ITシステムの共通基盤化に向けて:“Oracle RAC on Virtage”は基幹系システムをクラウド化する切り札になるか?

「Oracle Real Application Clusters」の稼働環境として、日立のサーバ仮想化機構「Virtage(バタージュ)」が認定された。メインフレームに由来する信頼性を持つVirtageとOracle RACのコラボレーションは、基幹系システムのクラウド化を後押しすることになるだろうか。


 企業の基幹系システムに対するクラウドの適用が加速している。例えばリサーチ会社アイ・ティ・アールのレポートによると、ERP市場におけるSaaS製品の出荷金額割合について、2008年度には5.3%だったものが、2010年度には6.5%まで伸びており、この傾向は2011年度以降も続くと予想される(出典:ITR Market View,人事・就業管理市場2011)。

 このことは、ミッションクリティカルな業務分野で仮想化/クラウドといったテクノロジーを利用することに対するユーザー側の不安や抵抗が、解消されつつあることを意味する。ITベンダーがユーザー企業とともに、技術的な可用性向上に加え実績を積み上げてきたことが、要因の1つに挙げられるだろう。

 日立製作所(日立)の「Virtage」や、日本オラクルの「Oracle Real Application Clusters(Oracle RAC)」も、中堅から大企業の基幹系システムで複数の実績を有する、仮想化/クラスタリング技術だ。2011年6月13日には、Oracle RACの稼働環境にVirtageが認定され、日立製作所(日立)と日本オラクルによるソリューションセンターも開設されている。取り組みの背景と、その先にある「ユーザーに提供できる価値」について、アイティメディア エグゼクティブプロデューサーの浅井英二が両社に聞いた。

基幹系システムの仮想化――課題はどこに?

アイティメディア エグゼクティブプロデューサー 浅井英二 アイティメディア エグゼクティブプロデューサー 浅井英二

浅井 エンドユーザーの仮想化へのニーズをどのように捉えていますか。

日本オラクル 椛田 ここ数年は、仮想化による物理サーバを統合する流れが加速していて、DBサーバも例外ではありませんでした。ですがミッドレンジのDBサーバが中心であり、基幹系システムのDBサーバの統合、仮想化については、信頼性や性能面などからユーザーが「二の足を踏んでいる」状態だったと思います。

 物理サーバ台数削減によるコスト削減のフェーズは一段落し、ユーザーの仮想化技術の適用対象は、基幹系システムに移りつつあると捉えています。

日立 芳野 ハードウェアの視点からお話しします。プロセッサのメニーコア化が進み、8コアや12コアといったプロセッサを搭載するサーバが簡単に手に入るようになりました。今は性能ではなく、「それだけのITリソースをどうやって使うのか?」が課題になっています。柔軟にリソース配分できるサーバ仮想化は、企業のニーズにマッチしたものです。

浅井 システム構築手法のメインストリームになりつつある仮想化ですが、次はいよいよ基幹業務での活用が課題です。集約による効果が期待できますが、ユーザーは懸念も持っているようです。

芳野 BladeSymphonyの仮想化技術としてリリースしたVirtageも、満5年を迎えました。当初はWebサーバやAPサーバの集約に使われることが多かったのですが、最近は基幹系DBサーバも仮想化したいというニーズが高まり、ご相談が増えてきています。設計当初から基幹業務での利用を想定し、メインフレームの仮想化と同じLPAR(ロジカルパーティショニング)方式を採用したことが、高信頼につながっています(図1)。

図1:日立サーバ仮想化機構Virtage。パーティション間の独立性を確保し、高い信頼性を持つ(クリックすると拡大) 図1:日立サーバ仮想化機構Virtage。
パーティション間の独立性を確保し、
高い信頼性を持つ(クリックすると拡大)
h_o_photo2.jpg 日本オラクル テクノロジー製品事業統括本部 データベースビジネス推進本部 アライアンスビジネス推進部 部長 椛田后一氏

椛田 ユーザーには、自社のITシステムを共通基盤化したいというニーズがあります。仮想化による集約が進んでも、従来の手法でシステム個別にDBを構築してしまうと、システム間でのDB連携を設計し、データの整合性を維持するアプリケーションを開発しなければなりません。

 DB構築のポリシーを定め、標準化しなければ、システムの複雑性の問題は残ったままで、サービス提供のアジリティ(俊敏性)は向上しないのです。多くのユーザーがそのことに気付き始めています。

浅井 単なるコスト削減のためのサーバ集約ではなく、DBを迅速かつ柔軟に用意できることがユーザーにとって攻めのビジネスにつながる、ということですね。とはいえ、基幹系システムに適用するには、高い信頼性が求められます。

椛田 その信頼性にこたえられるのが、Oracle RACの技術です。すでに多くの基幹系システムでの実績があり、Oracle Database 11gからは複数のDB間でサーバリソースを柔軟に配置する事が可能です(図2)。

図2:Oracle Real Application Clustersの概念図。販売管理系統合DBのサーバリソースが足りなくなると人事系統合DBのサーバ3台のうち1台を販売管理系DBに動的に配置し、リソースを確保する(クリックすると拡大) 図2:Oracle Real Application Clustersの概念図。
販売管理系統合DBのサーバリソースが足りなくなると人事系統合DBのサーバ3台のうち1台を販売管理系DBに動的に配置し、リソースを確保する(クリックすると拡大)

芳野 基幹系システムの仮想化を考える場合、3つの視点があります。まず基幹業務とは、止められないものです。仮想化は、柔軟性を享受できる手段ですが、だからといって他の部分を犠牲にはできません。2つ目は、性能の高さとともに、性能にブレがないことです。最後に「“いざ”という時のベンダーサポート」が重要になります。

浅井 ブレないということは、予測可能であるとか、スケジュール通りに稼働し、他に影響をおよぼさないということでしょうか。

芳野 その通りです。例えば夜間のバッチ処理は、必ず朝の業務開始までに終わらなければいけません。もし終わらないなら、必要な性能を予測し、あらかじめハードウェアリソースを追加しておかなければなりません。基幹系システムでは、確実に性能と結果を予測できる、ということが重要になります。

「Oracle RAC on Virtage」がもたらす価値

浅井 今回、日立と日本オラクルのパートナーシップでもたらされるソリューションにはどのような意義がありますか。

芳野 VirtageはLPAR方式で、論理的に物理ハードをパーティショニングし、各パーティションの独立性と耐障害性を保証します。仮想化による不安を排除し、安心して利用できます。

日立製作所 情報・通信システム社 エンタープライズサーバ事業部 第二サーバ本部 第三部 部長 芳野泰成氏 日立製作所 情報・通信システム社 エンタープライズサーバ事業部 第二サーバ本部 第三部 部長 芳野泰成氏

椛田 基幹系のDBサーバを統合する場合「今の仕組みを維持したまま仮想化環境に移行する」というのが1つのパターンです。今回、日本オラクルがOracle RACの稼働環境としてVirtageを認定したことで、ユーザーには従来の独立性を保ったまま仮想化の恩恵を受けられるシステムを提供できます。

浅井 仮想化のフレキシビリティやスピード感を維持しつつ、ユーザーに高信頼で可用性のあるシステムを提供できるということですね。実際の事例にはどのようなものがありますか。

芳野 例えばある金融機関で、UNIXサーバをx86サーバのLinux環境に移行する案件を進めています。DBについては、Oracle RACを利用することで、従来環境と同じノード数で移行します。やはりユーザーの要望は「なるべく従来環境を変更せず移行したい」というものでした。もともと、UNIXにおけるLPARを評価して使っていたユーザーであるという背景もあっただけに、Virtageの良さも理解されやすかったですね。

椛田 現実にユーザー環境において節電のニーズから、電源効率の悪い老朽化した大規模サーバの入れ替えや最適化が進んでいます。その際、ただダウンサイジングするのではなく、そこに他のシステムを集約したいというニーズがあります。そこでOracle RAC on Virtageの強みを生かせると考えています。

浅井 東日本大震災により、企業のIT戦略におけるBCP(事業継続計画)の優先度が14位から1位に高まったという調査結果があります(出典:JIPDEC/ITR,2011年5月調査)。日本企業は、これまでの投資計画を変更してでも、この分野に取り組むでしょう。両社のパートナーシップで提供できるソリューションはどのようなものになりますか。

椛田 BCP対策のロードマップとして、まずは散在するサーバを集約した後、バックアップサイトを構築する方法があります。Oracle RAC on Virtageで散在するDBサーバを短期間に集約できれば、それはBCPの前提を構築したことになります。また、プロジェクトスケジュールの制約などで本番サイトのDBサーバを集約できなくても、バックアップサイトのみOracle RAC on VirtageでDBサーバを集約することもできます。BCPのスモールスタートが可能になります。

Oracle RAC on Virtageはゴールではなく、スタート

浅井 Oracle RACの稼働環境にVirtageが認定されたことは、ユーザーにどのようなメリットをもたらすのでしょうか。

椛田 Oracle RACを使うようなシステム環境の場合、ディスクやネットワークのI/O性能が重要ですし、基盤技術の信頼性も重要です。仮想化技術にはさまざまなものがありますが、オラクルが認定するということは、その仮想化技術をわれわれ自身が理解し、万一の場合には責任をあいまいにせず、しっかりサポートするということです。

 実は、x86サーバの仮想化技術としてはOracle VMに続き2件目の認定です。基幹系システムの仮想化を考えているユーザーにとっては、大きな意味があるはずです。

浅井 Oracle RACの稼働環境としてオラクルが認定した社外の仮想化技術は、事実上Virtageだけということですね。発表では、次期Oracle DBの開発環境にVirtageを使用する、ということでしたが、どのような意味を持つのでしょうか。

芳野 われわれのVirtageと次期Oracle DBを、その開発段階からすり合わせられます。そのため次期バージョンのリリース直後から、新しいオラクル製品とVirtageで、安定したシステム構築が可能になります。お互いのテクノロジーを、それぞれのユーザーのニーズを踏まえながら高められるのです。

浅井 今回、両社で検証センター(日立―オラクルVirtageソリューションセンター)を開設したということですが、その位置付けを教えてください。

椛田 センターでは、ユーザーの課題を分析しながら、DBサーバのサイジングに役立つデータの取得や現実的なDBサーバ統合のステップをソリューションとして提示します。

芳野 基幹系のDBを統合するならば、ユーザーの不安を払しょくしなければいけません。そのためのサポート拠点となります。

浅井 ありがとうございました。先に紹介したBCPへの意識の高まりにも見られるように、基幹系システムを最適化する流れは止まらないでしょう。ユーザー企業に対し、メッセージをお願いします。

芳野 ミッションクリティカルな分野で安心して利用できる基盤を提供することが日立の使命です。Oracle RAC on Virtageはゴールではなく、スタートです。さらに良いものを提供していきます。

椛田 今回の取り組みは、「DBサーバの集約を基幹系システムの共通基盤化につなげる」という新しいシステム構築手法のきっかけになりました。コストを減らしつつ、システムの可用性を高められるOracle RAC on Virtageなら、安心してプライベートクラウドを推進できるはずです。

h_o_photo4.jpg 「認定はゴールではなくスタート」と芳野氏




提供:株式会社日立製作所、日本オラクル株式会社
アイティメディア営業企画/制作:ITmedia エンタープライズ編集部/掲載内容有効期限:2011年8月31日

関連記事

日立の仮想化機構「Virtage」がOracle RACの稼働環境に認定
ハードウェアを論理分割して利用する日立独自の仮想化機構Virtageが、Oracle RACの稼働環境として認定された。