2015年7月27日以前の記事
検索
ニュース
DODA調べ:

転職の求人数、26カ月連続増 「売り手市場」の傾向続く

転職希望者の「売り手市場」の傾向が続いている――「DODA(デューダ)」を運営するインテリジェンス調べ。

Share
Tweet
g+
LINE
Hatena

 転職サービス「DODA(デューダ)」を運営するインテリジェンスは2月13日、2017年1月の転職求人倍率を発表。1月の求人倍率は、前月比0.58ポイント減の2.35倍だった。求人数は0.1%増で、26カ月連続で調査開始(2008年1月)以来の最高値を更新。転職希望者数は24.6%増だった。

 調査結果について、同社は「求人数が微増にとどまった理由は、16年末に17年4月入社に向けた採用を前倒しで始めた企業が多かった影響。一方、4月入社を目指して転職活動を始める人は1月に多かったため、転職希望者数は大幅に増加した」とみている。

photo
転職求人倍率

 業種別では、求人数が増加したのは「商社・流通」(1.6%増)、「サービス」(1.3%増)。職種別で求人数の伸びが顕著だったのは、「事務・アシスタント系」(3.3%増)、「技術系(電気・機械)」(2.9%増)だった。

photo
求人数増加率

 今後は、3月に年度末を迎える企業が多く、新年度に向けて人材の確保を急ぐ企業が多いため、2月以降も求人数は高い水準を維持する見込みだという。同社は「転職活動をするには非常に良い時期だが、募集開始から人材確保までの期間が短いケースに注意。転職希望者は、希望の求人を見つけた場合はすぐに応募し、自分に求められていることを理解した上で選考に臨むことが大切」とみている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る