ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「スマートフォン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Mobile Weekly Top10:
「Xperia 1」商品企画担当に聞く/どうなる? 「端末の割り引き」と「解約金」
ソニーモバイルコミュニケーションズ製スマートフォン「Xperia 1」が各キャリアから発売されました。Xperiaの原点回帰ともいえる機種ですが、その売れ行きはいかに……?(2019/6/17)

「スマホ依存」患者の2割が大人… 専門家が教える“スマホ断ち”の方法とは
スマホを触っていないと強いストレスを感じたり、仕事が手につかないなどの症状が出る「スマホ依存」が社会問題になりつつある。スマホゲームを中心に若年層が陥りやすい現代病だが、専門家は大人も侮ってはいけないと指摘、「スマホ断ち」の方法を解説する。(2019/6/17)

Huawei、折りたたみスマホ「Mate X」発売を9月に延期
Huaweiが、今夏に予定していた折りたたみスマホ「Mate X」の発売を9月に延期する。Samsungの折りたたみスマホ「Galaxy Fold」が発売前にレビュアーから壊れたと批判されたことを受け、「追加のテストを行っている」とCNBCに語った。(2019/6/16)

ITはみ出しコラム:
ゲームの世界も“Netflix化”していくのか
家庭の据え置きゲーム機やPC、携帯ゲーム機にスマホ……そういった区分は、世界的なストリーミングゲームサービスの台頭で大きく変わっていくかもしれません。(2019/6/16)

スマホ×バッテリー快適ライフ:
多すぎてよく分からない、スマホの「急速充電」規格を整理する
スマートフォンの「急速充電」は、さまざまな規格が乱立している。スマホや周辺機器のメーカーが定めた規格もあり、分かりにくさに拍車を掛けている。規格の種類や出力数など、急速充電にまつわる情報を整理した。(2019/6/16)

スマホ決済はキャンペーン目当て? 終了後の継続利用は
スマホ決済に関する大型キャンペーンが相次いでいる。これらのキャンペーンはどのくらいの効果を出しているのだろうか。また、キャンペーン終了後に利用を止めてしまうというユーザーはどのくらいいるのだろうか?(2019/6/14)

OPPOの新スマホ「Reno 10x Zoom」が日本発売へ 7月3日に発表会
オッポジャパンが、国内で7月3日にスマートフォンの新製品「Reno 10x Zoom」を発表する。背面に3眼カメラを搭載しており、最大10倍のハイブリッドズームが可能。インカメラを収納することで、ノッチなしのデザインを実現した。(2019/6/13)

5分で知るモバイルデータ通信活用術:
「分離」なのに「セット」が前提? ドコモの新プラン「データプラス」のマイナス面
NTTドコモの新料金プランが始まりました。スマートフォンを使っている人は良いのですが、タブレットやルーターといったデータ通信専用端末を使っている人は、どんなプランを選べばいいのでしょうか。今回は、データ通信専用端末向けのプラン「データプラス」について考察してみます。(2019/6/14)

Spigen、Amazon父の日特集に合わせてスマホアクセサリーを最大70%オフ
Spigenは6月13日に実施のAmazon父の日特集に合わせ、スマホアクセサリーを最大70%オフで販売。対象はiPhoneやAndroid搭載スマホ用ケース・ガラスフィルムやアクセサリーなど全165商品。折りたたみ傘やレジャー・防災に活躍するLEDランタンをはじめ、Xperia 1用ケースもラインアップする。(2019/6/13)

メルカリにクルマ出品、簡単に 車検証のQRコード読むだけで車種など自動入力
フリマアプリ「メルカリ」で、自動車を出品する際の入力作業を省力化する「車検証2次元コード出品」機能がリリース。車検証のQRコードにスマートフォンのカメラをかざすだけで、メーカー名や車種・車検証の期限などの商品情報が自動入力される。(2019/6/13)

開発陣に聞く:
ソニーモバイルに聞く「Xperia 1」 21:9ディスプレイや3眼カメラから“あの疑問点”まで
この夏に発売されるスマートフォンの中で、注目度の高いモデルの1つが、3キャリアが取り扱う「Xperia 1」だ。4K有機ELや21:9の画面比率など、ディスプレイ周りを中心に目新しい要素が豊富にある。本機の開発秘話や疑問点を、ソニーモバイルに聞いた。(2019/6/13)

Android端末によるセキュリティキー、iPad/iPhoneでのGoogleアカウントログインもサポート
Googleが、AndroidスマートフォンをGoogleアカウントへのログインの二段階認証でセキュリティキーとして使う機能を、iOSにも対応させた。4月にWindows、Mac、Chromebook向けに提供開始したものだ。iOSの場合は、「Smart Lock for iOS」アプリをインストールして使う。(2019/6/13)

Google、「Pixel 4」のティーザーを自らツイート アウトカメラはデュアル
Googleが、次期フラグシップスマートフォン「Pixel 4」のものとするレンダリングを公式Twitterアカウントで公開した。アウトカメラが2台で、背面に指紋センサーがないことが分かる。(2019/6/13)

太陽光:
卒FIT後の自家消費をサポート、NTTスマイルが「ちくでんエコめがね」を発表
NTTスマイルエナジーが住宅太陽光発電の卒FITに向けた新サービス「ちくでんエコめがね」を発表。住宅オーナーはスマートフォンやタブレットから、太陽光の発電量、蓄電池への充放電量、売電量と家庭内電力消費量データを基に、太陽光発電の自家利用状況を確認することができる。(2019/6/13)

スマホをつなぐと90秒で完成 人をダメにするエアーソファの進化系がクラウドファンディングに登場
小さく収納できるのも魅力です。(2019/6/13)

「ドラゴンクエストウォーク」β版のシリアルコードが出品 “禁止行為”なのか?
スマートフォン向け「ドラゴンクエストウォーク」β版が6月11日にスタート。iOSとAndroid向けに1万人ずつを対象としているため抽選となり、当選者がシリアルコードをメルカリやヤフオク!で出品する事態に。これは禁止行為に含まれるのだろうか? 各社に確認した。(2019/6/12)

ジャパンディスプレイ、希望退職1200人募集 工場も一部閉鎖、スマホ向け液晶ディスプレイ需要の回復見込み立たず
ジャパンディスプレイが1200人の人員削減に踏み切る。一部工場も閉鎖、停止し、執行体制も刷新。構造改革に踏み切る。(2019/6/12)

「ラクマ」が“プロ検品”の中古スマホを試験販売
楽天が運営するフリマアプリ「ラクマ」は、6月12日にプロ検品の端末を試験販売する「ラクマ公式 中古スマホショップ」をオープンした。モバイル端末保守・検品実績を誇る専門業者が検品からクリーニングまで一貫して行い、公正なグレーディングで適正価格を提示。一部ランクを除き万が一の場合も保証期間を設ける(2019/6/12)

音も記録する新しいチェキ発売 写真にQRコードを印刷してスマホでメッセージが聞けちゃう
デザインもかわゆす。(2019/6/12)

あなたのスマホにも発火リスク? 「水」「使用過多」などで危ないリチウムイオン電池
スマホやモバイルバッテリー、パソコン、電気自動車など、多種多様な製品に利用されるリチウムイオン電池。いまや大半の人が持ち歩いたり家庭で使ったりしている状態だが、突然発火するなど重大な事故につながりかねない例もある。使用上のNG行為や、処分方法など、今一度注意しておきたい。(2019/6/12)

Mobile Weekly Top10:
超小型スマホ「Palm Phone」を日本で売る狙い/iOS 13とiPadOS
Appleの「WWDC(World Wide Develpoers Conference)」が開催されました。注目は、iOSから独立した「iPadOS」です。(2019/6/11)

ソフトバンクの「Xperia 1」6月14日発売 価格は税込で13万円台半ば
au、ドコモに続き、ソフトバンクの「Xperia 1」も発売日が決まった。ソフトバンク直営店とオンラインショップでの販売価格は13万6320円(税込)。購入者を対象とした「スマホを買ってPayPayもらえちゃうキャンペーン」も実施する。(2019/6/11)

スマホかざしてチェックイン ホテル京阪がQRコード活用で
予約確認メールに表示されたQRコードを機械にかざすだけでチェックインが完了するシステムをホテル京阪が導入。東京・四谷など3カ所。(2019/6/11)

スマホを試せる:
OPPOが「R17 Pro」「AX 7」の2週間無料レンタルサービスを開始 1世帯1回限り
OPPO Japanが、スマートフォンの2週間無料レンタルサービスを開始。利用回数は1世帯につき1回で、配送料や利用料は無料(保証料の支払いは必要)。端末・ACアダプター・USBケーブルは付属するが、SIMカードは自分で用意する必要がある。(2019/6/11)

高根の花“DSM”が手軽に:
小型スピーカーの性能を最大限引き出すDSM搭載アンプ
Maxim Integratedは2019年6月11日、モバイル機器などに搭載されるマイクロスピーカー(小型スピーカー)の性能を引き出すダイナミックスピーカー管理(以下、DSM)機能を搭載するD級オーディオアンプ「MAX98390」を発表した。従来、膨大な開発費が必要で年間100万台以上の大量生産を行うスマートフォンなどの完成品に事実上、使用が限られていたDSM機能を、産業機器など量産規模の小さな完成品でも搭載できるようになる。(2019/6/11)

製品分解で探るアジアの新トレンド(39):
日本未発売スマホに搭載されたチップ、「HUAWEI」の刻印から分かること
通常、半導体チップの開発には1年から数年を要する。だが、Appleの「Apple Watch Series 4」や、Huaweiの最新スマートフォンには、わずか1年前に開発されたチップが数多く搭載されているのだ。(2019/6/12)

「Pixel 3a」「Pixel 3a XL」の実力【後編】
Pixel 3aにも搭載へ 「Android Q」は5Gや“曲がるスマホ”フォルダブルを実現
GoogleのAndroidスマートフォン「Pixel 3a」「Pixel 3a XL」は、Androidの最新版「Android Q」をいち早く利用できるようになる見込みだ。Android Qの主要な新機能を紹介する。(2019/6/11)

auの初心者向けスマホ「AQUOS sense2 かんたん」、6月14日発売
KDDIは、6月14日に高精細IGZOディスプレイを搭載した初心者向けスマートフォン「AQUOS sense2 かんたん」を発売する。大きなアイコンで見やすい「AQUOSかんたんホーム」や文字や写真を見やすくする「はっきりビュー」などをプリセット。カラーはブライトシルバー、ミントグリーン、クリアホワイトの3色。(2019/6/10)

UQ mobileの「Galaxy A30」は6月14日発売 価格は3万1644円(税込)、プレゼントキャンペーンも
「UQ mobile」向けスマートフォン「Galaxy A30」が6月14日に発売される。価格は3万1644円(税込)。これを記念し、UQコミュニケーションズとGalaxyの公式Twitterアカウントをフォローし、対象ツイートをリツイートすると抽選でオリジナルグッズが当たるキャンペーンを行う。(2019/6/10)

「Pixel 3a」のコスパを検証する カメラや基本性能は「Pixel 3」とどう違う?
GoogleからミドルクラスのAndroidスマートフォン「Pixel 3a」が発売された。5万円前後でおサイフケータイや高画質カメラを搭載した、高コスパのSIMロックフリースマホとしても注目を集めている。その性能を確認すべく、ハイエンドの「Pixel 3」と比較した。(2019/6/9)

おまとめ こぐまのケーキ屋さん:
ケーキ屋さんは…そろそろスマホを持ってはいかがっスか? こぐまのケーキ屋さん(51)「すまほにむちゅう…?」
実は少しスマホに憧れていたこぐま店長です。(2019/6/9)

米大手スーパーWalmart、留守中に商品を冷蔵庫の中まで届ける配達サービス発表
配達の様子はスマホで見られます。(2019/6/8)

マツキヨグループで「PayPay」が利用可能に 最大20%還元も
スマホ決済サービス「PayPay」が6月8日から全国約1600店舗のマツモトキヨシグループのドラッグストアで利用可能に。PayPayが実施している「いつもどこかでワクワクペイペイ」の対象店舗にも加わる。(2019/6/7)

富士通、プライベートLTE対応の法人スマホ「ARROWS M359」を発表 5G端末にも意欲
富士通コネクテッドテクノロジーズが6月7日に新製品説明会を開催。キャリア向けスマートフォン新機種の特徴を紹介するとともに、法人向けの新スマホを発表した。高田克美社長は、5G端末の投入についても意欲を見せた。(2019/6/7)

「Galaxy A30」がJ:COM MOBILEから登場 SIMロックフリーで3万3600円(税別)
Galaxyは、6月7日にミッドレンジスマホ「Galaxy A30」をJ:COM MOBILEで取り扱うと発表した。Galaxyとしては初で、約6.4型のSuperAMOLED(有機EL)ディスプレイやおサイフケータイ(FeliCa)を搭載。デュアル構成の広角カメラや防水・防塵性能も備えている。(2019/6/7)

auの「Xperia 1」が6月14日発売 価格は11万2320円(税込)
auのソニーモバイル製スマートフォン「Xperia 1」が、6月14日に発売される。6.5型で4K解像度(1644×3840ピクセル)の有機ELディスプレイを搭載しており、21:9という縦長のアスペクト比が特徴。標準+望遠+超広角レンズの3眼カメラも備える。(2019/6/7)

ソフマップが買い取りアプリ「ラクウル」を提供する狙いとは? 渡辺社長に聞く
ソフマップが、2018年7月からデジタル家電などを売却できる買い取りアプリ「ラクウル」を提供している。これまで店舗を中心にリユース事業を行ってきたソフマップが、なぜスマホ買い取りアプリに挑戦したのか? 渡辺武志社長に話を聞いた。(2019/6/7)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
そのスマートスピーカー、待機電力はどれくらい? スマホで見て分かったこと
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回はスマートスピーカーが普段どれだけの電力を消費しているのか、ワットチェッカーを用いて測定した。果たして未使用時に電源をオフにする意味はあるのだろうか。(2019/6/7)

前後2カメラで録画できるドライブレコーダー「Garmin Dash Cam 46Z」、6月20日に発売
ガーミンジャパンは、6月20日にドライブレコーダー2モデルを発売。前後を録画できるフロント/リアカメラのセット「Garmin Dash Cam 46Z」と、リアカメラのみの「Garmin Dash Cam Mini」を提供する。スマホアプリで撮影した映像をすぐに確認できる。(2019/6/6)

LINE Pay内からVisaの「デジタル決済対応カード」を発行可能に、スマホ決済にも対応
LINE PayとVisaは、6月6日に戦略的包括パートナーシップ提携を発表した。「LINE Pay」内からVisaブランドの「デジタル決済対応カード」を申込み・利用可能となり、既存の「Visaカード」を「LINE Pay」に連携してスマホ決済にも利用できる。(2019/6/6)

トロがスマホにやってくる 「トロとパズル〜どこでもいっしょ〜」発表、サンリオコラボの新デザインがかわいい
もう20周年なのか……。(2019/6/6)

JR東と楽天が提携 楽天決済アプリでスイカ発行可能に
JR東日本と楽天は5日、交通系ICカード「Suica(スイカ)」を楽天のスマートフォン決済アプリ「楽天ペイ」内で来春から発行できるようにするなど、キャッシュレス分野で提携すると発表した。(2019/6/6)

主治医はスマホ 「5G」でリアルタイム診断
5Gの実用化に向けて、関西の企業や自治体が動き始めた。従来のスマホより通信速度が100倍も速くなる5Gは、過疎地と大病院とをつないだ動画診察を普及させたり、自動運転のトラクターを使った遠隔操作での農作業を可能にしたりできる。人口減少と人手不足に悩む地方での5Gの活用が、先行して始まりそうだ。 (2019/6/6)

組み込み開発ニュース:
モバイル機器のモデルチェンジに素早く対応する画像用ASIC向け自動設計ソフト
東京都市大学は、スマートフォンなどのモバイル機器に内蔵可能な小型画像用ASICを、短時間で自動設計するソフトウェアを開発した。従来と同量の情報を半分の面積に収めるとともに、書き換え時間を1000分の1に短縮した。(2019/6/6)

“Huawei問題”で世界のスマホシェアはどう変わる? 注目すべき競合メーカー
米政府による「Huaweiつぶし」といえる制裁が通信業界に大きな影響を落とし始めている。制裁がこのまま続けば、その影響はわれわれ一般消費者にも及んでくる。Huaweiのユーザーを奪う可能性のあるメーカーはどこか。(2019/6/6)

アマゾン、Huaweiスマホ直販再開 「P30 Lite」はベストセラー1位に
アマゾンジャパンは6月5日までに、HuaweiのSIMフリースマートフォンの直販を再開した。5日朝時点で、新機種「HUAWEI P30 Lite」はスマホのベストセラー1位に。端末の人気は衰えていないようだ。(2019/6/5)

Google Playの人気アプリに迷惑広告の不正プラグイン、4億件超がインストール
隠しプラグインが仕込まれたスマートフォンは、迷惑な広告がしつこく表示され電話をかけることも他のアプリを使うこともできず、ほとんど使用不能状態になった。(2019/6/5)

Huawei製スマホ、日本市場で「3分の1」に激減! 米国制裁で窮地
やはり影響は避けられなかったようだ。米トランプ政権の禁輸措置を受けた中国通信機器大手、Huaweiのシェアが、日本市場で3分の1以下に激減していることが調査会社のデータで分かった。専門家は「短期的には厳しく、中長期的にも未知数」との見方を示す。(2019/6/5)

ベルキン、最大10Wの急速ワイヤレス充電器を14日に発売
ベルキンはQi規格に対応するスマートフォンを急速充電できるスタンドタイプと平置きタイプのワイヤレス充電器を発売する。QC3.0に対応するUSB充電器と1.2mのMicro USB充電ケーブルが付属し、QC3.0対応スマホをわずか35分で80%まで充電できるという。(2019/6/5)

「予想を超えて売れている」 超小型スマホ「Palm Phone」投入の背景をFOXに聞く
手のひらに収まる超小型スマートフォン「Palm Phone」が日本に上陸した。このPalm Phoneを販売するのが、BlackBerryシリーズの日本展開を手掛けているFOXだ。BlackBerryとPalm Phoneは、一見すると正反対のコンセプトに見えるが、なぜFOXはこの端末を手掛けているのか。(2019/6/5)

日本市場:
ファーウェイ製スマホ「3分の1」 専門家「潮目が変わってきている」
米トランプ政権の禁輸措置を受けた中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)のスマートフォンのシェアが、日本市場で3分の1以下に激減していることが調査会社のデータで分かった。専門家は「短期的には厳しく、中長期的にも未知数」との見方を示す。(2019/6/5)

「iPhone 8」「iPhone 7」おすすめ手帳型ケース5選 実用性重視
今では手頃な価格のiPhoneとして人気を集める「iPhone 7」や「iPhone 8」。本体を守るためのスマホケースがあると、画面などの破損リスクを減らせます。この記事では、根強い人気のある手帳型ケースの選び方と、おすすめ商品をご紹介します。(2019/6/5)

新規契約が条件:
楽天モバイル、「楽天スーパーSALE」で10機種を最大約89%値下げ 一部機種は「タイムセール」で登場
楽天モバイルが「楽天スーパーSALE」に合わせて、スマホやケータイ計10機種を値下げ。ドコモ回線の通話SIMの新規契約者を対象に「AQUOS R compact SH-M06」「ZenFone 5(ZE620KL)」などを最大約89%引きで提供する。「LG Q Stylus」「Find X」「R17 Pro」については、最大約70%オフにするタイムセールを行う。(2019/6/4)

全キャリアの「iPhone 7」がランクイン ムスビーの2019年5月中古スマホランキング
ムスビーは、2019年5月中古携帯/スマホランキングを発表。前月に引き続き国内版SIMフリーのiPhone 7が1位となり、3キャリアのiPhone 7もラインクイン。Android部門でも引き続きドコモのAQUOS sense2 SH-01Lが人気を集め、1位を獲得した。(2019/6/4)

耳に触れるだけで通話できる指輪型デバイス「ORII」発売 2万3800円
GlotureはECサイトで人差し指を耳元に当てればスマートフォンで通話できる指輪型デバイス「ORII」を発売した。iOSやAndroidと連携でき、音声操作や通知のカスタマイズができる。価格は2万3800円(税別)。(2019/6/4)

Amazon.co.jpでHuaweiスマートフォンを販売再開
Amazonが、Amazon.co.jpでHuaweiスマートフォンの販売を再開している。新製品の「HUAWEI P30」と「HUAWEI P30 lite」も購入できる。価格(税込)はP30が7万6456円、P30 liteが3万2279円。(2019/6/4)

スマホのバーコードでAmazonギフト券残高に現金チャージ 「Amazon Cash」提供開始
Amazonが、Amazonギフト券の残高を現金でチャージできるサービス「Amazon Cash」の提供を開始。スマホに表示される専用バーコードをレジに提示し、現金で支払うと、Amazonアカウントに残高が自動追加される仕組み。1回あたり500円〜4万9000円まで1円単位でチャージ可能で、全国のコンビニエンスストアやドラッグストアなど、1万5000店舗で対応する。(2019/6/3)

位置情報ゲーム「ドラゴンクエストウォーク」は何が新しいのか?
スマートフォン向け位置情報ゲーム「ドラゴンクエストウォーク」が2019年内に配信される。現実世界がドラクエのフィールドとなり、現在地付近から目的地を決めながら冒険を進めていく。実在する「ランドマーク」も登場し、ご当地クエストも用意される。(2019/6/3)

「うちの猫がかわいすぎるから見て」 おっさん座りでスマホを見る猫ちゃんがツッコミたくなる人間っぽさ
興味がないようなあるような……?(2019/6/3)

Google直販より安い:
ドコモが「Pixel 3a」を6月7日発売 オンラインショップ価格は約4.7万円(税込)
ドコモがGoogle製スマホ「Pixel 3a」を発売。取り扱いカラーは限られるものの、オンラインショップでの販売価格はGoogleの直販よりもわずかに廉価な設定となっている。(2019/6/3)

「ドラクエ」最新作は「歩く」スマホゲーム 「ドラクエウォーク」発表
スクウェア・エニックスがスマホゲーム「ドラゴンクエストウォーク」を2019年内にリリースする。(2019/6/3)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
10倍ズームレンズを搭載したOPPO「Reno」のカメラに注目
OPPOから新ブランドのスマートフォン「Reno」が登場。最大の特徴は4800万画素カメラを搭載した「カメラフォン」であること。しかもインカメラはモーターで収納するポップアップ式。性能だけではなく、見た目も面白い注目の製品です。(2019/6/2)

「Pixel 3a」「Pixel 3a XL」の実力【前編】
4万円台で買える「Pixel 3a」 約10万円の「Pixel 3」と何が違うのか?
Googleは新たなスマートフォン「Pixel 3a」と「Pixel 3a XL」を発売した。既存のフラグシップモデルと同様の品質の製品を、より安く提供する狙いだ。(2019/6/2)

auの「Galaxy A30」、6月6日に発売 4万3200円(税込)
KDDIは、6月6日にサムスン電子製スマートフォン「Galaxy A30 SCV43」を発売する。約6.4インチの有機ELディスプレイや容量3900mAhのバッテリーを搭載。おサイフケータイ(FeliCa)やIPX8等級の防水性能とIP6X等級の防塵(じん)性能、デュアル構成の広角カメラも備える。(2019/5/31)

Spigen、Amazonタイムセール祭りでスマホアクセサリーを最大70%オフに
Spigenは、6月1日から開催される「Amazonタイムセール祭り」で人気スマホアクセサリーをセール価格で販売。iPhone/Android向けケース・ガラスフィルムやアクセサリーなど全243商品を最大70%オフで提供する。(2019/5/31)

川崎19人殺傷「容疑者の部屋にテレビとゲーム機」報道に批判の声 「ゲームが原因とでも言いたいのか」
その一方でPCやスマホ等の情報端末はなく、世間と接点がなかった点を掘り下げる報道も。(2019/5/31)

今日のリサーチ:
女子高校生の約7割は裏アカウントを所有している――デジタルアーツ調査
デジタルアーツは、未成年の携帯電話・スマートフォンの利用状況について調査しました。(2019/5/31)

液漏れグリッターケースに注意 スマートフォンケースやけどで国民生活センターが調査
国民生活センターが、液体の入ったスマートフォンケースからの液漏れに注意喚起。(2019/5/31)

2年ぶりのタフネススマホ「TORQUE G04」は何が変わった? 実機をチェック
auのタフネススマートフォン「TORQUE G04」が8月下旬に発売される。2年ぶりの新モデルは堅牢(けんろう)製やカメラ性能が強化される。5月13日の発表会で触れた実機を写真とともにレポートする。(2019/5/31)

石川温のスマホ業界新聞:
キャリアの在庫端末処分には「総務省へのお伺い」が必要――日本のスマホ市場に自由競争は存在するのか
分離プランの徹底に伴い「型落ち端末の在庫処分をどうするのか」という課題が浮上している。何と、現状では総務省に対して「お伺い」を立ててから値下げすることになっているという。総務省がそこまで口出しをする必要はあるのだろうか。(2019/5/31)

モトローラがSIMフリースマホ「moto g7」シリーズ3機種を発表 6月7日発売
モトローラのミドルレンジスマートフォン「moto g」ファミリーの第7世代モデルが日本に上陸。一定条件のもとOSのバージョンアップやセキュリティアップデートが保証される「Android Enterprise Recommended」認証を取得しており、個人だけでなく法人用途でも安心できるという。【訂正・追記】(2019/5/30)

JVCケンウッド、ミニマルデザインのBluetoothヘッドフォン「HA-LC50BT」を6月中旬に発売
JVCケンウッドがBluetoothワイヤレスヘッドフォン「HA-LC50BT」を発売する。約5.5時間の長時間再生を可能とし、安定したワイヤレス接続を実現するClass 1のBluetoothテクノロジーも採用。イヤフォン本体でスマホの音声アシスタント起動や電源・音量などの操作も行える。(2019/5/30)

Tech TIPS:
【Android】起動しなくなったスマホを強制的に初期化する
スマートフォンを廃棄する場合などに気になる個人情報の漏えい。完全に初期化した上で廃棄などを行う方がよい。ただ、起動しない場合は、初期化が難しい。そこで起動しなくなったAndroid OS搭載のスマートフォンを初期化する方法を紹介する。(2019/5/30)

2019年1〜3月の国内携帯出荷台数は前期比26.5%減に 「分離プラン」の影響も?
IDC Japanは、5月28日に2019年第1四半期(1〜3月)の国内携帯電話・スマートフォン出荷台数を発表した。合計出荷台数は前年同期比26.5%減の713.5万台で、要因はAppleのiPhone出荷台数の落ち込みとAndroidスマホの伸び悩みが考えられる。ベンダー別ではAppleが46.3%でトップを維持している。(2019/5/29)

Google Pay×iD さっそくセットアップしてみた
5月29日、Google Pay(日本向け)がNTTドコモの非接触決済「iD(アイディ)」に対応しました。早速、手持ちの「おサイフケータイ」対応スマホと「SMBCデビット」の組み合わせでセットアップしてみました。(2019/5/29)

非接触決済の「iD」がGoogle Payに対応
AndroidスマホでiD支払いが可能になります。(2019/5/29)

ポケモンの新スマホゲーム「ポケモンマスターズ」始動 歴代シリーズのトレーナーが勢ぞろい
予告映像にはカスミやタケシ、シロナの姿が。(2019/5/29)

ポケモン、「歩く」の次は「眠る」へ Pokemon GOと連携する新デバイスも登場
ポケモン社は、「睡眠」をエンターテインメント化する新たな取り組みを発表した。「Pokemon GO」と連携し、歩行や睡眠を計測できる新デバイスや、睡眠をコンセプトにした新しいスマホゲーム「Pokemon Sleep」の開発に取り組む。(2019/5/29)

ゲーム障害の広がり、医療関係者は危惧 中高生の7人に1人がネット依存
スマートフォンなどの普及で、世界各国でオンラインゲームに没頭する「重症者」が出ていることを受け、世界保健機関(WHO)は25日、「ゲーム障害」を新たな疾病と正式認定した。日本国内では中高生の7人に1人がインターネット依存症とのデータも。医療関係者はゲーム依存の広がりを危惧しており、早期の治療を呼びかけている。(2019/5/29)

モバイル決済で店舗改革:
クレカからコード決済まで 店舗が効率よくキャッシュレス対応する方法
「店舗のキャッシュレス対応」と一口にいっても、「決済サービスが多い」ことは課題の1つだ。モバイルPOSやマルチ決済サービスを使えば、1つのソリューションで複数の決済に対応できる。最近話題のコード決済も、スマホ1台で対応できるものもある。(2019/5/29)

TikTokの中国ByteDanceがオリジナルスマホ計画か──Financial Times報道
米国が中国Huaweiを締め出そうとする中、人気動画共有アプリ「TikTok」で知られる中国ByteDanceがオリジナルスマートフォンを計画していると、Financial Timesが報じた。(2019/5/28)

組み込み開発ニュース:
5Gはスマートフォンだけじゃない、クアルコム「全てをつなげるものだ」
クアルコム ジャパンは、クアルコム(Qualcomm)が展開する次世代通信技術の5G関連事業について説明。「導入が始まった5Gだが、2035年までに12兆3000億米ドルもの経済インパクトがあるという調査もある。この数字が正しいかとはともかく、5Gが非常に大きな影響を与えることだけは確かだ」(同社)。(2019/5/28)

半径300メートルのIT:
WindowsマシンとiPhoneを“力の限り併用”する方法を、仕事しながら検証してみた
仕事を支える“相棒”ともいえるPCやスマートフォン。ある日慣れた機種が突然使えなくなっても、WindowsとAppleを両方、それも同時に使うことで回復できないか――? そんな検証を全力でやってみました。(2019/5/28)

月額980円から利用可能 月額1000円の永年割引 「ケータイ→auスマホ割(s)」登場
auが、ケータイユーザーがスマホに乗り換えると永年1000円割り引く「ケータイ→auスマホ割(s)」の提供を開始する。一定条件を満たせば、申し込み翌月からの1年間の月額料金が980円(税別)からになるという。(2019/5/27)

スマホによる肩こりを解消したい スマホ用座席「スマホシート」、沖縄の珈琲店が導入
全国に広まって欲しい。(2019/5/27)

スマホ向け「ドラゴンクエスト」新作の発表会、6月3日開催
堀井雄二さんも登場。(2019/5/27)

人とくるまのテクノロジー展2019:
ブロックチェーンでスマホをクルマの鍵に、アルプスとアルパインの連携で実現
アルプスアルパインは「人とくるまのテクノロジー展2019 横浜」(2019年5月22〜24日、パシフィコ横浜)において、ブロックチェーンを用いたクルマ向けのデジタルキーを展示した。物理的なキーを使わないことで、クルマの貸し借りやカーシェアリングの利便性を向上させる。ブロックチェーンを用いることで、デジタルキーの管理や維持にかかるコストを低減する。(2019/5/27)

モバイルバッテリーおすすめ5選 大容量からコンパクトまで(2019年版)
外出先でスマートフォンの充電が切れそうになったとき、「モバイルバッテリー」を持っていると安心です。この記事では選ぶ上で重要なポイントと、それを踏まえたオススメのモバイルバッテリーをご紹介します。(2019/5/26)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
韓国で見かけたスマホ「Be Y」はコスパ重視のHuawei端末
韓国で加入者シェア2位の通信事業者、KTのショップでHuaweiのスマートフォンを見かけました。型番は「Be Y3」で、他の国では聞かない名称です。実はHuaweiは韓国で独自のモデル名を展開しており、このBe YはKT向け品となります。(2019/5/26)

「ゆうちょPay」を使ってみた どんなメリットがある? 不満点は?
ゆうちょ銀行は5月8日にコード決済サービス「ゆうちょPay」を開始した。スマホアプリからQRコードを提示すれば、ゆうちょ銀行の口座から決済金額が即時引き落とされる。早速使ってみたので、利用方法や所感をまとめた。【訂正】(2019/5/26)

DAISO(ダイソー)が5月27日から「PayPay」を順次導入 まず広島の2店舗から
100円ショップのDAISO(ダイソー)が、スマホ決済サービス「PayPay」を順次導入。全国の3367店(一部店舗を除く)で使えるようになる見通しだ。(2019/5/24)

「HUAWEI P30/P30 lite」、一部量販店やAmazon.co.jpでも販売見合わせ
キャリアやMVNOが続々と販売を見合わせているHuaweiスマートフォンの新モデル。一部の量販店も、5月24日に発売されたSIMロックフリーの「HUAWEI P30」と「HUAWEI P30 lite」の販売を見合わせている。Amazon.co.jpも同様に販売を見合わせている。(2019/5/24)

アマゾンジャパン、Huawei製品の直販を停止 「OSなどに懸念」
アマゾンジャパンが、Huawei製のスマートフォンなどの直販を停止。5月24日現在、個人や業者が出品する「マーケットプレイス」では購入可能だが、製品ページに「本製品はOS等についての懸念が発生しています」と注釈を付けている。(2019/5/24)

楽天モバイルの機種変更キャンペーン、対象10モデルが通常価格から6000円割引に
楽天モバイルは、5月24日から「人気スマホへおトクに機種変更キャンぺーン」を実施。現在サービスを利用中のユーザーを対象に、対象スマホへの機種変更を通常価格から6000円割引する。ラインアップは「AQUOS zero SH-M10」「AQUOS R2 compact SH-M09」「AQUOS sense2 SH-M08」などで、オンライン・店舗で受付を行う。(2019/5/24)

Huawei日本法人「スマホ新端末に影響なし、安心して購入・使用を」と声明
GoogleがHuaweiとの取り引きを停止したと伝えられ、HuaweiのAndroidスマートフォンへの影響が懸念されている問題で、Huawei日本法人は5月23日、「発売済み・発売予定のスマートフォンやタブレットについて、使用やセキュリティアップデート、アフターサービスなどが影響を受けることはない。安心して購入・使用してほしい」との声明を出した。(2019/5/24)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
低価格で良スペックのミッドレンジ「Galaxy A30」をソウルでチェック
Samsungのスマートフォンはミッドレンジの「Galaxy A」シリーズも人気です。その中でも日本でも発売が決まった「Galaxy A30」が一足先に韓国で発売されました。実際に触ってみると、質感や仕上げの高さはさすがSamsungといえる出来で、安心して使えます。(2019/5/24)

スマホ1台でアバターまとってカラオケできる機能、生配信アプリ「Mirrativ」に実装 楽曲はJOYSOUND提供
でVtuberのようなトークができるバーチャル配信機能「エモモ」の拡張コンテンツ。(2019/5/24)

今日のリサーチ:
博報堂DYメディアパートナーズ「メディア定点調査2019」 スマホ接触時間は1日117.6分に
メディア総接触時間は初の400分台、過去最高の411.6分に。(2019/5/24)

似合うかニャ スマホアプリ「Snapchat」でオス猫さんが金髪美女に変身してしまう
猫の猫化にも挑戦しました。(2019/5/23)

下取りサービスの利用意向は61.6% 期待は「データ消去」「下取り金額が高いこと」など MMDの中古端末市場調査
MMD研究所が「2019年日本とアメリカにおけるスマートフォン中古端末市場調査」の結果を発表。携帯電話端末の下取りサービス利用意向は、日本は61.6%、米国は70.0%に。サービスへの期待上位は日米共に「端末データが消去されること」「下取り金額が高いこと」「手続きが簡単であること」となった。(2019/5/23)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。