ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ロボット」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

FAニュース:
セルのデータを時系列同期で収集しリアルタイム制御、安川電機の新制御機器
安川電機は2021年6月9日、データドリブンによる自律分散型のモノづくりを推進するカギを握る製品として、装置や産業用ロボットなどで構成された「セル」のさまざまなデータを高速、リアルタイムそして時系列に同期し、統合的に制御する「YRM-X(テン)コントローラ」を製品化し、販売を開始したと発表した。(2021/6/11)

車載半導体:
ザイリンクスがエッジAI向け新製品、単位ワット当たりの性能は「NVIDIAの4倍」
ザイリンクスは2021年6月9日(現地時間)、7nmプロセスを採用した適応型演算プラットフォーム「Versal ACAP(Adaptive Compute Acceleration Platform)」に自動運転車や協働ロボットなどエッジ向けの新シリーズ「Versal AIエッジ ACAP」を追加したと発表した。(2021/6/11)

産業用ロボット:
ロボットとねじ締めツールをパッケージ化、少ない工数で現場へ導入可能
デンソーウェーブは、ロボットとねじ締めに必要なツールをパッケージ化した「ねじ締めロボット」を発表した。設備立ち上げのリードタイムを短縮し、作業のサイクルタイム短縮と高精度なねじ締めを両立したいという現場のニーズに応える。(2021/6/10)

デザインの力:
歩行をAI解析して健康に役立てる3Dカメラ搭載ロボットがデザインコンペで金賞
RDSは、イタリアの国際デザインコンペティション「A’Design Award&Competition 2020-2021」において、同社が開発を進めている「Gait Analysis Robot Medical Health Measurement System」が、メディカルデバイス・医療機器デザイン部門でゴールドを受賞したことを発表した。(2021/6/9)

iRobotのロボット掃除機サブスクサービス「ロボットスマートプラン+」がリニューアル
アイロボットジャパンは、同社が提供するサブスクリプションサービス「ロボットスマートプラン+」のアップデートを発表した。(2021/6/8)

FAニュース:
つながるデジタルオンデマンド印刷を可能に、ロボットなどを結び自動化を加速
ミマキエンジニアリングは2021年6月2日、生産性をより高めた産業用大判フラットベッドUVインクジェットプリンタ「JFX600-2513」「JFX550-2513」の2機種を2021年夏に販売すると発表した。(2021/6/8)

遠隔操作ロボが接客、コーヒーも入れるカフェ 常設店が6月オープン 障害者の就労支援に
ロボット事業を手掛けるオリィ研究所は、外出・移動が困難な人がロボットを遠隔操作して接客する「分身ロボットカフェDAWNver.β」の常設店を21日にオープンすると発表した。(2021/6/7)

サービスロボット:
ロボットとエレベーターの通信連携可能とする規格策定、メーカー間の壁を解消へ
経済産業省は2021年6月4日、ロボットを導入しやすい環境(ロボットフレンドリーな環境)の実現に向け、ロボットとエレベーターの連携に関する規格を策定した。(2021/6/7)

BIM/CIM:
BIM/CIM双方向連動自動巡回ロボットシステム「i-Con Walker」を開発
イクシスは、BIM/CIM上で自動巡回ロボットの行動計画を設計し、かつ自動巡回ロボットが現場環境から取得した情報をBIM/CIMに反映する「BIM/CIM双方向連動自動巡回ロボットシステム」を開発した。(2021/6/7)

デジタルツイン:
鹿島がBIMとリンクするデジタルツイン基盤を構築、部材ごとの施工進捗率も把握可能
鹿島建設は、ピクシーダストテクノロジーズと共同で、着工前に作成するBIMと施工中の建設現場に設置したセンサー及びデバイスから取得する空間データを一元管理するクラウド上のデータベース「鹿島ミラードコンストラクション」を開発した。既に、鹿島ミラードコンストラクションを都内の現場に導入し、レーザースキャナーやToFセンサー、Webカメラによる空間データの継続取得を行っている。得られた空間データは、日々変化する建設現場を映し出すデジタルツインとして、施工管理、遠隔管理、自動搬送ロボットに活用していく。(2021/6/7)

ロボットがエレベーターを操作する共通規格、経産省が策定 自力で移動しやすく
経済産業省は6月4日、ロボットとエレベーター間での通信に使う共通規格を策定した。ロボットが自力でエレベーターの行き先を指定し、建物内を移動する仕組みに利用できるという。(2021/6/4)

無人搬送車:
ASPINAが自律走行搬送ロボットに参入、小回りの利く100kg可搬モデルを試験販売
ASPINA(シナノケンシ)は2021年6月2日、製造現場向けに搬送省人化をサポートする自律走行搬送ロボット(AMR)に参入することを発表した。(2021/6/3)

FAニュース:
可搬質量80kgのパレタイジング用ロボット、手首軸許容負荷を4倍に向上
安川電機は、新型パレタイジング用途ロボット「MOTOMAN-PL」シリーズの新製品として「MOTOMAN-PL80」を発売した。MOTOMAN-PLシリーズを5機種に拡充し、可搬質量を幅広くカバーする。(2021/6/1)

飲食店を科学する:
「スシロー」には1台250万円の寿司ロボットも! 回転寿司チェーン支えるメーカーの知られざる実力
コロナ禍でも大手回転寿司チェーンの業績は堅調。躍進を支えているのが「寿司ロボット」。ロボットを開発・販売する「鈴茂器工」の知られざる実力は?(2021/5/29)

JAXAの「変形する月面ロボット」 タカラトミー開発協力の背景に「アイソボット」
JAXA(宇宙航空研究開発機構)は5月27日、タカラトミーなどと共同開発した「変形型月面ロボット」を月面でのデータ収集に活用すると発表した。直径約8センチの球形で、動くときには球体が左右に割れて中からカメラが起き上がる。(2021/5/28)

産業用ロボット:
物流施設向けピッキングロボットが第3世代に、毎時1200個のピック能力を実現
オカムラは物流施設における商品のピッキングを行うロボットピースピッキングシステム「RightPick(ライトピック)」の第3世代モデルを発売する。「RightPickプロセッサーモジュール」の処理能力を大幅に向上し、従来比20%高速の毎時1200個のピック能力を実現したという。(2021/5/28)

FAメルマガ 編集後記:
ロボット関連の新たな市場として定着か、遠隔操作に注目が集まる理由
「完全自動化」と「人手作業」の間を埋める技術として注目度が高まっています。(2021/5/28)

ロボット:
鹿島らが屋内の現場などでロボットの自律移動を実現するシステムを開発
鹿島建設とPreferred Networksは、屋内の建築現場など変化の激しい非GNSS環境で、自己位置の正確な推定を実現し、ロボットの自律移動を可能とするシステム「iNoh」を共同開発した。(2021/5/27)

製造マネジメントニュース:
5Gとロボットアームによる、細胞培養のピペット遠隔作業に成功
大成建設とソフトバンクは、5Gとロボットアームによる遠隔操作システムを活用した、細胞培養工程のピペット操作に成功した。東京・大阪間での実証実験により、遠隔地からのロボットアーム操作とピペット作業の正確性などが確認できた。(2021/5/27)

リヴァイ兵長ボイスのロボット掃除機が登場 「これが本物の掃除だ。分かったか?」など104種のセリフを収録
本編さながらの活躍をしてくれそう。(2021/5/26)

ロボット開発ニュース:
自由なカスタマイズが可能、協働運搬ロボットの実証用モデルを販売開始
Doogは、協働運搬ロボット「サウザーE」シリーズを「アプリケーション実証用モデル」として販売する。図面や通信プロトコルなど各種技術情報も提供し、搬送ロボットの迅速な開発や、本格導入に向けた円滑な実証検証をサポートする。(2021/5/25)

産業用ロボット:
自動化が困難な嵌合、位相合わせ作業に対応可能なロボットシステム
新東工業は、はめ合いやかみ合わせ作業に対応可能なロボットシステムを発売した。同社の6軸力覚センサー「ZYXer」と生産技術、アプリケーション開発力を融合した新ロボットシステムにより、産業用ロボットの高性能化が可能になる。(2021/5/24)

製造マネジメントニュース:
川崎重工とソニーが遠隔操作ロボットサービスを提供する新会社設立
川崎重工業とソニーグループは2021年5月21日、ロボットを遠隔地から操作する環境を提供するリモートロボットプラットフォーム事業を展開する新会社を2021年夏に合同で設立すると発表した。新会社では遠隔操作に対応するロボットのソフトウェアやソリューションサービスを提供する。(2021/5/24)

シャープ、「ロボホン」の弟モデルを発表 甘えん坊でおっとりした性格に
シャープは5月21日、モバイル型ロボット「RoBoHoN」(ロボホン)の弟モデルを発表した。ロボホンの特徴はそのままに、甘えん坊でおっとりした性格になったという。(2021/5/21)

甘えん坊でおっとり:
モバイル型ロボット「RoBoHoN(ロボホン)」に“弟モデル”が登場 “兄弟”で会話も可能
シャープがモバイル型ロボット「RoBoHoN(ロボホン)」の“弟モデル”を発売する。基本スペックは“兄モデル”と同様だが、甘えん坊でおっとりした性格となり、あどけない仕草を披露するようになった。既存モデルと接続すると“兄弟”の設定になり、一緒に遊べるようになっている。(2021/5/21)

関空に自動PCR検査ロボット 川崎重工、今夏ごろ稼働
川崎重工業が、新型コロナウイルスのPCR検査を自動を行うロボットを、関西国際空港に配置した。ロボットを使った検査では、当日中に証明書を発行できるという。(2021/5/21)

ロボット開発ニュース:
複雑化する自律移動ロボットをモデルベース環境で効率よく開発する
自律移動ロボットへの期待感が、倉庫や工場、プラントの作業自動化ニーズとともに高まっている。だが、ロボットの高度な知能化はアルゴリズムの複雑化や、機械/油圧/電気などの分野のドメインナレッジを要求する。こうした開発を容易にするツールとしてMathWorksのMATLAB/Simulinkがある。(2021/5/21)

現場管理:
ロボット犬で建設現場を遠隔巡視、大成建設が首都圏の現場に導入
大成建設は、Unitree Robotics製の電動四足歩行ロボット2種類を遠隔で操作し、建設現場を巡回監視する現場管理システムの実用化に成功した。(2021/5/20)

ロボット開発ニュース:
ANAのケータリング工場で食器自動仕分けロボットの実証実験を開始
TechMagicとフジマックは、共同開発の食器自動仕分けロボット「finibo」の実証実験を開始した。ANAケータリングサービス羽田工場のコンベヤー型食器洗浄機にfiniboを設置し、洗浄機から出てくる食器の仕分けやコンテナへの収納作業を自動化する。(2021/5/19)

自動追従型の荷物運搬ロボットが公道走行 交差点渡りコメ配達
茨城県つくば市は、市内のベンチャー企業「Doog」(ドーグ)が開発した運搬用ロボット「サウザー」を国内で初めて公道で走行させた。これまであいまいだった道路交通法上の扱いが明確になったため、公道での走行が可能になったという。(2021/5/17)

FAニュース:
ロックウェルとコマウ提携、ロボットアプリ展開を簡素化
Rockwell Automationは、Comauとの提携を発表した。提携により両社は、ロボットアプリケーションを設計、展開、管理するための、より簡単かつスマートで生産的な方法を提供する。(2021/5/14)

ロボット開発ニュース:
中国外食チェーンの厨房を省人化、自動配膳ロボットシステムを改良
パナソニックは、中国の外食チェーン海底撈との合弁会社である北京瀛海知能自動化科技が、配膳ロボット「新おかず配膳システム」を開発したと発表した。従来のRFIDによる管理システムを踏襲しつつ、生産性を改善している。(2021/5/13)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
「話す」ロボットと「話さない」ロボット、どちらが好き?
ミクシィが発売したロボットを見て思ったこと(2021/5/13)

産業用ロボット:
最大可搬質量13kgの6軸垂直多関節ロボット、防塵防水性能を備える
川崎重工業は、最大可搬質量13kgの6軸垂直多関節ロボット「RS013N」の国内販売を開始した。組み立てやハンドリングなどの作業に求められる動作性能と、優れた防塵防水性能を備える。(2021/5/13)

世界初:
ヤマハ、言葉をメロディーに乗せるコミュニケーションロボットを発売
ヤマハは、世界初となる言葉をメロディーにのせて会話するロボット「Charlie」を発売する。価格は2万4800円で、月額使用料は490円。(2021/5/12)

山岳トンネル工事:
吹付空間のマーカー位置測定精度で±1cm以内を実現する新技術、エフティーエスら
山岳トンネルにおける掘削先端部(切羽)では、オペレーターが地山面を目視確認しつつ施工を行っており、省人化、省力化ならびに、より安全で生産性の高い施工を行うことが求められている。こういったニーズを踏まえて、エフティーエスらは、吹付作業の完全自動化を実現する次世代吹付システムの開発を進めている。同システムの要素技術として、吹付ロボットとモーションキャプチャーカメラによる吹付ロボットの位置計測技術を開発した。(2021/5/12)

協働ロボット:
クリーンルームの単純作業を自動化、“移動する協働ロボット”がもたらす価値
工場の自動化ニーズが高まる中、「残された人手作業の自動化」は大きなテーマとなっている。その中で、アーム型協働ロボットとAGV(無人搬送車)を組み合わせた、「モバイルマニピュレーター(MoMa)」を提案するロボットシステムインテグレーターのciRoboticsの取り組みを紹介する。(2021/5/11)

組み込み開発ニュース:
人工筋肉の光造形3Dプリントを可能にする技術を開発
岐阜大学らは、光照射を利用して自在な形状に作製できる人工筋肉の開発に成功した。光造形3Dプリンタに組み込み、生体材料で駆動するマイクロロボットやソフトロボットの製造が期待できる。(2021/5/11)

産業用ロボット:
安川電機、レーザー溶接用のロボットアームと設備をパッケージで提供
安川電機は、レーザー溶接用のロボットアームと設備などをパッケージで提供する「MOTOPAC-RL2D300-GP25JP」を発売した。溶接速度や品質向上に必要な条件の設定を含め、設備導入から稼働までトータルでサポートする。(2021/5/11)

猫の歩行をロボットで再現→反射回路の候補を発見 動物実験を行わず、猫の生体解明を目指す
実は謎に包まれている猫ちゃんの歩行。(2021/5/10)

見た目そのままで柔らかいお肉を……高齢者に優しい調理家電 移動サポートするロボットも 
介護の負担を軽減する家電やロボットに注目が集まっている。少子高齢化や新型コロナウイルスの感染拡大で介護現場の負担が増しており、こうした製品の市場は拡大が予測される。(2021/5/5)

大さじ1をシァーとすり切るネコ型ロボット誕生 派手に粉が散乱するも「猫だからヨシッ!」
ネコの手借りたらこうなった案件。(2021/5/4)

亡くなった夫がロボットになって帰ってきた 人と機械の“夫婦”の漫画が切なくて刺さる
死者のデータを移植したロボットと妻の物語。(2021/5/1)

製造マネジメントニュース:
「歩くトレーニング」をロボットが支援、パナソニックが新サービス開始
パナソニックは2021年4月27日、歩行に不安を抱える人向けのトレーニングを支援する歩行トレーニングのロボットの量産モデルを開発し同ロボットによる「歩行トレーニング支援サービス」を開始することを発表した。(2021/4/28)

FAニュース:
手作業の基板組み立て工程の自動化に貢献する小型多関節ロボットの受注開始
FUJIは、小型多関節ロボット「SmartWing」の「アドバンストロボセル」シリーズとして、「基板組立ロボセル(SW-BA)」の受注を開始する。必要な機能をパッケージ化しており、低コスト化、短納期化している。(2021/4/28)

建機の自動運転:
自動運転する複数の建機を制御し協調運転を実現するシステム、大成建設
大成建設は、パナソニック アドバンストテクノロジーの独自技術であるロボット自律制御と協調タスクプランニングの技術を活用し、自動運転する複数の建機を制御し協調運転を実現するシステム「T-iCraft」を開発した。(2021/4/28)

ロボット:
鹿島が視認できない超狭開先に対応した“溶接ロボ”を現場適用
鹿島建設は、ロボット導入やBIMを基軸とした生産プロセスのデジタル化、遠隔管理技術によって、建築生産プロセスの変革を目指す「鹿島スマート生産ビジョン」の一環で、超狭開先の現場に対応した溶接ロボットを開発した。(2021/4/27)

次世代型コーヒー自販機 スマホアプリから注文してロッカーで受け取るAIカフェロボットが東京駅でスタート
スマホ連動で、待たずにおいしいコーヒーを買える時代。(2021/4/27)

協働ロボット:
協働ロボット搭載形無人搬送車の最新機種を発売、コストを30%低減
明電舎は、ファナックの新型協働ロボット「FANUC Robot CRX-10iA/L」の搭載に対応した無人搬送車「RocoMo-V」の販売を開始した。AGV機能の最適化や部材の見直しなどにより、コストをこれまでの製品に比べて30%低減した。(2021/4/26)

ロボット開発ニュース:
ミクシィのコミュニケーションロボットは独自AIで“雑談”に付き合ってくれる
ミクシィは2021年4月21日、深層学習技術をベースに独自開発した“雑談”用のAI(人工知能)を搭載する自律型会話ロボット「Romi(ロミィ)」の一般販売を開始した。コミュニケーションロボットに“雑談”のために深層学習技術を取り入れるのは「恐らく世界初」(ミクシィ)だという。(2021/4/22)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。