デジカメプラス 過去記事一覧
検索
ニュース

ソニーが初のスマートスピーカー「LF-S50G」を発表 防滴仕様にジェスチャーコントロールも

ソニーは、「IFA 2017」の開幕前日に行われたプレスカンファレンスで、同社初のスマートスピーカー「LF-S50G」を発表した。Googleアシスタントを搭載した円筒形のワイヤレススピーカー。

Share
Tweet
g+
LINE
Hatena

 ソニーは、「IFA 2017」の開幕前日に行われたプレスカンファレンスで、同社初のスマートスピーカー「LF-S50G」を発表した。Googleアシスタントを搭載した円筒形のワイヤレススピーカー。米国、イギリス、ドイツ、フランスから発売する予定で、価格は199米ドル。


「LF-S50G」はブラック、ブルー、ホワイトの3色

 スピーカーユニットを対向配置し、ディフューザーで360°に音を広げるスピーカー。部屋のどこにいても音楽を楽しめるほか、音量や曲送りといった操作をスピーカーに触れずに行える「ジェスチャーコントロール」、キッチンなどの水まわりにも安心して置けるIPX3の防滴機能などが特徴となっている。BluetoothとWi-Fiを内蔵し、Spotifyやパンドラ、TuneInといったサービスをサポート。本体サイズは110(径)×162(高さ)mm。


プレスカンファレンスの様子

 また同社では、年内に薄型テレビ“ブラビア”にもアップデートによりGoogleアシスタントを搭載する予定。ブラビアのリモコンに話しかけるだけで、音楽や動画コンテンツの再生をはじめ、ニュースなどの情報取得、さらにソニーのGoogleアシスタント対応のWi-Fi対応オーディオ機器などの操作が可能になる。

 なお、国内販売については「導入する予定だが、時期は未定」(同社広報)としている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったらITmedia LifeStyleに「いいね!」しよう
ページトップに戻る