ニュース
» 2007年02月22日 15時30分 UPDATE

キヤノン、10メガCMOS搭載のプロ向けデジ一眼「EOS-1D Mark III」

キヤノンはプロ向けデジタル一眼レフカメラ「EOS-1D Mark III」を発売する。10メガCMOSを搭載するほか、「DIGIC III」をデュアル搭載するなどシステムが一新され、操作性も大きく向上した。

[ITmedia]

 キヤノンは2月22日、「EOS-1D Mark II N」の後継となるプロ向けデジタル一眼レフカメラ「EOS-1D Mark III」を5月下旬より販売開始すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格は50万円前後(ボディのみ)。

photo EOS-1D Mark III

 新開発の有効画素数1010万画素 CMOSセンサー(28.1×18.7ミリ/APS-Hサイズ)を搭載、従来機EOS-1D Mark II N(820万画素)に比べて画素数を約20%向上させた。画素数を高めながらも、オンチップマイクロレンズの間隔を狭める、開口部を拡大することで感度を高めており、EOSシリーズで最も広範囲となるISO100〜3200までの常用設定範囲を実現している。ISO50/ISO6400も感度拡張によって選択できる。

 画像処理エンジンは「PowerShot G7」などにも搭載されている「DIGIC III」だが、このプロセッサを2機搭載しており、これらを並列駆動させることで、最高10コマ/秒という連続撮影速度を実現している。連続撮影可能枚数もラージJPEGで約110枚、RAWで約30枚。JPEG+RAWで約22枚と高速化されている。また、CMOSセンサーから出力されるアナログ信号をデジタル化する際の深度を12ビットから14ビットに深めたことで、より自然な階調表現が可能となった。

photophoto

 19点のクロス測距点に26点のアシスト測距点を加えた、測距点数45点の新エリアAFシステムを備えており、任意選択できる19点についてはF2.8対応縦線とF5.6対応横線を同時にクロス検出することが可能だ。AFフレームは19点からの任意選択に加え、アシスト測距点を含む45点からの自動選択も行えるほか、任意の1点もサブ電子ダイヤルから素早く選択できるようになっている。

 AIサーボAF撮影についても約10コマ/秒の動体予測撮影が可能となっているほか、AFセンサーの感度も向上していることから低輝度限界も向上しており、EV-1から18の測距輝度範囲(常温 ISO100)に対応している。

photophoto

 新設計のファインダーは視野率約100%/倍率約0.76%/視野角約30度。測光モード/ISO感度/バッテリー残量を常時表示するほか、RAW撮影/FEロックについても表示可能となっており、撮影状況の把握がより容易となった。背面液晶は3インチと大型化されており(EOS-1D Mark II Nは2.5インチ)、こちらの視野率も約100%だ。

photo 3インチに大型化された背面液晶。ライブビュー機能も備えている

 CMOSセンサーから得られた映像情報をリアルタイム表示するライブビュー機能も搭載されている。背面液晶に表示させるのはもちろんのこと、付属ユーティリティソフト「EOS Utility 2.0」を利用することで、PCのディスプレイに映像を表示させることもできる。

 コンパクトフラッシュとSDメモリーカード、双方のカードスロットを備えており、撮影中に一方のメディアが一杯になった際には、自動的にもう片方のメディアへ記録できる。また、双方のメディアに同じ画像を同時保存する、CFにRAW/SDにJPEGといった振り分け記録も行える。

photo 「“プロ機、一新”を合い言葉に新製品の開発を進めた」という同社代表取締役社長 内田恒二氏

 プロ向け機材に求められる耐久性も向上している。シャッターユニットは30万回の作動耐久(EOS-1D Mark II Nは20万回)を持つほか、全操作部と外装カバーのあわせ部には合計76カ所に及ぶシーリングが施されており、優れた防塵/防滴性能を持つ。アクセサリーシュー周辺部も同様の処理が施されており、同時発表のストロボ「スピードライト 580EX II」を組み合わせれば防塵/防滴性能をそのままに外部ストロボを利用した撮影も行える。

 また、シャッターユニットはゴミが発生しにくい構造となっているほか、EOS Kiss Digital Xにも採用されている帯電防止処理の施された赤外線吸収ガラスや、超音波で付着したゴミを払い落とす「セルフクリーニングセンサーユニット」も搭載されている。

 ボディサイズは156(幅)×156.6(高さ)×79.9(奥行き)ミリ、約1155グラム(本体のみ)。バッテリーパック「LP-E4」利用時には常温で約2200枚、低温で約1700枚の撮影が行える(CIPA基準)。

 新製品の発売にあわせ、対応ストロボ「スピードライト 580EX II」と専用無線LANトランスミッター「ワイヤレスファイルトランスミッター WFT-E2」、画像データの暗号化などを可能にする「オリジナルセキュリティーキット OSK-E3」も発売される。価格はスピードライト 580EX IIが6万3000円、ワイヤレスファイルトランスミッター WFT-E2が10万5000円、オリジナルセキュリティーキット OSK-E3が8万4000円。

photophoto 「スピードライト 580EX II」と同製品を装着したEOS-1D Mark III

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.