ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ロボット」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

協働ロボット:
自動化領域を大きく拡大へ、ABBが6軸アーム型協働ロボット2機種を発表
ABBは2021年2月24日、グローバルプレスイベントを開催し、協働ロボットの新製品2機種を発表した。新たな協働ロボットは5kg可搬の6軸アーム型の「GoFa」と4kg可搬の6軸アーム型の「SWIFTI」で、製造業の新たな使用領域を拡大するとともに、物流や小売りなどの新たな領域での使用を提案していく。(2021/2/25)

トヨタ未来都市、富士の裾野に世界の人呼び込め 静岡県など自治体、将来の産業や雇用活性化へ連携
完全自動運転やロボット、人工知能(AI)といった最新技術を居住環境内で試し、世界の研究者らも含め最終的に2千人以上が暮らす想定で多様な企業も連携するため、自治体は周辺を巻き込んだ新たな街づくりと活性化を期待。(2021/2/24)

ロボットが飲み物をオフィスにお届け、セキュリティゲートを認証カードで通過 三菱地所が実験
三菱地所が、ロボットを使ってカフェからオフィスのセキュリティゲート内まで飲み物を届ける実験を始めた。社員が飲み物を用意する手間を減らす他、新型コロナウイルスの感染リスクを抑える。(2021/2/22)

シャープ、ロボホンでプログラミング体験ができる宿泊プラン発表 「変なホテル舞浜」で販売
シャープは、コミュニケーションロボット「ロボホン」を活用したプログラミング体験を提供する宿泊プランを発表した。H.I.S.ホテルホールディングスが運営する「変なホテル舞浜 東京ベイ」にて2月16日より販売を開始している。(2021/2/18)

医療機器ニュース:
ロボットによる完全自動化のPCR検査サービス事業を開始
川崎重工業は、ロボットによる全自動PCR検査システムを藤田医科大学構内に設置し、「川崎重工業株式会社 藤田医科大学内PCR検査センター」としてPCR検査サービス事業を開始する。(2021/2/18)

ルンバ、国内累計出荷が400万台超え 2年で100万台増
アイロボットジャパンがロボット掃除機「ルンバ」と床ふきロボット「ブラーバ」を合計した国内累計出荷台数が2020年12月までに400万台を超えたと発表した。(2021/2/17)

ファブリック調の「ルンバ i3+」発売 自動ごみ収集機付きで10万円切る
アイロボットジャパンはロボット掃除機「ルンバ i3+」を2月26日に発売する。ルンバが戻ってくると自動でごみを吸い出す「クリーンベース」付きで価格は9万9800円(税込)。(2021/2/17)

パナソニック、「弱いロボット」NICOBOの開発支援でクラウドファンディング始める
「弱いロボット」をコンセプトに同居人のような存在を目指したロボットで、3月18日までに1千万円の目標金額が達成されれば一般発売も検討する。(2021/2/17)

ロボット開発ニュース:
パナソニック初のコミュニケーションロボットは弱い!? クラファン目標は即日達成
パナソニックが同社として初となる一般消費者向けコミュニケーションロボット「NICOBO(ニコボ)」について説明。“弱いロボット”をコンセプトに、豊橋技術科学大学 教授の岡田美智男氏と共同開発を進めたNICOBOは「高性能・高機能ではないものの、心が温かくなる同居人のような存在」(同社)だという。(2021/2/17)

ETロボコン2021:
ETロボコン2021もオンラインで開催! 「新たな教育価値」をいかに生み出せるか
ETロボコン実行委員会は2021年2月16日、組み込み開発エンジニアによるロボットのレース競技「ETロボコン2021」の競技説明会を開催した。新型コロナウイルス感染症の対策として、前回大会に引き続きオンラインで開催する。(2021/2/17)

ロボット:
鉄筋結束の相棒ロボット「トモロボ」、土木・インフラ工事の“太径”に対応
建ロボテックは、鉄筋結束を自動で行うロボット「トモロボ」を富士ピー・エスとの提携に基づき改良を加え、土木・インフラの鉄筋工事に対応させた。(2021/2/17)

家電メーカー進化論:
家族型ロボットへ出資した、日立GLSの目指す未来
日立グループで家電製品の開発販売を行う日立グローバルライフソリューションズ。同社は2020年12月に、家族型ロボットの製造販売を行うスタートアップ・GROOVE Xとの資本・業務提携し、また海外家電事業をトルコの家電大手アルチェリクとの合弁会社へ移管すると発表した。同社の目指す未来を取締役社長の谷口潤氏に聞いた。(2021/2/17)

外出困難者が遠隔操作で接客する「分身ロボットカフェ」 日本橋に6月開業
オリィ研究所は、「分身ロボットカフェDAWN ver.β」を6月に常設実験店として東京・日本橋エリアにオープンする。難病や重度障害などの理由で外出困難な人が分身ロボットを操作して接客する。(2021/2/16)

サービスロボット:
GSを拠点とするロボット配送の公道実証を開始、複数店舗の商品配送は「国内初」
ZMPは2021年2月8日〜26日にかけて、ENEOSホールディングスやエニキャリと共同で、飲食店など複数店舗の商品を宅配ロボット「DeliRo(デリロ)」で配送する実証実験を公道で実施中。ロボットを活用して複数店舗の商品を配送するのは「国内初」(ZMP)の試みという。(2021/2/16)

財務管理で「人間よりロボットやAIを信じる」日本人の割合、世界平均をはるかに上回ると判明
日本オラクルは、お金や財政、予算に対する態度と行動、金融業務や管理に対するAIやロボットの役割と期待に関する調査の結果を発表した。財務管理について「自分以上にロボットやAIを信頼する」と回答した割合は67%に上り、日本の割合はそれを上回ることが分かった。(2021/2/16)

「人間よりAIの財務管理を信頼」、日本では9割超 オラクル調べ
日本オラクルが、米国や日本など14カ国の企業に属する管理職など計9001人を対象にした調査結果を発表。日本では、人間よりAI・ロボットの財務管理を信頼する人は全体の91%という数字が出た。(2021/2/15)

アバターロボットでカップヌードルミュージアム見学
遠隔地の小学生がアバターロボットを操作して、施設見学を行うイベントが、カップヌードルミュージアム大阪池田で行われた。子供たちは、パソコンのモニターなどを通じて視覚や聴覚をロボットと共有し、即席麺が誕生した歴史などを学んだ。(2021/2/15)

産業用ロボット:
PR:広がる製造現場のロボット活用、実装と保全の負荷低減に必要なもの
製造現場でのロボット活用ニーズは高いが、実装や保全の負荷が高く導入拡大への課題となっている。これらを解決するためデンソーウェーブが新たに展開を開始したのが、ロボット活用プラットフォーム「DENSO Robotics Cloud」である。(2021/2/15)

スマート工場EXPO:
市場合理化生産を進めるダイキン工業、国内工場の「求心力」生かした自動化推進
スマート工場・スマート物流を実現するためのIoTソリューション、AI、FA/ロボットなどの最新技術を紹介する「第5回 スマート工場 EXPO〜IoT/AI/FAによる製造革新展〜」(2021年1月20〜22日、東京ビッグサイト)の特別講演にダイキン工業 役員待遇 空調生産本部 副本部長兼生産技術部長の長谷川功氏が登壇。「ダイキンのものづくり革新と標準化によるグローバル展開」をテーマに同社のモノづくり戦略を紹介した。(2021/2/9)

FAニュース:
ツール用ケーブルの干渉を低減する中空構造ハンドリングロボット
ダイヘンは、100kg可搬の中空構造ハンドリングロボット「FD-B100」を発売した。ロボット先端に取り付けるツール用のケーブルを中空構造のアームに収納可能で、ケーブルがワークや治具へ干渉するのを防ぐ。(2021/2/9)

ソニー、100台のaiboを医療機関に無償提供 患者のストレス軽減を支援
ソニーとエムスリーが、犬型ロボット「aibo」100台を全国の医療機関に無償提供。入院している患者のストレス軽減を支援するという。(2021/2/8)

たまに運転ミスする掃除機ライダーの猫ちゃん 期待を裏切らない100点のオチに「何回も見ちゃう」の声
ロボット掃除機にハマった猫ちゃんです。(2021/2/7)

「どんなものでもゴージャスに登場させる箱」の展開ギミックが無駄にアツい ロボットCG映画にも引けを取らない演出からの……巻き寿司!
第3新東京市のような壮大なギミック!(2021/2/6)

tsumug edge:
最新型ペットロボット「LOVOT」と一緒に暮らしてみた――ロボットと人間の新しい関係【後編】
おうちハックで生活は便利になるのか? 筆者ななみんが猫「3匹」(1匹増えました!)と一緒に実証していく中で、最新型ペットロボット「LOVOT」と一緒に暮らしてみた模様をお届けします。(2021/2/4)

Innovative Tech:
“人間らしさ”にディズニーの技術を使った対話型ロボット リアルな視線を再現
ディズニーのアニメーション、アニマトロニクスがロボットに進化をもたらす。(2021/2/2)

オナラもするけどホッとする “同居人ロボ”「ニコボ」パナが開発
パナソニックは、同居人のような雰囲気で利用者の心を癒やしてくれるペットロボット「NICOBO」を開発した。なでるとしっぽを振ったり、寝言を言ったりオナラをしたり、ぼーっとしたり、一人でマイペースに過ごすことも。(2021/2/2)

tsumug edge:
最新型ペットロボット「LOVOT」と一緒に暮らしてみた――ロボットと人間の新しい関係【前編】
おうちハックで生活は便利になるのか? 筆者ななみんが猫「3匹」(1匹増えました!)と一緒に実証していく中で、最新型ペットロボット「LOVOT」と一緒に暮らしてみた模様をお届けします。(2021/2/2)

“心の豊かさ”にフォーカスしたゆる〜い同居人ロボット「NICOBO」
パナソニックは、同居人のようなふるまいを楽しめるロボット「NICOBO(ニコボ)」を発表した。(2021/2/1)

【Amazonタイムセール祭り】ロボット掃除機やワイヤレスイヤフォン、ドライブレコーダーも Ankerブランド製品が安いぞ
Anker製品、値段と性能のバランスがいいのでよくお世話になってます。(2021/1/30)

プログラミングを3D空間で ソニー子会社が4月から提供 物理演算シミュレーターも搭載
ロボット・プログラミング学習キット「KOOV」を手掛けるソニー・グローバルエデュケーションが子どもたちが3D空間でのプログラミングできるサービスを4月に始めると発表。シミュレーターで現実空間にいるかのような環境でプログラミングが学べるという。(2021/1/29)

産業用ロボット:
デンソーウェーブが産業用ロボット向けのAI模倣学習システムを2021年3月に発売
デンソーウェーブは2021年1月28日、「AI模倣学習」についてのウェビナーを開催。その中で産業用ロボット向けの模倣学習AIを産業用ロボットに適用したシステムを製品化し、2021年3月をめどに提供を開始することを明らかにした。(2021/1/29)

サービスロボット:
アイリスオーヤマが法人向けロボット事業でソフトバンクと合弁会社設立
アイリスオーヤマとソフトバンクロボティクスグループは2021年1月27日、合弁会社「アイリスロボティクス株式会社」(以下、アイリスロボティクス)を同年2月1日に設立し、両社で法人向けロボット事業を展開することを発表した。(2021/1/29)

宇宙開発:
「TENGAロケット」が国内民間企業初のペイロード放出・回収ミッションに挑む
インターステラテクノロジズは2021年1月26日、TENGAと共同で「TENGAロケット」の開発、打ち上げ計画を推進中だと発表。TENGAロケットは宇宙空間に到達後、「TENGAロボット」を放出する。成功すれば、国内民間企業では初となる宇宙空間でのペイロードの放出、回収事例となる。(2021/1/29)

製造マネジメントニュース:
オムロンは売上総利益率が過去最高へ、ロボットとの統合制御機器で成長加速
オムロンは2021年1月27日、2021年3月期(2020年度)第3四半期の業績を発表するとともに、業績に大きく貢献する制御機器事業とヘルスケア事業の方向性について説明を行った。中国市場の期待以上の需要増とともに、制御機器事業のソリューションビジネス化、ヘルスケア事業の血圧計需要の増加などの好影響から、2020年度第3四半期(2020年4〜12月)は増益を実現し、通期見通しも上方修正を行っている。(2021/1/29)

佃・月島エリア:
「ローソン」や「松屋」の商品をロボットが配送 ENEOSなどが自動デリバリー実験開始
ENEOSホールディングスとロボット開発のZMP、宅配代行サービスのエニキャリは、東京都中央区の佃・月島エリアで、自動宅配ロボットを活用したデリバリー実証実験を開始すると発表した。実施期間は2月8〜26日で、複数店舗の商品を自動宅配ロボットでデリバリーするという。(2021/1/28)

Innovative Tech:
20機の小型ロボット群をハンドジェスチャーで直感操作 スタンフォード大など開発
群ロボットの操作を不慣れなユーザーがしやすいようにした。(2021/1/28)

ROSを使ってロスなくロボット開発(前編):
ロボット開発プラットフォーム「ROS」はどのように進化してきたのか
ロボットの開発に広く利用されるようになっているロボット開発プラットフォーム「ROS(Robot Operating System)」の活用について解説する本連載。今回は、ROSがオープンソースソフトウェアとしてどのように進化してきたのについて紹介する。(2021/1/28)

「アイリスロボティクス」設立 法人向けロボット事業でソフトバンクとアイリスオーヤマが協業
アイリスオーヤマとソフトバンクロボティクスグループが合弁企業「アイリスロボティクス」を設立。除菌清掃ロボットなど法人向ロボット事業を手掛ける。(2021/1/27)

熟練者以上に高品質なカット:
難しい「まいたけカット」を自動化 雪国まいたけがロビットとライン開発で合意
雪国まいたけは、ロボットや精密機器の設計・製造を手掛けるロビットと共に、まいたけカット工程の自動化技術の開発に成功したと発表した。(2021/1/27)

ロボデックス:
データ準備作業不要のばら積みピッキングAI、3Dカメラも「RealSense」でOK
アセントロボティクスは、「第5回 ロボデックス」において、産業用ロボット向けAI(人工知能)ソフトウェア「Ascent Pick(アセントピック)」を用いたばら積みピッキングのデモを披露した。今回の展示会出展を契機に本格的な提案活動を進めるという。(2021/1/25)

産業用ロボット:
オムロンが統合制御でスカラロボットの用途拡大へ、ハンドを一括制御し“6軸”に
オムロンは2021年1月22日、ロボットと装置をまとめて制御できる「ロボット統合コントローラー」を標準採用したスカラロボット「i4シリーズ」を発売したと発表した。(2021/1/25)

4歩行ロボ+3Dマップで公園管理を自動化 NTTコムウェア、平城京跡で実験
4足歩行ロボットと画像認識AI、3Dマップなどを活用し、広大な公園の維持管理を効率化・自動化する「自動巡回点検検証」の実験が、奈良市・平安京跡の「平城宮跡歴史公園」で始まる。(2021/1/22)

歴史公園スマートチャレンジ:
4足歩行ロボで平城宮を巡回 NTTコムウェアが社会実験
エヌ・ティ・ティ・コムウェアは1月21日、国営平城宮跡歴史公園(奈良市)で4足歩行ロボットと画像認識AIなどを活用した「自動巡回点検検証」を2月から実施すると発表した。(2021/1/22)

ロボデックス:
協働ロボットがトルクセンサレスで「柔らかさ」を実現、樹脂で軽量化も
豆蔵は、「第5回 ロボデックス」において、三井化学、日本電産シンポと共同開発した、「軽さ」と「柔らかさ」を設計コンセプトとする協働ロボット「Beanus2」の試作機を披露した。(2021/1/22)

無人搬送車:
物流倉庫向け自律移動ロボットの実証実験開始、障害物回避や省力化に対応
オカムラは、同社の物流倉庫向け自律移動ロボット「ORV」を使った実証実験を、ビーイングホールディングスと共同で開始した。ORVは細かな動作や障害物回避が可能で、省力化に対応する他、既存の設備を大幅に変更することなく導入できる。(2021/1/22)

ドコモ、家族型ロボット「LOVOT」開発のGROOVE Xと資本・業務提携
NTTドコモは、家族型ロボット「LOVOT(らぼっと)」を開発・販売するGROOVE Xと資本・業務提携契約を締結。コミュニケーションサービスの創出や、ヘルスケア・メディカルケア分野での協業などを目的としている。(2021/1/20)

アイロボットがプログラミング教育用ロボ発売 アプリで機能をカスタム 走って光って音も鳴る
アイロボットジャパンが、プログラミング教育向けロボット「Root」を発売する。専用アプリで「走る」「点灯する」といった動作をプログラムできる。価格は2万9800円。(2021/1/19)

アイロボット、教育市場向けのプログラミングロボット「Root」 小学校向けの無償配布も
アイロボットジャパンは、プログラミングに対応した教育市場向けロボット「Root」を発売する。(2021/1/19)

MONOist 2021年展望:
協働ロボットはコロナ禍の人作業を補う手段となり得るか
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による混乱は2021年も続きそうな兆しを見せている。製造現場でも人の密集や密閉空間による作業が制限される中、これらを回避するために人作業の一部を代替する用途で期待を集めているのが協働ロボットの活用だ。2021年はコロナ禍による働き方改革も含め、製造現場での協働ロボット活用がさらに加速する見込みだ。(2021/1/19)

ロボット:
ALSOKの警備ロボと清水建設の建物OSが連携、スマートビル実現に向け共同開発
ALSOKは警備ロボット「REBORG-Z」を清水建設の建物OS「DX-Core」に接続して、入退出管理システムや自動ドア、エレベーターなどのビル管理アプリケーションや各種設備と一元的に連携させることで、セキュリティレベルとサービスレベルの向上を図っていくことで合意した。(2021/1/19)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。