Special
» 2015年10月28日 10時00分 公開

テクノロジーを知れば納得:オフィスプリンタに「エプソンのスマートチャージ」を選ぶべき3つのポイント (3/3)

[PR/ITmedia]
PR
前のページへ 1|2|3       

(3)確かな実力を備えたうえで低コスト!

 こうした特長を備えたうえで「低コスト」も実現しているのが、エプソンのスマートチャージにおける最大の魅力となる。

 おさらいすると、エプソンのスマートチャージとはプリンタもしくは複合機の貸与、インク、保守サービスが月額5000円(税別)からの定額従量料金で利用できるサービスだ。契約プランに応じて、コピー、プリント、スキャン、FAXの機能を備えた複合機あるいは単機能プリンタがエプソンから貸与され、月々の基本使用料金を支払うことで利用できる(基本は5年契約)。

 本体を購入しなくて済むため、導入コストがかからないのがうれしい。月額の基本使用料金に一定のプリント枚数、インクなどの消耗品、オンサイト保守サービスまで含めたオールインワンのプランなので、設置後の手間が少ないのもポイントだ(機器の搬入や設置を希望する場合は別料金、消耗品に用紙類は含まず)。

 さらに、低コストでカラー印刷が行えるのも見逃せない。規定枚数を超えても、1枚5円でカラー印刷を利用できるのだ。

A3複合機/契約年数5年の料金プラン
プラン名 スタンダードB フルカラーB スタンダードF フルカラーF
用途 モノクロ印刷が多い カラー印刷がほどんど モノクロ印刷が多い+用紙種別が多い カラー印刷がほどんど+用紙種別が多い
機器構成 ベーシック(基本モデル)、カセット2段:831枚給紙 フルセット(大容量給紙モデル)、カセット4段:1831枚給紙
契約年数 5年(中途解約の場合は解約金発生)
基本使用料金(月額) 1万円(税別) 1万2000円(税別)
基本印刷枚数(片面印刷) モノクロ2000枚、カラー600枚 モノクロ/カラー合わせて1000枚 モノクロ2400枚、カラー720枚 モノクロ/カラー合わせて1200枚
超過従量料金(1枚あたり) モノクロ1.5円(税別)、カラー5円(税別) モノクロ/カラーいずれも5円(税別) モノクロ1.5円(税別)、カラー5円(税別) モノクロ/カラーいずれも5円(税別)
A3複合機でも月額1万円(税別)の低価格から利用できる。レーザー/LEDプリンタに比べて、低コストでカラー印刷が行えるのも目を引く。月5000円(税別)から利用できるエプソンのスマートチャージの詳しいプランはエプソンの公式ページをチェックいただきたい

さらに省エネや環境負荷低減にも貢献

 エプソンのスマートチャージは、今日のオフィスに求められる省エネや環境負荷低減にも貢献する。印刷時に熱を使わないため消費電力が低く、稼働時と待機時を合わせたトータルの消費電力量を示すTEC値はたった0.6kWhに収まるのだ。これは同社のA3カラーレーザー複合機(LP-M5300FZ)と比べて約88%もの電力削減率になる。

 また、スリープ移行時間や液晶の明るさなど電力消費を抑える設定、両面印刷の設定を一括で行える「ECOモード」も持つ。

エプソンのスマートチャージはTEC値が0.6kWhと低消費電力だ。同社のA3カラーレーザー複合機(LP-M5300FZ)と比べて約88%もの電力削減率になる

 約7万5000枚もの印刷が可能な巨大容量インクパックを採用しているのも見逃せない。毎月約2000枚の印刷で約3年交換不要な計算なので、交換頻度が非常に少なくて済む。さらに、インクパックの交換は月額の基本使用料金で受けられるオンサイト保守サービスに含まれているため、面倒なインク交換をユーザーが行う必要は一切ない。

 巨大容量インクパックは、輸送コスト、梱包(こんぽう)材、カートリッジなどの廃材によるCO2排出量を抑えるのにも効果的だ。例えば、同社のA3カラーレーザー複合機(LP-M5300FZ)で約7万5000枚を印刷しようとすると、トナー52本に感光体6本を費やす必要がある。これがエプソンのスマートチャージならば、4つのインクパックでまかなえるのだ。インクジェット方式だからこそ実現できた省エネ化、省資源化と言える。

同社のA3カラーレーザー複合機(LP-M5300FZ)で約7万5000枚を印刷しようとすると、これほど大量のトナーや感光体が必要(右)。エプソンのスマートチャージならば、4つのインクパックで同じ量の印刷が可能だ(左)

幅広いビジネスシーンの印刷コスト低減に貢献

 以上のようにエプソンのスマートチャージは、オフィス用のプリンタ/複合機として高レベルな印刷速度と画質を独自のコア技術で両立し、細部に至る作り込みで高耐久、幅広い用紙やデバイス対応といった特長も持たせつつ、省エネやCO2削減まで実現している。

 それでいて、導入コスト0円(搬入/設置を希望する場合は別料金)、月額5000円(税別)から利用可能という優れたコストパフォーマンスも兼ね備えており、「プリンタ/複合機の性能や機能は維持したまま、コストや環境負荷は抑えたい」という企業ニーズをうまく捉えた新サービスとなっている。

 オフィスで使い古したコピー機やレーザー/LEDプリンタの置き換え、性能面で不満なインクジェット機からのアップグレード、さらには既存のプリンタ環境への追加導入や分散配置など、幅広いシーンに対応できるサービスなので、これから職場にプリンタ/複合機を導入する予定があるならば、エプソンのスマートチャージを積極的に検討してみてはいかがだろうか。

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:エプソン販売株式会社
アイティメディア営業企画/制作:ITmedia PC USER 編集部/掲載内容有効期限:2015年11月27日