ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「オンプレミス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

老舗自動車メーカーのデータ活用術【後編】
クラウドDWHは「目標達成に不可欠」 老舗自動車メーカーがデータ品質にこだわる理由
Bentley Motorsの最高データ責任者は、データ戦略の一環としてオンプレミスDWHからクラウドDWHに移行した。製品選定の際に同社がこだわったポイントは何だったのか。(2024/2/23)

RISE with SAPがもたらした亀裂【後編】
SAPユーザーが陥った「SAP製品の未来が見えない“闇”」の真相
先進的な機能の利用には「RISE with SAP」が必要になる――というSAPの発表が、ユーザー企業の間で波紋を呼んでいる。オンプレミスでSAP製品を利用しているユーザー企業の反応は。(2024/2/9)

マルチクラウド、エッジ、5Gを駆使
AWSとGoogleで実現 オンプレミスでは駄目だった“小売業者の理想”とは?
小売業者Ocadoは複数のクラウドサービスを駆使することで、“オンプレミスだけ”ではできなかった、自社の要望に沿ったシステム運用ができるようになった。オンプレミスとクラウドサービスを併用する仕組みとは。(2024/2/7)

Visual Studio拡張機能版と.NET CLIツール版を提供:
Microsoftが.NET用Azure移行支援ツール「AppCAT」をリリース 移行の潜在的な問題を特定
Microsoftはオンプレミスの.NETアプリケーションからAzureへの移行を支援する新しいツールをリリースした。(2024/1/24)

NEWS
Google Cloudをやめるときの「データ転送」が無料に なぜなのか?
Googleは顧客が「Google Cloud」の利用を停止し、他のクラウドサービスベンダーやオンプレミスのデータセンターに移行する場合のデータ転送を無料にすると発表した。(2024/1/18)

補完し合う「生成AI」と「クラウド」
マッキンゼーが語る「生成AI」にはオンプレミスより「クラウド」を使うべき理由
生成AIとクラウドサービスは、互いの利点を引き出す相互補完的な関係にある。例えば、生成AIを活用することで、アプリケーションのクラウド移行期間を短縮できる。(2024/1/17)

Google Cloud、解約時にデータを外部転送する料金が無料に 安心してクラウドを切り替えられるとアピール
米Google Cloudは、顧客がGoogle Cloudを解約してデータを他のクラウドやオンプレミスへ転送する場合のデータ転送量を無料にすると発表した。(2024/1/12)

セキュリティソリューション:
大手アパレルのバックアップ運用コスト削減術 Rubrik Security Cloudを導入
大手アパレルのCarharttはRubrik Security Cloudを導入してクラウドとオンプレミスでのデータ回復力を強化し、運用コストを50%以上削減した。(2024/1/12)

ハイブリッドクラウドに合わせたデータ保護
オンプレミスとクラウドのデータ保護を手軽に一元化できるバックアップ運用術
オンプレミスシステムとクラウドを併用するハイブリッドクラウドの運用においては、データ保護対策が煩雑になりやすい。コストと手間を抑えながら、クラウドに適したバックアップ/リカバリーシステムを構築する方法とは。(2023/12/26)

コストは5分の1、煩雑な契約手続きも不要:
PR:「サブスク」でオンプレミスのハードウェアも調達する時代に――コストや契約はどう変わるのか?
企業でクラウドサービスの活用が広まる中、オンプレミスのハードウェアも「サブスク」で利用する取り組みが広まりつつある。サブスクに移行するとどのようなメリットが生まれるのか。コストや契約はどう変わるのか。(2023/12/22)

ハイブリッドクラウドストレージの何が駄目?【後編】
「脱オンプレミス」するほどコストが減らない“予想外の理由”とは
オンプレミスとクラウドサービスの“いいとこ取り”をしてクラウドストレージを利用する企業の中には、ある理由からクラウドストレージの利用を継続できなくなる企業がある。何が問題となっているのか。(2023/12/20)

エンドポイント管理ツール導入の基本【前編】
「MDM」「EMM」「UEM」の“オンプレミスかクラウドか”を見極める条件
モバイルデバイスなどのエンドポイントを管理する「MDM」「EMM」「UEM」のツールを選ぶ際、オンプレミスとクラウドサービスのどちらが自社に合うのかを検討する必要がある。検討時に着目すべきポイントとは。(2023/12/15)

ハイブリッドクラウドストレージの何が駄目?【前編】
クラウドストレージの「妥協案」が招く“まさかの結末”とは
オンプレミスのストレージとクラウドストレージを使う「ハイブリッドクラウドストレージ」が“理にかなった選択”だと企業は考えるようになった。だがそれが本当に正しいとは言えない。何が問題なのか。(2023/12/14)

マルチクラウド時代のストレージの使い方【後編】
「ストレージの現状維持」を脱却するための“4大ルール”はこれだ
企業のデータは、今やオンプレミスのストレージとクラウドストレージの各所に散在している。ハイブリッドクラウドやマルチクラウドに合ったストレージを構築するための4つのルールを説明する。(2023/12/7)

野良IoTデータ、膨らむデータ量をどう管理?
AI時代のデータ活用インフラ整備の正解は? IT部門が最高効率で仕事をする方法
データドリブンを目指してデータを蓄積し始めた企業が陥りがちなのが「ためたデータを活用できない」「データを把握し切れない」といった問題だ。オンプレミスやクラウド、エッジに点在するデータを効率よく運用管理する方法が求められる。(2023/12/1)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(210):
マルチクラウドとオンプレミスの一元管理がさらに容易に――Azure Arc対応Virtual Machine Managerの一般提供が開始
Microsoftは、これまでプレビュー提供していたAzure Arcサービス群の一つ「Azure Arc-enabled System Center Virtual Machine Manager(Arc対応SCVMM)」が一般提供されたことを発表しました。(2023/11/28)

「オンプレミス回帰」が起きている4つの理由【後編】
「オンプレミス回帰」のなぜ クラウドを使う“本当の難しさ”とは?
クラウドストレージを使うことは理にかなう場合がある一方で、必ずしもクラウドストレージが最適ではない場合もある。企業が「オンプレミス回帰」を検討する理由とは。(2023/11/20)

オンプレでも生成AIの利用を促進 Dellが新たな取り組みを発表
DellはAIスタートアップのHugging Faceとの提携を発表した。オンプレミスITで生成AIの簡素化を目指す。(2023/11/15)

DXの阻害要因になっていませんか?
今求められる、オンプレミスとクラウドを意識しないデータ基盤の構築
DX推進では、デジタルサービスが生み出すデータを迅速に分析し、そこで得た洞察をビジネスに生かせるかどうかが重要だ。サイロ化したデータを統合し、柔軟に活用するには、どのようなデータ基盤を構築すべきなのか。(2023/11/15)

デルが生成AI分野でMetaと協業 Llama 2モデルをより簡易に導入可能に
デル・テクノロジーズは、オンプレミス環境における生成AI分野においてMetaと協業すると発表した。(2023/11/14)

オンプレミスでの生成AIアプリ開発を容易に:
VMwareが生成AI関連でGoogle Cloudと共同発表、AlloyDBをオンプレミスでサービス化
VMwareとGoogle Cloudは、「企業のオンプレミスでの生成AI活用を容易にする」として、協業を発表した。AlloyDBのAI関連機能を生かしたアプリ開発を、IT管理者、データ管理者、開発チームが連携して迅速に進められるという。(2023/11/13)

「2027年までに企業アプリの半数はパブリッククラウド外で構築」:
オンプレミスに残ったアプリケーションは今後どうする?どうなる? Gartnerが推奨する3つのステップ
Gartnerは、2027年までに重要な企業アプリケーションの半数が集中型パブリッククラウド以外の場所で運用されるとの予測を発表した。パブリッククラウド以外でアプリケーションを配置する際のポイントとして3つのステップを推奨している。(2023/11/13)

「オンプレミス回帰」が起きている4つの理由【中編】
「オンプレミス回帰」はなぜ起きる? 企業がまず知るべきだった問題
クラウドストレージに移行したデータやアプリケーションをオンプレミスのストレージに戻してしまう「オンプレミス回帰」を選ぶ企業には、さまざまな理由がある。物理的、ビジネス的な観点において、何が足りなかったのか。(2023/11/13)

「オンプレミス回帰」が起きている4つの理由【前編】
企業が「オンプレミス回帰」をせざるを得ない“合理的な理由”
オンプレミスのストレージからクラウドストレージに移行しても、思っていたよりもメリットを感じられない場合がある。なぜ「オンプレミス回帰」が起きるのか。最初に検討すべき観点から考える。(2023/11/6)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
DX推進の中核はサーバ、企業調査から見えてきたオンプレミス投資の要点とは
DXの推進はあらゆる企業にとって最重要課題であり、その中核となるサーバインフラに求められる要件は厳しさを増している。そのため多くの組織で投資意欲が高まりつつあるが、どのような点に注意すればよいのか。(2023/11/9)

設置後すぐにクラウドサービスを利用できるラックスケールシステム:
Oxide、オンプレミスで簡単に運用できる“クラウドコンピュータ”を発表
Oxide Computer Companyは、世界初の商用“クラウドコンピュータ”を発表した。「オンプレミスでクラウドコンピューティングを利用できるように設計されており、ハードウェアとソフトウェアが完全に統合された真のラックスケールシステム」とうたっている。(2023/11/1)

野良IoTデータ、膨らむデータ量をどう管理?:
PR:AI時代のデータ活用インフラ整備の正解は? IT部門が最高効率で仕事をする方法
データドリブンを目指してデータを蓄積し始めた企業が陥りがちなのが「ためたデータを活用できない」「データを把握し切れない」といった問題だ。オンプレミスやクラウド、エッジに点在するデータを効率よく運用管理する方法が求められる。(2023/10/31)

選ぶべきはオンプレミスかクラウドか?【後編】
「脱クラウド」を招く問題とは? オンプレミスとクラウドの端的な違い
アプリケーションをオンプレミスとパブリッククラウドのどちらに置くかを決める際は、さまざまな点を考慮する必要がある。オンプレミスとパブリッククラウドの長所と短所を整理する。(2023/10/30)

高機密・低遅延の自社専用クラウドを
「クラウドファースト」「オンプレ回帰」って二者択一? その最適解は
パブリッククラウドが“万能の道具”でないと周知され、オンプレミスと適材・適所で使い分けるハイブリッドクラウドの採用が広がっている。ハイブリッドクラウドのため過去の課題を解消した「オンプレミス as a Service」とは。(2023/10/30)

IBMの過去と現在【第3回】
「IBMのストレージ」総まとめ 押さえるべきラインアップはこれだ
IBMはさまざまなストレージ製品やサービスを提供している。従来のオンプレミスサーバやアプライアンスだけではなく、クラウドサービスやコンテナを念頭に置いた製品やサービスも展開中だ。何を提供しているのか。(2023/10/30)

選ぶべきはオンプレミスかクラウドか?【前編】
企業が「オンプレミス回帰」に踏み切る“まさかの現実” そもそもの原因は?
アプリケーションを動かすインフラとしてパブリッククラウドを選ぶ動きが広がっているが、パブリッククラウドを利用している企業の約7割がオンプレミスに戻ることを検討している。なぜなのか。(2023/10/25)

仮想デスクトップの移行を考えるヒント【後編】
VDIからのDaaS移行に必要な作業とは? 「Azure Virtual Desktop」で考える
オンプレミス型VDIから「Azure Virtual Desktop」(AVD)といったDaaSに移行する企業は、仮想デスクトップの設定を見直し、変更を加える必要がある。具体的にはどのような作業が必要なのか、説明する。(2023/10/23)

CIO Dive:
クラウドの影でメインフレームに再評価の兆し いったいなぜか?
多くの企業がメインフレームからクラウドに移行した後の費用の請求に悩まされる中で、オンプレミスデータセンターの価値に対する評価が高まっている。(2023/10/20)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(206):
オンプレミスのWindows Server 2022のAzure Arc接続が簡単に!
Azure Arcは、データセンター、マルチクラウド、エッジにわたって拡張し、複雑化するIT環境の管理を一元化できる、Microsoft Azureのサービスとして提供される管理プラットフォームであり、基本的な機能は無料で利用できます。Microsoftは2023年10月10日(米国時間)の品質更新プログラムに含める形で、Windows Server 2022にAzure Arcへの接続を簡素化するGUIベースのAzure Arcセットアップ機能を組み込みました。(2023/10/20)

ワークステーション導入事例 システム計画研究所:
PR:画像処理速度4.5倍を実現 AI開発を支えるワークステーションとは?
AI導入が進む製造業。オンプレミスでのAI活用には高スペックのワークステーションが必須で、製造現場では安定性や堅牢性も重要だ。外観検査AIに高性能ワークステーションを組み合わせて提案しているシステム計画研究所の事例を紹介する。(2023/10/18)

仮想デスクトップの移行を考えるヒント【前編】
「Azure Virtual Desktop」(AVD)と「オンプレミスVDI」の違いを徹底比較
「Azure Virtual Desktop」をはじめとしたDaaSには、オンプレミスVDIとは異なるメリットと注意点がある。既存のオンプレミスVDIを使い続けるのか、新たにDaaSを採用するのかを判断するためのポイントを説明する。(2023/10/16)

もうツールを使い分けなくてよい
クラウドもオンプレミスも監視できる「SaaS型監視ツール」は何がすごいのか
監視ツールを使いこなせずにサーバの状況を把握できない状態に陥ってしまうことは多々ある。クラウドサービスや、クラウドサービスとオンプレミスシステムなど多様な形態が混在するシステムを監視し、素早く異常を発見できるツールとは。(2023/10/16)

オンプレミスでMicrosoft 365が使えなくなる日【後編】
オンプレミスでも使える「Microsoft 365」 選べるライセンスと利用方法は?
Microsoft 365はクラウドサービスだが、オンプレミスで使いたいという企業も存在する。オンプレミスで使う方法と、その際のライセンス選びについて解説する。(2023/10/12)

オンプレミス型では把握し切れない
ハイブリッドワーク時代のIT資産管理、社外で利用される端末をどう管理する?
内部統制やセキュリティの強化に不可欠なIT資産管理ツールは、オンプレミス型が主流だった。ハイブリッドワークの普及に伴い、社内に加えて社外の端末管理が課題になる中、IT資産管理の新たなアプローチが必要になっている。それは何か。(2023/10/25)

VDIに起きた「ブレークスルー」とは:
PR:「日々の業務にこそGPUが必要」 VDIの生産性を爆上げするテクニックを解説
テレワークを実現させるためクラウドベースのサービスを導入した企業は多いだろう。ただ有識者によると近年「オンプレミスでのVDI」への回帰が始まっているという。鍵となるのは「FAT PCトラブル」と「NVIDIA vGPUの普及」だ。シンクライアントやVDIの豊富な導入実績を持つNECと「GPU+仮想GPUテクノロジー」の歴史を持つNVIDIAがタッグを組む意義とは何か。(2023/10/11)

CFO Dive:
Salesforceが最大33%の値上げを敢行 その狙いは?
Salesforceはデータ分析ツール「Tableau」のオンプレミス向けサブスクリプションライセンス料金を引き上げ、顧客をクラウドに移行する方針を示している。(2023/10/6)

オンプレミスでMicrosoft 365が使えなくなる日【前編】
Microsoftが突き付ける「オンプレミスでOfficeが使えなくなる」の真相
今後一部の企業では、オフィススイート「Microsoft Office」をオンプレミスで利用できなくなる可能性がある。どういうことなのか。Microsoftが「Microsoft 365」を提供する狙いと併せて解説する。(2023/10/5)

CIO Dive:
BMWグループがAWSを採用 自動運転プラットフォームの進化を目指す
高級車メーカーのBMWグループは、新しい車両技術のエンジニアリングシステムなどをオンプレミスからクラウドに移行する。(2023/10/5)

日立が国産のas a Service型IT基盤を発表 ハイブリッドクラウドの運用を効率化
日立が「as a Service」型のIT基盤製品群「EverFlex from Hitachi」を発表した。パブリッククラウドとシームレスに連携可能なオンプレミス基盤を提供する。(2023/9/29)

オンプレミスの3大課題とどう向き合った?
コンテナ基盤の柔軟性や俊敏性の課題を解消、事例に学ぶ開発速度向上のヒント
早くからコンテナ基盤を導入してきた日鉄ソリューションズは、オンプレミスでのコンテナ基盤活用に関して、アジリティの高いリソース変更、クラウドサービスとの連携、柔軟性の確保に課題を抱えていた。これらを解消した方法とは。(2023/9/28)

クラウド時代のバックアップ【第4回】
オンプレミスかクラウドか「ハイブリッド」か? バックアップ3種の長所と短所
バックアップデータをオンプレミスのストレージとクラウドストレージのどちらに保存するかは、企業にとって悩ましい問題だ。それぞれの長所と短所の他、両者を組み合わせた「ハイブリッド型のバックアップ」について解説する。(2023/9/25)

「VDI」はまだ役立つのか【第4回】
オンプレミスVDIをやめて「DaaS」に移りたくなるのはなぜ?
オンプレミスインフラで「VDI」(仮想デスクトップインフラ)を運用してきた企業が、「DaaS」に移行する動きがある。オンプレミスVDIにはなく、DaaSにはあるメリットとは何なのか。(2023/9/22)

SASE/SSEの機能を提供
オンプレとクラウドが入り交じった複雑なIT環境で求められるセキュリティ対策
オンプレミスやクラウドサービスを使う企業はセキュリティの穴をふさぎ、脆弱性を管理することに必ずしも成功していない。境界防御は通用せず、SASEやSSEの考え方を取り入れたセキュリティ手法が必要だ。(2023/9/20)

Google、PostgreSQLにAI対応を組み込んだ「AlloyDB AI」発表 オンプレミスでも他社クラウドでも利用可能に
(2023/8/30)

クラウドインフラの動きを「ハードウェア」視点で見る【後編】
クラウド支出がいくら増えても「オンプレ支出」はなくなるどころか増え続ける謎
IDCの見方では、クラウドインフラ向けハードウェア支出額は増加する見込みだ。一方で従来型オンプレミスインフラ向けハードウェア支出額も増えると同社はみる。インフラ市場で何が起きているのか。(2023/8/23)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。