自分だけのPCを育成できる時代に突入!? 「AI PC」で生活やパソコン選びはどう変わる?(1/3 ページ)

最近、世の中にAI(人工知能)が急速に普及している。そんな中、AI処理に特化したNPUを搭載する、いわゆる「AI PC」も増え始めた。そのメリットはどこにあり、どう選べばいいのだろうか。AI PC用のCPU「Core Ultra プロセッサー」を提供するインテルから受けた説明をもとに解説する。

» 2024年06月05日 10時00分 公開
[PR/ITmedia]
PR

 2023年末、インテルが「インテル Core Ultra プロセッサー」を発表した。このCPUは、推論処理に関する演算を高速化するNPU「インテル AI ブースト」を統合しており、AI(人工知能)の処理を迅速に行えることが特徴だ。

 昨今、AIの処理を高速化したCPUを備える「AI PC」が続々と登場している。もちろん、Core Ultra プロセッサーを備えるPCもAI PC……なのだが「そもそもAI PCって何?」「今までのPCと何が違うの?」という疑問を持っている人もいると思う。

 この記事では、インテルの本社で担当者から聞いた話と、AI PCを活用したアプリのデモンストレーションを交えつつ、AI PCの“メリット”や選び方をチェックしていく。

AI インテルでは「AI is Everywhere(あらゆる場所でのAI活用)」をキーワードにNPU搭載CPUや、AI処理能力を高めたGPUなどの開発を進めている
Coreプロセッサ インテル Core Ultra プロセッサーは、AI PC時代に誕生した新たなCPUである

そもそも「AI PC」って何? 今までのPCとは何が違う?

 ITmedia PC USERの読者の皆さんは、多くがPCに興味を持っている人だろう。しかし「AI PCとは?」と聞かれると“うろ覚え”という人もいると思うので、改めて解説していこう。

 まず、AI PCはNPUを統合したCPUを搭載するPCの総称で、インテルがCore Ultra プロセッサー(開発コード名:Meteor Lake)の発表が近づいたタイミングで提唱し始めた。冒頭で少し触れた通り、同プロセッサーにはインテル AI ブーストというNPUが搭載されている。

 NPUは「Neural Processing Unit」の略で、AIに関わる演算処理のうち、多くの場面で使われる推論処理に必要な計算に特化した演算ユニット(ハードウェア)だ。

 AIに関する演算処理は、計算機としての汎用(はんよう)性が高いCPUや、単純な計算を高速かつ大量にこなせるGPUでも行える。しかし、CPUは汎用性が高いゆえにAIに無関係なアプリも含めて多用される上に、GPUはゲームや3Dレンダリング、動画のエンコード(圧縮作業)といった“本来の”用途における負荷が高まっている。

 そこで登場するのがNPUだ。今まではCPUやGPUが担っていた推論処理をNPUにオフロードすることで、CPUやGPUの負荷を減らし、両者が本来担うべき処理にリソースを割けるようになる。“特化”しているがゆえに、CPUやGPUよりも効率良く、かつ高速に推論処理を行えることもメリットだ。アプリ次第だが、CPUやGPU、そしてNPUを“総動員”することでAIのパフォーマンスを一層引き上げることもできる。

 Core Ultra プロセッサーは、1つのチップの中にCPUコア、GPUコア、そしてNPUを統合している。つまり、AIエンジンを3種類搭載する。3つのエンジンがあるということは、並列処理の面では理にかなっている。それぞれ得意とする演算処理が異なるため、アプリ側がその特性をうまく活用しやすいことが強みだ。現時点では、この柔軟性がある仕様の方が将来に向けては有効に働く。インテルも、CPU/GPU/NPUをうまく使い分けるための命令セットを強化している。

 つまり、今までのPCよりもAIをより効率的に、かつ高速に使えるPCが「AI PC」ということになる。

3つのエンジン Core Ultra プロセッサーは「CPU」「GPU」そして「NPU」と、AI処理に使える3種類の演算ユニットを備えている。それぞれ得意な演算は異なるので、うまく組み合わせるとAIの処理を一層高速化したり、AI以外の処理にリソースを割きやすくしたりできる

 インテルでは、Microsoftと共同でAI PCの定義を策定している。その要件は以下の3点だ。

  • AIエージェント「Copilot(コパイロット)」を利用できること
  • キーボードに「Copilotキー」を搭載すること
  • CPUやGPUに加えてNPUを搭載すること

 冒頭で触れた通り、Core Ultra プロセッサーは全てのモデルにNPUが搭載されている。Copilotキーを備えるCore Ultra プロセッサー搭載は、例外なくAI PCということになる。Core Ultra プロセッサーに最適化されているアプリは、Copilotを含めて既に300以上存在している。

 ここで少し気になるのは「AI PCのポテンシャルを引き出せるアプリ(ソフトウェア)はそろっているのか?」という点だ。次のページでチェックしていこう。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:インテル株式会社
アイティメディア営業企画/制作:ITmedia PC USER 編集部/掲載内容有効期限:2024年6月30日

関連リンク