ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「クラウド」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「クラウド」に関する情報が集まったページです。

IT課題とクラウド使用状況に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で5名様にAmazonギフト券(5000円分)をプレゼント。(2021/1/21)

PR:小さい、静か、遠隔操作可能――テレワーク時代のタワー型サーバ「PowerEdge T140」がお勧めの理由
サーバと聞くと、データセンターなどのラックマウントやブレードタイプを思い浮かべるかもしれないが、実は一般的な企業で数多く使われているのがタワー型サーバだ。ここでは、タワー型サーバ選びのポイントと、それらを網羅したデル・テクノロジーズの「PowerEdge T140」のお勧めポイントをまとめた。(2021/1/21)

中堅企業の在宅勤務に関する調査レポート:
PR:在宅勤務の業務効率を上げるには? 最新の調査レポートから考える
新型コロナウイルス感染症の拡大防止を目的として、2020年7月に政府から在宅勤務を含むテレワークで働く社員の割合を7割まで高めるよう要請が出された。従業員100〜1000人規模の中堅企業の在宅勤務の導入は進んでいるのか、2020年12月にその実施状況について実態調査した結果、在宅勤務の導入が十分に進んでいない、または課題を抱えながら実施している現状が浮き彫りになった。(2021/1/22)

千葉県教委と日本マイクロソフトが「連携協定」を締結 県立学校におけるICT活用と教員の授業力向上に注力
千葉県教育委員会と日本マイクロソフトが、千葉県立学校におけるICT活用と教員の授業力向上に関する連携協定を締結した。4月をめどに千葉県立学校の全ての生徒や教職員を対象に「Microsoft Teams」を導入する他、主に教職員の仕事をICTで支援する環境の整備を進める。(2021/1/22)

個人開発者はRed Hat Enterprise Linuxを無料で最大16システムまで利用可能に 本番環境もOK
米Red HatがRed Hat Developerプログラム」を拡大。個人開発者には無料で最大で16システムまでを本番環境でも利用可能にする。顧客のシステムを開発する開発チームも登録可能にする。(2021/1/22)

AWSをElasticが名指しで非難 ElasticsearchとKibanaのライセンスを、AWSが勝手にマネージドサービスで提供できないように変更へ
オランダに本社を置くElasticが、オープンソースで開発してきたElasticとKibanaのライセンスを変更。AWSが勝手にElasticsearchとKibanaをマネージドサービスとして提供できないようにした。その理由とは?(2021/1/22)

4歩行ロボ+3Dマップで公園管理を自動化 NTTコムウェア、平城京跡で実験
4足歩行ロボットと画像認識AI、3Dマップなどを活用し、広大な公園の維持管理を効率化・自動化する「自動巡回点検検証」の実験が、奈良市・平安京跡の「平城宮跡歴史公園」で始まる。(2021/1/22)

歴史公園スマートチャレンジ:
4足歩行ロボで平城宮を巡回 NTTコムウェアが社会実験
エヌ・ティ・ティ・コムウェアは1月21日、国営平城宮跡歴史公園(奈良市)で4足歩行ロボットと画像認識AIなどを活用した「自動巡回点検検証」を2月から実施すると発表した。(2021/1/22)

中小企業にテレワーク環境を導入、運用代行も シスコとDISがパッケージを提供開始
ダイワボウ情報システム(DIS)とシスコシステムズは、中堅中小企業向けに「iPad × Cisco Meraki楽々テレワークパッケージ」を提供開始する。テレワークに必要なデバイスやWeb会議システム、リモートアクセス環境と併せ、導入支援/運用管理代行までトータルで支援する。(2021/1/22)

日本オラクル 三澤新社長インタビュー【前編】:
「絶対に落ちてはいけないシステム」のクラウドシフト加速へ 日本オラクル三澤社長“強気の戦略”を語る
2020年12月、日本オラクルの社長に三澤智光氏が就任した。同社で長年主力のデータベース事業やクラウド事業に関わり、一度は競合の日本IBMでクラウド事業を率いた経験を持つ同氏が、就任後すぐに打ち出したのが新たなクラウド戦略だ。社会を支えるシステムを支えるベンダーの責任が増す中、あえて大規模な組織のニーズを狙う“強気”はどこから来たのか。その背景や今後の方向性について聞く。(2021/1/22)

マスクをした画像を学習させる:
マスク着用でも高精度に顔認証、富士通研が開発
富士通研究所は2021年1月21日、顔認証と手のひら静脈認証を組み合わせて本人を特定する「マルチ生体認証技術」において、マスクを着用していても、マスク着用なしと同等レベルとなる99%以上の高精度で本人を特定できる技術を開発したと発表した。(2021/1/22)

日立、「JP1」新バージョンを発表 SaaS型も提供予定
日立は、統合システム運用管理基盤の最新版「JP1 V12.5」の販売を開始する。同基盤の一部機能をSaaSで提供する「JP1 Cloud Service」も提供を開始する予定だ。今回のバージョンアップは、システム状況に応じて最適な対処手順を提案する機能などを追加した。(2021/1/22)

CEATEC 2020:
BASにも活用可能な三菱電機製AIの最新動向、逆強化学習技術で機械が人の動きを模倣
三菱電機は、2017年に効率的なエッジコンピューティングを実現するAI技術「Maisart」を開発した。以降、ビル用マルチエアコン「グランマルチ」の効果的な起動や下水処理場向けの曝気量制御技術で活用している。現在は、Maisartを用いた逆強化学習技術で、スムーズに無人搬送機などの機械が人の操作を模倣できるか検証を進めている。(2021/1/22)

頭脳放談:
第248回 AMDのデータセンター向けプロセッサ「AMD EPYC」は「お、ねだん以上」?
AMDからデータセンター向けプロセッサ「AMD EPYC」の第2世代が発表された。1つのパッケージに64個のx86コアが含まれているという。Intelのデュアルプロセッサ構成のサーバよりも、1プロセッサで高い性能を発揮するという。巨大なデータセンター市場における戦国時代の幕開けか?(2021/1/22)

「VMware Horizon」トラブルの原因と対策【後編】
VMware Horizonのブラックスクリーン問題を招く「ファイアウォール」「画面転送プロトコル」「VRAM」の問題
ファイアウォールや画面転送プロトコル、VRAMの設定によっては、「VMware Horizon」の仮想デスクトップが利用できなくなる「ブラックスクリーン」問題が発生することがある。これらの問題を説明する。(2021/1/22)

安価でも高品質:
PR:コロナ禍でも受注率2倍以上に! 1件12円の“問い合わせフォーム送信”が、新規営業を改善する理由
(2021/1/22)

PR:映像スタジオの悩みも解決! QNAPのソリューションで大容量データの共有も快適に!
動画コンテンツはリッチ化が進んでいる。コンテンツと同様に制作環境もリッチになる訳だが、そうなると、スタッフ間のデータのやりとりが作業上のボトルネックとなりうる。データのやりとりに悩んでいるのなら、QNAPの映像スタジオ向けのソリューションをぜひチェックしてみてほしい。(2021/1/19)

PR:変わるワークスタイル 増えるオフィスの困りごと――エプソンのプリンターやスキャナーで解決しよう!
働き方改革に加え、新型コロナウイルスの影響で、ビジネスにおける「ニュー・ノーマル」が急速に浸透してきた。それに伴い、オフィスでも新たな課題が見えてきた。新しい時代の働き方を支援するエプソンのプリンター、複合機やスキャナーをチェックしてみよう。(提供:エプソン販売株式会社)(2021/1/22)

コロナ禍でのクラウド利用 世界規模で拡大するも日本は最下位――トレンドマイクロ調べ
コロナ禍で世界の企業の約9割でクラウド利用が加速しているものの、「プライバシー/セキュリティ」や「データアクセス」に不安を抱く企業が少なくないことも分かった。一方、日本のクラウド利用率は世界28カ国・地域のうち最低だった。クラウドの有効活用に向けて検討すべき課題や対策とは?(2021/1/21)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供ホワイトペーパー
二層構造のIT環境から脱却するために、データセンター変革をどう進めるか
IT部門には、新たなテクノロジーをサポートするための柔軟なインフラ構築が求められる。パブリッククラウドこそ環境整備が進むものの、オンプレミス環境の多くは変革から取り残されている。この二層構造を脱却する方法はあるのだろうか。(2021/1/22)

コロケーションとクラウドの「うるさい隣人」対策【前編】
コロケーションでの傍若無人な「うるさい隣人」問題を防ぐ5つの対策
リソースを大量に消費するワークロードは、他のワークロードのパフォーマンス低下や停止を招く可能性がある。コロケーションサービス使用時に、こうした「うるさい隣人」問題に対処するための方法を示す。(2021/1/21)

テレワーク環境の提供【前編】
時代後れのVPNに代わるネットワークの構築
テレワークの常態化を前提とすると、VPNは制約が多過ぎる。ニューノーマル時代のネットワークに必要な技術は何か。(2021/1/21)

NTT、テレワーク中のストレス見守りサービス リストバンド型デバイスを装着
NTTPCコミュニケーションズが、リストバンド型デバイスでテレワーク中の従業員の心的ストレスを計れるサービスを3月から提供する。(2021/1/20)

コロナ禍でのクラウド導入、日本は世界28カ国で最下位 「IT投資をコストと考えがち」
トレンドマイクロが、「コロナ禍でクラウドの活用が進んだ」と答えた日本法人の割合は、28の国と地域の中で最下位とする調査結果を発表した。(2021/1/20)

ISMAP対応へ、Citrixが日本向けクラウド「Citrix Cloud Japan」の提供を開始
シトリックスは、日本国内の専用環境で提供するクラウドサービス「Citrix Cloud Japan」を開始した。政府の情報セキュリティ基準「ISMAP」準拠を見据えた高セキュリティ、高可用性を備える。併せて、同クラウド上で利用できる仮想化アプリケーション/デスクトップのSaaSサービスも提供する。(2021/1/20)

GM傘下の自動運転Cruise、Microsoftなどから20億ドル調達 Azure採用
MicrosoftがGM傘下の自動運転システム企業Cruiseとの提携と同社への新規株式投資を発表した。Cruiseはクラウドプラットフォーム「Azure」を採用し、自動運転車の商品化を推進する。Microsoftやホンダなどからの20億ドル超の出資により、Cruiseの評価価値は約300億ドルになる。(2021/1/20)

導入事例:
東京建物らオフィスの個別空調をAIで自動化、温度ムラの解消と約5割のエネ削減
東京建物、TOKAIコミュニケーションズ、内田洋行は、オフィスの個別空調をAIで自動化する実証実験を行った。その結果、夏期の温度ムラ解消と秋期には約5割の消費エネルギー削減を達成した。(2021/1/20)

基幹システムのクラウド移行をワンストップで支援 日立が3つの新サービスを提供
日立は、基幹システムのクラウド移行に向けた戦略策定からシステムの移行や構築、運用までを支援する3つの新たなサービスを提供する。同社がこれまで培ってきたクラウド移行のノウハウや、移行後の運用を容易にするコンテナ技術などを活用する。(2021/1/20)

ドローン:
NTT東日本らがインフラ点検扱うドローン会社を設立、2021年度の売上目標は10億円
NTT東日本やオプティム、WorldLink & Companyが設立したNTTe-Drone Technologyは2021年2月1日に事業を開始する。今後、NTTe-Drone Technologyは、市場の成長が予測されているインフラ点検と農業の分野でドローンビジネスを展開し、2021年度中に売上10億円を目指す。(2021/1/20)

AWS、Azure、GCPのDRaaS【中編】
「CloudEndure」「Azure Site Recovery」とは? AWSとAzureの主要DRaaS
災害時に備えた予備のインフラをクラウドサービスとして利用できる「DRaaS」。主要クラウドベンダーのうち、Amazon Web ServicesとMicrosoft Azureの主要なDRaaSを取り上げる。(2021/1/20)

TechTarget発 世界のITニュース
クラウドDWHのFireboltが約3700万ドル調達 売りの「高速処理」の中身とは?
MicrosoftやGoogleなど既存のクラウドDWHベンダーの競合となるFireboltが、約3700万ドルの資金を調達した。同社が競合との差異化ポイントとしてアピールする「高速処理」の中身とは。(2021/1/20)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
大容量でも場所にかかわらずデータ活用、新時代のエッジコンピューティングとは
データ量の急増が依然として続く中、データ管理が規模と地理の両面で変化したことでエッジコンピューティングに新たな課題が浮上している。新しいデータの時代における要件を解説するとともに、有力なソリューション群を紹介する。(2021/1/19)

PR:量子コンピュータ活用、NECと東北大監修で外部エンジニアたちが速習 専門家が舌を巻く“猛者”も現る
(2021/1/21)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
急増するエッジでのデータ生成、インサイトを引き出す環境整備のポイントは?
データの中心は、データセンターやクラウドからエッジへと移りつつある。ただ、1つの場所に固定されず、常にストリーミングされており、有効な保存期間が数秒というデータも取り扱うエッジのデータ運用はなかなかに難しい。(2021/1/19)

製造業IoT:
PR:Lumadaと5Gの融合で何が起こるのか、社会イノベーションが加速する
商用サービスが始まった5Gだが、その価値はコンシューマー向けのみならず製造業や公共、社会インフラといった分野のデジタルトランスフォーメーション(DX)の実現についても期待されている。日立グループは、デジタルイノベーションを加速するソリューションLumadaと5Gを融合したLumada×5Gによって、クラウドとエッジに分散するデータから価値を創出し、生産・運用の効率化や安全・快適な移動、暮らしやすい街づくりなどを実現していく。(2021/1/20)

TEジャパン 社長 松井啓氏:
PR:ボーダレス化に対応する「ONE TEジャパン」 ―― 花ひらく1年に
TE Connectivityの日本法人であるタイコ エレクトロニクス ジャパン(以下、TEジャパン)は、ビジネスのボーダレス化に対し、『ONE TEジャパン』をスローガンに掲げ、事業部間の連携強化とそのための組織作り、グローバルな人材の育成に取り組んでいる。2021年1月1日付でTEジャパンの新社長に就任した松井啓氏は、「ONE TEジャパンというマインドセットが花開く年にしたい。そのために、応援団長として社員を全力でサポートしていく」と意気込みを語る。(2021/1/20)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
デジタルによる業務の生産性向上とセキュリティ強化の両立がゼロトラスト最大の目的――NRIセキュアテクノロジーズ 鳥越真理子氏
コロナ禍により業務の「オンライン化」が待ったなしで進む中、オープンで、デジタルな業務様態において、どのように生産性の向上と情報セキュリティの確保を両立させるか。注目を集めるゼロトラストの概要や導入するメリットなどを紹介する。(2021/1/20)

全てのサーバを1つのコンソールで:
PR:「データセンター規模のサーバ群」も直感的に管理 これからのITインフラ管理術
社会情勢の変化で「ニューノーマル」な働き方が求められているが、それはITインフラの運用管理も同様だ。とはいえ、データセンターなどで大量のサーバを管理している運用担当者にしてみれば「そんなことより目の前の作業」だ。運用の自動化を進め、複雑化するシステムの管理にかかる手間を減らし、運用担当者の新しい働き方を実現するためにはどういった方法があるのか。(2021/1/19)

オフィス空調をAIで一括管理 消費電力を約半分に 東京建物など3社が実験
東京建物など3社が、39台の空調機をAIで一括管理し、オフィスの室温を自動調節する実験を行った。その結果、消費電力を約半分に減らす効果が得られたという。(2021/1/19)

オープンインフラが主流に:
Googleが予測する2021年のデータとクラウドの動向とは
Googleは2021年に留意すべきデータ分野とクラウド分野の6つの動向について公式ブログで解説した。クラウドのメリットがコストだけではないことや、セキュリティ基盤としても重要であることが分かる。(2021/1/19)

アイロボットがプログラミング教育用ロボ発売 アプリで機能をカスタム 走って光って音も鳴る
アイロボットジャパンが、プログラミング教育向けロボット「Root」を発売する。専用アプリで「走る」「点灯する」といった動作をプログラムできる。価格は2万9800円。(2021/1/19)

TechTarget発 世界のITニュース
Arcserveが3PB超のバックアップ機 搭載するSophosセキュリティ製品の用途は?
Arcserveのバックアップアプライアンス「Arcserve X Series Appliance」は、ストレージ容量を3PB超まで拡張できる。特徴はSophosのセキュリティ製品「Intercept X Advanced」を利用できることだ。その用途は。(2021/1/19)

AWS、Azure、GCPの「SaaS連携ツール」の違い【中編】
「Logic Apps」「Pub/Sub」――SaaS連携に使えるMicrosoftとGCPの主要ツール
MicrosoftやGoogleは、SaaS連携のためにどのようなツールを提供しているのか。両社の主要ツールとそれらの特徴を説明する。(2021/1/19)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
ゼロトラストで目指すのは、快適に、安心して、楽しく働ける職場を支えるIT基盤――日清食品グループの挑戦
コロナ禍以前より取り組んでいる在宅勤務を支えるIT施策の前提となる日清食品グループのゼロトラストセキュリティ。その考え方、取り組みの現状、さらに目指すその先について紹介する。(2021/1/19)

プライバシー保護にAIを生かす【第4回】
AI×データプライバシーが実現する「異常検出」「応対自動化」「消費者知識の強化」とは
データプライバシー管理に関わる業務を効率化し得るのがAI技術だ。どのような用途があるのか。(2021/1/19)

2021年2月にオンラインで開催:
「ISSCC 2021」の注目論文、Samsungの3nm GAA SRAMなど
2021年2月13〜22日にオンラインで開催される、半導体業界最大級の国際学会「ISSCC 2021」。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で今回は全てのセッションをオンラインで行う。会期以降も同年3月31日までオンデマンドで聴講が可能だ。今回は、注目論文を紹介する。(2021/1/18)

空気環境を可視化して換気の目安を通知 +Styleが「まもセンサーAir」発売
+Styleは、空気環境を可視化するデバイス「まもセンサーAir」を発売。CO2/温湿度センサーを搭載し、換気の目安を3段階の「緑・黄・赤」で分かりやすく表示する。(2021/1/18)

確定申告をスマホで完結 freeeが「電子申告アプリ」無償公開
freeeが、スマートフォンでの確定申告の電子申告に対応する「電子申告アプリ」を無償公開した。同社のアプリ「会計freee」と組み合わせて使うと、書類の作成から提出までがスマホで完結する。(2021/1/18)

freeeがスマホ用e-Taxアプリをリリース、「おうちで確定申告」を推進するワケ
クラウド会計ソフトを提供するfreeeは1月18日、電子申告専用のスマホアプリの提供を開始した。同社の会計ソフト「会計freee」を使用しているユーザーなら無料で利用できる。2月16日から確定申告の受け付けが始まるが、コロナ禍の中、人が押し寄せる会場に行くことなく確定申告を済ませたいというニーズに応える。(2021/1/18)

ネイティブなブロックチェーン表や永続性メモリのサポート:
Oracle、「Oracle Database 21c」をOracle Cloudで提供開始
Oracleは、コンバージドデータベースの最新バージョン「Oracle Database 21c」を「Oracle Cloud」で提供開始した。Oracle Database 21cでは、200を超える新しいイノベーションが導入された。Oracleのコンバージドデータベース戦略にのっとった製品だ。(2021/1/18)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。