ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「スマートフォン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

モバイルバッテリーおすすめ5選 大容量からコンパクトまで(2019年版)
外出先でスマートフォンの充電が切れそうになったとき、「モバイルバッテリー」を持っていると安心です。この記事では選ぶ上で重要なポイントと、それを踏まえたオススメのモバイルバッテリーをご紹介します。(2019/5/26)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
韓国で見かけたスマホ「Be Y」はコスパ重視のHuawei端末
韓国で加入者シェア2位の通信事業者、KTのショップでHuaweiのスマートフォンを見かけました。型番は「Be Y3」で、他の国では聞かない名称です。実はHuaweiは韓国で独自のモデル名を展開しており、このBe YはKT向け品となります。(2019/5/26)

「ゆうちょPay」を使ってみた どんなメリットがある? 不満点は?
ゆうちょ銀行は5月8日にコード決済サービス「ゆうちょPay」を開始した。スマホアプリからQRコードを提示すれば、ゆうちょ銀行の口座から決済金額が即時引き落とされる。早速使ってみたので、利用方法や所感をまとめた。(2019/5/26)

DAISO(ダイソー)が5月27日から「PayPay」を順次導入 まず広島の2店舗から
100円ショップのDAISO(ダイソー)が、スマホ決済サービス「PayPay」を順次導入。全国の3367店(一部店舗を除く)で使えるようになる見通しだ。(2019/5/24)

「HUAWEI P30/P30 lite」、一部量販店やAmazon.co.jpでも販売見合わせ
キャリアやMVNOが続々と販売を見合わせているHuaweiスマートフォンの新モデル。一部の量販店も、5月24日に発売されたSIMロックフリーの「HUAWEI P30」と「HUAWEI P30 lite」の販売を見合わせている。Amazon.co.jpも同様に販売を見合わせている。(2019/5/24)

アマゾンジャパン、Huawei製品の直販を停止 「OSなどに懸念」
アマゾンジャパンが、Huawei製のスマートフォンなどの直販を停止。5月24日現在、個人や業者が出品する「マーケットプレイス」では購入可能だが、製品ページに「本製品はOS等についての懸念が発生しています」と注釈を付けている。(2019/5/24)

楽天モバイルの機種変更キャンペーン、対象10モデルが通常価格から6000円割引に
楽天モバイルは、5月24日から「人気スマホへおトクに機種変更キャンぺーン」を実施。現在サービスを利用中のユーザーを対象に、対象スマホへの機種変更を通常価格から6000円割引する。ラインアップは「AQUOS zero SH-M10」「AQUOS R2 compact SH-M09」「AQUOS sense2 SH-M08」などで、オンライン・店舗で受付を行う。(2019/5/24)

Huawei日本法人「スマホ新端末に影響なし、安心して購入・使用を」と声明
GoogleがHuaweiとの取り引きを停止したと伝えられ、HuaweiのAndroidスマートフォンへの影響が懸念されている問題で、Huawei日本法人は5月23日、「発売済み・発売予定のスマートフォンやタブレットについて、使用やセキュリティアップデート、アフターサービスなどが影響を受けることはない。安心して購入・使用してほしい」との声明を出した。(2019/5/24)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
低価格で良スペックのミッドレンジ「Galaxy A30」をソウルでチェック
Samsungのスマートフォンはミッドレンジの「Galaxy A」シリーズも人気です。その中でも日本でも発売が決まった「Galaxy A30」が一足先に韓国で発売されました。実際に触ってみると、質感や仕上げの高さはさすがSamsungといえる出来で、安心して使えます。(2019/5/24)

スマホ1台でアバターまとってカラオケできる機能、生配信アプリ「Mirrativ」に実装 楽曲はJOYSOUND提供
でVtuberのようなトークができるバーチャル配信機能「エモモ」の拡張コンテンツ。(2019/5/24)

今日のリサーチ:
博報堂DYメディアパートナーズ「メディア定点調査2019」 スマホ接触時間は1日117.6分に
メディア総接触時間は初の400分台、過去最高の411.6分に。(2019/5/24)

似合うかニャ スマホアプリ「Snapchat」でオス猫さんが金髪美女に変身してしまう
猫の猫化にも挑戦しました。(2019/5/23)

下取りサービスの利用意向は61.6% 期待は「データ消去」「下取り金額が高いこと」など MMDの中古端末市場調査
MMD研究所が「2019年日本とアメリカにおけるスマートフォン中古端末市場調査」の結果を発表。携帯電話端末の下取りサービス利用意向は、日本は61.6%、米国は70.0%に。サービスへの期待上位は日米共に「端末データが消去されること」「下取り金額が高いこと」「手続きが簡単であること」となった。(2019/5/23)

一部MVNOが新型ファーウェイ端末の発売を延期 LINEモバイル、mineoなど
大手キャリアを中心に、ファーウェイ製の新型スマートフォンの発売を延期する動きを見せている。5月24日も、一部のMVNOが同社製の新型スマートフォンやタブレットの発売を見合わせる旨を発表している。【追記】(2019/5/23)

エプソン、新型スマートグラス「MOVERIO BT-30C」発売へ Androidスマホと接続、映像を大画面表示
エプロンが、新型スマートグラス「MOVERIO BT-30C」を5月30日に発売すると発表。AndroidスマートフォンとUSB Type-Cで接続し、スマホ向け動画などをディスプレイ上に表示できる。価格はオープンで、参考価格は4万9980円(税別)。(2019/5/23)

Huaweiスマホ発売延期で日本事業への影響は不可避
国内携帯各社が発表した今回の販売延期は、華為の日本事業にとって打撃となりそうだ。各社は通信インフラの核となる基地局でも華為製の採用を避けている。華為にとって二大製品である端末と基地局の販売低迷が続けば、収益は大幅に悪化しかねない。(2019/5/23)

iPhone XS/X用「クリアケース」おすすめ5選 透明でしっかり頑丈
スマートフォン本体のデザインを楽しめる、透明な「クリアケース」。どのような基準で選べばいいのでしょうか。この記事では、iPhone XS/X用のクリアケースを選ぶ基準を示しつつ、おすすめのケースもご紹介します。(2019/5/23)

今日のリサーチ:
スマホのQRコード決済サービス、半数近くの人はキャンペーン終了後も「利用する」――ナイル調べ
キャンペーンに注目が集まるスマホのQRコード決済サービス。実際にはどの程度利用されているのでしょうか。(2019/5/23)

この10年で起こったこと、次の10年で起こること(35):
Galaxy S10 5Gを分解 ―― ケータイで流行した2層基板が再び登場した背景と今後
今回は、Samsung Electronicsの第5世代移動通信(5G)対応スマートフォン「Galaxy S10 5G」の内部などを紹介しながら、最近のハイエンドスマートフォンで主流になっている“基板の2階建て構造”(2層基板)を取り上げる。(2019/5/23)

KDDIとソフトバンク、ファーウェイの新スマホを発売延期 ドコモも予約受付を停止【追記あり】
大手通信3キャリアが、Huawei製の新型スマートフォンの発売延期、予約停止を発表した。(2019/5/22)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
新スマホのケースや保護シートが“ぴったり”作れる理由、作れない理由
スマホのアクセサリーメーカーが製造販売しているケースや保護フィルムなどは、どうやって寸法情報を入手しているのか、不思議に思ったことはないだろうか。実物を購入してチェックするのが基本だが、中には当てずっぽうだったり、あるいはユーザーから現物を借用して寸法を測っていたりする場合まである。(2019/5/22)

ソニー、設備投資最大1.2兆円 画像センサー需要拡大で増額
2018年度から3年間の中期経営計画に関し、主にスマートフォンのカメラに使われる半導体の画像センサーの増産に向け、1兆円としていた設備投資額を1兆1000億〜1兆2000億円に増額すると発表した。(2019/5/22)

スマホ新製品の予約取り消しも? 米のHuawei排除、日本企業にも懸念広がる
Huawei排除の動きが広がる中、同社と取引のある日本企業にも警戒感が広がり始めた。華為は多くの日本メーカーから基地局やスマートフォンに使う電子部品などを調達している。さらに、日本でも人気が高いHuawei製スマホを売れなくなれば、携帯電話会社の販売戦略は狂いかねない。(2019/5/22)

米商務省がHuaweiに事実上の「禁輸措置」 スマホやタブレットへの影響は?
米商務省が、中国Huawei(ファーウェイ)とその関連会社への部品やサービスなどの輸出を事実上禁止する措置を講じると発表。同社のAndroidスマートフォンやAndroidタブレットはどうなってしまうのか、現時点で分かっていることをもとにまとめる。(2019/5/22)

ソフトバンクの「AQUOS R3」が5月24日発売 PayPay残高1万円付与のキャンペーンも
ソフトバンクが5月24日にシャープ製スマートフォン「AQUOS R3」を発売する。発売日前日までの予約登録と購入後の応募で1万円相当のPayPay残高がもれなくもらえる。(2019/5/21)

ミッドレンジのSIMフリー「HUAWEI P30 lite」、5月24日発売 3万円台前半
ファーウェイ・ジャパンが、ミッドレンジスマホ「HUAWEI P30 lite」を5月24日に発売する。市場想定価格は3万2880円(税別)。約6.15型のフルHD+や、超広角カメラを含む3眼カメラを背面に備えている。(2019/5/21)

ネックバンド型ワイヤレスイヤフォン「HUAWEI FreeLace」6月下旬発売 スマホで充電可能
ファーウェイ・ジャパンは、6月下旬にネックバンド型ワイヤレスイヤフォン「HUAWEI FreeLace」を発売。ワンステップでペアリングが可能で、Type-C OTG機能に対応するスマホに差し込めば手軽に充電できる。9.2mmダイナミック型ドライバーユニットに複合チタンメッキダイアフラムを採用した(2019/5/21)

米制裁、販売中のHuaweiスマホには影響なし ファーウェイ・ジャパン呉波氏が言及
ファーウェイ・ジャパンのトップが、米国政府のHuaweiに対する制裁について言及した。販売中のスマートフォンは、引き続きAndroidを利用でき、セキュリティアップデートも適用されるとのこと。今後も「持続的発展が可能なソフトウェアエコシステムの発展に力を注いでいく」とした。(2019/5/21)

トリプルカメラ搭載のSIMフリー「HUAWEI P30」が5月24日発売 7万円台後半【写真追加】
ファーウェイ・ジャパンが、最新スマートフォン「HUAWEI P30」を5月24日に発売する。MVNO各社や家電量販店が取り扱う。価格は7万7880円(税別)で、ブリージングクリスタルとオーロラの2色。6.1型のフルHD+有機ELやLeicaと共同開発した3眼カメラを搭載する。(2019/5/21)

特選プレミアムコンテンツガイド
「iPhone使いならMac好き」は幻想? 「Chromebook」がスマホ世代に受ける理由
スマホ世代が職場で利用するデバイスは、本当に「Mac」や「Windows」搭載PCでいいのだろうか。セキュリティ、コスト、クラウドサービスの使いやすさなどから、こうした世代に適した業務用デバイスについて考える。(2019/5/21)

auの「AQUOS R3」は5月25日発売 新プラン加入で2万円引きも
KDDIは、5月25日にシャープ製スマホ「AQUOS R3」を発売する。表示可能色数が約10億色のPro IGZOディスプレイや、ショートムービーを自動制作する「AIライブストーリー」を搭載。発売を記念し、予約購入して応募した全員へau WALLET残高へ1万円 (不課税) をチャージする。(2019/5/20)

千葉・星虹保育園でQRコード決済が可能に、職員の負担軽減も見込む
NIPPON Platformと社会福祉法人ありがとうは、事業連携協定を締結。これにより、ありがとうが運営する星虹保育園、星虹第二保育園でスマートフォンを使ったQRコード決済が可能となる。既にクレジットカードによる支払いも行っており、キャッシュレス決済がさらに保育園職員の負担軽減になると見込んでいる。(2019/5/20)

“折れ曲がるスマートフォン”に暗雲 窮地に追いやられるファーウェイとサムスン、どうなるフォルダブル
登場が期待されていた2大“折れ曲がるスマートフォン”の市販化が、危うい状況になっている。(2019/5/20)

山根康宏の中国携帯最新事情:
Meituはなぜスマホ事業から撤退したのか? 中国の“セルフィー競争”を振り返る
中国のスマホメーカーMeituがスマートフォン事業から撤退することを発表。同社はインカメラを強化し、美しい自撮りができることを特徴に打ち出してきた。Meituの歩んだ道は中国スマートフォンのインカメラの歴史でもあるのだ。(2019/5/20)

旧プランでも入れる? 「docomo with」と併用できる?――ドコモの「スマホおかえしプログラム」 疑問点を解決しよう
端末を買いやすくする仕組みとして、ドコモが「月々サポート」に代わって投入する「スマホおかえしプログラム」。一体どのようなプログラムなのか、Q&A形式で解説していく。【画像差し替え】(2019/5/20)

Minecraftが現実世界にやってくる Microsoft、スマートフォンAR「Minecraft Earth」発表
現実世界に自分の建物を作ることができる。(2019/5/18)

石野純也のMobile Eye:
ドコモ夏モデルの狙いを読み解く ミッドレンジ拡大、ハイエンド機も買いやすく
ドコモが5月16日に夏モデルと新サービスを発表。料金の負担感を軽減するミドルレンジモデルの拡大と、ハイエンドモデルに対する需要の落ち込みを緩和する措置が特徴。スマートフォンの買い方や選び方が大きく変わる可能性もありそうだ。(2019/5/18)

モバイル端末の長所と短所を比較
「ファブレット」と「タブレット」は何が違う? 6つのポイントで比べた
業務用のモバイル端末を選ぶ際、タブレットにすべきか、「ファブレット」と呼ばれる画面の大きいスマートフォンのどちらにするか迷う場合がある。本稿ではそれぞれの違いについて説明する。(2019/5/18)

楽天がライブ動画に参入「Rakuten LIVE」 誰でも配信OK、コマース機能も
楽天は、一般ユーザーやタレントなどが、スマートフォンを通じてライブ動画を配信できるサービス「Rakuten LIVE」を始めた。ライブ動画を通じて商品を販売するコマース機能も備えている。(2019/5/17)

ゲオの中古スマホ4月ランキング iPhone 6/6s/7が好調
ゲオは、全国のゲオショップ・ゲオモバイル約1600店舗で取り扱った中古スマホのデータを集計した「ゲオ中古スマートフォン4月月間ランキング」を発表。販売ではトップ10をほぼiPhone 6/6s/7占めており、この人気が続く見込み。買取も順位に変動はほぼなかったが、今回は3キャリアともに1位を「iPhone7」が独占した。(2019/5/17)

DNP、スマホ画面に貼れる透明フィルム型アンテナ 内蔵型アンテナと同等性能
DNPが視認性を妨げないスマートフォン向けフィルム型アンテナを開発したと発表した。(2019/5/17)

「ZenFone 6」発表、フリップカメラ搭載でノッチなし その中身を徹底解説する
ASUSが新フラグシップスマホ「ZenFone 6」を発表した。ノッチのない狭額縁ディスプレイとモーターで駆動するフリップカメラが特徴。ASUS本社で実機に触れる機会を得たので、本機の新しさを徹底解説する。(2019/5/17)

ドコモ夏モデルの価格まとめ ハイエンド機は8万円台後半から、ミッドレンジ機は3万〜4万円台
ドコモの2019年夏モデルが発表された。端末購入補助が付かなくなることを鑑みてか、ハイエンド機は安い印象だ。スマホおかえしプログラムを適用すればさらに安くなる。(2019/5/16)

ボールペンでスマホの通知が受け取れると便利か? 記者がキングジムのスマートボールペンを試した
キングジムが発表したスマートボールペン「インフォ」を実機レビュー(2019/5/16)

ドコモが「FACE LOG」を提供開始 スマホカメラで肌の状態を解析
NTTドコモがソニーネットワークコミュニケーションズと共同で、スマートフォンのカメラで顔を撮影するだけで肌の状態を解析できる健康支援サービスを開発。「肌年齢」「しみ」「しわ」「くま」「毛穴」「肌の色み」の6項目の状態を確認でき、レポートや肌への効果が期待できる生活習慣も提案する。まずはiPhone版からスタートし、秋にはAndroid版の提供を予定している。(2019/5/16)

スマホでSteamのゲームが遊べる公式アプリ「Steam Link」ついにiOS版リリース! 日本語にも対応
同一ネットワーク上のSteamをリモート操作。(2019/5/16)

あの「メダロット」がスマホに来るぞ! イマジニア「メダロットS」を2019年秋冬期配信へ
ロボトルファイト!(2019/5/16)

ドコモ、スマホを「返却」すると分割代金を最大12回免除へ 分離プラン導入後も新モデルが割安に
NTTドコモが、新たなスマホの購入プラン「スマホおかえしプログラム」を発表。対象機種を36回の分割払いで購入後、端末を返却したユーザーは最大12回分の支払いが不要になる。「分離プラン」導入後も、割安でスマートフォンを購入できるようにする。(2019/5/16)

ドコモが端末の「36回払い」を導入 スマホ返却で12回分の支払いを免除する「スマホおかえしプログラム」も開始【更新】
NTTドコモが、端末の36回分割払いを導入する。同時に、端末をドコモに返却することで36回中12回の支払いを免除するプログラムも導入する。(2019/5/16)

3万円台のミッドレンジ「arrows Be3」がドコモから 5.6型有機をEL搭載
NTTドコモは、富士通コネクテッドテクノロジーズ製のスマートフォン「arrows Be3 F-02L」を発売する。ディスプレイは有機ELとなり、背面に移動したExliderをつかって上下左右に画面をスクロールできるようになった。(2019/5/16)

6型液晶に3900mAhバッテリー搭載 コスパ重視の「LG style2」がドコモから
NTTドコモはLGエレクトロニクス製のスマートフォン「LG style2 L-01L」を7月上旬に発売する。「LG style L-03K」の後継機種で、6型の大画面と3900mAhの大容量バッテリーが特徴の機種。【訂正】(2019/5/16)

ドコモから「Galaxy S10」「Galaxy S10+」登場 S10+には「オリンピックエディション」も
サムスン電子のフラグシップスマートフォンがドコモからも登場。「東京オリンピック」とコラボレーションしたS10+のスペシャルエディションも1万台限定で登場する。【更新】(2019/5/16)

おサイフケータイ対応:
Leicaの4眼カメラ搭載、10倍ハイブリッドズーム対応の「HUAWEI P30 Pro」がドコモから登場
NTTドコモが、2019年夏にHuawei製のスマートフォン「HUAWEI P30 Pro」を発売する。6.5型のフルHD+有機ELや、Leicaと共同開発した4眼カメラを搭載する。FeliCaや防水機能にも対応する。価格は8万円台後半の予定。(2019/5/16)

キングジムが“スマートボールペン”発売 スマホの通知を画面とバイブレーションでお知らせ
なぜ、ペン。(2019/5/16)

スマホを通じて家電を操作 キングジムのスマートリモコン「エッグ」5月31日発売
価格は税別9800円。(2019/5/15)

スマホアプリで異性や子どもの姿に変身! 「Snapchat」の写真フィルターが強力で楽しい
おじさんが女性化を試すと、高確率でお母さんっぽくなる説。(2019/5/15)

2018年度通期の携帯出荷台数は過去2番目の低さ 分離プランや新iPhoneの不調が響く
MM総研は、5月15日に2018年度通期(2018年4月〜2019年3月)の国内携帯電話端末の出荷台数調査結果について発表した。前年度比7.7%減の3456.6万台で、2000年度以降の出荷統計では2009年度に次ぐ過去2番目に低い結果に。内訳はスマホが6.0%減の3061.6万台、そのうちSIMフリースマホは4.9%減の299.5万台、フィーチャーフォンが19.1%減の395万台となった。(2019/5/15)

「折りたたみスマホ」認知は約7割、「+メッセージ」の利用率は1割強
ジャストシステムは、5月15日「モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2019年4月度)」の結果を発表した。液晶画面を折りたためる「折りたたみスマーホ」の認知は約7割で、若年層ほど購入意向が高い。(2019/5/15)

吹くだけでタクシー呼べる笛 三和交通が一般販売スタート スマホと連携
三和交通は吹くだけで簡単にタクシーを呼べる笛「タクシーホイッスル」の一般販売を始めた。(2019/5/15)

中高生の9割以上が勉強にスマホを活用 約7割が「勉強はかどる」
MMD研究所は、5月15日に「2019年5月 中高生の勉強時におけるスマートフォン利用実態調査」の結果を発表。中学生の91.4%、高校生の94.5%が勉強にスマホを活用し、中高生の約7割が「スマホで勉強がはかどるようになった」と回答。(2019/5/15)

スマホ料金、分かりにくい「最大4割値下げ」表記 元Mobile記者が検証する
スマホ料金の「最大4割値下げ」は本当か、これまでも料金プランの解説記事を編集・執筆してきた記者が検証する。(2019/5/15)

キングジムの戦略は「ニッチ」 スマホと連携するスマートボールペン、開発のきっかけは
キングジムがスマートフォンの通知を受け取れるボールペン型デバイスなど6製品を発表した。(2019/5/15)

電話やメールが届くと震える:
スマホに届いた通知や着信を確認できる「スマートボールペン」、キングジムが6月発売
キングジムがスマートフォンと連携して使うスマートボールペン「インフォ」を6月14日に発売する。スマホに届いた電話やメール、SNSなどの通知を、バイブレーション、LEDライト、小型ディスプレイで確認できる。(2019/5/15)

スマホと本体をまとめて充電できる1万50mAhのモバイルバッテリー エレコムから
エレコムは、5月中旬に容量1万50mAhのモバイルバッテリー3モデルを発売。いずれもUSB Type-C端子搭載の充電ケーブル1本が付属し、充電用ケーブルを接続したままスマホとバッテリーを同時充電できる。Quick Charge 3.0規格対応モデル、2ポート仕様モデル、最大2.4Aの高出力モデルを用意する。(2019/5/14)

プッシュ通知はペンで知る:
キングジムがウェアラブルペン「インフォ」(INF10)を投入 発売は6月14日
5月14日、キングジムがスマートフォンと連携して電話の着信やメール、SNSのプッシュ通知などに対応したウェアラブルペン「インフォ」(INF10)を発表、6月14日から発売する。(2019/5/14)

キングジム、スマホの新着通知を知らせる“スマートボールペン”発売
スマートフォンの新着通知を確認できる“スマートボールペン”がキングジムから登場。(2019/5/14)

UQ mobileから「Galaxy A30」と「HUAWEI P30 lite」が登場 約3万円
UQコミュニケーションズが、MVNOサービス「UQ mobile」向けのスマートフォン新機種を発表した。ラインアップは「Galaxy A30」と「HUAWEI P30 lite」のミッドレンジモデル。価格は3万円台前半。(2019/5/14)

半径300メートルのIT:
「私たちは、なぜITを使うの?」と聞かれたら、答えられますか?
皆さんは、普段「IT」と聞くと何をイメージしますか? 普段会社で使うPCや業務システムから、毎日持ち歩くスマートフォンなど、毎日使うものだけでなく、今回は私たちが忘れがちな“ある視点”を思い出してほしいのです。(2019/5/14)

クラウドSIM対応の新スマホ「jetfon P6/FREETEL P6」発表 1万6800円のエントリー機
MAYA SYSTEMは5月13日、クラウドSIMを搭載したスマートフォンの新機種「jetfon P6」と「FREETEL P6」を発表した。SIMカードを差し替えることなく、1日380円から、世界100カ国以上で通信ができるのが特徴。公式オンラインショップでの価格は1万6800円(税別)。(2019/5/13)

Huawei、2019年第1四半期の世界シェアが過去最高の17%に 販売は前年比で約50%増
カウンターポイント・テクノロジー・マーケット・リサーチは、Huaweiの2019年第1四半期のスマートフォン世界シェアが同社過去最高の17%に達したという調査結果を発表。販売が前年比で約50%増となり、出荷ベースではAppleに次ぐ世界2位のメーカーになったという。(2019/5/13)

高耐久スマホ「TORQUE」に2年ぶりの新モデル カメラ機能を強化 auの2019夏モデルで
au京セラが高耐久Androidスマートフォン「TORQUE」シリーズの新製品を8月下旬に発売する。(2019/5/13)

Y!mobile、「HUAWEI P30 lite」を5月24日に発売 価格は3万9420円(税込)
ソフトバンクとウィルコム沖縄は、Y!mobileの新商品としてHuawei製スマホ「HUAWEI P30 lite」を5月24日に発売。一括価格は3万9420円(税込)で、24回分割の場合は月額1620円。商品の発売に合わせ、SoftBank SELECTIONでアクセサリー計4アイテムを発売する。(2019/5/13)

置くだけで写真をバックアップできるワイヤレス充電器 WDが7月発売
ウエスタンデジタルが、スマートフォンを置くだけで写真をバックアップできるスマートフォン向けワイヤレス充電器「サンディスクiXpandワイヤレスチャージャー」を発表した。(2019/5/13)

スシロー、「Ok Google」で来店予約可能に “旬”の技術で接客を変革
大手回転すし店のスシローが、「Google アシスタント」を活用した来店予約の受付を開始。スマートフォンに「Ok Google、スシローで今から4名」などと話し掛け、行きたい店舗を口頭で伝えると予約が完了する。予約方法を充実させて他社との差別化を図り、国内回転すし市場トップの座を固める狙いがある。(2019/5/13)

「Galaxy S10」「Galaxy S10+」がauから登場 予約購入で純正ワイヤレスイヤフォンプレゼント【写真追加】
サムスン電子の最新フラグシップスマートフォンがauから登場。事前予約購入で、サムスン電子の完全ワイヤレスイヤフォン「Galaxy Buds」をプレゼントするキャンペーンも実施する。(2019/5/13)

「Pixel 3a」をiFixitが分解 ディスプレイはSamsung製、「Pixel Visual Core」は非搭載
Googleが日本でも17日に発売するミッドレンジスマホ「Pixel 3a」をiFixitが分解した。有機ELディスプレイはSamsung製で、修理しやすさは10点中6点というハイスコア。ハイエンドPixelには搭載されている画像処理を強化するSoC「Pixel Visual Core」はなかった。(2019/5/13)

auの初心者向けスマホ「AQUOS sense2 かんたん」
KDDIがシャープ製のスマートフォン「AQUOS sense2 かんたん」を発表。文字やアイコンが大きく表示されるAQUOSかんたんホームが有効の状態で出荷される。基本的な操作方法が分かりやすく記載された「auかんたんガイドブック」も付属する。(2019/5/13)

Huaweiのミッドレンジ機「P30 lite Premium」がauから 3眼カメラや128GBストレージを内蔵【写真追加】
Huawei製のミッドレンジスマホ「HUAWEI P30 lite Premium」がauから登場する。6.1型フルHD+ディスプレイや、トリプルカメラを搭載。au独自の特徴として、128GBのストレージを内蔵している。(2019/5/13)

Pro IGZO搭載、カメラ機能も強化した「AQUOS R3 SHV44」 auから登場【写真追加】
KDDIが、シャープ製のスマートフォン「AQUOS R3 SHV44」を5月下旬に発売する。前モデル「AQUOS R2」からディスプレイやカメラ機能を強化したシャープのフラグシップモデル。au独自カラーのピンクアメジストを用意する。(2019/5/13)

auの夏モデルが登場 「Xperia 1」「Galaxy S10」「TORQUE G04」など9機種【写真追加】
KDDIが2019年夏商戦向けモデルを発表した。スマートフォンは「Xperia 1」「Galaxy S10」「AQUOS R3」「TORQUE G04」など8機種。フィーチャーフォン「GRATINA」も投入する。(2019/5/13)

今日のリサーチ:
スマートフォンを2週間取り上げられても構わない人は全世代で6%以下――Adobe調査
Adobe Systemsが実施した消費者のモバイル利用に関する意識調査です。(2019/5/13)

「出演者より目立ってる」「スマホ見てないで舞台見ろよ」 客席でスマホを使用する人が舞台上からどう見えるか実験したツイートに共感続出
いいか、スマホの電源はオフだ。分かったな?(2019/5/12)

ITはみ出しコラム:
「Pixel 3a」は日本で人気スマホになれる? Pixel 3ユーザーから見た“違い”
うわさ通り「Pixel 3」の下位モデルとなる「Pixel 3a」が登場。Pixel 3ユーザーの筆者が比較してみました。(2019/5/12)

Googleの廉価版スマホ「Pixel 3a/3a XL」で満足できる? 質感と見た目の第一印象を確かめた
国内でも5月17日に発売される実機を編集部で入手したので、ファーストインプレッションをお届けする。(2019/5/11)

草薙京はそんなこと言わない スマホゲーム「SNKオールスター」配信開始もセリフがおかしいと話題に
京「あなたがオリンピック金メダリストの大門五郎さん?」(2019/5/10)

「Xperia」「AQUOS」に5年ぶりの「arrows」も――ソフトバンクが2019年夏モデルを発表
2019年夏商戦に向けて、ソフトバンクがスマートフォン4機種、ケータイ1機種、タブレット1機種とルーター1機種を発表。スマホについては購入特典として「PayPayボーナス」がもれなくもらえるキャンペーンも実施する。(2019/5/10)

ポテチ食べながら指を汚さずスマホ操作 タカラトミーのポテチ専用デバイス「ポテチの手」が進化
2010年発売の「ポテトの手」に、新機能が……!(2019/5/10)

お手頃価格×大容量バッテリー×大画面 ソフトバンクから「LG K50」登場
ソフトバンクの2019年夏モデルとして、LGエレクトロニクス製のミドルレンジスマートフォンが登場する。夏モデルの中では最廉価(予定)ながら、バッテリー持ちや画面サイズの大きさにこだわったモデルとなっている。(2019/5/10)

普及価格帯の勝算:
「テスラModel 3」日本上陸 スマホ的自動車は何をもたらすか?
電気自動車メーカーのテスラが国内のサポート体制を強化する。国内で4カ所目となるサービス拠点を東京東雲に開設し、夏から秋という普及価格帯のModel 3の販売に備える。まさに動くスマホとでもいえるModel 3の様子も紹介する。(2019/5/10)

アンカー、63時間限定のAmazon「タイムセール祭り」で最大43%オフ 35製品以上が対象
アンカー・ジャパンは、5月11日から63時間限定で開催されるAmazon「タイムセール祭り」で人気のスマホ関連製品や家電製品などを最大43%オフで販売。ロボット掃除機「Eufy RoboVac 11S」やモバイルプロジェクター「Anker Nebula Capsule」など、35製品以上が対象となる。(2019/5/10)

arrows初の「デュアルカメラ」も:
5年半ぶりのソフトバンク向け 万人向けの役立つエントリースマホ「arrows U」登場
ソフトバンクから5年半ぶりの「arrows」が登場する。スマートフォン初心者でも使いこなせることを目指し、「Googleアシスタント」ボタンや「シンプルホーム」を搭載。arrowsとしては初となるデュアルカメラでポートレート撮影も可能だ。(2019/5/10)

「自らの手は汚さない」 ポテチをつまめるタッチペン、タカラトミーアーツが発売
「ポテトチップス」をつかめるハンドを搭載したスマートフォン向けタッチペンが登場。タカラトミーアーツとカルビーがコラボした商品だ。(2019/5/10)

Pixel 3やドコモ以外のスマホでも「iD」アプリからdカードの登録が可能に
NTTドコモは非接触決済サービス「iD」アプリを14日午前10時以降にアップデートする。これによりPlayストアでSIMロックフリー端末向けに提供されているiDアプリでも「dカード」の登録ができるようになる。ドコモが扱う「Pixel 3」や「Pixel 3 XL」でもdカードの登録ができるようになる。(2019/5/9)

“動画撮りっぱなし問題”の解決に シャープが「AQUOS R3」で目指すもの
シャープが夏商戦向けに投入する新型スマートフォン「AQUOS R3」は、カメラ、ディスプレイ、基本性能を強化したフラグシップモデル。5月8日に開催した発表会でその狙いが語られた。3年連続、国内のAndroidスマートフォン出荷台数1位を目指す。(2019/5/9)

ソフトバンクが「Pixel 3a」「Pixel 3a XL」を5月17日発売 5月10日10時から予約を受け付け
ソフトバンクが、Googleが発表したばかりの「エントリープレミアム」スマートフォン2機種を発売。両機種ともに全3色をラインアップする。(2019/5/9)

ドローン:
ドローン撮影映像をリアルタイム共有、「SENSYN DC」がスマホやタブレットにも対応
センシンロボティクスは、これまでWindows版だけだったドローンのリアルタイム映像共有サービス「SENSYN DC(センシン ドローンコミュニケーションサービス)」をiOS/Android/Mac OSにも対応させ、スマートフォンやタブレットから複数人による映像共有ができるようになった。(2019/5/9)

リュックベルトに取り付けられるスマホポーチ カードも収納可能
サンワサプライは6.5型までのスマートフォンに対応し、カードなども収納できるポケットも付いたリュックベルト用ポーチを発売。取り付けは背面ベルト、または面ファスナー(横)、面ファスナー(縦)のいずれか3パターンで行える。(2019/5/8)

契約から1年間は月額980円から(割引最大適用時) ソフトバンクが6月から「スマホデビュープラン」を提供
ソフトバンクが、ケータイ(フィーチャーフォン)からスマートフォンへの移行を促すための専用料金プランを用意する。諸条件を満たすと、契約翌月から12カ月間は月額980円から、それ以降も月額1980円から使える。(2019/5/8)

スマホの写真を販売できるアプリ「Snapmart」のAndroid版が登場
スマホのカメラロール内の写真を選んで出品できる「Snapmart」のAndroid版が登場。販売価格の30〜60%が報酬となり、フォトコンテストでも賞金を受け取ることができる。(2019/5/8)

ソフトバンク宮内CEO、ドコモ新プラン登場も“安さ”に自信 「十分な価格競争力がある」
ソフトバンクの宮内CEOは、2019年3月期の決算説明会で「(売上高・営業利益ともに)過去最高を達成した。最大の要因は、スマートフォン累計契約数の増加だ」とコメント。(2019/5/8)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。