ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「オンプレミス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

CADニュース:
オンプレミスのIT環境を従量課金制で提供する新サービス
Hewlett Packard Enterpriseは、オンプレミスのIT環境を従量課金制で提供する「HPE GreenLake cloud services」の新サービスとパートナーシップを発表した。さまざまなリモートワーカーに対応した最適なソリューションを提供する。(2021/1/5)

プレミアムコンテンツ:
企業が「脱クラウド」「オンプレ回帰」に踏み切る理由
クラウドサービスからオンプレミスのインフラにシステムを戻す「脱クラウド」。あるワイン醸造所が脱クラウドに踏み切った理由と、オンプレミス回帰に必要なハードウェア選びのポイントを説明する。(2021/1/5)

ソフトバンク株式会社提供Webキャスト:
DXを見据えたクラウド活用へ、ユースケースに見るサーバやネットワークの要件は
IaaS、PaaS市場が世界的な規模で活況を呈している一方で、オンプレミスのシステムやワークロードのクラウド移行に関する懸念も根強い。クラウド移行で顕著な成果を挙げたユースケースから、その懸念を解消するためのヒントを探る。(2020/12/23)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(131):
ハイパーコンバージド向けOS「Azure Stack HCI」正式リリース、Azure機能をオンプレミスに拡張
Microsoft Azureのサービスとして提供される、最新のハイパーコンバージドインフラストラクチャ(HCI)向けオペレーティングシステム(OS)である「Azure Stack HCI」が正式版となり、一般提供が始まりました。(2020/12/22)

自社運用計算環境と同じ使い勝手:
オンプレミスとクラウドを安全に連携したAI開発環境、産総研が汎用プロトコルだけで構築
産業技術総合研究所は日立製作所と共同で、オンプレミスとクラウドに構築した異なるシステムを安全に連携させたハイブリッドクラウドのAI開発環境を構築した。この環境に向けた汎用プロトコルだけを利用したジョブデータ管理技術も開発した。(2020/12/17)

TechTarget発 世界のITニュース
Next Pathway、オンプレミスDWHのクラウド移行を支援する「Crawler360」を発表
Next Pathwayは新たなツール「Crawler360」を発表した。「Netezza」「Teradata」などのオンプレミスのDWHやデータレイクからクラウドサービスへ移行する際の影響やコストなどを把握しやすくする。(2020/12/17)

ニコニコ動画、ストレージをオンプレから変更 運用コストを9割削減
KADOKAWAグループが、ニコニコ動画で使うストレージをオンプレミスのストレージから米RSTOR社の「RSTOR」に変更する。現行の体制から運用コストを9割削減できる見込みという。(2020/12/10)

AWS re:Invent 2020:
ラズパイでもAWS互換のコンテナ環境を作れる「Amazon ECS Anywhere」発表 AWSがハイブリッド/マルチクラウド対応へ踏み出す
AWSが「Amazon ECS Anywhere」を発表。AWSで使われているクラウド基盤ソフトウェアをオンプレミスや他社のクラウドなどで実行できる。Raspberry Pi上でも実行可能。AWSがハイブリッド/マルチクラウド対応へ踏み出した。(2020/12/8)

サービスとしてのストレージ「STaaS」【後編】
クラウドストレージと「オンプレミス型STaaS」の決定的な違いとは?
クラウドストレージの課題はオンプレミス型の「STaaS」(Storage as a Service)で解消できる可能性がある。クラウドストレージとオンプレミス型STaaSの違いを解説する。(2020/12/8)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
オンプレミスのデータ管理・分析を効率化する「CDP Data Center」設計ガイド
分散するデータとデータ中心型ワークロードを管理するには、それらを統合し、一元的なデータ管理・活用を可能にするデータ基盤が欠かせない。オンプレミス環境で有力な導入候補となる「CDP Data Center」を例に、そのポイントを見ていこう。(2020/12/4)

サービスとしてのストレージ「STaaS」【前編】
「STaaS」(Storage as a Service)とは? 従量課金型のストレージサービス
「ストレージをサービスとして利用する」と聞くとクラウドサービスを連想しがちだ。だが「Storage as a Service」(STaaS)はオンプレミスのインフラでも利用できる。STaaSとは何か。どのようなメリットがあるのか。(2020/11/20)

オンプレミスでデータ分析:
PR:機械学習に専念したい人たちのための「ツールとしてのITインフラ」とは
「全ての企業でデジタルトランスフォーメーション(DX)が必須、それにはクラウドシフトが最適解」――。だが、企業にはオンプレミスでデータ分析や機械学習を行うニーズが厳然として存在する。とはいえ、ビジネスのスピードに対応するアジリティが必要なことは、クラウドだろうとオンプレミスだろうと違いはない。それを実現するためのキモとなる管理の自動化について、アイティメディア @IT編集部の三木泉が、デル・テクノロジーズの岡野家和氏および相場宏二氏に聞いた。(2020/11/18)

教職員1万2000人超に使わせたい:
PR:情報共有基盤は“人気SaaS”の取り込みでここまで変わる 京大の挑戦
老朽化したオンプレミスのグループウェアをクラウドファーストでリプレイスした京都大学。教職員の要望に応えて作り込みまくった旧基盤を捨て、SaaSありき、カスタマイズはあえてしない方針を貫いたIT企画室の狙いを聞いた。(2020/11/16)

クラウドだけに絞る必要はない:
PR:クラウドの運用モデルをオンプレミスへ、どちらも上手に使う方法とは?
「パブリッククラウドだけが正解」という偏った考え方は影を潜め、ハイブリッドクラウドを基本に据える企業が増えてきた。次に実行すべきなのは「クラウドとは場所の問題」という考え方を捨て、ハイブリッドクラウドを戦略的に活用することだ。これを具体的に支援してくれる取り組みとは。(2020/10/30)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供ホワイトペーパー
2000ユーザーのVDIを再構築、三井住友DSアセットマネジメントのインフラ刷新術
Windows 10への移行やテレワークへの対応を視野に、VDIの全面的な再構築に取り組んだ三井住友DSアセットマネジメント。DaaSではなくオンプレミスでの構築を決断した同社が選んだ、新たなインフラとストレージとは?(2020/11/2)

サントリー、国内の全サーバ1000台をAWS移行 データセンター解約で「身軽になった」
サントリーは2020年7月までに、国内の全サーバ(1000台超)をオンプレミスからAWSに移行したと明らかにした。今後は海外のグループ企業でもAWSへの移行を進め、ITインフラを統合管理する方針。(2020/10/28)

緊急時を見据えたニューノーマル
「VDI」刷新の事例で解説 コストバランスの良いテレワーク環境とは
テレワークを支えるITインフラの一つ「VDI」。オンプレミスとクラウドのどちらで構築するのか、どれくらいのユーザー数を見積もるべきかなど、検討すべき問題は少なくない。どう設計すればコストバランスの良いVDIになるのか。(2020/11/4)

「守りの自動化」と「攻めの自動化」を融合:
PR:既存システムとクラウドネイティブを別々に自動化していませんか
2020年9月14〜18日に開催された「ITmedia DX Summit Vol.5」のDay1「運用自動化・自律化・リモート」のセッションにNEC サービス&プラットフォームSI事業部 プロジェクトマネージャー 吉田功一氏が登壇。「システム構築・運用の自動化を効率化の手段から攻めの武器に繋げる方法」と題して、オンプレミスとクラウドという2つの領域で進められてきた自動化の取り組みを一つに融合、クラウドネイティブへの対応を加速させる手法を紹介した。(2020/10/12)

今日のリサーチ:
DX推進のためのエンタープライズコンテンツ管理(ECM)にはハイブリッドクラウドが有効――OpenText調査
この調査ではコンテンツの保管、管理、コラボレーションに関わるユースケースを対象に、クラウドとオンプレミスを組み合わせた、ハイブリッド・インフラストラクチャの使用を検証しています。(2020/10/9)

Kong Digital Summit 2020:
KongがAPI管理やサービスメッシュをマルチクラウドで統合するサービス「Kong Konnect」を発表
Kongは、モノリシック/マイクロサービス、Kubernetes/仮想マシンと、多様なアプリケーション形態とオンプレミスやパブリッククラウドなど多様な稼働場所に対応し、API管理やサービスメッシュを一括制御できる「Kong Konnect」をプライベートβとしてリリースしたと発表した。(2020/10/9)

IT製品の消費モデルも変革の時
IT製品の“新たな利用法”によって、企業のIT投資はどう変わるか
クラウド全盛の今、さまざまなシステムやインフラが「as a Service」化され、手軽に利用できる時代となった。一方で、HCIなど今もなおオンプレミスでの運用を余儀なくされるものもある。(2020/10/8)

クラウドニュースフラッシュ
情報漏えいの“真犯人”は「クラウドサービスの設定ミス」だった?
クラウドサービスと情報漏えいの関係を示す調査結果や、オンプレミスのインフラで「SAP HANA Enterprise Cloud」を動かす新サービスなど、クラウドに関する主要なニュースを6本取り上げる。(2020/9/30)

クラウドデータベースの選び方【第4回】
レガシーアプリのDBMSを「クラウドデータベース」に移行させる賢い方法
オンプレミスのインフラで稼働させているレガシーアプリケーションをクラウドサービスに移行させる際の課題が、DBMSの移行だ。移行先として「クラウドデータベース」を選ぶ場合、失敗しないためには何をすべきか。(2020/9/25)

プレミアムコンテンツ:
クラウドERP移行企業がオンプレミスERPに回帰する理由
クラウドERPには多くの魅力があるが、全ての企業にとって有用とは限らない。自社のニーズにクラウドは時期尚早だったと判断して、従来のオンプレミスERPに戻した企業もある。なぜ回帰を決断したのか。(2020/9/23)

Ignite 2020:
Microsoftが構築したVMware環境「Azure VMware Solution」、正式サービス開始
米Microsoftが「Ignite 2020」で、「Azure VMware Solution」の正式サービス開始を発表。Microsoftが設計、構築、運用、サポートを行い、VMwareによる認定と推奨を受けた、Microsoft Azure上のVMware環境。顧客は、既存のオンプレミスやデータセンター上に構築されたVMware環境のシステムなどを容易にMicrosoft Azureへ移行できる。(2020/9/23)

デル・テクノロジーズ株式会社提供Webキャスト:
「クラウドだから安心」ではない? AWSでのデータ損失を防ぐバックアップ術
AWS(Amazon Web Services)やMicrosoft Azureでオンプレミスと同等の高可用性を実現するには、利用環境によっては一定の作り込みが必要となる。この手間を運用の自動化によって削減できるという、SaaS型外部サービスの有効性とは?(2020/9/23)

コロナ禍の大学ERP導入事例【中編】
「SAP S/4HANA」導入大学のSIer選びと“脱オンプレミス”の決め手とは?
「SAP S/4HANA」を活用して基幹システムの刷新に取り組んだペンシルベニア州立大学。システムインテグレーターやインフラの選定をどう進めたのか。その決め手は。(2020/9/23)

「OPEX」での導入に合理性
ストレージの「サブスクリプション」「従量課金」がオンプレミスでも広がる理由
クラウドストレージの魅力の一つは、従量課金型の継続課金で導入できることだ。この料金体系は、いまやオンプレミス製品でも当たり前の選択肢になりつつある。(2020/9/18)

クラウドデータベースの選び方【第3回】
オンプレミスDBMSをやめて「クラウドデータベース」に移るべき企業の特徴
データベース管理システムの機能をクラウドサービスとして利用できる「クラウドデータベース」への移行が適している企業は、どのような企業なのか。その条件を説明する。(2020/9/18)

最新技術の導入と高可用性を同時に実現
「IBM AIX」をそのまま使いつつクラウドのメリットを得る方法
オンプレミスのレガシーシステムが長い間稼働する最大の理由は「システムの安定性」だ。このメリットを維持しながら、AIやIoTといった最新技術を導入しやすいクラウドに移行するにはどのような方法があるのか。(2020/9/23)

「Azure VMware Solution」と「VMware Cloud on AWS」を比較【後編】
「Azure VMware Solution」「VMware Cloud on AWS」のどちらを選ぶべきか?
VMware製品をクラウドサービスで利用できる「Azure VMware Solution」と「VMware Cloud on AWS」。オンプレミスのインフラからクラウドサービスへアプリケーションを移行させるときは、どちらを選べばよいのか。(2020/9/10)

主要ベンダーの「DBaaS」を比較【後編】
AWS、Microsoft、Google、Oracleの「DBaaS移行サービス」を機能で比較する
「DBaaS」(Database as a Service)の主要ベンダーは、オンプレミスのDBMSからDBaaSへの移行を支援するサービスを提供している。各社の移行サービスを確認していこう。(2020/9/9)

米国防総省も使うIT運用管理ベンダーが語る:
アプリケーションの管理、監視業務を「脱ベテラン」させるべき理由
企業のクラウド化が進む一方、要件によってはオンプレミス環境を残す企業もある。マルチクラウド化やハイブリッド化が進む中、消費者向けや業務向けのアプリケーションの複雑な状態を管理、監視する同社のソリューションとは。また、同社が訴える、新常態のIT管理に必要な変化とは。(2020/9/8)

「脱クラウド」の要否【後編】
「脱クラウド」「オンプレミス回帰」で見落としてはいけない“2大コスト”
コスト削減が「脱クラウド」の主な理由ではなくても、脱クラウドによるコストの変化を把握することは重要だ。当然ながら脱クラウドの作業そのものにも、それなりのコストがかかる。どのようなコストが発生するのか。(2020/9/8)

「クラウドだからお手上げ」とは言っていられない:
プロが教える、クラウドインフラのトラブルシューティング「4つの原則」とは
クラウドインフラはオンプレミス環境と比べて複雑になりがちで、トラブルの原因特定に時間がかかることが多い。では、どういった点に注意してトラブルに対応していけばいいのか。(2020/9/17)

シスコが、ホステッド型プライベートクラウドの電話サービスを国内で提供開始
シスコは、電話サービス「Cisco UCM Cloud」を国内で新たに販売する。オンプレミス環境で提供していた既存の電話サービス「Cisco Unified Communications Manager」を、ホステッド型プライベートクラウドで提供する。(2020/8/24)

「脱クラウド」の要否【中編】
「脱クラウド」「オンプレミス回帰」を失敗させない“2つの考慮点”
「脱クラウド」が必要だと判断したとしても、実際にクラウドサービスからオンプレミスのインフラにシステムを移行させるのは簡単ではない。脱クラウドを成功させるには、どのような点を考慮すればよいのだろうか。(2020/8/24)

AWS、MS、Googleのオンプレミスハードウェア【後編】
MicrosoftとGoogleのオンプレミスハードウェアを再チェック
大手クラウドベンダー3社はオンプレミスハードウェアの提供やサポートを通じてハイブリッドクラウド戦略を推し進めている。今回はAzureとAnthosの製品を紹介する。(2020/8/24)

調査と事例で探る「デスクトップ仮想化」の今【前編】
「仮想デスクトップは物理PCより安全」は本当か? VDIの隠れたリスク
IT担当者を対象とした調査では、オンプレミスVDIやDaaSなどのデスクトップ仮想化を利用するメリットとして「セキュリティ」が挙がる一方で、デメリットに「セキュリティ」を挙げる回答もあった。その理由とは。(2020/8/20)

オンプレミスでも従量課金制で利用可能に:
SAPとHPEが提携 SAP HANAをHPE GreenLakeで提供へ
HPEは、SAP HANA Enterprise Cloud, customer editionをHPE GreenLakeで提供する。顧客のオンプレミス環境で稼働するSAPのソフトウェア環境とデータを従量課金制で利用できる。(2020/8/19)

AWS、MS、Googleのオンプレミスハードウェア【後編】:
MicrosoftとGoogleのオンプレミスハードウェアを再チェック
大手クラウドベンダー3社はオンプレミスハードウェアの提供やサポートを通じてハイブリッドクラウド戦略を推し進めている。今回はAzureとAnthosの製品を紹介する。(2020/8/19)

「Oracle Cloud VMware Solution」正式リリース 他社との違いは、オンプレミスと同様にユーザーが管理できること
米Oracleが新サービス「Oracle Cloud VMware Solution」をリリース。ベアメタルサーバ上で、仮想化ハイパーバイザーのvSphere ESXi、ネットワーク仮想化のNSX-T、ストレージ仮想化のvSANによる仮想化基盤を提供する。フルマネージドなサービスではなく、ユーザーが管理できるのが特徴。(2020/8/18)

「脱クラウド」の要否【前編】
「脱クラウド」「オンプレミス回帰」を招く“クラウド3大問題”とは?
クラウドサービスからオンプレミスのインフラにシステムを戻す「脱クラウド」に踏み切る企業は、クラウドサービスでのシステム運用に何らかの問題を抱えている。どのような問題が脱クラウドにつながるのか。(2020/8/18)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
グローバル調査で分かった、パブリッククラウドからオンプレミス回帰12個の理由
オンプレミス回帰(Cloud Repatriation)とはいったい何か? その意思決定にどのような意図があるのか? 米国の調査会社ESG(Enterprise Strategy Group)が海外で実施したハイブリッドクラウドに関する調査レポートをご紹介する。(2020/8/17)

「脱クラウド」が意味するもの【第4回】
オンプレミスとクラウドを賢く使い分ける4つのポイントとは?
「脱クラウド」で考えさせられるのは、結局オンプレミスのインフラとクラウドサービスは何が違うのかという点だ。両者の間で明確に異なる点を考察する。(2020/8/18)

AWS上でオンプレミスと同じハイパーコンバージドインフラを構成可能に 「Nutanix Clusters on AWS」正式リリース
米Nutanixが「Nutanix Clusters on AWS」を正式リリース。Amazon Web Services(AWS)のベアメタルサーバ上でNutanixのハイパーコンバージドインフラを構成できる新サービスだ。オンプレミスのNutanixから簡単に、ワークロードやデータをクラウド上のNutanixへ移動できる。(2020/8/17)

CAEニュース:
日産、CFDや構造解析などを実行するHPC環境を「Oracle Cloud」へ移行
日本オラクルは、日産自動車がオンプレミスのHPC環境を、オラクルのIaaS/PaaSソリューション「Oracle Cloud Infrastructure」へ移行を開始したことを発表した。(2020/8/17)

AWS、MS、Googleのオンプレミスハードウェア【前編】
Amazon Web Services(AWS)のオンプレミスハードウェアを再チェック
大手クラウドベンダー3社はオンプレミスハードウェアの提供やサポートを通じてハイブリッドクラウド戦略を推し進めている。まず3社のアプローチの違いとAWSの製品を紹介する。(2020/8/17)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(116):
「自動的な再起動」を制御するWindows Server 2016/2019向けの自動更新の新しい通知オプション
オンプレミスに限らず、Microsoft AzureなどのIaaSでWindows Serverを運用している企業は多いと思います。その場合、品質更新プログラムはどのように運用しているでしょうか。2020年春、自動更新のオプションにWindows Server 2016/2019向けの新しいオプションが追加されました。(2020/8/14)

“正義のハッカー”に聞くリスクと対策【番外編】
サイバー犯罪者が「攻撃する気がなくなる」セキュリティの条件とは?
システムのインフラがオンプレミスでも、クラウドサービスであっても、基本的なセキュリティ対策の考え方は変わらない。むしろ攻撃者視点に立てば、基本の徹底こそが有効なセキュリティ対策になる。(2020/8/6)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。