GMOインターネット「サイトクリエイションJr.」:サイト更新をブラウザ上でWord感覚に!

Webサイトのページ更新作業が重荷になっていないだろうか? 情報は常に新しい状態にしたいけれど、更新のための作業が面倒、外注先のホームページ制作会社へ依頼すると時間が掛かる……。そんな人に最適なのが、Word感覚でホームページを編集可能なASPサービス「サイトクリエイションJr.」だ。URL単位のライセンスのため何ユーザーでも利用可能。すべての操作をブラウザ上で完結できる、ユーザビリティーの高いサービスをGMOインターネットが発表した。


 従来であればHTMLエディタ(ホームページ作成ソフト)を使いこなさなければならなかったWebページの制作事情。さらにインターネットにおける情報発信で切実なのは、常に情報が最新のものであることを自社サイトの訪問者へアピールし続けなければ、結果的に思う通りの訪問者をつなぎ止められないことだ。

常に新しい情報を発信し続けることの難しさ

 さまざまな商用サイトを見ると、数年前に更新を行ったまま……、といったケースもある。その影響からだろうか、最近ではブログをそのまま企業のコーポレートサイトに利用するケースが増えている。けれども果たして、ブログシステムの導入で訪問者のニーズにすべて応えられるだろうか?

 コーポレートサイトは企業ブランディングにおいて大きな役割を果たすものであり、企業イメージを形成する顔であると言っても過言ではない。ブログは時系列に情報が羅列されるところが大きな特徴だが、ページに載せる情報の性質によって、従来のようにデザインを自由に考えたページで作り込む方が望ましいことも多々ある。例えばコーポレートサイトの場合であれば、会社概要や取り扱い製品・サービスなどの基本情報ページが時系列表示である必要性はさほどなく、情報の読みやすさ、ビジュアルを最優先に考え、訪問者の自社に対するイメージの形成に重点を置いた方がよいだろう。その上で補助的に、サイト内でも頻繁に新たな情報を書き加えていくことによってCRMとしての役割も果たす「店長日記」のようなコーナーに対しては、ブログを利用するといった使い分けを行った方が、良い結果を生み出すことが多い。

更新の手間を最小にするためには? を考えたサービス

 このようなWebサイトにおけるページ作成事情を考え、GMOインターネットは新たに「サイトクリエイションJr.」と呼ぶASPサービスを提供開始した。

 このサービスを利用すれば、従来のようにHTMLエディタ(ホームページ作成ソフト)や、外部のホームページ制作会社によるページでも、HTMLの知識を必要とせずブログ感覚で簡単に更新することができる。GMOインターネットの提供するレンタルサーバ(ホスティング)サービス利用者だけでなく、あらゆるWeb上のページ更新が可能だ(詳細は後述)。

 それでは、「サイトクリエイションJr.」とはどんな機能を持ったサービスなのか。詳細を紹介していこう。

受賞実績のあるツール

 「サイトクリエイションJr.」は、ソフトをローカルPC上やサーバにインストールする必要がないASPサービスだ。GMOインターネットと1サイトごとに契約すれば、利用ユーザー数に制限はない。また、Webブラウザ上で動作するASPサービスのため、対応ブラウザ環境さえあればよく、OSやプラットフォームも選ばない。

 仕組みとしては、利用者のPCとWebサイト間を「サイトクリエイションJr.」が中継する形だ。ページデータの読み込み、ページデータのダウンロード、そしてページデータのアップロード保存などは、すべて「サイトクリエイションJr.」のASPサーバが仲介して行う。

gmo-zu.gif

 「サイトクリエイションJr.」は、そのサービスコンセプトだけでなく実績も伴っている。独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)が毎年選出する、「ソフトウェア・プロダクト・オブ・ザ・イヤー」で2006年度の受賞ソフトウェアとなったサイバーステーションが提供する「Site Creation R-ASP」の簡易版となっている。この賞は、優秀なソフトウェアの開発者などを称えることで、技術者の開発意欲を高め、多くの良質なソフトウェアプロダクトの供給を促進するために創設されたものだ。

操作はWord感覚、ローカルでFTPツール利用も不要に

 ここまで読んでも……、実際に体験しなければ、本当に「更新が簡単」と自分も感じられるかどうか、想像しづらいものがあるだろう。GMOインターネットはこの点も考慮し、読者が実際に体験できるよう、幅広く試用環境を提供した。

 ブラウザを起動して、アドレスバーに「編集をしてみたいドメイン名」の後に「start.sc」と続けて入力してみよう。

■指定例
 http://www.itmedia.co.jp
 ↓
 http://www.itmedia.co.jp.start.sc/
※URLをブラウザにコピーしてご確認ください

 「サイトクリエイションJr.」の具体的な機能については、デモサイトの画面をもとに紹介していこう。まず、注目して欲しいのが上部にある操作ボタン。Microsoft Wordを思わせるツールバーが付いている。

■Wordのようにページ編集が可能

gmo-toolbar.jpg Wordのようなツールバーを採用している。ページ内の文字を選択して編集すれば、手軽に編集することができる

 ボタンの上にカーソルを合わせると各機能がバルーンヘルプで表示される。初めて見るボタンでもこの表示を見ればどのような機能なのか、ほぼ把握できるだろう。これで直感的に操作することができる。

 「サイトクリエイションJr.」の役割はWebページを“ゼロから新たに作成する”というよりは、すでに作られているホームページの一部を”手軽に修正する”作業に適しているのだ。

■ページ編集は文字だけではなく画像なども手軽に行える

gmo-link1.jpg 文字編集はもちろんのこと、画面のようにリンク編集も手軽だ
gmo-link2.jpg リンクを右クリックするとポップアップされるウィンドウ内で編集することができる。また、上画面でも見られるように、見出し指定も行うことで、目立たせたい商品名を手軽に編集することができる
gmo-image.jpg 写真を替えたい場合、Windowsのファイル参照ポップアップが表示されて画像を指定すればよい。アップロードを行えば、まずは「サイトクリエイションJr.」上で反映される。実際に公開したい場合は、「サイトクリエイションJr.」上部の保存ボタンをクリックすれば本公開する

 Webページを作成するためには、著名なツールが多数存在する。そのようなツールを使って作成されたページを、HTMLの知識を必要とせず手軽に編集することができる。これが「サイトクリエイションJr.」の大きな特長だ。ページ装飾などを担うcssが複雑なWebページであっても、デザインの再構築をする必要もない。また、ページのイメージを忠実に表示してくれるため、ビジュアルを確認しながら文字や画像の編集が可能だ。

 前述したように、企業のWebサイトの多くが、社外や社内のデザイナーなどの専門職に依頼して基本デザインを制作している。こうした場合、サイトの一部分だけを更新するのにわざわざデザイナーに依頼すると、緊急を要するような修正でタイムラグが生じたり、そのたびにコストがかさむ要因となったりしてきただろう。

 このため、例として「大きなレイアウト変更はデザイナーに依頼し、新製品情報・キャンペーン情報・採用情報といった日常的な情報更新は、現場担当者が行う」という運用体制を採れば、ホームページという絶好の情報発信ツールを最大限に生かすことができる。Word感覚で編集ができるのであれば……、現場担当者の負荷も最小となるはずだ。

 ホスティングサービス事業者として、ホームページを利用するユーザーの生の声を数多く聞いてきたGMOインターネットは、これまでに触れたような情勢を認識した上で、「サイトクリエイションJr.」というホームページ編集ツールを新サービスとして提供することにしたのだという。

復元機能でページ更新履歴が管理できる

 しかし、現場担当者が手直しすると、「専門知識がないスタッフが作業を行った結果、万が一、間違った情報をアップデートしてしまう可能性は? 直すべきではない情報を誤って公開してしまった場合のリスクはどう対処すればよいのだろう?」と不安に感じるのも自然なことだ。

 「サイトクリエイションJr.」には、「HTML保存履歴管理」、「復元機能」、「ファイル管理機能」が用意されており、万が一の事態にも対処できるようになっている。

 まず、保存を行う際には、「作業前の状態をバックアップし履歴に追加する」というコマンドが表示される。これを徹底すれば、万が一誤った更新を行ってしまった場合にも、ファイル管理の履歴を選択すれば、戻したい時点に復帰させることができるのだ。復元処理はボタンクリック1つで行えるが、プレビュー機能で復元するコンテンツを確認した上で復元を実施することも可能だ。

■復元機能は、例えばキャンペーン終了後に元にもどすといった用途にも便利

gmo_fukugen.jpg 「復元機能」は単にバックアップ用途だけにとどまらない。例えば、キャンペーン実施前に状態を保存しておき、終了後に復元するといった用途も現実的だろう

 復元機能のベースとなっているファイル管理機能は、実はFTPクライアントソフトで、「履歴管理」のほかに、「新規HTML作成」「フォルダ作成」「ファイルアップロード」「ファイル削除」「ファイル名変更」「HTML複製作成」「ファイルダウンロード」「ファイル属性の変更」といった機能が用意されている。

■ファイル単位で管理することも可能

gmo_kanri.jpg 従来であれば、FTPクライアントのツールを使っていたものも、Webブラウザ上で行うことができる。このため、ローカルPCのアプリケーション環境に依存することなく、操作方法についても関係者間で共有することが可能だ

 「サイトクリエイションJr.」には、こうした基本機能以外に、一部作業については右クリックすると機能が表示され、操作を短縮することもできる。

 また、便利な機能としてWordで作成したドキュメントを貼り付ける機能や、Flashコンテンツの挿入、ソース表示で編集、ページプレビュー、画像や表データの挿入、HTMLの基本情報を管理する文書プロパティなどの機能がある。しかも、RSS配信のための支援機能を搭載しており、静的HTMLでもRSS配信を行っているよう見せることが可能だ。例えば、サイトのトップページに更新情報を掲載し、それをRSS配信することで訪問者へ意欲的な定期更新を行っている姿勢を見せ、アクセス数アップにもつなげるといった考え方ができるだろう。

 これだけ充実した機能をもちながら、利用費用は初期設定費用が2100円、月額利用料も2100円となっている。なお、WebサーバにログインするためのFTPアカウントと、Webデータを保存できるサーバ領域を持っていることが利用条件として挙げられている。FTPアカウント情報を「サイトクリエイションJr.」上に設定することで、ASPサービス上でページアップロードまでを完結してくれるのだ。

 GMOインターネットは、このサービスを提供することで、「いちどはホームページを作ってみたものの、更新が面倒で数年前の情報のまま……。」といったユーザーに鮮度の高いホームページ運営の重要性を訴えかけている。

 思うようにページ更新ができない。その理由は、これまでのツールが難しくて使いづらい、その結果、更新が滞ってしまった。そんな人が多いはずだ。思い当たる人は、ぜひデモを試用して、その容易さを実感してみるとよいだろう。

■この記事を編集する(デモ画面)
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0804/07/news001.html
 ↓
http://www.itmedia.co.jp.start.sc/enterprise/articles/0804/07/news001.html
※URLをブラウザにコピーしてご確認ください



ホワイトペーパーダウンロード

月額2100円で簡単・手軽にWebサイトの更新頻度を大幅アップ

Webサイトを運用するコストや手間を大幅削減。HTMLの知識がなくても、誰でもすぐにWebサイトの編集・更新ができるようになるツールの秘密とは? CMSとの決定的な違いも徹底解明。

 現在、自社のWebサイトの更新頻度はどれくらいだろうか? Webサイト管理担当として専門職者を抱えるにせよ、更新の必要があるたびに外注するにせよ、Webサイトの管理運営にそこまで費用をかける必要があるのかと疑問を持っている人は多いのではないだろうか。あるいはWebサイトを立ち上げてから一度も更新していないという企業も少なくないだろう。

 GMOインターネットが提供するWebサイト制作支援ツール「サイトクリエイションJr.」は、Webサイト作成の経験がまったくなくても簡単にWebサイトの編集・更新ができる。しかも、ソフトウェア以外のコストを不要とすることで月額2100円という安価な値段を実現した。本ホワイトペーパーでは、「サイトクリエイションJr.」の仕組みを分かりやすく図解しながら、従来のCMS やWebサイト編集ツールとの相違点を徹底解明する。

TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンターにて入手できます。




提供:GMOインターネット株式会社
企画:アイティメディア営業本部/制作:ITmedia エンタープライズ編集部/掲載内容有効期限:2008年5月9日

キャンペーン

リリース記念キャンペーン
初期設定費用が今だけ無料
お得に始めるなら今がチャンス!
(期間限定)

バックナンバー

フルマネージメント型の専用サーバ、ついに登場!
専用サーバのメリットを受けながら運用管理の手間を軽減させたい。Webビジネスの規模が大きくなれば、必然的に専用サーバの導入を検討すべき時が来る。そんな時に検討すべきは、運用管理を自らですべきか? 代行可能ならば委任すべきか? である。

共用サーバで“かつてないお得感”実現の裏には
ドメイン取得からWebサイト開設まで。これらを1社のサービスでシームレスに利用できるメリットとは? インターネットで初めてWebサイトを開設する際はもちろん、複数のサイトを運営する場合でも、昨今は省力化が多面的サービス展開の要となっている。そのようなニーズに応えてくれるのが「お名前.com」だ。