Special
» 2014年09月17日 10時00分 UPDATE

インテリジェンスは求人応募のコンバージョン率をいかに改善したか? 短期間、低コストで完遂したスマホ対応サイト構築の裏側

雇用の流動化が進む中、いち早く人材サービスの多角化を推し進めることで成長を遂げてきたインテリジェンス。だが、同社が運営するアルバイト・パートの求人サービス「salida」では昨年来、スマホ対応の遅れによって応募のコンバージョン率が減少していた。そうした中、同社が講じた対策が、シンメトリックが提供するサイト変換ツール「ジーンコード」の導入だった。

[PR/ITmedia]
PR

スマホ利用者増で浮かび上がった課題

 「インフラとしての人材サービスを提供し、はたらくを楽しむ社会を実現する」――。これを存在意義に総合人材サービス事業を展開するインテリジェンス。同社は、日本初のアルバイト情報誌「アルバイトニュース速報(現・an)」の発刊を出発点に、人材派遣や人材紹介、アウトソーシングなど、労働市場の変化に対応した多角化をいち早く推し進めることで右肩上がりの成長を遂げてきた。その売上高は2014年3月期で約895億円に達するほどである。

 同社の中でアルバイト/パート領域の人材サービスを担っているのが、「an」、「anエリア」、「an レギュラー」、「salida」のメディアを手掛けるメディアディビジョン事業である。インテリジェンス BI本部 メディアBITA部 メディア基幹プロジェクトグループの竹内啓明氏は「少子高齢化により労働力が減少し、雇用側と労働側のニーズが急速に多様化しつつあります。そうした中、学生などにも社会を知る機会を作り、ひいては将来的な雇用者と労働者のマッチングにつなげることが我々の使命です」とインテリジェンスの役割を解説する。

インテリジェンス BI本部 メディアBITA部 メディア基幹プロジェクトグループの竹内啓明氏 インテリジェンス BI本部 メディアBITA部 メディア基幹プロジェクトグループの竹内啓明氏

 サービス提供にあたり、同部門では以前からインターネットを精力的に活用。2007年には現サイトの母体となる3メディア用のPCとフィーチャーフォン向けサイトを立ち上げ、以来、「分かりやすさ」と「使いやすさ」の両面から継続的な見直しを進めてきた。

 ただし、2013年ごろから課題として浮上してきたのが、salidaサイトにおけるスマートフォン(以下、スマホ)での応募者減少である。

 実は同社では、2010年にanとanエリア、anレギュラーのスマホ向けサイトをスクラッチ開発で整備。ただし、salidaについては、費用対効果の観点からこれまで開発が見送られてきた。そうした中でスマホ利用率は急伸を続け、同社でも応募の過半数を占めるまでになった結果、対応の遅れがsalidaの運営に大きな影響を及ぼしていた。

 「我々のビジネスの基本は、求人広告枠を販売した企業に対して、出来る限り多くの応募者を返してあげること。しかし、対応の遅れに起因する使い勝手の低さから、スマホでのsalidaへの応募、いわゆるコンバージョン率の減少が数値として明確に浮かび上がりました」(竹内氏)

 そこでこの状況を打開し、コンバージョン率、さらにユーザーの流入数や遷移率を高めるべく、インテリジェンスは2013年12月にsalidaサイトのスマホ対応に踏み出す。そのための最適な手法の見極めに着手したのである。

スマホ対応サイトの短期開発とコスト低減を両立する手法とは

 インテリジェンスがスマホ対応に向けて最重視したのが、視認性や操作性の最適化だ。スマホは小型なだけにファーストビューで得られる情報量がPCよりも圧倒的に少なく、操作感も独自である。それだけに、ひと目で必要な情報を得られるよう、利用頻度の高い項目を目立たせること、さらにユーザーが必要な情報にすぐにたどり着ける、直感的な操作の実現を目指したのである。加えて、開発にかかる時間やコストの抑制も求められていた。

 ひと口にスマホ対応といっても、そのための方法はいくつかある。スマホアプリもその1つ。ただし、「短期間での立ち上げは現実的に難しく、開発コストも膨らむために、選択肢から除外せざるを得ませんでした」と竹内氏。また、anやanエリア、anレギュラーのサイトと同様、スマホ用サイトを一からスクラッチ開発する案も候補に挙がったものの、開発期間が半年以上になってしまうことが危惧された。

  こうした中で同社が着目したのが、PCサイトをスマホサイトに変換するソリューションである。PCサイト変換ツールであれば、スマホサイト用にアプリケーションを構築する必要がなく、作業は既存PC用サイトを基にしたデザイン設計などにとどまる。そのため、工数が大幅に減り、短期かつ低コストでのリリースが可能だと見込まれたのである。

 「既に別のモバイルサイトでサイト変換ツールを利用していました。その経験から、今回のプロジェクトでも開発スピードの向上や運用コスト削減などの効果が概ね予測できました。スマホ向けサイトを自前で一から作るべきとの声も社内にはありましたが、より短期間かつ低コストでコンバージョン率向上を実現するためには、サイト変換ツールを選択すべきとの結論に至ったのです」(竹内氏)

既存PCサイトのリソースを使うことで、開発工数を減らし制作コストを削減(グラフ比率はイメージ) 既存PCサイトのリソースを使うことで、開発工数を減らし制作コストを削減(グラフ比率はイメージ)

ジーンコードの採用を決めたわけ

 インテリジェンスでは、(1)SEOの観点からPCと同じURLが利用できること、(2)2〜3カ月程度での早期立ち上げが可能なこと、(3)低コスト、(4)デザインの自由度やパフォーマンスといった品質の高さを柱とするスマホサイト構築のための要件を策定し、ソリューション選定を本格化。その結果、数ある候補の中で白羽の矢が立ったのが、シンメトリックの「ジーンコード」であった。

 選定理由は「一言でいえば、インテリジェンスの要求に最も合致していたから」(竹内氏)。数あるサイト変換ツールの中で、例えば、ASPタイプはサブドメイン構造のサイトにならざるを得ず、PCサイトと同一URLの利用は困難だった。また、端末側で変換処理を実施するクライアント変換タイプはスマホ端末への負荷が避けられず、機種が古くなるほど処理速度の面でサイトの利便性が損なわれかねない。

 一方、ジーンコードはオンプレミスでの導入に対応。サーバ側で変換処理を行うため、端末の種類を問わずレスポンスが保てると判断した。サイト変換ツールは変換工程を踏むことがレスポンスの低下要因ととらえられがちだが、事前検証の結果、秒間100アクセスにも2秒未満のレスポンスを確認できた。加えて、目を引いたのが、管理ツールの使い勝手の高さである。

インテリジェンス メディアディビジョン メディア企画統括部 メディアプロデュース部 WEBサービスグループの富田直氏 インテリジェンス メディアディビジョン メディア企画統括部 メディアプロデュース部 WEBサービスグループの富田直氏

 インテリジェンス メディアディビジョン メディア企画統括部 メディアプロデュース部 WEBサービスグループの富田直氏は、「コマンドラインでHTMLを記述する管理ツールが多い中、ジーンコードはGUIでの操作を実現していました。コーディングといった高度な知識までは備えていない運用担当者も、これであれば操作が可能です。しかもボタン1つでスマホならではのコードも自動記述でき、今後のさらなる機能改善も見込むことができました」と説明する。

 なお、導入に向けたシンメトリックの手厚い支援体制も竹内氏は高く評価したという。開発スケジュールがまだ固まり切ってはいなかった製品選定時の状況で、シンメトリックは竹内氏の要望を踏まえ、各種の助言などを行うことはもちろん、プロジェクトの先行きを見据えた4つのスケジュール案を一度に提出したこともあったほどだ。

 さらに、製品を提供するだけにとどまらず、開発段階においてはインテリジェンスが自社でできないSI部分をシンメトリックが引き受け、最終的にはユーザー自身でサイトの運用、開発できるような環境を用意した。

 「シンメトリックの前向きな姿勢から、この会社なら最後まで協力を仰げると確信しました。このことが後押しとなり、ジーンコードの採用を正式決定したのです」(竹内氏)

わずか2カ月でスマホ対応サイトをリリース

 導入プロジェクトがスタートし、開発作業が本格化したのは2014年2月のこと。短期開発の実現に向けたインテリジェンスの工夫の1つが、早期で問題点を洗い出すための関係各社との密なコミュニケーションである。

 「開発期間が短いため、疑問点の放置はプロジェクトの炎上に直結します。そこで、当社とシンメトリック、さらに当社がシステムの開発を委託するインテリジェンス ビジネスソリューションズ(IBS)の3社で確認作業を頻繁に実施することで、リスク低減に尽力しました」(竹内氏)

 また、短期開発といえどもデザイン面のこだわりは捨てられなかった。その点を踏まえ、同社は開発工程を分割し、要件確定と開発作業を並行することで、各種確認のために作業が停滞する事態を回避する策をとった。その結果、約10人から成るプロジェクトメンバーの作業効率が向上し、当初の予定通りに作業が完了した。2014年4月にサイト内の求人検索部分を、6月にはサイトでの応募部分を刷新し、コンバージョン率アップのための新たな基盤が整備されたのである。

ジーンコード導入時の制作の流れ ジーンコード導入時の制作の流れ

 ジーンコードの導入後、全体的な直帰率、コンバージョン率の改善が図られているという。竹内氏は、「ファーストビューでの情報の伝達効率が格段に高まったことで、サイト全体の利用率が上がっています。営業スタッフからも顧客にメリットを説明しやすくなったと声が数多く寄せられているほどです。加えて、ジーンコードの良いところはサイトの改修が行いやすい点です。実際、インテリジェンス自らカットオーバー後には継続的にサイトの運用を行っており、遷移率や直帰率を基に改善の余地があると判断すれば、迅速に手が打てるようになりました」と強調する。

 導入プロジェクトを振り返えるとともに、竹内氏は今後の展望を次のように語った。

 「今回、より良いデザインを目指し、開発過程でスケジュールの見直しを幾度か行いました。その場合でもシンメトリックは決して“できない”とは言わず、代替案の策定に努めるとともに、開発作業につきものの突発的なトラブルにも前向きに対応していただきました。こうした経験から言えるのは、シンメトリックはホスピタリティが高い会社であるということ。今後も、インテリジェンスの良きパートナーとして協力を仰ぎたいです」

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:株式会社シンメトリック
アイティメディア営業企画/制作:ITmedia エンタープライズ編集部/掲載内容有効期限:2014年10月24日