ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

石野純也のMobile Eye:
KDDIが「かえトクプログラム」を提供する狙い ドコモ、ソフトバンクと比べて端末は安くなる?
KDDIが、新しいスマートフォンの販売方式となる「かえトクプログラム」を開始した。あらかじめ端末ごとに残価が設定されているのが、従来の「アップグレードプログラム」との違い。その特徴や他社との違いを解説するともに、導入の狙いを解説していきたい。(2020/2/22)

10〜20代女性の40%以上がスマホの「小型化」を希望 MMDの調査
MMD研究所は、2月20日に「2020年2月スマートフォン端末に関する意識調査」の結果を発表した。購入時に重視する価格以外の項目は「バッテリー持ち」「メーカー」「画面のサイズ」で、10〜20代女性の40%以上が「小型化」を希望している。(2020/2/21)

TCL製スマホ「PLEX」がgoo Simsellerで販売 3月25日まで一括9000円
FOXは、2月21日にNTTレゾナントが運営する「goo Simseller」でTCL製スマホ「PLEX」を販売開始。通常価格は2万100円だが、3月25日11時まで一括9000円で販売する(2020/2/21)

東海道新幹線、車内テロップでのニュース配信を終了 全列車に無料Wi-Fi完備、「スマホで読める環境整った」
東海道・山陽・九州新幹線の無料Wi-Fiサービス「Shinkansen Free Wi-Fi」の全列車への導入が、3月30日に完了する。これに伴い東海道新幹線では、車内テロップでのニュース配信を3月14日に終了する。(2020/2/21)

Apple、窒化ガリウム(GaN)採用製品を開発中?
小型で高速充電が可能なGaN技術を採用した電源アダプタ採用が、スマートフォンメーカーの大きな流れとなりそうだ。(2020/2/21)

Switch「あつまれ どうぶつの森」と連動するスマートフォンアプリ「タヌポータル」発表 2020年3月中にサービス開始予定
たぬきちのサービスがどんどん広がる……。(2020/2/20)

月額200円で画面割れの修理代を補償! いつでも、どのスマホでも加入できる「スマホ保険」販売開始
バキバキの画面で悩むことがなくなりそう。(2020/2/20)

世界を読み解くニュース・サロン:
「ストーカーアプリ」の危険な現実 メール盗み見、会議盗聴を疑うべき“異常”とは
行動などを監視するアプリ「ストーカーウェア」について、米国人の1割が使った経験があることが分かった。他のアプリと同じように入手できるものも多く、相手に気付かれずにインストールできてしまう。スマホに“異常”を感じたら、被害に遭っている可能性がある。(2020/2/20)

スマホの利用時間トップは「2時間以上3時間未満」 MMDの調査
MMD研究所は、2月18日に共同調査「2019年版:スマートフォン利用者実態調査」の結果を発表。利用時間は「2時間以上3時間未満」が21.8%と最も多く、次いで「1時間以上2時間未満」が16.9%となった。(2020/2/19)

Qualcomm、5nmプロセスの5Gモデム「Snapdragon X60」発表 2021年初頭に搭載スマホ登場
Qualcommが、5G対応モバイル端末向けの第3世代モデム「Snapdragon X60」を発表した。モデムとして初の5ナノメートルプロセスを採用。同モデムを搭載するスマートフォンの発売は2021年初頭になる見通し。(2020/2/19)

UQ mobile、シニア向けスマホ「BASIO4」2月21日から順次発売
UQコミュニケーションズは、UQ mobile向け京セラ製スマートフォン「BASIO4」を2月21日から順次発売。UQオンラインショップでの販売価格は3万5640円(税込)で、公式サイトでは使い方などを紹介する動画コンテンツ「自宅deスマホ教室」を公開している。(2020/2/18)

ハイレゾストリーミングの「モーラ クオリタス」にモバイルアプリ登場 ダウンロード機能も
ソニー・ミュージックエンタテインメントがストリーミング音楽配信サービス「mora qualitas」(モーラ クオリタス)でスマートフォン用アプリの提供を始めた。(2020/2/18)

“5Gにふさわしい”カメラとディスプレイを追求した「AQUOS R5G」 シャープの5G戦略を解説する
シャープが5Gに対応したスマートフォン「AQUOS R5G」と、「5Gモバイルルーター」を今春に発売する。AQUOS R5Gは「8Kワイドカメラ」、ルーターは「5Gのシェア」を特徴に掲げる。2021年度にスマートフォンAQUOSを全て5Gに対応させるという。(2020/2/18)

Microsoft、Word、Excel、PowerPointをまとめて操作できるAndroidアプリ公開
MicrosoftがAndroid版「Microsoft Office」アプリを公開した。このアプリ1つでWord、Excel、PowerPointの文書の作成、編集、共同作業が可能。スマートフォンでテキストをスキャンして取り込む機能などもある。(2020/2/18)

KDDI、残価設定型の端末購入補助を発表 月額負担を軽減、5Gスマホ購入のハードル下げる
KDDIが、新たな端末購入補助サービス「かえトクプログラム」を発表。機種ごとに、2年後の買い取り価格(残価)を設定。スマホを24回の分割払いで購入したユーザーは、本体価格から残価を差し引いた金額を月賦で支払える。5Gスマホ購入のハードルを下げる狙い。(2020/2/17)

アンケート回答でポケGO「ふかそうち」プレゼント ソフトバンクショップでAndroidユーザー限定
ソフトバンクショップでアンケートに答えると「ポケモンGO」の「ふかそうち」がもらえる。対象はAndroidのスマートフォンやタブレットの利用者全般。(2020/2/17)

Mobile Weekly Top10:
「おトク」に引かれる人々/Galaxyは「S10」から「S20」へ
スマホ(コード)決済に関する記事や、格安SIMに関する記事が多く読まれています。ユーザー視点では「おトク」は良いことなのですが、視点を変えると「これでいいのかな?」と思うことも少なくなく……。(2020/2/17)

auが端末の残価設定型分割払い「かえトクプログラム」を開始 2月21日から
auが、スマートフォンの購入時における残価設定型の分割払いを導入する。従来の「アップグレードプログラムNX」から対象端末が拡大した他、au回線の契約がなくても利用できるようになった。(2020/2/17)

au PAYの毎週10億円還元、第2週は1日で終了
スマホ決済「au PAY」で2月17日、決済額の20%を還元するキャンペーン(第2週)がスタート。利用者が殺到し、還元総額が10億円相当に達するため、初日で終了する。(2020/2/17)

5Gスマホ「AQUOS R5G」登場 シャープから 8K動画の撮影にも対応
シャープは、携帯キャリア各社が春に始める5G通信サービスに合わせ、対応Androidスマートフォン「AQUOS R5G」を商品化すると発表した。Wi-Fi 6や8K動画の撮影にも対応する。(2020/2/17)

KDDI、縦折りスマホ「Galaxy Z Flip」を2月28日に発売 税込17万9360円
KDDIが「Galaxy Z Flip」を2月28日に発売すると発表。価格は税込17万9360円。18日午前9時から、au取扱店と「au Online Shop」で予約受付を始める。同端末は、韓国Samsung Electronicsが開発した、縦に折りたためるAndroidスマホ。(2020/2/17)

「Galaxy Z Flip」の超薄ガラスディスプレイ、YouTuberがツメで傷つける動画
Samsungが2月14日に米国などで発売した縦折りスマホ「Galaxy Z Flip」。人気YouTuberのザック・ネルソン氏が定番のディスプレイスクラッチテストを行ったところ、ガラス製というディスプレイにツメで傷がついた。Samsungは、ガラスの上に「Galaxy Fold」同様の保護層が載っているとコメントした。(2020/2/17)

シャープの5Gスマホ「AQUOS R5G」登場 8Kワイドカメラや6.5型Pro IGZO搭載
シャープが2月17日、5G通信に対応したスマートフォン「AQUOS R5G」を発表した。2020年春の5G商用サービスの開始に合わせて発売される見込み。スマートフォンAQUOSとして初となる8Kワイドカメラを搭載している。広角カメラや望遠カメラも備える。(2020/2/17)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
世界シェア10位、Tecnoの最新スマホ「Camon 12 Pro」は高コスパのカメラフォン
スマートフォンの世界シェア10位内には意外なメーカーが入っています。それがアフリカなどで人気のTecno(テクノ)。中国の伝音科技(Transsion)が展開するブランドで、アフリカではシェア上位に顔を出すメジャー製品です。そのTecnoの上位モデル「Camon 12 Pro」を紹介します。(2020/2/16)

裸体の撮影をAIが検知、「自画撮り」被害を防止 トーンモバイルが新型スマホ
トーンモバイルが、AIを活用して裸体などの撮影を防止できるスマホ「TONE e20」を発表。被写体にかざすとAIが分析し、不適切と判定した場合はアラートを発する他、撮影データを保存しない。子どもが面識の無い大人にだまされ、自分の裸を撮影して送ってしまう「自画撮り」の被害を防ぐ。(2020/2/14)

AIで子どもを自撮り被害から守る――新生トーンモバイルの新型スマホ「TONE e20」登場 1万9800円
ドリーム・トレイン・インターネット(DTI)のサービスとなった新生「トーンモバイル」から、新しいTONEスマートフォンが登場。目玉は、AIで不適切な被写体の撮影をブロックするカメラ機能だ。(2020/2/14)

吉野家が事前のスマホ注文をスタート 店頭で待たずにテイクアウト可能に 会員登録が不要なのもうれしい
吉野家のお持ち帰りの“はやい”がよりはやく!(2020/2/14)

吉野家、スマホで事前注文開始 店頭で待たずにテークアウト
事前にスマートフォンからテークアウト商品を注文し、店頭で待たずに受け取れるサービスを、吉野家が開始。(2020/2/14)

吉野家、スマホで事前注文してテークアウトできる「スマホオーダー」を開始
吉野家は2月14日、事前注文サービス「スマホオーダー」の提供を始めた。吉野家店舗のWebサイトから商品の注文が可能で、指定した時間に受け取れる。Showcase Gigのモバイルオーダープラットフォーム「O:der(オーダー)」を活用する。(2020/2/14)

ついに完全番号レスのクレカ登場 「最高のセキュリティカード」とクレディセゾン
セゾンカードなどを発行するクレディセゾンが、カードレスの決済を強化する。プラスチックカードの発行を待たずにスマホ上でバーチャルカードを発行する「セゾンカードレス決済」を開始。プラスチックカードを希望する会員には、カードの表にも裏にもカード番号や有効期限、セキュリティコードが記載されない新たなクレジットカードを発行する。クレディセゾンは「最高のセキュリティカード」としている(2020/2/14)

Broadcom、世界初のWi-Fi 6Eチップ「BCM4389」を発表 高速省電でAR向き
roadcomが、「Wi-Fi 6E」チップ「BCM4389」を発表した。Wi-FiとBluetoothをサポートし、スマートフォンの他、無線ヘッドフォンやAR/VRヘッドセットなどでの採用を見込む。(2020/2/14)

スマホだって一休みしたい! 神社の祈祷も受けた「スマホ開運座布団」がクラファン開始
座布団に描かれたQRコードからはネット上のバーチャル神社にアクセスできます。(2020/2/14)

「141g」の軽さを実現できた秘密とは? “細マッチョ”なスマホ「AQUOS zero2」開発ストーリー
シャープのスマートフォン「AQUOS zero2」は、6.4型ディスプレイや3000mAh超のバッテリーを搭載しながら、141gという軽さを実現した。有機ELディスプレイも改良し、“勝てるスマホ”としてタッチレスポンスも向上させた。さらなる軽量化と見やすいディスプレイ、ハイパフォーマンスを実現できた理由を開発陣に聞いた。(2020/2/14)

スマホRPG「最果てのバベル」、4月30日にサービス終了へ 2019年にセールスランキング操作で炎上
1年保たず。(2020/2/13)

松屋で「QUOカードPay」が利用可能に 2月18日から
クオカードのスマートフォン向けデジタルギフト「QUOカードPay」が、2月18日から松屋フーズに対応。対象店舗は「松屋」「松のや・松乃家・チキン亭」「マイカリー食堂」「ステーキ屋松」「松そば」「ヽ松(てんまつ)」1158店舗となる。(2020/2/13)

Mobile Weekly Top10:
「TCL」ブランドのスマホが日本上陸/楽天ペイが「Edy」を統合(Android版のみ)
Alcatel(アルカテル)やBlackBerryからライセンス供与を受けて、両ブランドのスマートフォンを販売してきたTCL。そんな同社が自らのブランドを冠したスマホを日本で発売しました。取り扱うのは、BlackBerryブランドのスマホを日本に導入したFOXです。(2020/2/13)

Androidの父のモバイル企業Essentialが閉鎖 細長スマホ「GEM」は世に出ず
アンディ・ルービン氏率いるEssential Productsが事業を閉鎖すると発表した。日本でも販売する「Essential Phone PH-1」のサポートも終了する。ルービン氏が昨年ツイートした細長端末「GEM」は結局世に出ずじまいになった。(2020/2/13)

VRニュース:
スマートフォンで3Dモデル生成、AR技術を活用した3D足型採寸技術を発表
Visualizeは、高精度な3D足型採寸テクノロジー「Visualize(ヴィジュアライズ)」を開発した。最新のAR技術を活用し、スマートフォンで足の形の3Dモデルを生成して採寸する。(2020/2/13)

必要な「取りあえず」の精神:
スマホ決済、使わないと“旧人類”に? 稼ぐ人ほどキャッシュレス派、そう考える理由
増税に伴うキャッシュレス還元施策という追い風もあり、キャッシュレスの波が広がっている。とはいえまだまだ現金派も少なくないが、筆者は稼げる人ほど「キャッシュレス派」だと主張する。その理由とは?(2020/2/13)

「PayPay」などのスマホ決済で同時に障害発生 原因は日本ユニシス系ゲートウェイの不具合
スマホ決済アプリ「PayPay」や「LINE Pay」などで、一部の加盟店でコード決済が使用できない障害が発生している。原因はネットワーク事業者における障害としている。(2020/2/12)

「未来のスポーツの先生」はAI? スマホ動画で「お手本との違い」が分かる時代に
ジムにトレーナーがいない時間帯でも、AIが「正しい姿勢で筋トレができるよう」教えてくれるようになるかもしれない。(2020/2/14)

サンワ、収納したままスマホを操作できる防滴サイクルポーチ発売
サンワサプライは、6.5型までのスマートフォンを収納したまま操作できる防滴加工仕様のサイクルポーチ「800-BYCP001」を発売。現金やカード類などの貴重品も入れられるポケット付きで、鍵取付けフックやストラップ取付けリングも備える。(2020/2/12)

サムスン、新たな折りたたみスマホ「Galaxy Z Flip」発表 タテ折り仕様で「ゲームボーイアドバンスSP」っぽい
前に出た「Galaxy Fold」は本のような横開きでしたが、今回は縦折りに。(2020/2/12)

「Galaxy Z Flip」の実機に触れる 縦長+小型だけがメリットじゃない
Samsungが、縦に折りたためるスマートフォン「Galaxy Z Flip」を発表。開くと縦長の6.7型ディスプレイが現れ、閉じると正方形に近いコンパクトな形状になる。Galaxy UNPACKED 2020のイベント会場に展示されていた実機を写真とともにお伝えする。(2020/2/12)

縦折りスマホ「Galaxy Z Flip」発表 日本ではKDDIが独占販売
Samsungが、縦折りスマホ「Galaxy Z Flip」を発表。手のひらサイズに折りたためる。日本ではKDDIが2月下旬に発売する予定。(2020/2/12)

今回は全販路で購入可能:
auが折りたたみスマホ「Galaxy Z Flip」を2月下旬に発売 予約は2月18日から
Samsung Electronicsの新型縦折りフォルダブルスマートフォン「Galaxy Z Flip」が、日本でも発売される。「Galaxy Fold」に続き、au独占販売となる。(2020/2/12)

KDDIに聞く「Galaxy Z Flip」投入の狙い 「普及モデルだけだと面白くない」
サムスンが発表したばかりの縦折りスマートフォン「Galaxy Z Flip」を、国内ではKDDIが独占販売する。しかもグローバルでの発表からほぼ間を置かず、2月下旬に発売する。Galaxy Z Flipは5Gには対応しないが、KDDIが本機を投入する狙いはどこにあるのか?(2020/2/12)

Samsungが縦折りのスマートフォン「Galaxy Z Flip」発表 約15万円
Samsungが、ディスプレイを折りたためる「Galaxy Z Flip」を発表した。「Galaxy Fold」と異なり、縦向きに折りたためる。開くと6.7型ディスプレイが現れ、折りたたむと正方形に近い形状になる。(2020/2/12)

「地方の声優志望者に道を」 しずかちゃん役声優・野村道子さんがオンライン個別指導サービス
声優の野村道子さんは、遠方に住む声優志望者のため、スマートフォンなどでプロの個人指導を受けられる新サービス「SPOT」を始める。地方の人材に挑戦の機会を与えると同時に、人材発掘も行う。(2020/2/12)

PR:みんなは絶対気を付けて……! スマホを落としただけなのにまさかの展開になってしまう漫画
笑える話から思わず背筋が凍る恐怖体験まで、ねとらぼ読者の体験をカエルDXさんに漫画化してもらいました。(2020/2/12)

BAS:
住友電設がナースコールや内線をスマホで受け取れる病院向けシステムを開発
住友電設は、ナースコールソリューション「スマートフォンゲートウェイ」を活用した病院向けシステムの開発を進めている。(2020/2/11)

東芝テック、スマホを活用したセルフレジ「ピピットスマホ」発売
東芝テックは、2月10日に食品スーパーマーケットなどの量販店を対象としたスマホ用セルフレジシステム「ピピットスマホ」を発表。消費者自身のスマホで商品の登録を行い、自身で会計を完了できる。(2020/2/10)

Motorola、縦折りスマホ「razr」の開閉テスト動画を公開 「耐久性には自信がある」
Motorolaが、2月6日に米国で発売した縦折りスマートフォン「razr」の開閉耐久テストの動画を7日に公開した。米CNETが発売当日に公開した独自開閉耐久テストの結果、2万7000回でノイズが出たと報じたことを受けたもの。(2020/2/10)

改正法によって解約率が低下 “シニアとキッズ”にアプローチして差別化を図るイオンモバイル
イオンモバイルは2月6日、独自のフィルタリングサービスや60歳以上限定の音声通話プランなどを発表し、親子スマホ勉強会を開催した。改正法により、端末のキャッシュバックが減った影響で、イオンモバイルの解約率は下がっているという。シニア向けの料金プランやキッズ向けのフィルタリングサービスで差別化を図っていく。(2020/2/10)

大日本印刷 べーパーチャンバー:
5Gスマホ向け、0.25mmの薄型ベーパーチャンバー
大日本印刷は、5G対応スマートフォン向けに、0.25mm厚の放熱部品「べーパーチャンバー」を開発した。従来品と同等以上の放熱性能を保持しつつ、厚みが従来品と比較して約3割薄くなっている。(2020/2/10)

アプリでは分からない「時刻表」の魅力
今も書店に行くと「時刻表」が売られています。スマホで簡単に乗り換え検索できるのに、なぜでしょう。実は、時刻表にはアプリに負けない実用性と魅力があります。(2020/2/9)

スマホ決済2月のキャンペーンまとめ au PAYは毎週10億円還元、d払いはコンビニ、PayPayは飲食店がお得
2月もコード決済のキャンペーンが盛り上がっている。その中心は、やはり3キャリア陣営の「PayPay」「d払い」「au PAY」だ。特に目立つのが、PayPayの飲食店での40〜50%還元と、au PAYの毎週10億円を還元する大型キャンペーンだ。(2020/2/9)

販売はiPhone 7が1位、iPhone 8が上昇 ゲオの中古スマホ1月ランキング
ゲオは、1月1日〜1月31日までのデータを集計した「ゲオ中古スマートフォン1月月間ランキング」を発表した。販売総合ランキングではauのiPhone 7が1位に。買取総合もiPhone 7が1〜3位を独占したが、NTTドコモの「GALAXY A20 SC-02M」がランクアップした。(2020/2/8)

ソフトバンク、5Gサービスは3月下旬開始 “アンリミテッド”を検討中 楽天参入には余裕の構え
ソフトバンクの宮内謙社長は、同社のスマートフォン向け5Gサービスを3月下旬に始めると話した。詳細はあらためて発表会を設けるとしつつ、容量無制限プランを検討していることを示唆した。(2020/2/7)

客がスマホで商品スキャン レジ待ち減らすNEC「セルフスキャンショッピング」
買い物客が店内で自分のスマートフォンを使って購入商品をスキャンし、決済する店舗向けソリューション「セルフスキャンショッピング」をNECが4月に発売する。(2020/2/7)

一太郎のスマホアプリ「一太郎Pad」配信スタート スマホ写真の文字、自動でテキスト化
写真の文字を自動でテキスト化できる無料のスマートフォンアプリ「一太郎Pad」の配信がスタート。撮影した写真や保存した画像から文字を自動抽出し、テキストデータ化できるメモアプリだ。(2020/2/7)

手持ちのスマホで商品をスキャン、かざして決済でお買い物――NEC、小売店向け“レジレス”ソリューションを発売
NECは、利用客がスマートフォンで商品をスキャンしながら買い物ができる「セルフスキャンショッピング」を2020年4月から販売する。決済は、支払い用バーコードをかざすことで完了する。レジ待ち時間短縮による快適な買い物体験を利用客に提供するとともに、従業員の業務効率化を実現する。(2020/2/7)

エキサイトモバイル、無料通話がセットの新料金プラン「でんわパックプラン」提供
格安スマホ「エキサイトモバイル」は、2月6日に新料金プラン「でんわパックプラン」を受付開始。高速データ通信と無料通話をセットにしたシンプルな3タイプの料金プランで、月額基本料金は1900円(税別)からとなる。(2020/2/6)

NEC、スマホで商品をスキャンできる小売業向けソリューションを提供
NECは、2月6日に小売業向けレジレスソリューション「セルフスキャンショッピング」を発表した。スマートフォンを用いて利用者が商品をスキャンすることで、従業員の業務効率化とレジ待ち時間短縮を実現する。(2020/2/6)

Sigfoxを使った見守りサービス「キンセイGPS」、一般販売を開始 子どもの居場所がスマホで分かる
ハムステッドの見守りサービス「キンセイGPS」が4月から一般販売を開始する。大阪府寝屋川市の「子どもの安全を守る事業」などの採用実績があるサービス。1年分のサービス料込みで価格は8800円(税込)。(2020/2/6)

Siriが劇中に「呼んだ?」と勘違い 「セシリーという名の登場人物がおります」と、観劇中のiPhoneの電源オフを呼びかける注意書きが話題
観劇中のスマホの電源は切りましょう。(2020/2/7)

300g超えの重量級スマホ「Unihertz Titan」のQWERTYキーボードをじっくりと試す
中国のUniherzが開発した「Unihertz Titan」は、スレートボディーにハードウェアQWERTYキーボードを搭載したAndroidスマートフォンだ。クラウドファンディングで目標額を超える支援者が集まり、2019年12月末から出荷された。約2週間使ってみたが、ハードウェアキーボードと日本語入力の使い勝手を評価した。(2020/2/6)

5G、1億画素カメラ、折りたたみ――2020年の中国スマホトレンドはこれだ
最新技術の導入で他国に後れを取っていた中国も、2019年11月に5Gサービスを開始して、一気に挽回した。その中国で2020年にはどんなスマートフォンが登場するのだろうか? カメラや形状が大きく進化しそうだ。(2020/2/6)

+Styleがスマート照明2製品を発売 ベッドサイド用とデスク用をラインアップ
プラススタイルが、スマートフォンからコントロールできるスマート照明「スマートLEDベッドサイドランプ(調光・RGB調色)」「スマートLEDデスクライト(調光・調色)」を発売する。+StyleのWebサイトの他、PayPayモールやAmazon.co.jpでも取り扱う(2020/2/5)

ドラクエシリーズ最新作はタクティカルRPG「ドラゴンクエストタクト」 2020年にスマートフォン向けに配信予定
新作ドラクエはタクティカルRPG!(2020/2/5)

スマホの出荷台数、SIMフリー比率が初の10%台に サムスンがシェア3位に
MM総研は、2019年暦年(2019年1〜12月)の国内携帯電話端末の出荷台数について発表。総出荷台数は前年比4.4%減の3344.4万台となり、2009年以降では過去最低となる。(2020/2/5)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
閉じて撮るか、開いて撮るか 「Galaxy Fold」を“スマホカメラ”として評価する
ディスプレイを折りたためる「Galaxy Fold」のカメラ機能はどうなのか? 結論から言うと、カメラとして使いやすい。「開いて大画面撮影」と「閉じたままスリムに撮影」の両方を使い分けられるのがいいのだ。(2020/2/5)

ENEX2020:
コロナが遠隔地にある浴槽の利用状況を“見える化”するアプリを開発
コロナは、スマートフォンを用いて、場所を選ばず、湯沸かしや湯張り状況などを確かめられるアプリケーションを開発した。(2020/2/5)

非接触決済の利用頻度トップは「nanacoモバイル」、満足度1位は「モバイルSuica」 MMD調べ
MMD研究所は、2月4日に「2020年1月 スマートフォン決済(非接触)の満足度調査」の結果を発表。利用頻度が最も高いのは「nanacoモバイル」で、総合満足度1位は「モバイルSuica」。利用上位6サービスの総合満足度は53.2%となった。(2020/2/5)

JR東日本、“痴漢防止対策”の実証実験を埼京線で実施 スマホアプリで車掌に通報するシステム
2ステップに分けて実証実験を行います。(2020/2/4)

「Pixel 4」の「モーションセンス」が解禁 タッチレスで操作、顔認証も高速に
グーグルが2月4日、同社のスマートフォン「Pixel 4」向けに、新機能「モーションセンス」の提供を開始した。日本では、使用する周波数帯と法令の問題で、導入が先送りになっていた。端末に手を近づけて画面を点灯させたり、端末から離れた際に画面をオフにしたりできる。(2020/2/4)

ムスビーの2020年1月中古スマホランキング SIMフリーiPhone 7が1位
ムスビーは、2020年1月中古携帯/スマホランキングを発表。国内版SIMロックフリーのiPhone 7に代わり、 iPhone 8が1位に。AndroidランキングではNTTドコモの「Galaxy A20 SC-02M」が1位となった。(2020/2/4)

99台のスマホを運ぶ謎の男性 Googleマップで仮想交通渋滞を作り出す動画が話題
アプリでは大混雑ですが、現実世界ではガラガラです。(2020/2/4)

Googleマップの交通状況をカートに積んだ99台のスマホでハック 独アーティストが作品として披露
ベルリンのアーティストが、位置情報をオンにした99台のスマートフォンをカートに積んで引っ張り回し、Googleマップに「仮想渋滞」を作り出す作品を発表した。Googleは「改善に繋がるので感謝する」とコメントした。(2020/2/4)

BlackBerry端末、8月31日に販売終了へ TCLとのライセンス終了で
QWERTYキーボードが特徴のBlackBerryブランド端末の販売が8月31日に終了する。BlackBerryとTCL Communicationのライセンス契約が切れるため。TCLは昨年から独自ブランドのスマートフォンを開発している。(2020/2/4)

「ものすごく売れている」 2万円台のSIMフリースマホ「TCL PLEX」日本上陸の背景を聞く
TCLの「TCL PLEX」が、2019年末に突如日本に上陸した。取り扱っているのが、BlackBerryやPalmといったTCL製スマートフォンで実績のある代理店のFOX。ミドルレンジモデルながら、税込みで2万9800円というコストパフォーマンスの高さが話題を集めた。なぜFOXがあえてTCL PLEXをこのタイミングで導入したのか?(2020/2/4)

auの初心者向けスマホ「BASIO4 KYV47」が2月7日に発売 約4万円
KDDIと沖縄セルラー電話は、京セラ製Androidスマートフォン「BASIO4 KYV47」を2月7日に発売する。auオンラインショップでの販売価格は4万1760円(税込み)。BASIO3と同等の横幅約71mmを維持しながら、シリーズとしては初めて有機ELディスプレイを採用した。(2020/2/3)

セブン銀行がスマホ決済のキャンペーン 1万円以上のチャージで5万人に1000円相当が当たる
セブン銀行は、2月3日にスマホ決済サービス5社との合同キャンペーンを開催。PayPay、au WALLET(au PAY)、LINE Pay、d払い、メルペイを対象に、1度に1万円以上を現金でチャージすると抽選で5万人に1000円相当をプレゼントする。(2020/2/3)

Mobile Weekly Top10:
スマホ決済アプリ、目指すは「スーパーアプリ」化?/「Rakuten Mini」の実力をチェック
KDDIが、決済に関連するサービス(一部を除く)とeコマースサービスのブランドを「au PAY」に統一します。ヤフーとソフトバンクの合弁企業が展開する決済サービス「PayPay(ペイペイ)」への対抗のためと思われます。(2020/2/3)

PR:人気のSIMフリースマホが100円から! 「IIJmio」春のお得なキャンペーンを見逃すな
MVNOサービス「IIJmio」でお得なキャンペーンを3月まで実施している。端末割引、初期費用の割り引き、MNPを条件としたキャッシュバックなどが主な内容。100円で販売しているSIMロックフリースマホもあるので、この機会を逃さずIIJmioへの乗り換えを検討しよう。(2020/2/3)

フリービットグループとキタムラ、「トーンモバイル」の店舗基盤を活用した実証実験
フリービットグループとキタムラは、スマートフォンサービス「トーンモバイル」の店舗基盤を活用した実証実験を開始。店舗システム、顧客サービスなどで技術を活用した連携を強化していく。(2020/1/31)

SNSを長く使っている人ほどOSバージョンアップを実施――ドコモ「モバイル社会研究所」セキュリティ対策調査 
NTTドコモの企業内研究所が、スマートフォン利用者を対象としたセキュリティ対策に関する調査の結果を発表。スマホ利用が長期間になるほどセキュリティ対策をしっかり実施する傾向があり、SNS利用者は未利用者よりOS最新化などに取り組んでいることが分かったという。(2020/1/31)

東京メトロ駅構内でスマホ充電器レンタルサービス 1時間150円、48時間300円で持ち運び自由
覚えておきたい。(2020/1/31)

DOCOMO Open House 2020:
5G時代には「XRデバイスがスマホに取って代わる」 Magic Leap CEOが描く近未来
DOCOMO Open House 2020でMagic Leapのロニー・アボビッツCEOが、5G時代のMR体験について語った。5Gでは空間を共有する体験が中心になり、企業や個人、医療、ゲームなど、多岐にわたる分野でビジネスが広がるという。商業デザインや訓練で、ヘッドセットの「Magic Leap One」が役立つことも説明した。(2020/1/31)

Apple、2019年第4四半期のスマートフォン世界市場でSamsungを抜いて首位に
「iPhone 11」が好調のAppleが、2019年10〜12月期の世界スマートフォン市場で首位の座をSamsungから奪った。2019年通年では中国HuaweiがAppleを抜いてSamsungに次ぐ2位だった。(2020/1/31)

「Pasco」の敷島製パン、来店客の行動を“匿名”データとして把握、活用へ
NTTコミュニケーションズは、敷島製パンの直営店2店舗で、来店客の行動履歴を活用するデジタルマーケティングの実証実験を開始する。来店客のスマホから匿名位置情報を取得、解析する「人流解析ソリューション」を活用。敷島製パンでは、このデータを店舗におけるマーケティング戦略の立案などに活用する。(2020/1/31)

子どものスマホ、5年前に「午後9時」ルール作った岡山ではこうなった
香川県議会が施行を目指すネット・ゲーム依存症対策条例案については批判が寄せられている。岡山県では、約5年前に小中学生のスマホ利用時間制限を打ち出していたが、実態にそぐわずトーンダウンしていったという。(2020/1/31)

「スマホ決済の不正利用」が初登場で1位:
IPAが「情報セキュリティ10大脅威 2020」を発表
IPAは「情報セキュリティ10大脅威 2020」を発表した。個人の1位は「スマホ決済の不正利用」。組織の1位は「標的型攻撃による機密情報の窃取」。組織の6位には、7年ぶりに「予期せぬIT基盤の障害に伴う業務停止」が復活ランクインした。(2020/1/31)

東京メトロがスマホ充電器レンタルサービス「ChargeSPOT」導入 有楽町駅から順次拡大
東京メトロがスマホ充電器レンタルサービス「ChargeSPOT」を駅構内に導入する。2月6日から有楽町線の有楽町駅に設置することを皮切りに、順次設置駅を拡大する予定だ。(2020/1/30)

シャープ、オッポジャパンを特許侵害で提訴 スマホ5機種の販売差し止め要求
シャープは、オッポジャパンが同社のWi-Fi関連特許を侵害しているとして提訴した。オッポジャパンが販売する一部のスマホの販売差し止めを求めている。(2020/1/30)

PR:世の中スマホ決済めちゃくちゃあるけど「au PAY」ってどうなの? 解説してみた
キャッシュレス決済ありすぎてお困りのみなさ〜〜ん!!(2020/2/1)

PayPayで会社の経費精算が可能に 経費管理クラウドサービスのコンカーと連携
経費管理のクラウドサービスを手掛けるコンカー日本法人が、スマートフォン決済アプリ「PayPay」との連携を4月に始めると発表。PayPayの決済データがクラウドへ転送され、経費データを手入力しなくても経費精算が可能になる。(2020/1/29)

LINE、19年通期は最終赤字468億円 スマホ決済などへの投資かさむ
LINEの2019年12月期(19年1〜12月)通期連結決算は、純損益が468億円の赤字(前期は37億円の赤字)だった。広告など主力事業は好調だったが、「LINE Pay」などへの先行投資がかさみ、利益を圧迫した。(2020/1/29)

ポケモン全世代をクラウド上に預けられる「Pokemon HOME」、詳細明らかに 有料プランは年額1960円
ポケモン社がサーバ上にポケモンを預けられるクラウドサービス「Pokemon HOME」を2月上旬に始める。Nintendo Switchとスマートフォンから利用できる。前身となるサービス「ポケモンバンク」を通じて、全世代のポケモンを預けられる見込み。(2020/1/29)

スマホが世界をちょっと狭くしたなあ
台湾を旅しました。台湾の人たちは、スマホの翻訳アプリを使って話しかけてくれ、とても親切にしてくれました。スマホがある海外旅行は、“アウェイ感”をあまり感じずに済むなあと思いました。(2020/1/29)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。