プリント用表示

データから見る日本企業のソフトウェア活用:開発ツールの活用に課題あり――ビジネスの変化に対応するには

ITmediaの調査によると、自社の業績を「好調」と意識しているのは、アプリケーション開発がビジネスニーズの変化に対応できていると答えた企業が最も多いという結果が表れた。


 ITmediaの「企業におけるソフトウェア活用に関する調査」(2010/12/8〜16実施、回答数634)では、アプリケーション開発のビジネスニーズへの対応状況と、開発ツールの位置づけの調査から、以下のようなことが分かった。

  • ビジネスの要求に対応できていない、もしくは対応できていないという回答が8割以上を占める
  • 開発ツールの重要性を意識している企業が8割以上

 アプリケーション開発が、現在のビジネスのスピード感になかなか対応できていない状況(グラフ1)と、その中で開発ツールが果たす役割の大きさが強く認識されていること(グラフ2)が明らかになっている。

dev_graph1.gifdev_graph2.gif (左)グラフ1 質問:ビジネスニーズに対するアプリケーション開発の対応状況についてお聞きします。(右)グラフ2 質問:品質向上/コスト削減/工期短縮に開発支援ツールはどの程度有効であると考えていますか?

 ただ実際にはグラフ3のように、開発ツールはあまり使いこなされていないようだ。最も利用されている「品質管理」ですら回答数は205と、回答者数(634)の1/3にも満たない。まだまだ開発ツール活用の余地は十分にあると言える。特に現代のビジネス状況は変化が激しく、アプリケーション開発にもスピードが要求される。開発チームの作業効率化とデリバリー速度の向上のため、ツールの活用は今後さらに重要になるだろう。

dev_graph3.gif グラフ3 質問:貴社では開発支援ツールのどのような機能を利用していますか?(複数回答)

 開発ツールの活用において重要となるのが各ツールの連携だ。開発環境やテスト環境が統合的に管理されていないと、せっかくのツールの機能を十分に発揮できず、結局人手による管理が必要になってしまう。このような事態を避けるためにも、適切なソフトウェアの導入は必須と言える。

資料「チーム開発を困難にする3つの理由と解決策」のダウンロードはこちらから


この記事に興味のある方におすすめのホワイトペーパー

ソフトウェア開発の現場において、チーム開発に付随するハードルはいまだに解決されない。チーム開発が困難な3つの理由を明らかにするとともに、それを解決する方法を“ツール”という観点から紹介する。

ホワイトペーパーのダウンロードページへ (TechTargetジャパン)



提供:日本アイ・ビー・エム株式会社
アイティメディア営業企画/制作:ITmedia エンタープライズ編集部/掲載内容有効期限:2011年2月28日


ホワイトペーパー

チーム開発を困難にする3つの理由と解決策
ソフトウェア開発の現場において、チーム開発に付随するハードルはいまだに解決されない。チーム開発が困難な3つの理由を明らかにするとともに、それを解決する方法を“ツール”という観点から紹介する。



関連リンク

より詳しくお知りになりたい方へ(日本IBM)
今、ソフトウェア活用が 企業競争力のカギになる時代
サイト内から、IBMの専門スタッフにお問い合わせもできます。