Special
» 2013年12月27日 09時30分 UPDATE

勤怠管理ASP「KING OF TIME」でコストカット:勤怠管理から給与計算まで“丸投げ”して、この値段?

手がかかって面倒な勤怠の集計を自動化するだけでなく、給与計算までやってくれる――。そんなサービス、興味ありませんか? まずは、導入したらどれくらいのコストを削減できるかを診断ツールでチェックしてみよう。

[PR/Business Media 誠]
PR

 思うように業績が上がらない――と悩んでいる、そこの社長さん。あなたの会社、実はまだ“細かいムダ”があったりしませんか? 売上をすぐに上げるのは難しいけれど、社内のムダの整理が大幅なコスト削減につながる場合もあるのです。

 まずは、この診断ツールで“どれだけのムダ”を削減できるかお試しあれ。

問題が設定されていません

 今すぐコストカットするならこちら

 いかがでしょう? 実は、勤怠管理は今、安価にWebサービスを使って自動化(システム化)できる業務として注目を集めているのです。勤怠管理の集計業務は手間や時間がかかるわりには直接の売上アップにつながらないもの。最近では、打刻ミスや改ざんを防ぎながら集計を自動化する安価なデジタルの勤怠管理システムが登場し、管理業務の手間やコストの削減に貢献しています。

 勤怠管理業務をまるごとシステム化してしまえば、コスト削減につながるだけでなく、製品やサービスの開発といった“競争力を高めるための業務”に社内スタッフを振り向けられるというメリットも生まれます。

 クラウド型の「KING OF TIME」も、安価な勤怠管理サービスの1つ。指静脈や指紋、FeliCaカードといった、“かざすだけで打刻できる”タイムレコーダー(認証システム)に対応しており、昔ながらのタイムレコーダーから乗り換えた従業員でも迷わず使えるのが便利です。打刻結果はインターネットを通じてKING OF TIMEのクラウドサーバに送られ、自動で集計されるので、本部側も従業員も、Webを通じて時間や場所を選ばず勤怠状況を確認できるようになります。

Photo 勤怠管理業務を社内のスタッフに任せずにすむようになり、管理サーバや管理担当者も必要なくなる

 勤怠データを管理するためのPCが不要になり、集計作業を担当していたスタッフは、本来の業務に専念できるようになる――。1従業員あたり月額300円のコストで、社内スタッフの配置をより最適化できるのが、このサービスのメリットなのです。

“人力クラウド”で、さらなるコストカットを

 もっとムダを省きたい? そんな社長さんのニーズに応えるのが、KING OF TIMEで集計した勤怠データを元に給与計算までしてくれる「PAYコンシェル」。計算だけではなく、PCやケータイ、スマホのWebサイトからチェックできる明細の配信にも対応しています。

 このサービスのポイントは、給与を計算するのに“人の力”も使っているところ。給与計算はミスが許されないにもかかわらず、イレギュラーな処理がつきものなので、これまでは社内の作業負荷を軽減しづらい業務の1つでした。そこでPAYコンシェルでは“給与計算のプロの人”をスタッフとして用意。企業や店舗ごとに異なる計算ルールに柔軟に対応できる体制を整えたのです。

Photo 給与計算のプロ(人間)が給与計算をサポートする

 利用料金は従業員1人あたり450円とリーズナブル(※)。勤怠管理サービスのKING OF TIMEと合わせて導入すれば、勤怠データの集計から給与計算までを、1人あたり750円のコストでシステム化し、外注できてしまうのです。

 今や時代のトレンドは“ムダを省いて、本業に専念”。新年度にスタートダッシュをかけるためにも、今のうちからムダを見直してみてはいかがでしょう。今なら30日間の無料体験もできるので、気になる人は以下のフォームから申し込んでお試しあれ。

※ KING OF TIMEと組み合わせて利用した場合。PAYコンシェルのみを利用する場合の料金は、1従業員あたり500円。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:株式会社ヒューマンテクノロジーズ
アイティメディア営業企画/制作:誠 Biz.ID編集部/掲載内容有効期限:2014年8月31日