ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「スマートフォン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関連キーワード

製品開発ストーリー:
aiwaブランドのデジタル機器が今夏発売――開発したJENESISに聞く舞台裏
受託開発・製造業のJENESISはaiwaブランドによるデジタル機器の製造および販売を発表した。スマートフォン、スマートウォッチ各1機種とタブレット端末4機種を2022年8月から販売開始する。IoT業界の黒子として知られる同社がaiwaブランドを獲得した経緯や開発の舞台裏について取材した。(2022/6/30)

石野純也のMobile Eye:
“裏方”のJENESISがなぜ「aiwa」ブランドのスマホを出すのか 日本市場での勝算は?
JENESISがアイワからライセンスを取得し、aiwaブランドを冠したスマートフォンやタブレットを8月に発売する。JENESISは深センに拠点を持つことを強みに、これまでもさまざまな製品の開発を裏方として支えてきた。スマートフォンやタブレットが成熟期を迎える中、なぜJENESISはaiwaブランドを引っ提げ、表舞台に立とうとしているのか。(2022/7/2)

炎天下にスマホ置き去りはNG? 「スマホ熱中症」にKDDIが注意喚起 バッテリー劣化のリスクも
KDDIが炎天下にスマートフォンを放置することで起こる「スマホ熱中症」について注意喚起。バッテリー劣化などのリスクにつながるという。(2022/7/2)

猫「ポケモンゲットだにゃ!」 スマホを操り、モンスターボールを投げる姿がほほえましい 【米】
猫はポケモンマスター。(2022/7/2)

スマホから最短5分でクレカを発行 JCBが「モバイル即時入会サービス」開始
ジェーシービーは、7月4日から「モバイル即時入会サービス」を提供開始。対象クレジットカードへのオンライン入会申込からカード番号などの発行が最短5分で完了する。(2022/7/1)

NTTレゾナント、コンシューマー向けOCNの事業運営を開始 スマホ、アプリなどを一貫して提供
NTTレゾナントは7月1日、「OCN モバイル ONE」「OCN光」などのコンシューマー向けOCNサービスの事業運営を始めた。スマホ、ネットワーク、アプリ、コンテンツを一貫して提供できる運営体制が整ったという。例えばOCNでスマホを購入した人に対し、アプリ、コンテンツを合わせて提供できるとしている。(2022/7/1)

出そろった「Xperia 10 IV」の価格 最安値はどのキャリアか
NTTドコモ、au、UQ mobile、ソフトバンクがソニー製スマートフォン「Xperia 10 IV」の販売を7月8日に開始する。各社のオンラインショップにおける販売価格、端末購入プログラム適用後の実質負担額、販路、カラーをまとめた。記事内は全て税込み。(2022/6/30)

au/UQ mobileの「Xperia 10 IV」、6万9985円で7月8日発売
KDDIと沖縄セルラー電話はソニー製スマートフォン「Xperia 10 IV SOG07」を7月8日に発売する。auとUQ mobileが取り扱う。価格も案内している。(2022/6/30)

ソフトバンクの「Xperia 10 IV」、7万4880円で7月8日発売
ソフトバンクはシャープ製スマートフォン「Xperia 10 IV」を7月8日に発売する。ソフトバンクオンラインショップ価格は7万4880円(税込み、以下同)。分割払いは24回、48回から選べる。(2022/6/30)

ソフトバンクの「AQUOS R7」、18万9360円で7月8日発売
ソフトバンクはシャープ製スマートフォン「AQUOS R7」を7月8日に発売する。ソフトバンクオンラインショップ価格は18万9360円(税込み)。分割払いは24回、48回から選べる。(2022/6/30)

BALMUDA Phone専用のワイヤレス充電器、8800円で発売
バルミューダは6月30日、5Gスマートフォン「BALMUDA Phone」専用のワイヤレス充電器を発売した。価格は8800円(税込み)。バルミューダオンラインストア、旗艦店BALMUDA The Store AoyamaなどのSIMフリーモデル正規販売店、一部ソフトバンク取扱店が取り扱う。(2022/6/30)

組み込み開発ニュース:
Armが不滅のGPU「イモータリス」を投入、民生機器向けIPセット「TCS22」も進化
Armが民生機器向けプロダクトIPセット「Arm Total Compute Solution(TCS)」の最新パッケージ「TCS22」を発表。最大の特徴は、主にスマートフォンを用いたモバイルゲーミングに求められる“ビジュアル体験”の高度化に対応するため、新たなGPUプロダクトとしてフラグシップに位置付ける「Immortalis(イモータリス)」の投入である。(2022/6/30)

ハードウェアレイトレーシング搭載:
Arm、スマホ向けのフラグシップGPUを発表
Armは、スマートフォン向けに新ブランドのフラグシップGPU「Immortalis(イモータリス)」を発表した。Armとしてはハードウェアレイトレーシングを搭載した初めてのGPUとなる。(2022/6/30)

ふぉーんなハナシ:
新品スマホで“外れ個体”を引いてしまったハナシ どんな対応をしてもらえる?
先日、ある新品端末を東京都内の某ドコモショップで購入したところ、SIM/microSDスロットに浮きがあるのを確認した。スマホの“外れ個体”を入手してしまったのだ。今回のようなケースに該当する場合、どうすればいいのか、NTTドコモ広報の回答を交えつつ考えてみたい。(2022/6/30)

PR:ゲオで「iPhone SE2とiPhone Xが1円」!? 初心者にもオススメ、スマホ高騰時代に選びたい中古iPhoneを3分解説 〜店舗にも行ってみた〜
半導体不足×円安時代、大幅に高騰する恐れのiPhone相場に救世主……!?(提供:ゲオ)(2022/6/30)

スマホで鉄道模型を作れる! 「デジプラコレクション まるごと鉄道!」の事前登録を開始
登場車両は公式ライセンス取得!(2022/6/29)

ドコモ、「Xperia 10 IV SO-52C」を7月8日に発売 約6.4万円
NTTドコモは、7月8日からソニー製スマートフォン「Xperia 10 IV SO-52C」を発売。容量5000mAhバッテリーやアスペクト比21:9の縦長ディスプレイ、3眼カメラを搭載する。ドコモオンラインショップの価格は6万4152円(税込み)。(2022/6/29)

「Galaxy Z Flip3 5G SC-54B」が3万3000円引きに ドコモオンラインショップ限定で7月1日から
ドコモオンラインショップは「オンラインショップ限定 機種購入割引」の対象機種に、サムスン電子製の折りたたみスマホ「Galaxy Z Flip3 5G SC-54B」を追加する。7月1日以降、同端末の購入で3万3000円(税込)引きになる。端末単体(白ロム)購入を含む全ての購入方法が割引の対象となる。(2022/6/29)

「aiwaデジタル」誕生 Androidスマホ、Windowsタブレット、スマートウォッチなどを投入へ
JNSホールディングス傘下のJENESISが、アイワから「aiwa」ブランドのデジタル分野における商標使用権を取得した。「aiwaデジタル」シリーズとして、Androidスマートフォン/タブレット、Windowsタブレット、IP67対応のスマートウォッチを投入する。(2022/6/29)

新生「aiwaデジタル」誕生 8月にAndroidスマホ/タブレット、スマートウォッチを投入
JENESISが6月29日、オーディオメーカーのアイワから「aiwa」ブランドのデジタル分野における商標使用権を取得したことを発表した。2022年8月(予定)から、新生「aiwaデジタル」シリーズの製品を順次販売する。第1弾商品として、フラグシップのAndroidタブレット、スマートフォン、スマートウォッチを投入する。(2022/6/29)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
モトローラのタフネススマホ「Defy(2021)」は非対称ボディーがカッコいい
モトローラはB2B向けのタフモデルを出したことがあります。「Defy(2021)」は、コンシューマー向けに2020年ころに展開していたタフボディーモデル「Defy」を2021年に復活させた製品です。正面から見ると左下側のみが直角なデザインで、左右は非対称になっています。(2022/6/29)

ライトを当てると文字や絵が現れるホログラム 凸版が開発 スマホライトで真贋判定
強い光(点光源)を当てると、立体的な画像が現れる新たなホログラム「イルミグラム」を凸版が開発。スマートフォンのライトなどで誰でも簡単・正確に真贋判定できる。(2022/6/29)

HTCが「Desire 22 pro」を台湾で発表 Snapdragon 695 5G搭載で約5万5000円
HTCは6月28日(現地時間)、5G対応のAndroidスマートフォン「Desire 22 pro」を発表した。プロセッサにSnapdragon 695 5Gを採用したミッドハイレンジモデルで、台湾での価格は1万1990台湾ドル(約5万5000円)。台湾や欧州などで8月1日より順次販売される。(2022/6/29)

今、ハイエンドスマホの価格が高騰している理由 約20万円は許容できる?
円安の影響もあり、スマートフォンの価格が高騰している。約19万円のXperia 1 IVは、2017年に発売されたフラグシップモデル「Xperia XZ Premium」と比較すると、2倍近い価格差となっている。背景には部品数の増加や高品質化、昨今の半導体不足が挙げられる。(2022/6/29)

ドコモ、ahamo向けに「ワンナンバーサービス」を提供 Apple Watchが利用可能に
NTTドコモは、6月29日から「ahamo」向けに「ワンナンバーサービス」を提供する。ワンナンバーサービスは、ドコモ回線で利用するスマートフォンの電話番号をアクセサリー端末と共有できるサービス。ドコモオンラインショップでApple Watchを購入してワンナンバーサービスを契約すると、5000ポイントを進呈するキャンペーンも行う。(2022/6/29)

Armの新ハイエンドGPU「Immortalis」はモバイルゲームのハードウェアレイトレ対応
Armは同社初のハードウェアレイトレーシング対応モバイルGPU「Immortalis GPU」を発表した。2023年初頭には同GPU搭載のAndroidスマートフォンやタブレットが登場する見込みだ。UnityやUnreal EngineのEpic Gamesと主要なゲームの最適化をサポートしているという。(2022/6/29)

「iPhone⇔Android」でも引き継ぎOK! LINEアプリに直近14日以内のトークを自動で継承する機能
iPhoneとAndroidスマホ――LINEアプリでは異なるプラットフォーム間の機種変更でトーク履歴を一切引き継げないという大きな問題があった。しかし、最新版であれば、直近14日以内であれば異なるプラットフォーム間での機種変更でもトーク履歴を引き継げるようになる。【追記/修正】(2022/6/28)

LINEのトーク履歴、iPhoneとAndroidスマホ間で引き継ぎ可能に ただし直近14日間限定
LINEの新アップデートをとして、QRコードを使ってアカウントを移行できる「かんたん引き継ぎQRコード」が実装された。併せて、直近14日間に限り、iOSとAndroidをまたいだトーク移行が可能になった。(2022/6/28)

「Xperia PRO-I」ユーザーが「Xperia 1 IV」を買ったワケ 実機で違いを比較
「Xperia PRO-I」を持つ筆者が「Xperia 1 IV」も購入した。2機種とも、ソニーのフラグシップスマートフォンだが、それぞれ違った特徴を持つ。そこでXperia PRO-Iユーザーから見た、Xperia 1 IVの魅力を実機で確かめてみたい。(2022/6/28)

最新アプリが必要:
Y!mobileとLINEMOで「+メッセージ」が利用可能に ソフトバンク回線のMVNOサービスも対応
ソフトバンクにおける「+メッセージ」が、Y!mobile/LINEMOブランドと同社回線を利用するMVNOサービスでも利用できるようになった。新たに対応するブランドにおいて+メッセージを利用したい場合は、スマートフォンに最新版のアプリをインストール(更新)する必要がある。(2022/6/28)

製造業IoT:
家電リモコンの赤外線データベース、エアコン9724機種や照明1196機種などに対応
SMKは、家電機器のリモコンで用いる赤外線データのクラウドデータベース「SMK IRライブラリ」について、無償トライアルサービスの提供を開始した。同ライブラリにより、さまざまな家電機器をスマートフォンやAIスピーカーなどで操作できる。(2022/6/28)

スマホの充電端子、なぜ「USB Type-C」に統一? iPhoneはどうなる?
欧州議会と欧州理事会は6月7日(現地時間)、あらゆる電子機器に充電用ポートとしてUSB Type-Cの搭載を義務付けるという無線機器法の改正案について暫定合意に達したと発表しました。早ければ2024年秋以降にEU圏内で発売されるスマートフォンやタブレットはUSB Type-Cの搭載が必須となります。Appleは反発していますが、既にUSB Type-Cを搭載したiPhoneをテストしているといううわさもあります。(2022/6/28)

5Gビジネスの神髄に迫る:
スマホとは違う、ローカル5G向けデバイスに求められる“信頼性”とは アルプスアルパインに聞く
ローカル5Gの本格的な立ち上がりに向けて、端末開発が必要とされている。そこで新たに名乗りを上げたのがアルプスアルパインだ。4月27日に評価キットの提供を初めて以来、顧客ニーズを把握してローカル5G事業への本格参入を目指している。(2022/6/30)

最近ディズニーランドに集中できない理由が納得の一言 「公式でスマホを使う機会が多すぎる」
夢の国=現実って思いたくないですよね。(2022/6/28)

iPhone 13 ProとPixel 6 Pro、どちらが“旅カメラ”に向いている? 宮古島で撮影してきた
近年のスマホカメラの進化はめざましく、シーンによってはフルサイズ一眼カメラに劣らない写真が撮れる。その実力を試すべく、「iPhone 13 Pro」と「Google Pixel 6 Pro」で得意/不得意を確かめてみた。(2022/6/29)

「Xperia 10 IV」と「Xperia Ace III」はどちらが買い? スペックから使い勝手までを徹底比較
ソニーの2022年夏商戦向け5Gスマートフォンから、「Xperia 10 IV」と「Xperia Ace III」を比較する。Xperiaシリーズの従来機からの買い換えにあたり、有力候補となりうる2機種の実力を検証した。(2022/6/27)

「ストII」とサントリーのコラボゲーム「ストロングファイター」誕生! スマホで遊べる本格ARストIIゲーム
ゲーセンミカドで「サントリー THE STRONG バキバキストロング杯」も開催されます。(2022/6/27)

子どもとスマホの付き合い方:
子どものAndroidスマホを見守る方法 「ファミリーリンク」を使いこなそう
お子さんのスマホがAndroidの場合、Googleが提供する「ファミリーリンク」アプリで保護できます。ファミリーリンクは親と子どものアカウントを結び付け、親のスマホから子どものスマホを見守ることができます。(2022/6/27)

石川温のスマホ業界新聞:
総務省が4キャリアと全携協に「不当な端末販売拒否」の改善を要請――そもそも、スマートフォンは完全分離で売れるものなのか
総務省が、大手4キャリアに「ショップの業務適性確保に向けた措置」を要請した。端末の販売拒否が見受けられたことが要請の主な理由だが、そもそも「回線」と「端末」を分離して販売することは理にかなったことなのだろうか。(2022/6/26)

詳しい人でもだまされる? スマホを狙った「フィッシング詐欺」の手口と対策
スマホには毎日大量のメールが届く。その中にはフィッシングメールも含まれていて、実害が出かねない。これらの実例を踏まえた対策を紹介する。(2022/6/26)

石野純也のMobile Eye:
Xiaomiの激安ハイエンドスマホ「POCO F4 GT」を解説 あえて“ゲーミング要素”を抑えた理由
Xiaomiが、日本のPOCOブランドのスマートフォン「POCO F4 GT」を導入する。Snapdragon 8 Gen 1を搭載しながら7万4800円という価格は“激安”と言っても過言ではない。一方で、Xiaomi Japanは、ゲーミングスマートフォンというカテゴリーの端末として、POCO F4 GTを打ち出していくつもりはないようだ。(2022/6/25)

Mobile Weekly Top10:
「スマホ教室」の存在意義はかなり大きい
市区町村が実施する「スマホ教室」が意外と多くあります。キャリアショップでも「スマホ教室」を実施しています。一部有料の教室(講座)もありますが、無料のものも少なくないので、身近にスマホに不慣れな人に存在を教えてあげるのもいいかもしれません。(2022/6/25)

中古スマホに謎の需要 複数台購入する女性が続出したワケ
6月中旬から20日ごろにかけて、スマートフォンの中古端末動向に少し変わった動きが出た。中古販売を手掛けるイオシスによると、とあるアプリの影響でAndroid 10以上を搭載した格安の中古スマートフォンが大量に売れたという。(2022/6/25)

遊んで学べる「Experiments with Google」(第11回):
“視線で話す”アプリ「Look to Speak」 発話が不自由な人のコミュニケーションを支援 使い勝手は?
発話が不自由な人のコミュニケーションを支援するGoogleのアプリが「Look to Speak」だ。スマホで発音したいフレーズを視線で選ぶため、身体が不自由な人でも使える。使い勝手を試してみた。(2022/6/25)

Y!mobileとUQ mobileのキャンペーンまとめ【6月25日最新版】 人気スマホを特価で手に入れよう
ソフトバンクのサブブランドY!mobileと、auのサブブランドUQ mobileでは、メインブランドに劣らないキャンペーンを実施している。大手MNOのブランドでもあるため、PayPayポイントやau PAY残高でのポイント還元特典が多い。(2022/6/25)

尼崎市のUSBメモリ、スマホのGPS辿り発見 「漏えいしていない保証はない」とBIPROGY
BIPROGYは24日、兵庫県尼崎市の全市民46万人分の個人情報が入ったUSBメモリを紛失し、その後発見した件で記者会見を開き、発見時の状況や今後の対応を説明した。鞄には紛失したときと同じ状態で入っていたという。(2022/6/24)

Nothing初のスマホ「phone(1)」、限定予約スタート
Nothing Technologyは、同社初のスマートフォン「Nothing phone(1)」の限定予約発売情報を案内している。NothingTシャツの先着購入者100人に、phone (1) を先行購入できる招待コードを進呈。登録サイトでの受け付けは6月27日まで行う。(2022/6/24)

Android端末で撮影した写真をオフラインでもChromebookで開ける新機能
GoogleはChromebookとAndroid端末を連携する機能を発表した。1つはAndroid端末で撮影した写真をオフラインでもChromebookで開ける「スマートフォン ハブ」の新機能。もう1つは、「ニアバイシェア」でのWi-Fi接続の共有だ。(2022/6/24)

「狂気的」「お腹すくじゃん笑」と話題に カップヌードル公式、具材を使った“誰得”なスマホ壁紙を公開
「お好みの具材を壁紙にどうぞ」と言われても……。(2022/6/24)

スマホのバッテリー劣化の指標「充電サイクル500回」って結局どういうこと?
「バッテリーが劣化するから、スマホの利用限度は2年程度」――こんな話を聞いたことはありませんか。これは、スマホの「充電サイクル」と「500回」という2つのワードが組み合わさって生まれた“通説”です。(2022/6/25)

「MAM」の10大機能と7大製品【第2回】
業務スマホを安全にする「MAM」ツールを使いこなすために知っておきたい6機能
「MAM」(モバイルアプリケーション管理)ツールは、IT管理者がモバイルデバイス向けアプリケーションを安全に運用するためのさまざまな機能を持つ。その主な機能を取り上げる。(2022/6/24)

狙うは“原点回帰” テクノロジー愛好家向けブランド「POCO」を日本導入するXiaomiの狙いを聞く
Xiaomiが、第3のブランド「POCO(ポコ)」のスマートフォンを日本でも展開することになった。最新ハイエンドプロセッサであるSnapdragon 8 Gen 1を搭載しながらも、早期購入で7万円を切る価格で購入できることに驚くばかりだが、その狙いをXiaomiの担当者に聞いた。(2022/6/23)

クイズへの解答が必要:
AQUOS×Simplismコラボ企画第2弾 「AQUOS wish」「AQUOS wish2」対応製品が半額になるクーポンをプレゼント中
トリニティが、シャープのスマートフォン「AQUOS」とのコラボレーション企画第2弾を実施する。動画内で出題したクイズに正解した全員へ、AQUOS wish/wish2対応製品で使える50%オフクーポンをプレゼントする。(2022/6/23)

カウンターへ行かずにスマホで空席確認 ANAの新サービス
全日本空輸(ANA)は6月22日、カウンターへ行かずにスマートフォンで空席確認が行えるサービスを始めた。日本の航空会社としては初めてという。利用者はスマートフォンからANAアプリやANAウェブサイトへアクセスし、空席待ちの申し込みや状況照会が可能になる。(2022/6/23)

Innovative Tech:
ウイスキーの中に浮かぶ食べられるタグ スマホで読み取り偽物か判別 医薬品などにも応用可
米パデュー大学、韓国の金烏工科大学校、韓国のNational Institute of Agricultural Sciencesの研究チームは、ウイスキーが偽物かどうかを明らかにする二次元コード付きの食用タグを開発した。(2022/6/23)

Xiaomiの「POCO F4 GT」日本初上陸 Snapdragon 8 Gen 1搭載で7万4800円から
予告されていた通り、中国Xiaomiから生まれたブランド「POCO」が日本に初上陸を果たした。日本で発売される最初のハイエンドスマートフォンは「POCO F4 GT」。Snapdragon 8 Gen 1搭載で7万4800円から。(2022/6/23)

我が子のかわいい姿を撮りたいお母さんvsおちゃめな男の子 スマホを片手に全力ダッシュで逃げる男の子に笑ってしまう【カナダ】
かわいいからついつい油断しちゃう。(2022/6/22)

ランキング:
定額制動画配信サービス 満足度の1位は「Netflix」、2位は?
ナイルは運営するスマホ情報サイトにて、 動画配信サービスに関するアンケート調査を実施。その結果、最も利用者が多いサービスは……。(2022/6/22)

2022年大型連休の思い出:
さあ、スマホのクレカで船に乗るぞ!――できるかぎりスマホのタッチ決済だけで「船」と「電車」に乗る旅に出た(中編)
スマホにセットアップした「Visaのタッチ決済」でフェリーと電車に乗りたい――そんな思いで出発した旅行。ついにタッチ決済でフェリーと電車に乗ります……!(2022/6/22)

MVNOに聞く:
「端末としての利益はほぼ出ない」 トーンモバイルが約2万円で5Gスマホを提供する狙い
ドコモのエコノミーMVNOに参画したトーンモバイルが新たに投入した5Gスマートフォンが「TONE e22」だ。さらに、「5G時代のスマホ生活を先取りできる実証実験」として、「TONE Labo」も開始した。実証実験のため料金は無料で、加入すると1万円の端末割引を受けられて2万1780円で購入できるが、端末としての利益はほぼでないという。(2022/6/22)

月20GBのスマホ料金で最安は? ギガも通話もお得に使える10サービスを徹底比較
6月9日にahamoが「大盛りオプション」の提供を始め、合計100GBまでデータ容量が増やせるようになった。一方「そもそも100GB使うのか」といった声もある。そこで、月のデータ容量は20GBのまま、お得に使えるプランを調べてみた。(2022/6/24)

「オムツ換えで子どもがじっとしてくれる装置」が今すぐまねしたい天才的発想 必要なものは100均グッズ2つ
やはりスマホは育児の必須アイテム。(2022/6/21)

iPhoneの激安販売は「望ましい競争形態ではない」 ドコモ井伊社長が主張する“値引きの上限”
NTTドコモの井伊基之社長インタビュー第2回では、端末の激安販売や、それに伴う転売の問題に焦点を当てる。iPhoneを中心としたスマホの激安販売について「望ましい競争形態ではないとは思ってる」と井伊氏。端末と回線はセットにして、端末割引の上限額を決めるべきと同氏は考える。(2022/6/21)

房野麻子の「モバイルチェック」:
なぜ増加した「転売ヤー」? 日本のiPhoneが狙われる
最近、携帯電話業界では、通常の価格よりも大幅に安く販売されているスマートフォンを入手し、それを自分で使わずに転売することで利益を得る、いわゆる「転売ヤー」が問題視されている。総務省の有識者会議「競争ルールの検証に関するWG」でも対応が検討されているほどだ。(2022/6/21)

ドコモ版「Xperia Ace III」でソフトウェア更新 ロック画面でカメラ起動しない事象改善
NTTドコモは、6月20日にソニー製スマートフォン「Xperia Ace III SO-53C」のソフトウェアアップデートを開始した。ロック画面でカメラが起動しない事象が改善される。更新時間は端末本体(5G/Xi/Wi-Fi)で約15分、PC経由での更新には対応しない。(2022/6/20)

楽天ペイの店舗向け「決済手数料実質0円キャンペーン」、12月31日まで延長
スマホ決済「楽天ペイ」で実施している年商10億円以下が対象の「中小店舗様応援!決済手数料実質0円キャンペーン」が期間を延長。従来の9月30日から12月31日までとする。(2022/6/20)

“電話しか使えない”70代の母親が「スマホ教室」に半年間通った結果
筆者の母からは、毎月1〜2回の頻度で電話がかかってきます。ここ最近母から聞かれることが多いのが「スマートフォンの使い方」についてですが、最近はソフトバンクショップで開かれるスマホ教室に通っているそうです。(2022/6/20)

楽天モバイル販売ランキング:iPhone 13がトップを堅守、4万円未満のAndroidも人気【2022年5月】
楽天モバイルが公表している「スマートフォン売れ筋ランキング」。2022年5月は、iPhone 13が1位を獲得。Androidスマートフォンは4万円以下のモデルが上位につけた。(2022/6/19)

au販売ランキング:トップ5までiPhoneが独占、AQUOS sense6sもランクイン【2022年5月】
au Online Shopが公表している「スマートフォン・ケータイ売れ筋ランキング」。2022年5月は、iPhone 13の128GBが1位を獲得した。(2022/6/18)

Mobile Weekly Top10:
箱に「名前」「スタンプ」でスマートフォンの転売は防げるの?
スマートフォンの値引き合戦が過熱する一方で、それを「悪用」した転売が問題となりつつあります。そんな中、ドコモがドコモショップに指示した転売防止策が議論を呼んでいます。果たして、本当に転売を防げる対策といえるのでしょうか……?(2022/6/18)

開発陣に聞く:
開発陣に聞く「Xperia 1 IV」 光学ズーム実装の背景から“スマホだけで宅録”実現まで
2022年夏、3キャリアが取り扱う「Xperia 1 IV」は注目の1台だ。本機はソニーの技術結晶であるカメラ、ディスプレイ、オーディオはもちろん、クリエイターに刺さるような機能も搭載している。光学ズーム実装の背景から“スマホだけで宅録”実現まで、Xperia 1 IVの魅力や技術について、企画開発に関わった方々に話を聞いた。(2022/6/18)

Nothing初のスマホ「phone(1)」、シリアルナンバー付き限定100台をオークションに出品
Nothing Technologyは、同社初のスマートフォン「phone(1)」のシリアルナンバー付き限定100台をオークションに出品。オンラインマーケットプレイスStockXと提携し、日本時間6月21日22時〜22日21時59分まで実施する。(2022/6/17)

「OPPO Reno7 A」インタビュー:“長く使えるスマホ”の本気度、デザイン刷新の裏で起きたこと
OPPO Reno7 Aの発表にあたり、オウガ・ジャパンの製品担当者が新モデルの狙いを語った。長く使えるスマホを目指し、日本向けのデザイン検討を重ねたという。OSバージョンアップの提供方針など、気になる点を確認した(2022/6/17)

弁護士に聞く:
従業員の「名札」は時代に見合うのか クレーマーが盗撮、SNS投稿も 企業が取るべき対応は?
従業員が身に着ける名札。近年、悪質な利用客がスマートフォンなどで無断撮影しSNSに投稿するといった被害が増えている。こうした行為はカスタマーハラスメントと呼ばれ、国が対策へ動き出している。企業側は、従業員の安全を守るために、どのような対策が必要なのか。カスハラ問題に詳しい弁護士に話を聞いた。(2022/6/21)

Inside-Out:
インターネットがよくわかる通信のしくみ:スマートフォンの進化を支える技術とインフラ
今回の特集は「インターネットがよくわかる 通信のしくみ」と題して、日々なにげなく利用している(普段は目にすることのない)テクノロジーの裏側を改めて紹介する。今回は、普段使っているスマートフォンは、どのような仕組みで通信しているのかについて取り上げる。(2022/6/17)

「MAM」の10大機能と7大製品【第1回】
私物スマホでもアプリを自由に使わせない「MAM」とは?
「MAM」(モバイルアプリケーション管理)ツールは、モバイルデバイスを活用する企業にどのようなメリットをもたらすのか。MAMツールが備える主要機能を紹介する。(2022/6/17)

「OPPO Reno7 A」は何が変わったのか 先代の「Reno5 A」と比較する
OPPOの日本向け最新スマートフォン「OPPO Reno7 A」が6月23日から順次、発売される。「ときめき、長持ち。」というキャッチコピーを採用しており、長く使えることを目指した。Reno5 Aよりも薄くて軽くなり、バッテリー容量も増加。Reno5 Aでは液晶だったディスプレイは有機ELに変更した。(2022/6/16)

ドコモ、「AQUOS wish2」を6月24日発売 5G WELCOME割適用で5500円に
NTTドコモはシャープ製の5Gスマートフォン「AQUOS wish2 SH-51C」を6月24日に発売する。ドコモオンラインショップ価格は2万2000円で、最大36回の割賦払いにも対応する。他社からドコモに乗り換えると、5G WELCOME割を適用でき、1万6500円引きの5500円で購入できる。(2022/6/16)

Y!mobile、シンプルデザインの5Gスマホ「AQUOS wish2」を6月23日に発売
ソフトバンクは、Y!mobileブランドの新製品として5Gスマホ「AQUOS wish2」を6月23日から発売する。自然をモチーフとした色合いとシンプルなデザインで、ボディには再生プラスチック材を使用している。(2022/6/16)

OPPO初の公式ECサイトが6月16日オープン 全品送料無料
オウガ・ジャパンは初の公式ECサイト「OPPO公式オンラインショップ」を6月16日15時にオープンする。スマートフォンをはじめ、イヤフォンやスマートウォッチといったIoT関連製品などを取りそろえる。オープンを記念してキャンペーンを実施する。(2022/6/16)

「OPPO Reno7 A」が6月23日発売 FeliCaやメモリ拡張対応で4万4800円
オウガ・ジャパンが6月16日、SIMロックフリースマートフォンの新製品「OPPO Reno7 A」を発表した。6月23日に発売する。au、Y!mobile、楽天モバイルの3キャリア、MVNO、家電量販店などが、同日以降に順次販売する。(2022/6/16)

Nothing、初のスマホ「Phone (1)」をチラ見せ 背面はスケルトン仕様
英Nothingが同社初のスマートフォン「Phone (1)」の外観を披露した。同社は、Phone (1)を7月12日(日本時間13日)に発表予定。(2022/6/15)

にこスマが6日間限定セール 中古iPhone XS/XRが最大5000円オフ
中古スマートフォンのECサイト「にこスマ」が、中古iPhoneを対象とした6日間限定セールを開催。iPhone XSとiPhone XRが最大5000円オフになる。期間は6月20日12時まで。(2022/6/15)

装着したままスマホを操作できる、防滴サイクルポーチ サンワから
サンワサプライは、スマートフォンや貴重品などをコンパクトに収納できる防滴サイクルポーチを発売。ポーチに入れたままスマートフォンの操作が可能で、鍵取付けフックと落下を防ぐストラップ取付けリング付き。(2022/6/15)

ベルトのバックルにディスプレー:
入試に忍び寄る? ハイテク“カンニング機器”
大学入試で相次ぐ不正行為を受け、大学入学共通テストを運営する大学入試センターはスマートフォンの禁止を厳格化するなど対策を強化する。だが、その隙をついた新たな不正が生まれる可能性も否めない。(2022/6/15)

5万リツイート超え:
「スマホがカップヌードルに沈んでいる!?」と焦る充電器が話題 日清がおバカなグッズにガチで向き合うワケ
日清の「朝起きたら『なんでこうなった?』と脳がバグるスマホの充電器」が話題を集めている。これまでもカップヌードルを使った“おバカ”なグッズを公式Twitterで公開している。日清がこれらのグッズを制作する狙いは?(2022/6/16)

京セラが法人向けスマホ「DIGNO SX2」「DIGNO WX」を発売 「京セラモバイルサポート」に対応
京セラが、メーカーブランドの法人向けスマートフォンを順次発売する。同社が導入から保守修理までトータルに支援するサービス「京セラモバイルサポート」にも対応する。(2022/6/15)

Innovative Tech:
Bluetoothから個別のスマートフォンを識別し追跡するサイバー攻撃 米国チームが論文発表
米University of California, San Diegoの研究チームは、Bluetoothの脆弱性を突いて、スマートフォンを識別し追跡できることを実証した論文を発表した。(2022/6/15)

iPhoneを使っている人の割合は? 年代別で、全く違う結果に
NEXERが運営するメディア「スマートフォンPLUS」は、「iPhoneの使用に関する調査」を実施した。iPhoneを使用している人が最も多い年代は30代以下で、57.3%だった。(2022/6/16)

楽天、縦スクロール型コミック市場に参入 オリジナル作品の制作も
楽天グループは、縦スクロール型フルカラー漫画の制作/プロデュースなどを手掛けるトゥーンクラッカーと協業し、スマートフォン向けの縦スクロール型デジタルコミック事業に参入する。(2022/6/14)

トゥーンクラッカーと協業:
楽天、デジタルコミックに参入 世界共通の縦スクロール型で配信へ
楽天グループは、トゥーンクラッカー(東京都渋谷区)との協業し、スマートフォン向けの縦スクロール型デジタルコミックに関する事業に参入する。縦スクロール型・フルカラーのオリジナル作品を企画・制作する他、国内外への配信や海外作品の調達・ローカライズも実施する。(2022/6/14)

深刻化するスマホの転売問題 「転売ヤー」に隙を与えたのは誰なのか
スマートフォンの大幅値引き販売が復活したことで、いわゆる「転売ヤー」による人気スマートフォンの買い占めが携帯電話業界で問題となっている。その背景と対処について考えてみたい。(2022/6/14)

ライブラリーをクラウド上に構築:
SMK、IRデータの無償トライアルサービスを開始
SMKは、家電製品のリモコンより送信される赤外線(IR)データを「SMK IRライブラリー」としてクラウド上に構築し、無償でIRデータを取得できる「トライアルサービス」を始めた。ライブラリーを活用すれば、スマートフォンなどから既存の家電機器を操作するシステムの開発が容易になる。(2022/6/14)

Xiaomiのスマホブランド「POCO」が日本上陸へ 6月23日に発表
POCO Japanが、6月23日に日本でスマートフォンを発表することを予告している。23日19時からTwitterやXiaomiのWebサイトで映像配信を行う。POCOはXiaomiのサブブランド。(2022/6/13)

Xiaomiのスマホ投入が2021年よりも「慎重」な理由 楽天モバイルとは「DNAが非常に似ている」
5月30日に発売したXiaomiの「Redmi Note 11 Pro 5G」は、オープンマーケットだけではなく楽天モバイルでも取り扱っている。実は以前から、楽天モバイルを契約してXiaomiのスマートフォンを使っている人が多いという。ユーザーからの意見を募り、製品開発に生かしてくイベント「Xiaomiモノ作り研究所」には、想定を超えるユーザーから応募があったそうだ。(2022/6/13)

HTCがメタバースな製品を6月28日に発表か スマホのような画像をTwitterに投稿
HTCは公式ツイッターアカウントに6月28日に何らかの発表を行うと予告している。投稿には「Log in to the Future」という文言とともに日付「2022.06.28」が記載されている。予告画像にはスマホのようなシルエットが含まれている。(2022/6/13)

auの「Mi 10 Lite 5G」がAndroid 12に 3本指でスクショも
KDDIは6月7日、Xiaomi製5Gスマートフォン「Mi 10 Lite 5G XIG01」のOSアップデートを実施した。アップデート後のOSはAndroid 12になり、指定時間帯に着信を通知したり、3本の指で長押しすると指定範囲のスクリーンショットを撮ったり、素早くカメラを起動したりできるようになる。アップデート方法はWi-Fi、5G/4Gの2通りある。(2022/6/13)

ドコモの「iPhone 13」が中古スマホで急上昇 ゲオの5月ランキング
ゲオストアが「【月間ランキング】5月ゲオ中古スマートフォンランキング」を発表。販売の総合ランキングにはNTTドコモの「iPhone 13」が10位にランクインし、キャリア内では13位から4位に急上昇している。(2022/6/13)

橘ジュンの人生相談 スマホで「ポチッ」と ネットでの衝動買いがやめられない
40代女性から、スマホでの衝動買いをやめたいとの相談があった。解決策としては、スマホを手元に置かない、電子マネーを登録しない、通販サイトからログアウトしておく、パスワードを長くしておくなど、あえて不便にしてみるという手もある。(2022/6/13)

Innovative Tech:
iPhoneの自撮りで本物そっくりな動く3Dリアルアバター 米Metaが技術開発
米MetaのReality Labsの研究チームは、スマートフォンで自撮りした短時間のスキャン画像から、本物そっくりの3D頭部アバターを生成するシステムを開発した。異なる視点やフォトリアリスティックな表情を表現し、高い忠実度で再現する。(2022/6/13)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。