ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

格安スマホの通話も安く 総務省、回線利用の基準策定へ
総務省は、今年度中をめどに携帯電話大手が格安スマートフォン事業者に通話回線を貸し出す際の利用料金に算定基準を策定する方針を固めた。(2019/10/18)

「Pixel 4」は「目を閉じている場合でもロックが解除されることがあります」──ヘルプページより
間もなく発売のGoogleの新スマートフォン「Pixel 4」の顔認証は、目を閉じていてもロック解除できる。ヘルプページにも明記されており、BBCの記者が実際にやってみた動画をツイートした。(2019/10/18)

石川温のスマホ業界新聞:
サムスン「Galaxy Fold」をKDDIが国内独占販売――韓国、アメリカで品薄。果たして日本は?
サムスン電子製の折りたたみスマートフォン「Galaxy Fold」が、日本でも発売される。しかも、KDDI(au)の独占販売。先行して発売した韓国や米国では入荷する度に品切れとなる人気商品となっているが、果たして日本でもそうなるか……?(2019/10/18)

ゲオ、だれにも会わずに受け取れるロッカー型レンタルショップ「ゲオスピード」をオープン 
スマホであらかじめ注文しておいて、受け取るだけのレンタルショップです。(2019/10/18)

XR:
大林組の土量測量アプリに“AR版”が登場、作業時間を9割短縮
大林組が開発した測量アプリ「スマホdeサーベイ」がARアプリ化され、2019年10月中旬から一般向けに発売される。(2019/10/18)

Microsoft幹部が「Surface Neo」「Surface Duo」をチラ見せ 国内向け体験会で
Microsoftが2020年末に発売を予定している2画面PCと2画面スマホ。その形状サンプルが国内で初めて披露された。日本でも販売する気はあるようだ。(2019/10/17)

「Pixel 4」は何が新しい? 3/3aと比較、ネックは価格か
Googleの最新スマートフォン「Pixel 4」「Pixel 4 XL」が10月24日に発売される。カメラが進化し、2020年春からは新機能の「モーションセンス」が利用可能になる予定。Pixel 3や3aとの違いをまとめつつ、Pixel 4は買いなのかどうかを考えたい。(2019/10/17)

ソフトバンクが秋冬モデル発表 「Xperia 5」「AQUOS zero2」、LGの2画面化できるスマホなど
ソフトバンクが10月17日、2019年〜2020年秋冬商戦向けの新製品を発表。2019年10月25日から順次発売する。ラインアップはスマートフォン「Xperia 5」「LG G8X ThinQ」「AQUOS sense3 plus」「AQUOS zero2」の4機種に、「キッズフォン2」を加えた計5機種。(2019/10/17)

ソフトバンクから「LG G8X ThinQ」登場 2画面ケースも付属
LGエレクトロニクスの“外付け”2画面スマホが、ソフトバンクから発売されることになった。日本向けのカスタマイズとして、テレビチューナーとおサイフケータイを搭載している。(2019/10/17)

Mobile Weekly Top10:
ドコモの冬春モデル、少なすぎ?/「Galaxy Fold」はau独占販売
NTTドコモが「2019-2020冬春モデル」を発表しました。「LTE世代の集大成」として発表されたのは、スマホ5機種とケータイ2機種と少なめ。5Gに備えて控え目にしているのでしょうか。(2019/10/16)

「Pixel 4」は日本版もeSIMに対応 ソフトバンクはSIMロック解除が必要
Googleの最新スマートフォン「Pixel 4」と「Pixel 4 XL」が発表された。日本モデルで初めて「eSIM」に対応したことも大きなトピックだ。ソフトバンクが販売するモデルもeSIM自体は利用できるが、SIMロック解除が必要になる。(2019/10/16)

Googleが新スマホ「Pixel 4」発表 スマホに触れずにジェスチャー操作可能
日本では10月24日発売。(2019/10/16)

「Pixel 4/4 XL」が10月24日に発売 税込みで約9万円から ソフトバンクも取り扱い
Googleが10月16日、新型スマートフォン「Pixel 4」「Pixel 4 XL」の日本発売を発表した。16日からGoogleストアで予約を受け付け、24日から購入できる。Googleの他、ソフトバンクも取り扱う。(2019/10/16)

2020年2月発売へ:
スマホにも搭載可能な小型匂いセンサー
スマートフォンで匂いを測定できるかも――。第一精工は2019年10月15〜18日の会期で開催されている展示会「CEATEC 2019」で、2020年2月に発売を予定する匂いセンサー端末「nose@MEMS」など、匂いセンサーシステムを展示している。(2019/10/16)

Google、VRヘッドセット「Daydream View」終了を認める
Googleが、2016年のMade by Googleイベントで発表したスマートフォンをセットして使うVRヘッドセット「Daydream View」の販売を終了した。「あまり使われなかったため」で、現在はARに多額を投資していると説明した。(2019/10/16)

「Made by Google 2019」まとめ 5つのハードウェア発表
今年で4回目となるGoogleのハードウェア発表イベントで発表されたことを時系列でまとめた。無線イヤフォンの「Pixel Buds」、約1キロのChromebook「Pixelbook Go」、スマートスピーカー「Nest Mini」、Wi-Fiルーター「Nest Wifi」、そして、カメラがさらに進化したオリジナルスマートフォンの「Pixel 4」が登場した。(2019/10/16)

デュアルカメラになった「Pixel 4」「Pixel 4 XL」登場 モーション操作にも対応(日本は非対応)
Googleのスマートフォン「Pixel」の4世代目が登場。アウトカメラがついにデュアル構成となり、ジェスチャー操作ができる「モーションセンス」が付いた……が、日本では非対応となるようだ。(2019/10/16)

Google、完全無線イヤフォン「Pixel Buds」を179ドルで来春発売 日本でも
Googleが、完全無線イヤフォン「Pixel Buds」を来春179ドル(約2万円)で発売する。Googleアシスタントで接続したスマートフォンを操作でき、リアルタイム翻訳も可能だ。(2019/10/16)

Google新スマホ「Pixel 4」発表 2眼カメラ、顔認証、画面に触れずジェスチャー操作【日本価格を追記】
米GoogleはAndroidスマートフォン「Pixel 4」を発表した。日本などで10月24日に発売する。(2019/10/16)

ソフトバンクが法人向けスマホ「DIGNO BX」「AQUOS sense3 basic」を11月中旬に発売
ソフトバンクが11月中旬に法人向けスマートフォンを2機種発売する。耐久性に優れて長期間使用できる「DIGNO BX」と大容量バッテリーとIGZO液晶を搭載した「AQUOS sense3 basic」の2機種を投入する。(2019/10/15)

CEATEC 2019:
スマホに挿すと“鼻の代わり”に ガス漏れ、食品の腐敗、体臭の強さなど測定 小型センサー「noseStick」
第一精工と凸版印刷が、においの種類と強さを計測できる小型センサー「noseStick」を「CEATEC 2019」に初出展。スマートフォンとUSB Type-Cで接続することで動作するセンサー。ガス漏れの検知、食品の鮮度管理、体臭やアルコールチェックなどの用途を見込む。(2019/10/15)

Microsoft、新ゲームストリーミングサービス「xCloud」のプレビュー開始
Microsoftのゲームストリーミングサービス「Project xCloud」のプレビューが米、英、韓国でスタートした。専用アプリをダウンロードすれば、スマートフォンで「Halo 5」などのXboxゲームをプレイできる。(2019/10/15)

ITはみ出しコラム:
「Made by Google '19」直前予想まとめ 「Pixel 4」だけじゃない見どころ
10月15日に米Googleのハードウェア発表イベント「Made by Google '19」が開催されます。既に新スマホが「Pixel 4」になることは確定していますが、それ以外に発表されそうな新モデルも含め、これまでのリーク情報やうわさをまとめます。(2019/10/13)

石野純也のMobile Eye:
冬春モデル、auが充実でドコモが控えめなのはなぜ? 分離プランや5Gの考え方に違い
ドコモは「4Gの集大成」とするスマートフォンをはじめとする7機種を発表。対するauは、記者会見こそ開催しなかったが、10月10日にフォルダブルスマートフォンの「Galaxy Fold」を独占的に取り扱うことを発表。2社のラインアップに対する考えを読み解く。(2019/10/12)

「Yahoo!防災速報」に新機能、周辺ユーザーと災害状況を共有可能に
ヤフーは10月11日、スマートフォン向けのアプリ「Yahoo!防災速報」(iOS/Android)に新機能として「災害マップ」を追加。ユーザー自身が現在地の状況を投稿したり、周辺にいる他のユーザーの投稿を地図上で確認したりできる。(2019/10/11)

ソフトバンク、未発表の「Pixel 4」を誤掲載か オンラインショップでサムネイル画像を公開
ソフトバンクのオンラインショップで、未発表の米Google製スマートフォン「Pixel 4」とみられる製品画像が誤って掲載されていたことが分かった。(2019/10/11)

オフライン地図で防災施設が一目瞭然、「東京都防災アプリ」が便利 「心肺蘇生法」「簡易コンロの作り方」──緊急時のTipsも満載
台風が来る前にできることの一つとして、「東京都防災アプリ」をスマートフォンにインストールしておくことをおすすめする。各種防災情報がまとまったアプリで、オフラインで使える「防災マップ」などが便利。(2019/10/11)

ドコモ冬春モデルの価格まとめ 「スマホおかえしプログラム」の対象は?
NTTドコモの2019年冬〜2020年春モデルが発表された。ドコモオンラインショップでの販売予定価格を紹介する。スマホおかえしプログラムの対象は、ハイエンドモデルに限られる。(2019/10/11)

ドコモの「my daiz」、地図を見なくても移動できる音声ナビ機能を提供
NTTドコモは、AIエージェントサービス「my daiz」で移動中に見える建物などの目印に沿って音声案内する機能を2020年3月から提供予定。スマホの画面上の地図を見ることなく目的地に到着できる。(2019/10/11)

ドコモ、”生体認証のみ”でdアカウントログイン可能に パスワードの不正利用を防止
ドコモが、2020年2月以降に「dアカウント パスワードレス認証」を提供する。パスワードの不正利用を防ぐのが狙い。生体認証に対応したAndroidスマートフォンやiPhoneで利用できる。(2019/10/11)

石川温のスマホ業界新聞:
マイクロソフトがAndroidで2画面デバイスを開発――世間を驚かす提携を次々に仕掛けるサティア・ナデラCEO
Microsoftが「Surface Duo」というデバイスを2020年末に発売することを発表した。2画面でスマートフォンとしても使えるということ以上に、Googleと提携してAndroidを搭載することが驚きだ。(2019/10/11)

5G前の集大成:
NTTドコモが2019年冬・2020年春モデルを発表 スマホ5機種、ケータイ2機種とSTB1機種
NTTドコモが2019年冬商戦と2020年春商戦に向けた新機種を発表した。5G通信サービスの商用化を2020年春に控え、LTE(Xi)世代の集大成として投入される。【訂正】(2019/10/11)

セブン&アイHD、「7Pay」問題で井阪社長ら報酬返上 責任明確化へ
国内流通大手のセブン&アイHDが、スマートフォン決済サービス「7pay」の不正利用問題の責任を明確化するため、井阪隆一HD社長ら3人が役員報酬を自主返上すると発表。(2019/10/11)

「AQUOS sense3」がドコモから 4000mAhバッテリーにデュアルカメラ搭載
NTTドコモは、シャープ製のミッドレンジスマートフォン「AQUOS sense3 SH-02M」を11月上旬に発売する。背面に広角と超広角のデュアルカメラを搭載。4000mAhのバッテリーと省電力性に優れた約5.5型のIGZO液晶ディスプレイを搭載する。(2019/10/11)

「AQUOS zero2」がドコモから 240Hz駆動の6.4型有機ELやデュアルカメラを搭載
NTTドコモがシャープ製のハイエンドスマートフォン「AQUOS zero2 SH-01M」を発売する。6.4型の有機ELディスプレイやデュアルカメラを搭載しながら、140g台という軽さを実現している。防水や防塵(じん)やおサイフケータイにも対応する。想定販売価格は8万円前後を見込む。(2019/10/11)

ドコモから「Galaxy A20」登場 初心者にも配慮したエントリースマホ
NTTドコモから、Galaxyスマートフォンのエントリーモデルが登場。au向けモデルと同様にFMラジオを搭載し、おサイフケータイや防水・防塵性能を備えるなど日本向けカスタマイズが施されているが、価格は税込み2万円台前半と安価だ。(2019/10/11)

auのGalaxy Foldは「アップグレードプログラムDX」対象外 端末補償は月額1190円
サムスン電子の折りたたみスマートフォン「Galaxy Fold」が、auから10月25日に発売される。気になるお値段は税込みで24万円だが、半額を免除する「アップグレードプログラムDX」は対象外。補償サービスの料金も他のスマホよりは高い月額1190円。(2019/10/10)

折りたためるスマホってどう? 写真で見る「Galaxy Fold SCV44」
日本ではauが独占して扱うこととなった「Galaxy Fold」。その実態はどのようなものか。筆者なりに気になる点をチェックしてみた。(2019/10/10)

その服装はビジネスカジュアル? スマホで撮るとAIが判定
スマートフォンで写真を撮ると、AIが職場にふさわしい服装かどうかをチェックする――そんなアプリが登場した。(2019/10/10)

折りたたみスマホ「Galaxy Fold」 auが独占販売、税込約24万円
KDDI(au)が韓国Samsung Electronicsの折りたたみスマートフォン「Galaxy Fold」を25日に発売すると発表した。(2019/10/10)

誰にも会わず、いつでもすぐにDVDやCDを借りられる店舗、ゲオが全国展開へ
ゲオはスマートフォンで注文や決済を行い、店内のロッカーで商品を受け取れる非対面式ロッカー型レンタルショップ「GEO SPEED」(ゲオスピード)の展開を始める。通勤や買い物の途中で店舗に立ち寄りさえすれば、いつでも誰にも会わずにDVDやCDを受け取れる。(2019/10/10)

超軽量ハイエンドスマホ「AQUOS zero2」がauから登場 2020年1月下旬以降
シャープ製の超軽量ハイエンドスマートフォンが、auから登場する。2020年1月下旬以降の発売を予定しており、価格は現時点では未定だ。販売予約は10月11日10時から受け付ける。(2019/10/10)

「AQUOS sense3」がauから登場 デュアルカメラや4000mAhバッテリーを搭載して3万円台(税込み)
シャープ製のミドルレンジスマートフォン「AQUOS sense3」がauから発売される。想定販売価格は税込みで3万円台となる見込みだ。(2019/10/10)

京セラ製:
シリーズ初の有機ELディスプレイ搭載 トレンドをつかんだ初心者向けスマホ「BASIO4」登場
auの初心者・シニア向けスマートフォンの第4弾が、2020年春に登場する。アスペクト比18.5:9で、シリーズでは初となる有機ELディスプレイを採用して“今風”に仕上げつつ、シリーズが培ってきた簡単操作機能は引き続き搭載している。(2019/10/10)

ケータイからの乗り換えも安心 エントリースマホ「Galaxy A20」登場 おサイフケータイ+ストラップホール搭載で税込み2万円台
Galxyスマートフォンのエントリーモデルが、auから発売される。税込みで2万円台の買いやすい価格ながらも、日本でニーズの高い機能をしっかり盛り込みつつ、ケータイからの乗り換えユーザーを意識した「かんたんモード」を搭載することで、特に3Gケータイからの乗り換え需要を喚起する。(2019/10/10)

販路は限定:
折りたためるスマホ「Galaxy Fold」日本上陸 au独占で価格は約24万円(税込み)
サムスン電子の折りたたみスマートフォン「Galaxy Fold」が日本で販売されることになった。取り扱いはau限定で、税込み販売価格は24万円程度を見込んでいる。(2019/10/10)

POSレジシステム「パワクラ」、国内外10種類のスマホ決済に対応
タスネットが提供する小売店・アパレル向けクラウド型POSレジ「パワクラ」が、国内外10種類のスマホ決済に対応。「PayPay」ほか国内の主要サービスや、「WeChat Pay」「Alipay」「VIA」も利用できるようになる。(2019/10/9)

内蔵センサーと機械学習で実現:
韓国KAISTの「物体識別技術」、スマートフォンの角で“ノック”するだけ
KAIST(韓国科学技術院)の研究チームが、スマートフォンの角で物体を軽く“ノック”するだけで、物体を識別できる技術「Knocker」を開発した。識別できるだけでなく、物体とひも付いた適切なアプリケーションやサービスを自動的に起動できる。(2019/10/9)

「PC-NAVITIME」「NAVITIME」スマホ向けサイトがドコモの「dカーシェア」と連携
「PC-NAVITIME」「NAVITIME」のスマートフォン向けサイトが、NTTドコモの「dカーシェア」と連携。カテゴリ検索や周辺スポット検索から「dカーシェア」の予約が可能となる。(2019/10/9)

山根康宏の中国携帯最新事情:
折りたたみの後は「水平線」、中国スマホメーカーが新しいディスプレイのトレンドを生み出す
中国のディスプレイメーカーやスマホメーカーがこれまでにない全く新しいディスプレイを開発、搭載しようとしている。Huaweiは「Mate 30 Pro」に水平線ディスプレイを採用。VivoやXiaomiもこれまでにない形のディスプレイをスマホに搭載している。(2019/10/9)

Androidの父、とても細長いスマホ「GEM」を披露 「根本的に異なるフォームファクタ」
“Androidの父”と呼ばれるアンディ・ルービン氏が、新しいスマートフォンと思われる製品「GEM」をTwitterに投稿した。(2019/10/9)

Google Chrome完全ガイド:
【拡張機能不要】PCで開いているWebページを今すぐスマホで開く方法
PCからスマホへ、またはスマホからPCへ、いま開いているWebページのURLを送りたいなら、Chromeの標準機能だけで実現できます。その手順と注意点を紹介します。(2019/10/9)

スマートデバイスを利用してMR支援、製薬業界向け新システムを発表 キヤノンITS
スマートフォンカメラを活用して、MRが医療品の副作用や医療機器の不具合などを報告する際に起きやすい間違いを未然に防ぐ。管理システムへの自動登録機能によって関連部門の業務負荷を軽減し、情報共有の質と速度を向上させる。(2019/10/9)

ポケモンGOの「ミュウツー」レイドアワーで起きた不可解なこと
スマートフォンゲーム「Pokemon GO」(以下、ポケモンGO)で10月8日に実施されたミュウツーのレイドアワー。今回のイベントでも不可解な現象がいくつも起きていたので紹介したいと思います。(2019/10/8)

テレビCMも開始:
驚きの価格を実現した「OPPO Reno A」 “余裕のスマホ”で日本市場を攻める
オッポジャパンが、新たなSIMロックフリースマートフォン「Reno A」を発表した。特筆すべきは、防水、FeliCa、Snapdragon 710、6GBメモリといったスペックながら、3万5800円(税別)という価格を実現したこと。指原莉乃さんを起用したテレビCMもスタートする。(2019/10/8)

オートコレクトが有効:
スマホでの入力速度が物理キーボードに迫る、複数の大学による調査
アールト大学など複数の大学が協力してモバイルデバイスでのテキスト入力の速度に関する過去最大規模の調査を行った。スマートフォンでの入力速度は物理キーボードでのタイピング速度に迫っていることが分かり、入力速度を高める方法も明らかになった。(2019/10/8)

防水とFeliCa対応で3万円台 OPPOがSIMフリー「Reno A」を10月18日に発売【写真追加】
オッポジャパンが、SIMロックフリーのスマートフォン「OPPO Reno A」を10月18日に発売する。価格は3万5800円(税別)。10月8日15時から予約を受け付ける。日本でニーズの高い防水・防塵(じん)(IP67)やおサイフケータイに対応する。(2019/10/8)

車載情報機器:
「ダイハツコネクト」がスタート、SDL対応ディスプレイオーディオも採用開始
ダイハツ工業は2019年10月7日、スマートフォンと車載情報機器を接続するコネクテッドサービス「ダイハツコネクト」の提供を2019年内に開始すると発表した。(2019/10/8)

Cygamesのスマートフォンゲーム「シャドウバース」がテレビアニメ化 ビカビカに明るいキービジュアルにゲームユーザーからは戸惑いの声も
原作と異なる雰囲気のビジュアルに注目が集まっています。(2019/10/7)

「au PAY」の登録者数が600万人を突破
KDDIは、10月5日にスマホ決済サービス「au PAY」の登録者数が600万人を突破したと発表。セブン-イレブンでの利用開始を記念した「セブン-イレブン最大20%ポイント還元キャンペーン」や「セブン銀行ATMチャージキャンペーン」を実施している。(2019/10/7)

「PayPayフリマ」登場 売上金をPayPay残高にチャージ可能、1%還元も
スマートフォン向けアプリ「PayPayフリマ」(iOS)が登場。モバイル決済サービス「PayPay」と連携する。(2019/10/7)

KDDIらがアスリート支援システム プレーをスマホで撮るとAIが解析 センサー内蔵サッカーボールで球速測定
KDDIとアクロディアが、AI技術を用いてアスリートの技術向上を支援するシステムを開発。スマホで撮影した映像をAIが解析する。(2019/10/7)

Y!mobileが2019年秋冬商戦向けスマホを発表 「Xperia 8」など4機種
Y!mobileが、2019年秋冬商戦向けのスマートフォンを発表した。Y!mobileブランド初の「Xperia」を始めとする4機種が、順次発売される。(2019/10/7)

ヤマハ、“近い音”だけ集める「Web会議向けスピーカーフォン」
ヤマハが、PCやスマートフォンと接続して音声通話やWeb会議に使えるスピーカーフォンの新機種「YVC-330」を発表した。マイクに近い音だけを集音する「収音範囲制限機能」により、雑音の多いオープンスペースでもWeb会議ができるとしている。(2019/10/7)

グリコが「パピコのアレ」を公式グッズ化 中にちょっとアイスが残ったあの先端がスマホリングに
吸いたくなるやつ。(2019/10/5)

たたんで、開いて、使ってみた 折りたたみスマホ「Galaxy Fold」ファーストインプレッション
IFA2019で、Samsungの折りたたみスマートフォン「Galaxy Fold」に触れる機会を得た。実際の手触り、使い心地、ワクワク感など、ファーストインプレッションをお伝えしよう。Galaxy Foldは、9月6日に韓国で発売され、2000〜3000台の初回出荷分は半日で完売したそうだ。(2019/10/5)

三菱UFJ銀行、Visaのタッチ決済が使える「MUFG Wallet」アプリを提供
三菱UFJ銀行は、10月4日に公式スマホアプリ「MUFG Wallet」をリリース。本アプリに三菱UFJ-VISAデビットを登録すると、日本を含む世界約200の国・地域の対応加盟店でVisaのタッチ決済を利用できる。(2019/10/4)

d払いに対応 中古携帯通販サイト「携帯市場オンライン」オープン
携帯市場は、10月1日に中古携帯の通販サイト「携帯市場オンライン」をオープンした。中古スマホを常時1000台取りそろえ、3万円以下のミドルレンジが約半分を占める。NTTドコモの「d払い」を導入し、dポイントをためたり使ったりできる。(2019/10/4)

「HUAWEI Mate 30 Pro」詳細レビュー カメラは何が変わった? Mate 20 ProやP30 Proと撮り比べてみた
Huaweiスマートフォンの最新上位モデル「HUAWEI Mate 30 Pro」を、いち早く試用する機会を得た。進化したカメラで実際に撮影した写真や動画を紹介しつつ、ファーストインプレッションをお届けしよう。日本でも、個人的には、Googleなしでも発売してほしいが……。(2019/10/4)

Mobile Weekly Top10:
SIMロック解除、本当にニーズないの?/「AQUOS zero2」はスマホゲーマーの心をつかめるか?
今から約6年前、ソフトバンクモバイル(当時)の孫正義社長(当時)が「SIMロック解除には需要がない」と言いました。そのSIMロック解除の要件は徐々に緩和されてきたわけですが、それでもまだ、解決すべき課題はあります。(2019/10/3)

顔認証後にコード決済、スマホで本人確認書類のICチップ読み取り NECが「Digital KYC」を強化
NECは、金融サービスの本人確認をオンライン上で実現する「Digital KYC」を強化。顔認証技術を活用したQRコード決済時の高額取引でのセキュリティ向上、改正犯収法に基づく本人確認書類のICチップ読取機能などの機能を強化したソフトウェアキット本年度中に提供開始する。(2019/10/3)

KDDI、海中でのデータ通信に成功 青色LED光無線通信を使用
KDDI総合研究所は、青色LED光無線通信技術を用いた海中の実証実験に成功。防水対策を施した海中のスマートフォンから陸上に向けたライブ映像の配信と、陸上から海中のスマートフォンに向けたSNSメッセージ配信を実施した。(2019/10/3)

スマホ映像110番、初動に効果 兵庫県警
 兵庫県警は、事故や火災現場の様子を110番の通報者にスマートフォンのビデオ通話で撮影してもらい、警察が現場の状況をライブ中継で把握できる通報システム「Live110(ライブ・イチ・イチ・マル)(仮称)」の実証実験を終えた。約3週間におよぶ実験の結果、警察官の臨場前に事故の様子などを詳しく把握することができ、的確な人員配置など迅速な初動につながると判断。来春からの本格導入を前向きに検討している。(2019/10/3)

KDDI総研、海中でスマホの無線通信に成功 青色LEDで地上と交信、ライブ配信など実現
KDDI総研が、青色LED光無線を用いて海中に通信環境を構築する実証実験を実施。ダイバーは水深5メートルまでの深さで、陸上へのライブ映像配信などを実現したという。同研究所は今後も研究開発に努めるとしている。(2019/10/3)

2画面PC&スマホの「Surface Neo」「Surface Duo」電撃発表 スマホ版はAndroid搭載、2020年末発売へ
わくわくするやつ。(2019/10/3)

Microsoftが5.6型デュアルスクリーン折りたたみスマホ「Surface Duo」を発表 Androidベースで2020年末に発売予定
Microsoftが、米ニューヨークで開催したイベントにおいてSurfaceブランドの折りたたみスマートフォンを発表。Androidベースで、画面を360度回転できることが特徴だ。(2019/10/3)

ブロックチェーン活用したデータ分析の実証実験開始 行動履歴から次の行動を予測
デジタルチケットの使用履歴からユーザーが次にとる行動を予測し、適切なタイミングでスマートフォンにおすすめを通知する。NTTデータが独自開発したブロックチェーン技術を活用し、個人属性情報を取得せずにデータ分析を行うという。(2019/10/3)

Microsoft、折りたたみスマホ「Surface Duo」発表 Android対応
米Microsoftが、折りたためるスマホ「Surface Duo」を発表した。OSはAndroidを採用し、5.6インチディスプレイを2つ備える。2020年末に発売予定。(2019/10/3)

この10年で起こったこと、次の10年で起こること(39):
iPhone 11 Proを分解、パッと見では分からない劇的変化が潜んでいた
2019年9月20日に発売されたAppleの新型スマートフォン「iPhone 11 Pro」の内部の様子を報告する。一見すると、従来モデルを踏襲した内部設計のようだったが、詳しく見ていくと大きな変化が潜んでいた――。(2019/10/3)

2019年9月中古スマホランキング 国内版SIMフリー「iPhone 7」が2カ月連続1位に
ムスビーは、2019年9月中古スマホ・携帯ランキングを発表。国内版SIMロックフリーの「iPhone 7」が2カ月連続で1位を獲得し、Androidスマートフォン部門でもauの「Xperia XZ3 SOV39」が3カ月連続で1位となった。(2019/10/2)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
Xiaomiがカメラに力を入れるAndroid Oneの最新モデル「A3」
Xiaomiのスマートフォンも、今やずいぶんメジャーな存在になり、欧州の先進国でも家電量販店で見かけることが増えてきました。同社のスマホには独自の「MIUI」を標準搭載していますが、2017年からAndroid Oneスマートフォンの投入も開始。2019年には3世代目となる「A3」が発売されました。(2019/10/2)

The Future of 5G Workshop:
2020年にはミッドレンジの5Gスマホも登場? Qualcommが5Gの技術動向を説明
Qualcommは米サンディエゴにある同社の本社で「The Future of 5G Workshop」を開催。5Gの現状とユースケースを中心としたこれからの展望について説明した。カギを握るのがミリ波。同社はミリ波に対応したアンテナモジュールを開発し、スマホでミリ波を利用できる技術を確立した。(2019/10/1)

スマホで「ピザ屋さんスクーター」借りられる(!!) このサービス何? 「HELLO SCOOTER」早速使ってみた【写真10枚】
「原付スクーター」を分/時間単位で借りられるサービスが登場! でも……どんな人向けなの?(2019/10/1)

GalaxyやXperiaの新モデルが出る?:
NTTドコモが「新サービス・新商品発表会」を開催 10月11日12時から
NTTドコモが10月11日、「新サービス・新商品発表会」を開催する。新サービスはもちろん、新型スマートフォンも発表されると思われる。(2019/9/30)

iPhone向け「TONE SIM」がアップデート 「あんしんAI」に完全対応
トーンモバイルのiPhone向けSIMカード「TONE SIM(for iPhone)」が、10月下旬から順次機能バージョンアップを実施する。これにより、同社が販売するAndroidスマートフォンとおおむね同じ機能が実現される。(2019/9/30)

改定・新設前日に対応:
Y!mobileの「スマホベーシックプラン」が月間通信容量を10月から改定 1GB〜4GB増量
明日(10月1日)から内容の改定・新設が行われるY!mobileの「スマホベーシックプラン」。その前日となる今日(9月30日)、10月以降の月間通信容量を増やす改定が行われる旨が発表された。増量幅はプランによって1GB〜4GBとなる。(2019/9/30)

働き方改革やDXはスマートデバイス活用から
琉球銀行とオザックスが採用した「簡単手軽な業務システムのスマホ対応」とは
企業の働き方改革やデジタルトランスフォーメーションの推進にはスマートデバイスの利活用が必要だ。だが既存システムやサービスを再開発できるほど「人もコストもない」企業は少なくない。スマートデバイス活用を進める現実的な方法とは?(2019/9/30)

山根康宏の中国携帯最新事情:
韓国の5G加入者が300万人を突破! 中国メーカーの5Gスマホ上陸はあるか
2019年4月に5Gサービスを開始した韓国では、順調に加入者を増やし、9月9月には300万契約を突破した。消費者が実際に5Gを利用できる端末の種類は多くないが、5G端末を通信事業者は大幅に割引販売している。中国メーカーが、5G端末によって韓国でシェアを伸ばす可能性がある。(2019/9/29)

石野純也のMobile Eye:
秋冬商戦を「ゲーム」と「コスパ」で攻めるシャープ スマホ市場が変化する中で勝算は?
電気通信事業法の改正で端末値引きが規制されることで、メーカーに与える影響は大きくなる。Androidスマートフォンで国内シェア1位を誇るシャープも例外ではない。発表したばかりの「AQUOS zero2」「AQUOS sense3」「AQUOS sense3 plus」の勝算はあるのか。(2019/9/28)

JR東日本と「Googleアシスタント」が連携 新幹線の空席、列車の運行状況を「OK Google」で聞ける
JR東日本と「Googleアシスタント」が連携。ユーザーは、スマートスピーカー「Google Home」シリーズや、対応スマートフォンなどに「OK Google」と話し掛けると、新幹線の空席情報と管轄内の列車の運行情報を音声で受け取れる。サービス開始時期は、空席情報が10月1日、運行情報が11月1日。(2019/9/27)

PR:スマホカメラでここまでデキル! 「HUAWEI P30 Pro」で新次元のカメラ体験を
Huaweiの最新スマートフォン「HUAWEI P30 Pro」が、ついに登場。ハイブリッド10倍ズーム対応の望遠カメラを搭載したフラグシップモデルだ。カメラだけでなく、セキュリティやバッテリーなどでも最先端の技術が詰め込まれている。そんなHUAWEI P30 Proの実力を徹底チェックした。(提供:ファーウェイ・ジャパン)(2019/9/27)

非接触決済は「使い勝手が良い」、QRコード決済は「お得である」――スマホ決済のイメージに差 MMD研究所調べ
MMD研究所が、非接触決済利用者とQRコード決済利用者を対象とした「2019年9月 スマートフォン決済の利用に関する意識調査」の結果を発表。非接触決済は「使い勝手が良い」、QRコード決済は「お得である」といったスマホ決済へのイメージなどについて聞いている。(2019/9/26)

“何となくハイエンド”は終わり 分離プラン時代に投入する「AQUOS zero2」「AQUOS sense3」の狙い
シャープが新フラグシップスマホ「AQUOS zero2」を発表。ディスプレイの駆動速度や本体の軽さにこだわり、ゲーマーを強く意識した。より幅広いユーザーに向けた「AQUOS sense3」は、大容量バッテリーや必要十分な機能を特徴に打ち出している。(2019/9/25)

au PAYで「セブン-イレブン最大20%ポイント還元キャンペーン」開催 チャージでau WALLET 残高もプレゼント
KDDIは10月1日からスマホ決済サービス「au PAY」において「セブン-イレブン最大20%ポイント還元キャンペーン」を開催。セブン銀行ATMからau WALLET 残高チャージで1万円相当のプレゼントも行う。(2019/9/25)

シャープ、“1週間の電池持ち”うたうスマホ「AQUOS sense3」発表
シャープが、スマートフォン「AQUOS」シリーズの新機種「AQUOS sense3」「AQUOS sense3 plus」を発表した。省電力なIGZO液晶ディスプレイと大容量のバッテリーを搭載し、1週間バッテリーがもつとしている。(2019/9/25)

「d払い」にウォレット機能が追加 チャージ、送金、dポイント送付に対応
NTTドコモのスマホ決済サービス「d払い」が、9月26日からウォレット機能に対応する。d払いアプリ上でチャージや送金ができる他、dポイントを他のdポイントクラブ会員に送れるようになる。(2019/9/25)

コラボフレーバー第3弾も登場:
ソフトバンクの「SUPER FRIDAY」、11月はサーティワンアイスクリームのクーポン
ソフトバンクはスマホ契約者に毎週クーポンを配信する「SUPER FRIDAY」を11月も実施する。今回は、サーティワン アイスクリームでレギュラーシングルコーンを1個もらえるクーポンをプレゼントする。合わせて、ソフトバンクとサーティーワンのコラボレーションフレーバーの第3弾を期間限定で販売する。(2019/9/25)

スマホ版「マリオカート」サービス開始 左右スワイプでハンドル操作
任天堂がスマートフォンゲーム「マリオカートツアー」をリリース。「スーパーマリオラン」と同様、スマホの片手操作を意識している点が特徴だ。(2019/9/25)

スマホユーザーのMVNO利用率は18.1%、30代以上は約2割が利用 ドコモ「モバイル社会研究所」調べ
NTTドコモのモバイル社会研究所が、2019年1月に実施したスマートフォン利用者におけるMVNO利用率の調査結果を発表した。スマホユーザーのMVNO利用率は18.1%で、どの年代でも利用率は伸びている。30代以上は約2割が利用している。(2019/9/25)

シャープの新ミッドレンジ「AQUOS sense3」「AQUOS sense3 plus」登場 デュアルカメラや4000mAhバッテリー搭載
シャープが9月25日、ミッドレンジスマホの新機種として「AQUOS sense3」と「AQUOS sense3 plus」を発表。AQUOS sense3は2019年秋以降、AQUOS sense3 plusは2019年冬以降に発売する。スマートフォンAQUOSで最大容量をうたう、4000mAhのバッテリーを搭載している。(2019/9/25)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。