テレワークに求められるセキュリティと利便性:NGN時代のIPコミュニケーション&シン・クライアント ソリューション

本格的な普及が進むテレワーク。それを牽引するのは、IPコミュニケーションやシン・クライアントといったNGN(Next Generation Network)である。日立主催の「日立テレワークセミナー」では、豊富な事例とともに、テレワーク拡大に向けての取り組みが紹介された。


 2008年2月5日、東京・秋葉原において「日立テレワークセミナー」が開催された。「新時代の働き方、テレワークに求められるセキュリティと利便性」と題したセミナーでは、ブロードバンドの普及によって高速化されたインターネットインフラなどの情報通信技術を活用し、場所や時間にとらわれることのない「テレワーク」という新しいワークスタイルについて、適用事例や日立のソリューションが披露された。

テレワークという新しい働き方

photo 日本テレワーク協会 事務局長 柴田明 氏

 セミナーの冒頭に登壇したのは、社団法人日本テレワーク協会事務局長の柴田明氏。「テレワークの動向と政府の取り組み」と題した講演を行った。社団法人日本テレワーク協会は1991年1月、オフィス分散化に関する調査研究や実証実験の実施を目的に日本サテライトオフィス協会として設立された。2000年1月には、現在の名称に変更、160社を超える会員企業で構成されている。

 柴田氏はまず、テレワークの定義と分類について説明した。テレワークとは、ITを活用して時間や場所に左右されない柔軟な働き方を指しており、対象者の就業形態によって「雇用型」と「自営・内職副業型」に大別されるほか、実施場所や実施頻度によっても分類される。

日本では、1990年代はじめにメインオフィスから離れた場所にサテライトオフィスを設置して職住近接の実験が始まったが、当時はIT環境が未整備であり、普及に至ることはなかった。しかし、2000年前後になってIT環境が整うにつれ、営業職を中心にメインオフィスを含んだモバイルワークが一般化。現在は新しいワークスタイルとして展開期に入り、2010年以降は本格的なテレワーク時代が到来すると予想する。


image テレワーカーの数は、2002年からの8年間で3倍になると予測されている

 「テレワークには、さまざまな効果があります。ワーカーにとっては、仕事の生産性や効率性が向上し、通勤の負担軽減によって個人や家庭での時間が確保できるという効果があります。企業にとっても、業務の生産性や効率性が向上するほか、オフィスコストの削減や人材の確保という点で大きな効果が期待できます。さらに、国や社会にとっては、雇用創出や地域活性化、都市・環境問題の解決という効果が期待されています。現在、テレワークにとっての最大の課題はセキュリティの確保という点ですが、これはNGNが提供するセキュリティ機能によって解決され、テレワークの普及が促進することでしょう」(柴田氏)

NGN時代に向けた日立の取り組み

photo 日立製作所 ネットワークソリューション事業部 秋山秀幸 氏

 今回のセミナーには、「NGN時代のIPコミュニケーション&シン・クライアントソリューションとは」という副題もあったが、そのNGNについての日立の取り組みを紹介したのが、日立製作所ネットワークソリューション事業部の秋山秀幸氏。同氏は、NGNにはキャリア、ビジネス、ライフ・コミュニティの各分野で新たな価値の提供が期待されると述べ、日立グループでもこれらの3つの事業ドメインに注力していることを強調した。

 「日立ではNGNの各分野に対応した先行製品・技術をキャリアに提供するのをはじめとし、サービスデリバリプラットフォーム(SDP)という新しいビジネス基盤をビジネス、およびライフ・コミュニティの分野に横展開しています。日立グループには、社会インフラで培ったミッションクリティカルな設計技術力という強みがあります」(秋山氏)


photo 日立グループでは、ネットワーク事業の各ドメインにおいてNGNを推進するという
photo 日立コミュニケーションテクノロジー 営業統括本部 ソリューション営業推進部 氏家誠 氏

 また、ビジネス分野のネットワーク製品・ソリューション導入事例として、IPセントレックス基盤を活用し携帯電話と内線電話を融合するモバイルセントレックス、およびIPテレビ会議システムによる多拠点コミュニケーション、ライフ・コミュニティ分野ではNGNを利用したホームゲートウェイなどが紹介された。

 続いて登壇した日立コミュニケーションテクノロジー 営業統括本部 ソリューション営業推進部の氏家誠氏は、「NGNで加速するIPコミュニケーションとその取り組み」と題した講演を行い、特にIPテレフォニーによるさまざまなソリューションを、事例を交えながら紹介した。


image 「IPテレフォニーの拡大をNGNが牽引する」と氏家氏

 日立テレワークセミナーでは、セミナー会場とは別に展示ブースを設置。日立が提供するテレワーク、およびNGN関連のさまざまなソリューションのデモンストレーションが行われていた。中でも、情報漏えいを防止するセキュアクライアント製品は、来場者の注目をひときわ集めていたようだ。

image セミナー当日は、テレワークの体験コーナーが設けられた


提供:株式会社日立製作所
企画:アイティメディア営業本部/制作:ITmedia エンタープライズ編集部/掲載内容有効期限:2008年3月26日

INDEX

Citrix Presentation Serverによるシン・クライアント ソリューション
テレワークを推進する際に、懸念されるのが「セキュリティ」と「管理性」だ。Citrix Presentation Serverならば、ユーザーの業務効率を向上させつつ、これらの課題も解決できるという。

セキュリティPCの採用で真のモバイルワークスタイルを確立
新しいワークスタイルとして注目されているテレワークは、すでに多くの企業に取り入れられている。その代表的な実践事例が、日立製作所自身のシン・クライアントによるワークスタイル改革である。2月5日に開催された日立テレワークソリューションセミナーでは、その具体的な取り組みが紹介された。

関連記事

日立が変える シンクライアントが変える企業力
日立製作所が自社で7万台の導入を目指すというシンクライアントソリューションを特集。企業力を向上するには? 情報漏えいリスクを回避するには? これらの疑問を解決するためのソリューションを研究してみよう。