検索
ニュース

Android版「COCOA」に不具合 陽性者接触を通知せず 20年9月のアプリ更新が原因

厚生労働省は、政府の接触通知アプリ「COCOA」のAndroid版で、新型コロナウイルス陽性者と接触したユーザーへの通知が送られない不具合が見つかったと発表した。修正は2月中旬を予定している。

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
LINE
Hatena

 厚生労働省は2月3日、政府の接触通知アプリ「COCOA」のAndroid版で、新型コロナウイルス陽性者と接触したユーザーへの通知が送られない不具合が見つかったと発表した。2020年9月28日のアップデートが原因で、修正は2月中旬を予定している。

photo

 COCOAは、陽性者と1m以内、15分以上の接触を続けたユーザーに通知を送るアプリ。20年9月のアップデート時にはテスト環境で機能を検証していたが、外部からの指摘を受け実機で動作確認を行ったところ、接触リスクを示す値が低く判定され、正しく通知されなかったとしている。iOS版は正常に動作する。

photo
厚生労働省の報道発表

 厚生労働省は再発防止策として、開発事業者に品質管理の徹底を指示するとともに、不具合確認のため専門家を増員するとしている。COCOA利用者には「通知は受け取れないが、継続して利用することで接触の記録は続けられる。不具合の解消後は、この記録に基づいて接触を通知する」としてアプリの利用を続けるよう呼びかけた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る