録できるもの。希望する文字列の商標を持っていない場合は、9月からの優先登録期間や一般登録期間に登録していくのがよいでしょう。

 優先登録期間では、ダッチオークション(上限価格から下がっていく、いわゆる逆オークション形式)による先行登録が行われます。開始直後の登録料金は高額になりますが、その後、段階的に値下がりしていきます。

 ここで注目しておきたいのは、優先登録期間では希望するドメインを即時取得できるということです。特に人気の高いドメインの文字列(※)は、早めの登録をおすすめします。

※一部、GMOドメインレジストリが指定した単語や短い文字列などの人気の高いドメイン名は、登録料金のほか、別途プレミアム料金も必要になります。

 ちなみに本登録期間に先駆けて、8月8日からはGMOデジロックが運営するドメイン提供サービス「VALUE-DOMAIN」上で.shopの先行登録予約の受け付けも行われています。もうすでに取得したいドメインが決まっているという方は、こちらから予約しておくのがよいでしょう。

 GMOインターネットグループの担当者によると、.shopは8月にスタートした一般登録予約の申し込み数からも「これまでの新gTLDの中でもひときわ注目度の高さがうかがえる」という。あなたのショップでも、いち早くこの注目の新ドメインをゲットしませんか?

photo まずは希望ドメイン名を無料で検索! 登録予約はこちらから

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:GMOデジロック株式会社
アイティメディア営業企画/制作:ITmedia ニュース編集部/掲載内容有効期限:2016年9月6日