Special
» 2010年09月07日 10時00分 公開

「WiMAX内蔵PC」モニターリポート(全6回):第3回 自宅も、近所のカフェでも──より自由な休日が過ごせるようになった「FMV LIFEBOOK PH」とコンサルタント 矢沢さんの場合 (2/2)

[PR/ITmedia]
PR
前のページへ 1|2       

つながるまで速く簡単、つながっても高速──想像していた以上に快適だったモバイルWiMAX

photo 今までより積極的にPCを持ち出して「外出しよう」と思うようになった と矢沢さん

―― 「Try WiMAX for PC」を利用してみた感想を聞かせてください。

 モバイルWiMAXは、自宅・会社・出先、僕の主な活動エリアのほぼすべてで問題なく利用できました。サービス開始当初、サービスエリアはまだ狭いと聞いたことがありましたが、かなり広がっているのですね。今まで、外出先でPCを利用する時はある公衆無線LANサービスを利用していましたが、「無線LAN対応の店を探し回る」、あるいは「本当はこの店に入りたいのに、インターネットにつなげないから別の店へ仕方なく……」といった面倒や妥協がなくなりました。

 このほか、PCを起動すると同時に“自動的にインターネットにつながっている”のが、本当に自宅で使っているのと変わらない感覚ですね。今までの公衆無線LANは、いちいちIDとパスワードを入力してログインする操作が面倒でしたから。今思うと、公衆無線LANスポットを探す手間とともに、これらの面倒がPCを外に持ち出さなくなっていた要因でしたね。

 唯一、窓から離れた奥の席に座ったある店で電波が入りにくい場面はありました。席を窓際に変えてもらったら大丈夫になったので、ギリギリのエリアだったのでしょうか。屋内でも安心して使えるようになると、もっといいなと思います。

―― モバイルWiMAXの本契約はいかがですか?

 ちょうどTry WiMAX for PCの無料体験期間が終了するところなので、本契約するつもりです。普段の活動エリアでほぼ心配なく使えることが分かりましたので、この速度と快適さとともに十分にもとがとれると思います。

 ただ、無線LAN搭載のスマートフォンを所持しているので「WiMAX Speed Wi-Fi」を導入するか、そして、料金プランをどれにするか迷っています。僕のモバイルPC利用用途はプライベートがほとんどで、毎日外に持ち出すわけではないことを考えると、月額380円から使える「UQ Step」にするか、あるいは自宅で利用しているプロバイダや携帯電話キャリアもWiMAXサービスを提供しているので、こちらを選ぶか。もっとFMV LIFEBOOK PHを使いこなして、どのくらいの頻度で使うかを見極めて決めようと思います。

好きな場所でFXチャートをチェック──休日の過ごし方が変わった

―― 新しいPCを得て、ご自身のライフスタイルに何か変化はありましたか?

 なにより、高速で快適、かつ軽量なので、今までより積極的にPCを持ち出して「外出しよう」と思うようになりました。

 休日は娘と遊ぶこと以外はつい出不精になっていたのですが、先日は近所の喫茶店に出向き、インターネットや外国為替証拠金取引(FX)のチャートを見たりして過ごしました。このほか、いろいろなデータを整理したり、一眼レフで撮った娘の写真の加工をしたりと、好きな場所で家族と、時には1人で自由な時間も過ごすのも楽しいものです。逆に、自宅のA4ノートPCはまったくというほど使わなくなりました。

 自宅でも外でも。PCとしての速度・重さ・バッテリー動作時間、Windows 7の使い勝手、モバイルWiMAXの通信環境、いずれも1台でOK──FMV LIFEBOOK PHは“しばられない”自由な時間の過ごし方を改めて教えてくれました。


使用しているWiMAX内蔵PC 富士通「FMV LIFREBOOK PH」
今までのPCの不満点 重量も動作も重く、バッテリー動作時間も短かった
新しいWiMAX内蔵PCに期待していたことは? とにかく機動性
このことは実現できましたか? まあまあ実現できた(まだ使い始めたばかりなので、今後、もっと使いこなしたい)
WiMAX内蔵PCは(現時点で)100点満点中何点ですか? 80点
その内訳を教えてください 軽量・長時間バッテリー・WiMAXによる機動性については100点。キー配列とキータッチに少し慣れが必要で、ボディデザインがやや堅めであることなどでややマイナス

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:インテル株式会社、マイクロソフト株式会社、UQコミュニケーションズ株式会社(50音順)
アイティメディア営業企画/制作:ITmedia +D 編集部/掲載内容有効期限:2010年9月30日