ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「クラウドストレージ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「クラウドストレージ」に関する情報が集まったページです。

ビックカメラがクラウドストレージサービス 月額500円でスマホ版は容量無制限
ビックカメラが、スマートフォンとPCに対応したクラウドストレージサービス「Bic CLOUD」を開始。価格は月額500円(税別)で、スマホ版はストレージ容量が無制限になる。(2021/3/1)

「クラウドファイル共有」7選【第2回】
「Box」と「Dropbox」を比較 2大ファイル共有サービスは何が違う?
「Box」と「Dropbox」は、いずれも広く利用されているクラウドファイル共有だ。多彩な機能を提供する両サービスだが、どちらかを選択する際にはどのような点を考慮すればいいのか。違いを具体的に見てみよう。(2021/2/24)

Googleが教育機関向けの「G Suite」を「Google Workspace」に改称 サービスを拡充
ビジネス向けに続き、Googleが教育向けのクラウドサービスを「G Suite」から「Google Workspace」に改称することになった。改称に合わせて新しいエディション(サービス体系)を4月から投入し、2022年1月(既存ユーザーは同年7月)からストレージポリシーの改定を行う。(2021/2/18)

「ワープロはいずれなくなるか?」への回答を今のわれわれは笑えるか あれから30年、コンピュータと文書の関係を考える
西田宗千佳さんが考える、ペーパーパラダイムからの脱却。(2021/2/18)

アドビに聞く、PDFをフル活用する方法:
PR:ペーパーレスと文書セキュリティ、どう両立する? 総務の文書管理を改革するツールとは
テレワークが浸透する中で、紙業務との結び付きが強い総務の現場ではペーパーレス化が急務となっている。とはいえ、デジタルで文書を扱うようになると、セキュリティも心配だ。本記事では、こうした総務の悩みを解決するソリューションとして活用したい、Adobe Acrobat DCを紹介する。(2021/2/18)

クラウドストレージコスト削減法【後編】
クラウドストレージの無駄なコストを節約する勘所
クラウドストレージの何がコストを発生させているのかを確認しよう。契約内容を再チェックすると、必須ではない要素が存在する可能性がある。必要な機能でも、使い方を工夫することでコストを削減できる可能性がある。(2021/2/17)

NTTとKDDI、テレワーク・ITスキル研修を無償提供 資格取得や就職を支援
NTTとKDDIが、テレワークやITスキルをレクチャーする研修を一般向けに無償提供する。高校や大学などを卒業した50歳未満の人が対象。(2021/2/16)

「クラウド管理者」必修スキル【中編】
クラウド管理者なら身に付けたい、仮想化、コンテナ、データ/コスト管理スキル
クラウド管理者に求められる基本スキルはさまざまだ。その中から「仮想化」「コンテナ」「データ管理」「コスト管理」に関するスキルを説明する。(2021/2/16)

AdobeがPDFの簡単な編集ができるツールを無料公開 ファイルの変換や圧縮、追記などをWebブラウザで
有料版Acrobatまでは必要ないけれど、たまに編集したいという人にぴったり。(2021/2/15)

注目の各種AIサービスを支える仕組みとは?:
PR:サイバーエージェントに聞く、AI活用にKubernetesが不可欠な理由と「データプラットフォームの要件」
広告領域をはじめ、さまざまな業種に向けたAIプロダクトを提供し、企業の支持を獲得しているサイバーエージェント。同社はAIプラットフォームとして「Kubernetes」を活用しているが、それと組み合わせるストレージには一体何を求めたのか。選定基準と率直な評価を聞いた。(2021/2/15)

Pixel独占だったGoogleフォト高機能が他のAndroidにも ただし要有料「Google One」
「Googleフォト」の「ポートレイトライト」やAIによる自動フィルタなど、これまでPixelシリーズでのみ利用できた機能が他のAndroid端末でも利用可能になる。ただし、月額250円からのクラウドストレージ「Google One」に加入する必要がある。(2021/2/12)

建設業界特化、作業所向けサービス「Con-Bridge」提供開始
SBテクノロジーは、建設作業所向けサービス「Con-Bridge」を開発し、2020年1月20日より提供開始。ID統合管理を軸に、建設現場における正確で効率的な人の管理を実現する。(2021/2/12)

「クラウドファイル共有」7選【第1回】
AWSとオンプレミス間でファイルを同期できる「AWS Storage Gateway」とは
同僚間でのファイルのやりとりや共同編集を可能にする「クラウドファイル共有」には、さまざまな種類がある。AWSが提供する「AWS Storage Gateway」の機能を詳しく見てみよう。(2021/2/10)

クラウドストレージコスト削減法【前編】
クラウドストレージの見落としがちな課金要素に注意
データ量がクラウドストレージの料金に最も影響するのは当然だが、他にも課金される要素が存在する。これを見逃すと請求書に仰天することになる。(2021/2/10)

「グリーンストレージ」の基礎【後編】
「クラウドストレージ」が“省電力ストレージ”の本命になれる理由
電力効率の高い「グリーンストレージ」を採用するなら「クラウドストレージ」の利用が有効な選択になる。その理由を整理した上で、ストレージ関連のコストを抑制するための基本的な考え方を紹介する。(2021/2/9)

効率的な移行とコスト、安全性、ガバナンス
クラウドシフトで重要性を増すファイルサーバ管理 最適解をAWSとNECが語る
ニューノーマル時代に向け、企業は「どこでも働ける環境」の整備が求められている。その足掛かりとなるのはオンプレミスサーバのクラウド移行だろう。既存ファイルサーバの運用に悩む企業のためにベストプラクティスを紹介する。(2021/2/3)

2021年のWindows【後編】
Microsoftの対Apple/Android戦略とArmサポートの強化が意味すること
Microsoftはマルチプラットフォーム対応を積極的に推し進めている。Apple製品やAndroidにどう対応するのか。強化されるArmサポートの動向とは。Microsoftの多方面作戦の状況を概観する。(2021/1/29)

PR:「情シスは将来的に利益を生む“投資部門”」 フィンテック企業の若きリーダーが描く“フルクラウドのススメ”
(2021/2/4)

リモートワークを止めないSaaS:
「郵便物のための出社」をなくす方法 書類の山をまとめてデータ化
会社に大量に届く郵便物。総務などが宛名を確認して、担当者別に振り分けているだろう。リモートワークの大きな障壁になる「郵便物のための出社」をなくす方法とは。(2021/1/25)

PR:一度使ったらやめられない 小型で快適、安心なポータブルSSD「WD My Passport SSD」をチェック!
テレワークが増えると、データのやりとりに困ることがある。プライベートでのPC利用でも、増加するデータに悩むことがある。これらの悩みを解決できる選択肢の1つが、アイ・オー・データ機器が販売するウエスタンデジタル製のポータブルSSD「WD My Passport SSD」だ。その魅力をチェックしていこう。(2021/1/25)

PR:映像スタジオの悩みも解決! QNAPのソリューションで大容量データの共有も快適に!
動画コンテンツはリッチ化が進んでいる。コンテンツと同様に制作環境もリッチになる訳だが、そうなると、スタッフ間のデータのやりとりが作業上のボトルネックとなりうる。データのやりとりに悩んでいるのなら、QNAPの映像スタジオ向けのソリューションをぜひチェックしてみてほしい。(2021/1/19)

宮田健の「セキュリティの道も一歩から」(57):
デジタル時代の「李下に冠を正さず」を考える
「モノづくりに携わる人」だからこそ、もう無関心ではいられない情報セキュリティ対策の話。でも堅苦しい内容はちょっと苦手……という方に向けて、今日から使えるセキュリティ雑学・ネタをお届け! 今回は、楽天モバイル元社員逮捕のニュースから、デジタル時代におけるビジネスパーソンとしての立ち振る舞いを考えてみます。(2021/1/15)

統合ストレージへの道【後編】
ファイル/オブジェクトストレージ統合の可能性
ファイルシステムベースのストレージとオブジェクトストレージを統合するメリットはあるのか。統合による影響とは何か。(2021/1/14)

組織を変えるチェンジマネジメント:
テレワークやITツールの導入だけでは不十分 新常態に向けた組織変革、成功の鍵は
COVID-19により企業においてテレワークが普及するなど”新しい働き方”への移行が進んでいる一方で、現場には幾つかの課題があります。国内企業に見られる組織変革の失敗例と、その原因から解決に向けたアクションを紹介します。(2021/1/22)

「G Suite」からのユーザーは要確認
Google Workspaceは「ストレージ容量無制限」を廃止 既存ユーザーへの影響は
「G Suite」は「Google Workspace」への改称に伴い、無制限のストレージ容量が利用できるプランを廃止した。G Suiteのユーザー企業はどのような影響を受けるのか。(2021/1/9)

TechTarget発 世界のITニュース
Hitachi Vantara、中小向けNVMeオールフラッシュを発表 先行機より小容量に
Hitachi Vantaraは、新たに中堅・中小企業向けオールフラッシュアレイ2製品の提供を開始する。先行モデルよりも容量を抑え、比較的小容量のオールフラッシュアレイを求める企業のニーズに応える。(2021/1/7)

統合ストレージへの道【前編】
ファイルストレージとオブジェクトストレージの統合の課題
ファイルシステムベースのストレージとオブジェクトストレージを統合することで両者の利点を享受しようという動きがある。(2021/1/7)

MONOist 2021年展望:
トップの発言も過熱!? 3D CADベンダーによるプラットフォーム競争がさらに激化
2020年、3D CAD業界で大きな動きを見せたのが各社による“プラットフォーム戦略”への取り組みだ。特に、ダッソー・システムズ(SOLIDWORKS)とPTCは新たなポートフォリオを打ち出し、その展開を加速させている。2021年はさらにその動きが本格化する見通しだ。(2021/1/6)

モバイルdeワークスタイル変革:
いろいろあった2020年 モバイル/PCを駆使するライターの働き方はどう変わったか?
働き方改革に加えて新型コロナウイルスの影響でテレワークシフトが進んだ2020年。元々テレワークとの親和性の高いフリーライターである筆者にも、働き方に変化が生まれた。その一端を紹介したい。(2020/12/31)

業務用「ミニPC」とは【後編】
「ミニPC」を仕事用サーバとして使いたくなる用途とは?
外付けストレージの利用など設計における配慮を怠らず、用途を選べば、小規模拠点の業務用サーバとして「ミニPC」を使うことは可能だ。具体的にどのような使い方があるのだろうか。(2020/12/22)

クラウドやサーバの保護にも活用へ
いまさら聞けない「BitLocker」の基礎 単なるWindowsの暗号化機能ではない
「Windows」標準の暗号化機能として登場した「BitLocker」は、さまざまな場面で活用されている。BitLockerがどのような形で、どう機能するのかを確認しよう。(2020/12/18)

セカンダリーストレージ市場で躍進?
「HDD」にまだ期待したくなる記録技術「PMR」「SMR」「HAMR」「MAMR」の基礎
「HDD」を忘れ去るのはまだ早い。「MAMR」や「HAMR」のようなデータの記録密度を高めるデータ記録方式の登場で、HDDは引き続き競争力を発揮する可能性がある。HDDの主要なデータ記録方式をおさらいしよう。(2020/12/16)

Computer Weekly日本語版
AWS、MS、Googleのクラウドストレージ
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2020/12/16)

「Xi Frame」と「Citrix Managed Desktops」を比較【前編】
NutanixのDaaS「Xi Frame」とは? 利点と注意点を整理
ハイパーコンバージドインフラ(HCI)で知られるNutanixが、専業ベンダーの買収を経て提供を始めたDaaSが「Xi Frame」だ。その機能と特徴、課題を整理する。(2020/12/15)

ニコニコ動画、ストレージをオンプレから変更 運用コストを9割削減
KADOKAWAグループが、ニコニコ動画で使うストレージをオンプレミスのストレージから米RSTOR社の「RSTOR」に変更する。現行の体制から運用コストを9割削減できる見込みという。(2020/12/10)

パワポ感覚で動画を作成:
PR:コストもスキルも心配なし 「対面」できない時代に活用すべき、ビジネスアニメーションツールとは?
コロナ禍で「対面」の機会が失われる中、注目が集まる動画活用。とはいえ、動画の制作には専門のスキルを要し、コストもかさむ――そう考えられがちだろう。こうした課題を解決するのが、ビジネスアニメーション制作ツール「VYOND」だ。(2020/12/2)

サービスとしてのストレージ「STaaS」【後編】
クラウドストレージと「オンプレミス型STaaS」の決定的な違いとは?
クラウドストレージの課題はオンプレミス型の「STaaS」(Storage as a Service)で解消できる可能性がある。クラウドストレージとオンプレミス型STaaSの違いを解説する。(2020/12/8)

日商エレ、プロジェクト管理ツール「Asana」の販売を開始 Zoomとの連携にも対応
日商エレクトロニクスは、プロジェクト管理ツールを提供する米Asanaと販売代理店契約を締結したと発表した。(2020/12/7)

PPAP問題:
「問題は出ていない」 パスワード付きZipを“受信拒否”したfreee、決断の理由
メールでパスワード付きZipファイルを送信し、追ってパスワードを送る「PPAP」を見直す動きが出ている。freeeは12月から、パスワード付きZipファイルを受信しないようにした。(2020/12/8)

「吊るしで十分ですよ」 M1搭載MacBook Airを手にしたデザイナーは言った
Macを使ったDTPの黎明期から活躍しているエディトリアルデザイナーに、M1搭載Macの印象を語ってもらった。(2020/12/4)

約66億件の脅威を分析:
Google Drive、Dropboxなどを悪用したサイバー攻撃が急増 ゼットスケーラー、調査結果を発表
ゼットスケーラーは、同社の研究組織「ThreatLabZ」が作成した調査「暗号化された攻撃の現状(2020年版)」を発表した。(2020/12/3)

エッジコンピューティング:
AWSがエッジへの浸透強める、製造業が求める予知保全とAIカメラを実現
Amazon Web Services(AWS)は、オンライン開催となったユーザーイベント「AWS re:Invent 2020」において、製造業をはじめとする産業分野を対象とした5つの機械学習ソリューションを発表した。(2020/12/3)

TechTarget発 世界のITニュース
Questが「QoreStor」新版、バックアップへのクラウドストレージ活用をより容易に
「QoreStor」の新版は、バックアップ先としてクラウドストレージを活用しやすくするための新機能を備える。クラウドストレージがより多用されるようになるという、開発元のQuest Softwareの読みを反映させた形だ。(2020/12/1)

GCPとAWSで確認するIaaS移行のポイント【第1回】
「GCP」から「AWS」へアプリを移行させる方法は? IaaS移行4大ステップ
IaaSで稼働させているアプリケーションを、他ベンダーのIaaSに移行させるにはどうすればよいのか。「Google Cloud Platform」から「Amazon Web Services」への移行を例に、主なステップを紹介する。(2020/11/30)

「Chromebook」のセキュリティ機能を学ぶ【後編】
「Powerwash」とは? 「Chromebook」を安心して使うセキュリティ機能
業務で「Chromebook」を利用する場合、IT管理者はそのセキュリティ機能を理解しておく必要がある。「Powerwash」をはじめ、Chromebookが持つ主なセキュリティ機能を紹介する。(2020/11/26)

クラウドストレージ各社も“脱はんこ”に熱視線 テレワークの課題は「押印・業務可視化」 Dropbox調査
Dropbox Japanが「書類への押印」「チームメンバーの業務の可視化」などがテレワークの普及を妨げているという調査結果を発表。“脱はんこ”に向けた連携サービスやソリューションに力を入れる方針を明かした。(2020/11/25)

半径300メートルのIT:
「ZIPで送ります。パスワードはあとで送ります」は、一体なぜダメなのか
政府や企業が相次いで、メール送信時における「パスワード付きZIPファイルの添付」の廃止を検討しています。パスワード付きZIPファイルの添付をなんとなく「悪いこと」とは理解しつつも、厳密に「何が悪いのか」が分からない方に向け、理由を説明します。(2020/11/24)

「Alibaba Cloud」主要サービス一覧【中編】
Alibaba Cloudの「OSS」「Apsara File Storage NAS」「Block Storage」の基礎
中国の大手クラウドベンダーAlibaba Cloudは、IaaSを中心にさまざまなクラウドサービスを世界中で提供する。同社の主要なストレージ関連サービスの特徴を説明する。(2020/11/23)

サービスとしてのストレージ「STaaS」【前編】
「STaaS」(Storage as a Service)とは? 従量課金型のストレージサービス
「ストレージをサービスとして利用する」と聞くとクラウドサービスを連想しがちだ。だが「Storage as a Service」(STaaS)はオンプレミスのインフラでも利用できる。STaaSとは何か。どのようなメリットがあるのか。(2020/11/20)

メカ設計メルマガ 編集後記:
大切なデータをクラウドに「あずける」ということ
CAD業界もプラットフォーム時代に突入!?(2020/11/17)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。