検索
ニュース

Appleが独自CPU搭載Macを2020年末に投入、Intel CPUサポートも継続4度目の大転換を迎えるMac

Appleが独自CPUの「Apple Silicon」を発表した。同Socを搭載したMacを2020年末に投入し、Mac miniベースの開発キットは6月末から出荷を行うという。

Share
Tweet
LINE
Hatena

 2020年6月22日(米国太平洋夏時間)のWWDC基調講演で、Appleが独自CPUの「Apple Silicon」を発表、スムーズに動作する新OS「macOS Big Sur」でデモンストレーションも実施した。Apple Silicon搭載モデルは2020年末から出荷を開始し、今後2年かけて移行を促進するという。

Apple Silicon
Apple Siliconを背景に説明するティム・クックCEO
Apple Silicon
Apple Silicon

Macが4度目の大転換を迎える

 Apple Siliconの開発はiPhoneをきっかけに10年以上前から行っており、iPadを含めワットあたりの性能向上を目標に取り組んできた。これにより、iPhoneの性能は初代に比べて100倍になり、iPadのグラフィックス性能は1000倍になったという。

Apple Silicon
Apple Siliconで動作する新OS「macOS Big Sur」
Apple Silicon
Macが目指すワットあたりの性能

 Appleは過去に、モトローラの68K(680x0)からPowerPCへの移行、OSもCoplandプロジェクトの挫折からMac OS Xへの移行、そしてPowerPCからIntel CPUへの移行と3度の大転換を行ってきた。ティム・クックCEOは「Macが4度目の大転換を迎えることになる」と説明し、移行を促進するための「Developer Transition Kit」(500ドル)を開発者向けに提供する。申し込みは既に受付中で、今週から出荷を開始するという。

Apple Silicon
Macは4度目の大転換を迎える
Apple Silicon
多くの純正アプリがApple Siliconネイティブで動作するという
Apple Silicon
Final Cut Proのデモンストレーション
Apple Silicon
スムーズな移行を促すためにUniversal 2、Rosetta 2、仮想環境などが提供される

 MicrosoftやAdobeとも共同開発を進めており、基調講演ではApple Siliconネイティブで動作する両社のアプリケーションも滑らかに動作していた。

Apple Silicon
Apple Siliconネイティブで動作するWordやExcel、PowerPointといったOffice製品のデモンストレーション
Apple Silicon
PhotoshopやLightroomも滑らかに動作した
Apple Silicon
「Developer Transition Kit」の概要

 Apple Siliconの詳細については、別記事で紹介する予定だ。

→・Macが独自プロセッサ「Apple Silicon」に移行し、Intelと決別する理由

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったらITmedia PC USERに「いいね!」しよう
ページトップに戻る