検索
ニュース

自分自身を“三つ首”に 現在・過去・未来の多頭システム MITが技術開発Innovative Tech(2/2 ページ)

自分自身の頭の左右に、未来と過去の自分の「顔」がある。阿修羅のような、キングギドラのような。

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
LINE
Hatena
前のページへ |       

 アニメーションの動きには、装着者が普段使用しているSNSで投稿したテキスト情報を自然言語処理アプローチで分析。話題に対してどのような態度をとるのかなどを推定する。

 例えば、「最新のスターウォーズは、これまでの中で最高のSF映画だと思う」といった投稿をしていた場合、“スターウォーズ”や“SF映画”などのキーワードを抽出し、その際の感情を予測する。このように抽出したデータを時系列の感情の変化としてグラフに変換し、その人が未来、過去にどのような態度を取るか推定する。今回の実験では、著者が過去10年にFacebookで発信した6000投稿を分析した。

 合成された顔は、装着者の声をテキストに変換し分析する。反応がポジティブであれば笑顔になり、ネガティブであれば眉をひそめるアニメーションを実行する。

photo
システムの構成図
前のページへ |       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る