Special
» 2021年12月27日 10時00分 公開

「紙の文書をPDF化」では不十分――AIで設計図面をデータ化 建設業界の先駆者が挑むデジタル化

DXには組織内の情報をデジタル化する必要があります。しかし紙の文書をスキャンしてPDFファイル化しただけでは、真の意味でデジタル化したとは言えません。建設業界で使う設計図面をAIでデータ化した企業の取り組みを紹介します。

[辰己学(デル・テクノロジーズ),PR/ITmedia]
PR

 日本の民間企業として初めて構造計算にコンピュータ(IBM 1620)を導入したとされる企業が、1956年に創業した構造計画研究所です。建築・建設業界の皆さまはご存じかもしれません。

 創業時のコンピュータ活用の目的は「単純な計算作業から構造設計者が解放されることで、考え迷うことが中心である設計により多くの時間を割けるようになり、より良い建築や社会をつくりたい」というものでした。

 この言葉、なんとなく聞き覚えがございませんか? そうです、昨今のAI活用で言われていることと全く同じです。人にしかできないことに多くの時間を使えるようにするために、創業時からテクノロジーを活用してきたのが構造計画研究所です。

 建設業界で早くからコンピュータを活用してきた構造計画研究所は、その専門的な知識を生かしてAIの活用に取り組んでいます。今回は業務効率の向上につながる、AIを使った図面のデジタル化を紹介します。

他企業に先駆けてAIを活用

 構造計画研究所の事業領域は多岐にわたります。建設分野や防災分野をはじめ、最初期からコンピュータを活用してきた強みを生かして情報通信や製造業などを手掛けています。さらにマーケティングや事業評価、制度設計、政策評価などの意思決定も支援しています。最大の特色は「大学・研究機関と実業界のブリッジ」を企業理念としているところで、アカデミックな知見をいち早く取り入れることで次世代の社会構築や制度設計の実現に貢献しています。

photo (クリックで拡大)

 構造計画研究所がAIに取り組み始めたのは、コンピュータの導入と同様、世間的に早い時期で、第2次AIブームと呼ばれる1980年代からです。専門知識がなくても業務を行えるエキスパートシステムの開発や、コンジョイント分析という手法を用いたマーケティング支援を経て、1990年代には画像解析システムやマルチエージェントシミュレーターを自社開発するなど、着実にAIに関する技術力と経験を蓄えてきました。

「紙の図面をPDFファイル化」だけではデジタル化は不十分

 他の企業に先駆けてAIを活用してきた構造計画研究所が、建築分野向けに提供しているAI技術の一例をご紹介します。それが、紙ベースの図面のデジタル化です。

 DX(デジタルトランスフォーメーション)を実現するためには、組織内にある既存の情報をデジタル化していなければなりません。紙ベースの図面はスキャンしてデータ化する必要があるのは当然です。しかし、データ化したPDFファイルも真の意味でデジタル化はされていません。PDF上の図面に描かれている通り芯や柱といった部材は、人間だからこそ解釈できるデータであり、コンピュータ(設計ソフトウェア)には解釈できません。

AIを使い、図面をコンピュータで解釈できるデータにする

 柱などの部材情報をコンピュータが解釈できるデータにするため、手作業で図面1枚1枚をチェックしてコンピュータにインプットするには途方もない時間と労力を要します。この作業工程にAIを使った画像認識を用いることで、高速に図面を分析して建物基本情報や面積、位置情報などを抽出してデジタルデータ化することができるのです。

photo (クリックで拡大)
photo (クリックで拡大)

建築の専門知識を持ったコンピュータ活用のエキスパート集団

 デジタイゼーション(アナログの作業をデジタル化すること)のネックである、人間が一つ一つ解釈してコンピュータにインプットする苦労を解決できるのもAIの利用価値の一つです。特に「デジタルデータにはなっている」状態から、「コンピュータが解釈できるデータになっている」状態に進まなければデジタライゼーションは進まないのです。

 構造計画研究所が提供している、AIを用いた図面デジタル化のサービスは設計業務の効率化につながるだけではありません。ノウハウ共有や後ろの工程の不具合リスクや手戻りリスクを低減できると分かってもらえるはずです。

 設計図面のように専門的な内容が含まれる文書をデジタル化し、業務で活用できるようにするには、その分野の専門的な知識と、画像解析やテキスト解析といったデータサイエンスの知見、どちらも必要になります。

 構造計画研究所は建設業界におけるエンジニアリングのエキスパート集団であり、いち早くコンピュータを構造設計に活用してきた、コンピュータ活用に関するエキスパート集団でもあります。建築・建設に携わられている皆さまのデジタル技術活用に対する思いを、これまでの知見と経験で見極めて実現していきます。ご興味を持っていただけたら、ぜひお気軽にDell de AIまたは構造計画研究所にご連絡ください。

photo (クリックで拡大)

Dell de AIハンドブック

ビジネスへのAI導入を阻むハードル、8社に学ぶ製品選定や運用改善の課題解決法

DXに伴いAI活用が進む一方、導入に当たっては企画から開発まで最適な製品やサービスを選定する必要があり、導入後も運用改善を定常的に実施せねばならず、ハードルは低くない。これらを解決する、先進AIパートナー企業8社の取り組みとは?


この記事はデル・テクノロジーズから提供された原稿を、ITmedia NEWS編集部で一部編集したものです。


関連リンク


関連記事

AI導入の“お悩み”解決へ デル・テクノロジーズの専門施設「AI Experience Zone」で体験してみませんか

経験や勘に頼るデータ分析、AIに任せてみては? 化粧品の開発現場で進む効率化――人は“頭を使う仕事”に専念

企業のDXはここから巻き返せ!――「統計学が最強の学問である」著者が語るデータ活用のススメ方【前編】

誰でも使えるデータサイエンスツールで“初めの一歩”を踏み出せ――「統計学が最強の学問である」著者が語るデータ活用のススメ方【後編】

これは、私が夢で見た「人間とAIの未来」の“ちょっと不思議”なお話


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:デル・テクノロジーズ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:ITmedia NEWS編集部/掲載内容有効期限:2022年1月13日

Dell de AIハンドブック

DXに伴いAI活用が進む一方、導入に当たっては企画から開発まで最適な製品やサービスを選定する必要があり、導入後も運用改善を定常的に実施せねばならず、ハードルは低くない。これらを解決する、先進AIパートナー企業8社の取り組みとは?

Dell de AIポータルサイト