検索
ニュース

初音ミク制作のクリプトン、コロナ追跡システムをGitHubで公開 「TVで大阪の取り組み見て」

クリプトン・フューチャー・メディアが、QRコードを活用してイベント参加者や店舗の利用者を把握し、新型コロナウイルスの感染者が出た場合に通知を送る「リスク通知システム」をGitHubで公開した。

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
LINE
Hatena

 VOCALOID音源の制作などを手掛けるクリプトン・フューチャー・メディア(CFM)は5月28日、QRコードを活用してイベント参加者や店舗の利用者を把握し、新型コロナウイルスの感染者が出た場合に通知を送る「リスク通知システム」をGitHubで公開したと発表した。テレビで大阪府の“コロナ追跡システム”を知ったのが開発のきっかけという。

photo

 リスク通知システムはオープンソースソフトウェアとしてMITライセンスで無償公開。イベント会場や店舗に設置したQRコードを利用者がスマートフォンで読み込むと、イベント運営者や店舗経営者が来訪者のメールアドレスを取得できる仕組み。氏名や住所、電話番号などの個人情報は扱わない。

photo
大阪府のコロナ追跡システム

 同システムはCFMが北海道の民間企業として、地域振興を目的に開発。同社の伊藤博之社長は開発の経緯について、Twitterで「テレビで大阪のコロナ追跡システムを知り、感銘を受けた」と話した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る