ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

iPhone 15シリーズ専用、カードポケット付きレザー手帳型ケース発売 サンワより
サンワサプライは、iPhone 15シリーズ専用のPUレザー手帳型ケースを発売。3つのカードポケットと内ポケットを1つ搭載し、カバーは簡易スマホスタンドとしても使用できる。サンワダイレクトの価格は2180円(税込み)。(2024/6/14)

新しい「iPad Pro」を手にして分かったeSIMのメリットと課題 iPhoneのeSIMオンリーは時期尚早か
タブレット端末を「12.9型iPad Pro(第4世代)」から「13型iPad Pro(M4)」に変更した。有機ELディスプレイにより薄型かつ軽量になったが、SIMカードの抜き差しはできず、eSIM(内蔵)にしか対応しない。新型iPad Proで実感したeSIMのメリットと課題を整理したい。(2024/6/14)

ミリ波対応スマホは5.5万円(税別)まで割引が適切 総務省が改正案を示す
総務省が、6月12日に開催した「競争ルールの検証に関するWG(第57回)」にて、ミリ波対応端末の割引制限を緩和する案を示した。ミリ波の対応機種は4〜5%と少なく、iPhoneもミリ波に対応していない。割引上限を現行の4万円(税別)から1万5000円緩和して5万5000円とするのが適切だとした。(2024/6/13)

セキュリティソリューション:
Appleが新パスワードアプリを発表 「Windows OSデバイスでも利用可」のサプライズ
AppleはiPhoneやMacの新しいパスワード管理アプリを発表した。Apple製だけでなく、Windows OSを搭載したデバイスでも利用できるとしている。(2024/6/13)

買い取りに早くも「Pixel 8a」が登場 ゲオの5月中古スマホランキング
ゲオストアが「【月間ランキング】5月ゲオ中古スマートフォンランキング」を発表。販売数ランキングでは再び指紋認証付きiPhoneが人気を集め、買い取り数ランキングでは早くも「Google Pixel 8a」が4位にランクインした。(2024/6/12)

「iOS 18」登場、対応機種は? Face IDでアプリをロック、ホーム画面はカスタム自在に 新AI機能も
米AppleはiOSの最新版「iOS 18」を発表した。無料のソフトウェアアップデートとして2024年秋に提供開始予定で、対象の機種は18年発売のiPhone Xs以降。独自のAI機能「Apple Intelligence」を搭載する他、Face IDを使ったアプリロックなどが可能になる。(2024/6/11)

「AirPods Pro(第2世代)」にアップデート 首を振るだけでSiriに応答、通話品質の向上など
Appleが6月11日、ワイヤレスイヤフォン「AirPods Pro(第2世代)」のアップデートについて発表した。Siriとやりとりをする際、「はい」と答えるときは首を縦に、「いいえ」と答えるときは横に振るだけで応答できるようになる。iPhone、iPad、Macのユーザーと通話する際に「声を分離」機能を導入する。(2024/6/11)

イーロン・マスク「OSにOpenAI組み込むなら、自社ではAppleデバイス禁止に」 iPhoneなどとChatGPTの統合に反発
「AppleがOSレベルでOpenAIのサービスを組み込むなら、自分の会社ではAppleデバイスを禁止する。これは許容できないセキュリティ違反だ」──イーロン・マスク氏が自身のXアカウントでこうつぶやいた。(2024/6/11)

Apple、「iOS 18」で「メッセージ」をRCS対応に フキダシは緑
AppleはWWDCで、昨年11月に予告したiPhoneの「メッセージ」アプリでのRCS対応を「iOS 18」で実施すると発表した。iMessageと並行して提供する。フキダシの色は緑だ。(2024/6/11)

iPhoneをMacからワイヤレス操作 最新のmacOSに「iPhoneミラーリング」搭載へ
米Appleは6月10日(現地時間)、macOSの新バージョン「macOS Sequoia」を発表した。2024年秋に登場予定で、AI機能「Apple Intelligence」(以下、Apple AIと表記)やパスワード管理アプリの他、iPhoneを遠隔で操作する「iPhoneミラーリング」を搭載する。(2024/6/11)

「iOS 18」の対応機種はiOS 17と同じ、iPhone XS/XRは今年も対応
Appleは11日(日本時間)、「iOS 18」を発表した。最新のiPhone 15シリーズから、5世代前のiPhone XS/XRシリーズまでサポートする。iPhone SEは第2世代以降がバージョンアップの対象となる。iOS 17対応機種はすべてサポートされることとなった。(2024/6/11)

iPhoneにChatGPTが統合 最新モデル「GPT-4o」で応答 OpenAIアルトマンCEO「きっと気に入ってもらえる」
米Appleは、iPhoneなどの製品に米OpenAIのAIチャット「ChatGPT」を統合すると発表した。(2024/6/11)

米Appleの独自AI「Apple Intelligence」 iPhone・iPad・Macで動作 各純正アプリに文章や画像生成機能がビルトイン
米Appleは、独自AI「Apple Intelligence」を発表した。iPhoneやiPad、Macで、AIを利用した機能を使えるようになる。まずは秋ごろに米国で、Apple AIを搭載したiOS 18、iPadOS 18、macOS Sequoiaのβ版を提供する予定。(2024/6/11)

新OS「macOS Sequoia(セコイア)」、今秋リリース iPhoneミラーリングに対応
AppleがMac向け新OS「macOS Sequoia(セコイア)」を10月にリリースすると発表した。(2024/6/11)

7万円超えのiPhone SE(第3世代)を3.6万円で入手可能 認定中古品がau Online Shopで販売
KDDIは6月7日、au Online Shopにおいて「iPhone SE(第3世代)」の認定中古品(au Certified)の販売を始めた。価格は64GBモデルで3万6000円(税込み、以下同)、128GBモデルで4万3000円だ。同じau向けの機種の新品と比べると、64GBは新品の7万935円より3万4935円安く、128GBは新品の8万2190円より3万9190円安い。(2024/6/8)

ライカ、無料のiPhone用カメラアプリを突如リリース 同社製カメラの色味や、実際のレンズのボケ味を再現
ドイツの高級カメラメーカーLeicaが、iPhone用カメラアプリ「Leica LUX」の配信を6月6日までに開始した。ライカならではのカラーやレンズシミュレーションによるボケ味を再現した撮影が可能。(2024/6/7)

ライカレンズのような撮影ができるiPhoneアプリ「Leica LUX」、無償版と月額1000円の有償版で展開
ライカカメラは、ライカのカメラとレンズを使用したような写真が撮影できるiPhoneアプリ「Leica LUX」を発表。無償版と月額1000円(年額1万円)の有償版で展開する。(2024/6/7)

ゲオ、中古iPhoneが最安1円+5000円分の電子マネーがもらえる「夏先取りキャンペーン」 7月1日まで
ゲオストアは、7月1日まで「今だ!iPhone夏先取りキャンペーン」を実施。対象の中古iPhoneと「UQ mobile」の音声SIM同時購入などの条件を満たすと乗り換え(MNP)割引2万2000円が適用され、5000円分の電子マネーがもらえる。(2024/6/7)

ホームボタン搭載iPhoneが依然として人気 にこスマの5月中古スマホランキング
にこスマは、2024年5月の中古スマホ販売/買い取り数ランキングを発表。販売ランキングではホームボタン搭載iPhoneの人気傾向は続き、トップ10のうち4機種(6モデル)がランクインしている。(2024/6/6)

BIC SIMの契約で最大1万4000ポイント還元、iPhoneを1万5000円割引 6月30日まで
BIC SIMは、全国のビックカメラグループ対象店舗でMNP契約の際にビックポイントを最大1万4000ポイント還元するサマーキャンペーンを開催。SIMフリーモデルのiPhoneは1万5000円を割り引く。(2024/6/5)

IIJmio、中古美品「iPhone 13」販売開始 のりかえ価格なら約6万円に
IIJmioサプライサービスは、中古美品「iPhone 13(128GB/256GB)」を販売開始。IIJmioモバイルサービス ギガプランをMNP転入かつ同時申し込みの場合、一括5万9800円(税込み)から購入できる。(2024/6/4)

iPhone以外で唯一「AQUOS sense3」がランクイン ムスビーの5月の中古スマホ取引数ランキング
ムスビーは、2024年5月の中古スマホ/タブレット取引数ランキングを発表。総合ランキングは引き続き「iPhone SE(第2世代)」をはじめiPhoneシリーズが並ぶが、9位に「AQUOS sense3」がランクインしている。(2024/6/4)

iPhone SE(第3世代)の下取り額が“定価超えの7万円台”になり、中古端末が馬鹿売れする事態に Google ストアが修正
「iPhone SE 第3世代が定価以上の7万円で下取りされている」──。そんな投稿がX(旧Twitter)で一時注目を集めた。Google ストアではPixel 8シリーズを購入する際、iPhoneなどの下取りを条件に特定の端末の価格を値引きする施策を実施している。6月3日、iPhone SE(第3世代)64GBの下取り額が、定価の6万2800円(税込み)を上回っていた。(2024/6/3)

2024年第1四半期に世界で最も売れたスマホは? カウンターポイントが発表
カウンターポイントは、2024年第1四半期スマートフォングローバル市場でのベストセラー機種トップ10を発表。トップは「iPhone 15 Pro Max」で、AppleとSamsungが独占している。(2024/6/3)

会員登録せずにiPhoneからスタバで注文 「App Clip」導入の狙いと「モバイルオーダー&ペイ」の真価
スターバックスのモバイルオーダーで「App Clip」が本格展開。会員登録不要、iPhoneのカメラで読み取るだけ、支払いはApple Payで行う。スターバックスの担当者は「初回の体験をよりスムーズにすることが狙い」と話す。(2024/6/4)

100円ショップのガジェットを試す:
最近はやりの「スマホショルダーストラップ」がダイソーで110円! スマホケースに挟み込むタイプで使いやすいが課題も
100円ショップなどで購入できるガジェットを、実際に購入して試してみる連載。今回は、ダイソーで110円の「スマホショルダーストラップ」を試してみた。透明シートをスマートフォンカバーに取り付けてぶら下げる……のだが、Lightning端子のiPhone向けケースの多くでは“難”を抱えるかもしれない。(2024/6/16)

SpigenのiPhoneリングが25%オフに クリアケースもお買い得【AmazonスマイルSALE】
Spigenの一部製品が「AmazonスマイルSALE」の対象だ。本セールはAmazon.co.jpで6月3日まで開催される。セール中はiPhoneケースなどが割安な価格で入手できる。(2024/6/1)

ドコモ販売ランキング:「Pixel 8a」は3位でiPhoneの牙城を崩せず【5月20日〜5月26日】
ドコモオンラインショップの「売れ筋ランキング」。2024年5月20日〜5月26日の期間は、iPhone 15(128GB)が2位に浮上し、Google Pixel 8aを3位に押し下げた。(2024/6/1)

iPhoneへの「マイナンバーカード」にまつわる誤解を解く プラスチックカードより安全だが課題もある
Appleが、2025年春後半にiPhoneのウォレットに「マイナンバーカード」を搭載できるようにすることを発表した。米国外では初めての公的身分証明書(本人確認書類)機能への対応となるが、疑問や課題もある。筆者なりにまとめていきたい。(2024/5/31)

中古「iPhone 13」半額の約3.5万円から Y!mobileオンラインストアでキャンペーン
Y!mobileオンラインストアは、5月31日に「ソフトバンク認定中古品iPhone 13 期間限定50%オフ」キャンペーンを開始。新規契約またはMNPで対象料金プランに加入した場合、ソフトバンク認定中古品の「iPhone 13」が半額になる。(2024/5/31)

米国外では初の「身分証明書」対応:
iPhoneのウォレットアプリで「マイナンバーカード」 2025年春後半から予定
iPhoneの「ウォレット」アプリに、日本のマイナンバーカード(個人番号カード)を搭載可能となる。米国外では初の身分証明書対応で、2025年春の後半から利用できるようになる見通しだ。【追記】(2024/5/30)

iPhoneにマイナカード搭載可能に 2025年春の後半から Apple正式発表
米Appleが2025年春の後半に、iPhoneにマイナンバーカードを搭載可能にすると発表した。(2024/5/30)

製品動向:
インフラ業界で現地調査時の野帳や施工記録に活用できる「ANDPAD 3Dスキャン」を開発
アンドパッドは、インフラ業界向けに、現地調査時の野帳や施工記録として活用できる新たなプロダクト「ANDPAD 3Dスキャン」の提供を開始した。iPhoneProとiPadProに付随するLiDAR機能を活用し、CADや3Dを使用したことがない人でもスマートフォンやタブレットで簡単にスキャンができる。(2024/5/30)

iPhoneケースをMagSafe対応にできるステッカー エレコムから
エレコムは、MagSafe非対応のiPhoneケースに取り付けられるマグネットリングステッカーを発売。ステッカーを正確な位置に貼り付けられるツールが付属し、暗い場所でリングが光る蓄光グリーンなど3色で展開する。(2024/5/29)

ドコモ、iPhone 15を4.4万円割引、15 Proを3.3万円割引など 5月31日から
NTTドコモは、5月31日以降に割引内容を変更。「iPhone 14」「iPhone 15」「iPhone 15 Pro」「Xperia 10 V」が最大4万4000円割引になる。(2024/5/29)

ドコモ認定リユース品で価格改定 対象はiPhone 11〜13シリーズやXperia 1/10 IIIなど
NTTドコモは、5月30日以降にdocomo Certified(ドコモ認定リユース品)の価格を改定。対象はiPhone 11〜13シリーズ、Xperia 1/10 III、Xperia 1/5 II、Galaxy S21 5G、AQUOS R6など。(2024/5/28)

xR:
iPhone/iPadで現場の点群取得、ニコン・トリンブルの手持ち3Dスキャナーに新機能
ニコン・トリンブルは、手持ち3Dスキャナー「Trimble SiteVision」の最新バージョンをリリースした。新たにiPhone搭載のLiDARスキャンに対応し、手軽に3Dスキャニングして、高精度位置情報も含む3D点群が取得できる。(2024/5/28)

UQ mobileが「スマホトクするプログラム」提供開始 対象はiPhone 13やGalaxy A55など19機種
UQ mobile、6月3日から「スマホトクするプログラム」を提供開始。購入から25カ月目までに端末を返却すると、分割払いの最終回支払分の支払いが不要となる。対象機種はiPhone 13、Xperia 10 Vなど指定の19機種。(2024/5/28)

iPhoneの背面に装着できるMagSafe対応ポータブルSSD発売 1TBと2TBを用意
旭東エレクトロニクスは、MagSafe対応iPhoneの背面に装着して使用できるポータブルSSD「SUNEAST Pita Portable SSD」を発売。USB 3.2 Gen2x2で最大20Gbpsのデータ転送速度が可能で、容量は1TBと2TBを提供する。(2024/5/27)

Honda「CIVIC TYPE R」のスマホケースに「FL5」カラーを追加 「FREED」「NSX Type S」ケースも
エンターテインメントマーケティングは、自動車用塗料を使って実車のカラーを再現したiPhone/スマートフォンケースへ「CIVIC TYPE R(FL5)」の新色を追加。あわせて「FREED」「NSX Type S」も追加する。(2024/5/27)

“コンパクトスマホ”は絶滅するのか? 変わりゆく「小型の定義」と「市場ニーズ」
ここ最近、新製品ではめっきり見る機会が減ってしまったコンパクトスマホ。「変わりつつあるコンパクトスマホの定義」について考えてみたい。いまや「iPhone 15」もコンパクトの部類に入りつつある。(2024/5/26)

ドコモ販売ランキング:ロングセラーの「iPhone 14」が首位、新発売「Pixel 8a」は2位に【5月13日〜5月19日】
ドコモオンラインショップの「売れ筋ランキング」。2024年5月13日〜5月19日の期間は、iPhone 14(128GBモデル)が1位を獲得した。5月14日発売の「Google Pixel 8a」が2位に浮上したものの、発売1週目の1位獲得は逃した。(2024/5/25)

ドコモ、「iPhone 14 Pro Max」の実質負担額を約9万円に 新規で4万ポイント進呈も
NTTドコモは、5月24日以降に「iPhone 14 Pro Max(128GB)」で「いつでもカエドキプログラム」を適用した際のユーザー負担額を8万9650円(税込み)に変更。また、新規契約の際にdポイントを4万ポイント進呈する。(2024/5/24)

UNiCASEオンラインストアで最大30%オフセール iPhone 15ケースやAppleWatchバンドなどが対象、5月28日まで
ユニケースは、UNiCASEオンラインストアでタイムセールを開催。iPhoneケースやAppleWatchバンドなど対象商品を最大30%オフで販売する。期間は5月28日9時30分まで。(2024/5/23)

ドコモ、eSIMの利用開始手続きがしにくい障害
5月21日午前11時頃から、NTTドコモの一部eSIM対応機種にて、eSIMの利用開始手続きがしにくい状況が発生している。iPhoneは対象外。原因は確認中。(2024/5/22)

スターバックスのモバイルオーダー、会員登録やアプリ不要に Apple「App Clip」導入で
スターバックス コーヒー ジャパンは5月22日から、会員登録などをせずに「Mobile Order & Pay」(モバイルオーダー&ペイ)を利用できるようにする。従来は会員登録やアプリのインストールが必要だった。Appleの「App Clip」を導入することで、iPhoneのカメラで店舗のApp Clipコードを読み込むだけで注文可能になる。(2024/5/21)

スタバ、iPhoneで店頭のコードを読むとレジに並ばず購入可能に 会員登録やアプリも不要 アップルの「App Clip」導入で
スターバックス コーヒー ジャパンは、東京や大阪などの約1000店舗で、22日から米Appleの「App Clip」を導入すると発表した。(2024/5/21)

暗闇で光るiPhoneスキンシール「GLOW」 Makuakeで先行販売
ゼンの運営するApple製品用スキンシールブランド「ZENN PRODUCT(ゼンプロ)」は、暗闇で光る蓄光機能を備えたiPhoneスキンシール「GLOW」を応援購入サービス「Makuake」で先行販売。通常より20〜40%オフで購入できる。(2024/5/20)

スマホをPC式に使う【後編】
iPhoneやAndroidを「Windows PC」として使える方法とは?
スマートフォンなどのモバイル端末を、「Windows」搭載のPCとして使えるようにする方法がある。「iOS」や「Android」を搭載するモバイル端末を使った方法を紹介する。(2024/5/19)

なぜ? ドコモのスマホから消えた「docomo」ロゴ その理由を聞いた
5月以降にドコモが発表したAndroidスマートフォンに、「docomo」ロゴが見当たらなくなった。これまで、iPhoneとPixelを除き、ドコモが販売するAndroidスマートフォンには、docomoのロゴが採用されていた。ドコモ側で何らか方針に変更があったのだろうか。(2024/5/17)

「iPhone SE(第3世代)」が5500円、「iPad(第6世代)」が1円に ゲオモバイルが中古端末のセール、UQ mobileとセットで
ゲオストアは、5月27日まで「5月期間限定SALE」を開催。UQ mobileの音声SIMとセットで中古の「iPhone SE(第3世代)」が5500円(税込み、以下同)、「iPad(第6世代)」「HTC Desire 22 pro」が1円になる。(2024/5/17)

iPhoneが決済端末になる「Tap to Pay on iPhone」開始 クレカやApple Payで決済
Squareは、事業者向けに「iPhoneのタッチ決済(Tap to Pay on iPhone)」の提供を開始。iPhoneとiOSアプリ「Square POSレジ」をインストールすれば、タッチ決済対応のクレジットカードなどを利用できる。(2024/5/16)

iPhoneを店の決済端末に アップルが「Tap to Pay」日本で提供開始
アップルは16日、iPhoneを店の決済端末として利用する「iPhoneのタッチ決済」を提供すると発表した。(2024/5/16)

iPhone/iPadでアイトラッキング操作が可能に Appleが新しいアクセシビリティー機能を2024年後半にリリース
2024年後半にリリースされるiPhone/iPadのアクセシビリティー機能には、複数の新機能が追加される。(2024/5/16)

新しい「iPad Pro」と「iPad Air」どちらを選ぶ? 実機を試用して分かった“違い” 一新されたMagic KeyboardやApple Pencil Proも試す
まるでiPhoneのようなラインアップになったiPadだが、2022年以来のフルモデルチェンジとあって注目を集めている。そんな新しいiPad Pro(13型)、iPad Air(11型)を、非常に短い期間ながら試用することができた。2機種の違いも踏まえてレビューをお届けしよう。(2024/5/14)

iPhone SE(第2世代)が5カ月連続で1位、iPhone 12 miniも上昇 にこスマの4月中古スマホ販売ランキング
にこスマは、2024年4月の中古スマホ販売/買い取り数ランキングを発表。販売数ランキングではiPhoneのコンパクト機種が順位を上げ、iPhone 12 miniとiPhone 13 miniが8位と9位にランクインしている。(2024/5/13)

スマホをPCとして使う【前編】
iPhoneやAndroidを「Windows端末」として使える方法はこれだ
PCのデスクトップと同様にスマートフォンなどのモバイル端末を操作したいのであれば、Windows搭載PCのデスクトップをより手軽に使えるようになった方法を知っておくとよい。具体的に紹介しよう。(2024/5/12)

ドコモ販売ランキング:後継モデル発表直前も「Pixel 7a」「Galaxy A54 5G」人気落とさず【4月29日〜5月5日】
ドコモオンラインショップの「売れ筋ランキング」。2024年4月29日〜5月5日の期間は、上位3機種は変わらず、「iPhone 15(256GB)」が大きく順位を上げた。(2024/5/11)

HISモバイル、「OPPO A79 5G」「nubia Flip 5G」が抽選で99%オフのセール開催 6月20日まで
H.I.S.Mobileは、6月20日まで「SUMMER SALE! 2024」を開催。「OPPO A79 5G」「ZTE nubia Flip 5G」「ARグラス XREAL Air」が抽選で99%オフになり、事務手数料半額とiPhoneがセットの子ども応援プランも実施する。(2024/5/10)

JR東、訪日外国人向けのモバイルSuicaを開発 2025年春にリリース予定
JR東日本は5月8日、訪日外国人向けのモバイルSuica「Welcome Suica Mobile」アプリを2025年春にリリースすると発表した。対象端末はiPhoneとApple Watchで、対象言語は英語のみ。有効期間は発行日から180日間。(2024/5/10)

走るガジェット「Tesla」に乗ってます:
テスラは日本で受け入れられるのか? オーナーズクラブ代表に聞く「これまでの10年」と「これから」
「iPhoneにタイヤをつけたようなクルマ」と表現されるTesla。IT・ビジネス分野のライターである山崎潤一郎が、デジタルガジェットとして、そしてときには、ファミリーカーとしての視点で、この未来からやってきたクルマを連載形式でリポートします。今回は、Tesla歴10年余のベテランユーザー安川洋氏に、日本におけるTeslaの歴史や今後の展望などについて話を聞きました。(2024/5/9)

iPhoneに「魚」と認識されてしまうハムスターがこちらです 思わず笑ってしまう姿が170万表示超えの話題
どのあたりが魚なのかiPhoneに聞いてみたい。(2024/5/7)

ドコモ販売ランキング:「Pixel 7a」人気がじわり再燃、「Galaxy S24」は10位に後退 
ドコモオンラインショップの「売れ筋ランキング」。4月22日〜4月28日の期間は、上位3機種の順位は変わらず、「iPhone 14(128GB)」が1位、「iPhone 15(128GB)」が2位、「Google Pixel 7a」が3位を維持した。(2024/5/4)

iPhoneの天気アプリ、文京区で「大雪」とウソつく 気象庁のサイトで“正しい情報”を確認する方法は?
「iPhoneの天気アプリで、文京区が大雪警報になっている」──。そんな投稿がX(旧Twitter)で相次いでいる。しかし、実際には大雪警報は出ていない。参照元の情報として示されているのは気象庁だ。(2024/5/2)

iPhone予報アプリに不具合「文京区で大雪警報」 気象庁「発令ない、公式サイトで確認を」
米Appleのスマートフォン「iPhone」の天気アプリで5月2日、「(東京都)文京区で大雪警報が発令中」という誤表示が出る不具合が発生した。発令元として気象庁とあり、同庁に問い合わせたところ「発令していない。気象庁のホームページで確認してほしい」としており、iPhone側の不具合とみられる。(2024/5/2)

ドコモオンラインショップ、「iPhone 15 128GB」が4.4万円引きなどの「GWセール」を5月7日で終了
ドコモオンラインショップは2024年5月7日で終了する割引を案内している。4月26日以降に実施の「GWセール」では「iPhone 15 128GB」などが対象。同端末の割引額は4万4000円だ。GWセールは契約変更などに伴い、セール対象端末を購入すると、端末価格が割り引かれる。(2024/5/1)

BIC SIM、店舗でのMNP契約で1万5000ポイントをプレゼント iPhoneの1.6万円値引きも
BIC SIMは、全国のビックカメラグループ対象店舗でMNP契約の際にビックポイントを1万5000ポイントプレゼントするキャンペーンを実施。さらにSIMフリーモデルのiPhoneが最大1万6000円割引になる。(2024/5/1)

ドコモオンラインショップでGW限定セール Galaxy S23やiPhone 14 Plusなどが1万1000円割引
ドコモオンラインショップで、5月7日までゴールデンウィーク限定セールを実施している。対象製品を購入すると、1万1000円割引またはdポイント1万ポイント進呈を受けられる。Galaxy S23、Galaxy S23 Ultra、iPhone 14 Plusなどが対象となっている。(2024/5/1)

にこスマの2023年度中古スマホで「iPhone SE(第2世代)」が販売1位に
にこスマは、2023年度(2023年4月〜2024年3月)の中古スマホ販売/買い取り数ランキングを発表。販売数ランキングでは、2年連続で1位だったiPhone 8とiPhone SE(第2世代)が入れ替わっている。(2024/5/1)

「AirDrop」暗号文が解読された問題【前編】
iPhoneのファイル共有機能「AirDrop」の暗号を破った中国当局の狙い
Appleのデータ共有機能「AirDrop」の暗号化されたデータが、中国で解読された。きっかけは攻撃ではなかった。中国当局が解読を実施した経緯から整理しておこう。(2024/5/1)

Apple、iPadでもiPhone同様にEUのDMA「ゲートキーパー」に 半年の改善猶予
欧州委員会は、AppleのiPadOSもDMA(デジタル市場法)の「ゲートキーパー」に指定した。Appleは既にiOSやApp Storeでゲートキーパーに指定されており、iPhoneアプリのEU圏内でのサイドローディングを認めているが、iPadには適用していない。(2024/4/30)

充電器に載せたiPhoneがジンバルに早変わり 米Belkinによる“逆転の発想”は誰向けか
米Belkinの日本法人であるベルキン(東京・中央区)は2024年4月25日、充電器1台でiPhoneの充電とジンバル撮影の2役をこなせる新製品を発売した。価格は2万9900円(税込み)。充電器に設置したiPhoneのカメラで動く人を自動追尾し、充電しながら撮影/録画を行える。(2024/4/30)

TechTargetジャパン 特選プレミアムコンテンツ:
iPhoneは監視されている――なぜGoogleが警鐘を鳴らすのか
Appleの「iPhone」に侵入したスパイウェアによる監視行為について、Googleが注意を呼び掛けた。競合製品でさえ放っておけない、Googleが発見した警戒すべき実態とは。(2024/4/28)

ドコモ販売ランキング:「iPhone 14」が首位奪還、発売2週目の「Galaxy S24」は8位に【4月15日〜4月21日】
ドコモオンラインショップの「売れ筋ランキング」。4月15日〜4月21日の期間は、「iPhone 14(128GB)」が1位を奪還。Galaxy S24 Ultraはランク外に沈んだ。(2024/4/27)

スマホのバッテリー切れでもSuicaで改札通過できる? iPhoneで検証してみた
「モバイルSuica」で改札を通れない理由の1つに「スマートフォンなどのバッテリー切れ」が挙がるが、実際はどうなのだろうか。端末のバッテリーが全く空になるとモバイルSuicaで改札を通過できないが、端末によってはわずかに余った電力で、起動せずとも改札を通過できる場合がある。条件や使い方を確かめた。(2024/4/27)

業務用モバイル端末選びのこつ【後編】
業務用スマホなら「iPhone」か「Android」か、それとも“あの最強デバイス”か
スマートフォンなどモバイルデバイスを業務用に使用する場合は、どのような点を比較してモバイルデバイスを購入すればいいのか。候補となるモバイルデバイスの種類と併せてポイントを紹介する。(2024/4/27)

ドコモ、「iPhone 15」の実質負担額を値下げ 4月26日から
NTTドコモが、4月26日から「iPhone 15」の実質負担額を値下げする。「いつでもカエドキプラグラム+」の対象外になり、2年間使うことが前提となる。23カ月目に返却する場合、iPhone 15(128GB)の実質負担額は6万2898円。(2024/4/25)

ドコモ、「Xperia 10 V」を5万8850円に値下げ 「iPhone 15(128GB)」の4.4万円割引が復活
NTTドコモは、4月26日以降に「Xperia 10 V」を5万8850円(税込み)へ価格改定。iPhone 15やGalaxy S23などは最大4万4000円割引、またはdポイントを最大2万ポイント進呈する。(2024/4/25)

Apple、iPhoneでも稼働するオープンな言語モデル「OpenELM」を公開
Appleは、iPhoneでも稼働するオープンソースの言語モデル「OpenELM」をHugging Faceで公開した。iPhoneやMac上でモデルを実行できるようにするライブラリも公開した。(2024/4/25)

蔵出しブックレット
「iPhoneが監視されている」とGoogleが警鐘を鳴らす理由
「iPhone」がスパイウェアの攻撃対象になっている――Googleはこう強く警告しています。どのような危険があるのでしょうか。モバイルデバイスに潜むスパイウェアの危険性を解説します。(2024/4/25)

UQ mobileオンラインショップが「Pixel 7a」「Xiaomi 13T」など販売終了 中古iPhoneは値下げ
UQ mobileオンラインショップは「Pixel 7a」「Xiaomi 13T」などを在庫がなくなり次第販売終了。au Certified (認定中古品)のiPhone 12/12 ProやiPhone 11などは割賦価格を値下げする。(2024/4/23)

iPhone向けゲームエミュ「Dolphin」をApp Storeに登録しない理由を開発者が説明
Appleがゲームエミュレータの配布をガイドラインで認めたが、人気エミュレータ「Dolphin」は登録を断念したと開発者が説明した。理由はJITの使用をAppleが認めないためとしている。(2024/4/22)

「iPhone 15(128GB)」を最もお得に買えるキャリアは? 「割引後」と「返却タイミング」で比較する
売れ筋の「iPhone 15(128GB)」に着目し、改めてどこのキャリアが本当にお得なのかまとめていこう。ドコモはMNPを条件に2万2000円の割引を実施。ソフトバンクでは128GBに限り1年間実質12円で利用できるようにしている。(2024/4/22)

mineo、「iPhoneに会話を聞かれている?」とする投稿めぐり謝罪 杜撰な検証と指摘相次ぐ
「特定の企業やサービスを貶める意図はない」としています。(2024/4/20)

iPhone 13/13 ProやiPhone 14 Proの整備済製品がセールに:AmazonスマイルSALE
Amazonが4月22日23時59分まで実施している「スマイルSALE」にて、iPhoneの整備済製品がセール対象となっている。対象製品はiPhone 13、iPhone 13 Pro、iPhone 14 Proなど。最大10%オフ。(2024/4/19)

楽天モバイル通信障害が「ランチタイムを直撃」も現在は復旧 突然の「圏外」表示に慌てる人続出
楽天モバイルで一時、通信障害が起きた。「ランチタイムなのに携帯電話が使えない」との声がX(旧Twitter)で続出した。ITmedia Mobileが楽天モバイルSIMを挿入した「iPhone 15 Pro Max」で確認したところ、4月19日13時頃から圏外になり、通話/SMS/データ通信を利用できなかったが、14時を過ぎた辺りで使えるようになった。(2024/4/19)

ゲオで中古「iPhone XR」「iPhone SE(第2世代)」が1円に UQ mobileの音声SIMと同時購入で
ゲオストアは、5月13日まで「ゲオモバイル iPhone GWぶっ通しキャンペーン」を実施。UQ mobileの音声SIMとの同時購入で中古「iPhone XR」「iPhone SE(第2世代)」が1円になり、3000円分の選べる電子マネーもプレゼントする。(2024/4/19)

「視力検査か」 iPhoneで発生した“謎の不具合”が話題に 目が疲れそうな画面に「じわるw」
無害ではあるけれど、ちょっと困惑。(2024/4/19)

ソフトバンク版iPhone 15 Pro、Pixel 8 Proの一部容量が実質24円(※別途費用あり) 1年で買い替える人向け「新トクするサポート(プレミアム)」の内訳とは
ソフトバンクは2024年4月18日から、「新トクするサポート(プレミアム)」を提供する。新トクするサポート(プレミアム)は、対象機種の分割購入、保証サービスへの加入、返却を条件とし、購入から1年後に端末を買い替える人に向けて訴求する、SoftBankブランド向けの新たな端末購入プログラムだ。ここでは対象機種の実質負担額がいくらなのかをまとめる。【更新】(2024/4/17)

Back Marketの「リファービッシュ製品」が中古と違うワケ 売れ筋はiPhone 13、バッテリー“100%保証”の計画も
スマートフォンを中心としたリファービッシュ製品を取り扱うBack Marketが4月16日、メディア向け説明会を実施。同社が掲げるビジョンや日本における戦略を説明した。日本では成長率が世界で最も高く、一般的な中古市場とは異なる属性のユーザーが利用しているという。(2024/4/17)

充電しながら動画視聴 スタンド機能も備えたQi2対応ワイヤレス充電器、エレコムから
エレコムは、スタンドとしても使える2WayのマグネットQi2規格対応ワイヤレス充電器を発売。最大出力15WでiPhoneを充電でき、スタンバイモードに対応する。エレコムダイレクトショップの価格は7480円(税込み)。(2024/4/16)

ドコモが「arrows N F-51C」を1万1000円割引、「iPhone 14 Pro Max」は3万ポイント進呈 4月16日から
NTTドコモは、4月16日以降に「オンラインおトク割」「5G WELCOME割」を内容変更。「arrows N F-51C」は1万1000円割引となり、「iPhone 14 Pro Max」は3万ポイント進呈にポイントを増額する。(2024/4/16)

4000円弱で買えるのスゴい:
「JBL Tune 310C USB」レビュー USB Type-C接続×ハイレゾ対応でAndroidスマホやiPhone 15シリーズにもお勧め!
ハーマンインターナショナルが、4000円を切るハイレゾ対応USB Type-Cイヤフォンをリリースした。これが思った以上に良い製品だったので、その良さを伝えてみたいと思う。(2024/4/15)

ドコモ販売ランキング:新生活シーズンで「home 5G HR02」が好調【4月1日〜4月7日】
ドコモオンラインショップの「売れ筋ランキング」。4月1日〜4月7日の期間は、「iPhone 14(128GB)」が1位をキープした。(2024/4/13)

下取り価格が過去最高のスマートフォン市場
スマホを中古で買うなら「Android」ではなく「iPhone」が面白いのはなぜ?
スマートフォンをはじめとしたモバイル端末の下取り市場が活況を呈している。「iPhone」シリーズと「Android」搭載端末の取り扱い状況と、中品を選ぶ際のポイントを見てみよう。(2024/4/13)

合計最大42W出力、2ポート搭載USB充電器がベルキンから iPhoneなら21分で50%に
ベルキンは、2ポート搭載で合計42W出力が可能な充電器「Belkin BoostCharge 42W 2ポート充電器」を発売。折りたたみ式のプラグのコンパクトなデザインで、価格は3200円(税込み)。(2024/4/12)

この頃、セキュリティ界隈で:
iPhoneやApple Watchを襲う「MFA爆弾」相次ぐ パスワードリセット通知を大量送付、乗っ取りを狙う
他人のiPhoneを狙ってパスワードのリセット通知を大量に送り付けるフィッシング詐欺攻撃が相次いでている。「MFA爆弾」などと呼ばれる洪水のような通知は一度始まったら止める術がなく、Appleを装う相手にだまされてアカウントを乗っ取られる恐れもある。(2024/4/12)

iPhoneを約30分で50%まで充電 エレコムが最大20WのUSB AC充電器を発売
エレコムは、USB Power Deliveryに対応したUSB AC充電器を発売。隣接する差込口に干渉しづらいスリムなデザインで、製品単体だけでなく、ケーブル一体型とケーブル付属モデルも提供する。(2024/4/10)

iPhoneのLiDARセンサーとAR技術で掃除場所を可視化 ダイソンが新ツール「CleanTrace」発表
ダイソンは、2024年4月9日にAR(拡張現実)技術を活用した新たなツール「Dyson CleanTrace(ダイソン クリーントレース)」を発表した。掃除した場所を可視化する。ARだけでなく、iPhoneのLiDAR(ライダー)技術も活用する。(2024/4/9)

ダイソン、掃除した場所をiPhoneで可視化するAR技術を発表
ダイソンは9日、AR技術で掃除した場所を可視化する「Dyson CleanTrace」を発表した。(2024/4/9)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。