キーワードを探す
検索

「Google Assistant」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

最新記事一覧

「Amazon プライムデー」が7月14・15日に開催される。それに先駆けて、7月11日からSwitchBot(スイッチボット)の対象のスマート家電が値引き販売が始まった。この機会に、気になるスマート家電をチェックしてみてはどうだろうか。

()

モトローラは6月25日(現地時間)、米ニューヨーク州でフォルダブルスマホの最新モデル「motorola razr 50」「motorola razr 50 ultra」を発表した。共通点として、外側ディスプレイの強化や処理能力向上、AIへの対応などが特徴になる。モトローラによると、時期は未定ながら日本での発売も予定しているという。

()

さまざまなメーカーから販売されているロボット掃除機。忙しい生活を送っている現代人にとってありがたい存在だが、どれを選べばよいのか悩ましいのも事実だ。この記事では、お勧め機種の1つとして、エコバックス(ECOVACS)の最新ロボット掃除機「DEEBOT T30 OMNI」の魅力に迫る。

()

Googleは、5月14日から15日(現地時間)に渡り、米カリフォルニア州マウンテンビューで、開発者向けイベントの「Google I/O」を開催している。生成AIモデルGeminiの最新版である「Gemini 1.5 Pro」や、高速版の「Gemini 1.5 Flash」を発表するとともに、Google DeepMindが開発中のAIエージェント「Project Astra」を披露した。Androidの新機能や、日本での「Googleメッセージ」対応も発表した。

()

米Googleは5月8日、新型スマートフォン「Google Pixel 8a」を発表した。廉価モデル「A」シリーズの最新機種で、上位機種の「Pixel 8」「Pixel 8 Pro」に搭載されている多くの機能を搭載している。5月14日での販売を予定しており、Googleストアでの販売価格は7万2600円。前モデルの7aから9900円値上げしている。

()

人工知能を持ったロボットと心を通わせるといったストーリーは昔から人気のあるコンテンツの1つです。生成AIを使って「おしゃべり」できるようになった今、そのフィクションが現実味を帯びてきました。今回は、音声対話型AI「Cotomo」を試します。

()

Googleは2月8日、会話型生成AIサービス「Bard」の名称を利用している大規模言語モデル(LLM)と同じ「Gemini」に改称。これに合わせ、新たにモバイルアプリも発表しました。日本ではGoogle Playからまだダウンロードできませんが、Pixel 7では使用可能なので試してみました。

()

この連載ではMONOistとSalesforceのインダストリー専門家が協力して、世界各地の展示会から業界の最新トレンドをお届けします。第一弾では2024年1月9日〜12日にかけて米国のラスベガスで開催されたCES (Consumer Electronics Show)より、自動車業界の生成AI活用のトレンドについて紹介します。

()

米Googleは2月8日(現地時間)、マルチモーダル生成AIモデル、「Gemini」のスマートフォン向けアプリを発表。高性能AIモデルがモバイルデバイスに開放された格好。合わせて、常に複雑なタスクに対応する、高性能かつ最大のモデルである「Gemini Ultra 1.0」を搭載した「Gemini Advanced」も発表された。

()

花粉症シーズンがやってきた。最近では、屋内外問わず「つらい」と感じる人が増えている。飛散量が例年並みと予想されている今シーズンをどのように乗り切ればよいだろうか。アイロボットジャパンの「住環境における花粉対策 メディア向けセミナー」でゲストスピーカーを務めた石井正則医師(耳鼻咽喉科)の話を聞いてみよう。

()

Amazon特選タイムセール祭りの先行セールに、ロボット掃除機を手掛けるドリーミーテクノロジージャパンが参戦している。セール対象品はもちろんロボット掃除機だ。事前片付け、モップの水洗い、ゴミの収集不要な全自動タイプもお得に買える。

()

Googleが年次イベント「Made by Google」で発表した多数の生成AI機能をまとめた。「Pixel 8 Pro」の高度なカメラ機能や「Pixel Watch 2」のストレスマネジメント機能、Webアプリや「レコーダー」のコンテンツ要約機能など、盛りだくさんだった。

()
キーワードを探す
ページトップに戻る