Special
» 2012年08月29日 10時00分 UPDATE

ヒーロー診断:進め!アイティレンジャー――情報システムを駆使して企業価値を向上せよ

仮想化・クラウドの普及により、ITリソースの集約を実現し、効率的な運用管理を実現しつつある企業が増えてきている。しかしその結果、災害対策や仮想環境の性能管理など、新たな問題も明らかになってきた。事業継続性のためのバックアップも、物理環境とは異なる方法が必要になるだろう。現在の企業ITが抱える課題を解決する方策を探る。

[PR/ITmedia]
PR
itranger_image.jpg

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:株式会社日立製作所
アイティメディア営業企画/制作:ITmedia エンタープライズ編集部/掲載内容有効期限:2012年9月30日

関連リンク

コラボレーション基盤、エンタープライズ基盤、ユビキタス基盤を連携させ、継続的なビジネス発展を実現

不測の事態に備えたリスク分散や、停電・災害時の対応策を提供

多彩なサーバ、ストレージ、ミドルウェアをワンストップで提供

イベント紹介

データ急増が顕在化させたバックアップ運用の課題を解決!【日本システムウエア共催】
〜1GBで月額45円を実現したクラウド型ストレージサービス〜

データ急増による、バックアップの一番の課題は「容量の拡張性」と「時間の短縮化」。ファイルサーバーとクラウドストレージを組み合わせたサービス「irukabox」なら全て解決。その仕組みの解説とデモを行います。
日時 2012年10月10日(水)15:00開始(14:30受付)
会場 品川イーストワンタワー13Fハーモニアス・コンピテンス・センター
申し込みはこちらから