新しい「iPad Pro」と「iPad Air」どちらを選ぶ? 実機を試用して分かった“違い” 一新されたMagic KeyboardやApple Pencil Proも試す(1/3 ページ)

» 2024年05月14日 06時00分 公開
[石野純也ITmedia]

 2023年は新製品の投入を“お休み”していたiPadだが、蓄積したパワーを一気に放出するかのように、そのラインアップを大きく変えた。iPad Proは、「M3」を飛ばして「M4」をプロセッサに採用。iPadとして初めてディスプレイが有機ELになっただけでなく、2枚のパネルを重ね合わせたタンデムOLEDで十分な輝度を確保している。有機ELは薄型化、軽量化にも貢献しており、結果として13型のiPad Proは100g以上、その重量をそぎ落としている。

 さらに、Appleはこのモデルに合わせてApple PencilやMagic Keyboardも刷新した。新登場のApple Pencil Proは、同時に発売になるiPad Airでも利用できる。iPad Airは、プロセッサに2022年発売のiPad Proと同じ「M2」を採用。大画面版として13型モデルも加わっている。

iPad ProとiPad Air M4を搭載した13型のiPad Pro(左)と、M2搭載のiPad Air(右)を一足先に使ってみた

 まるでiPhoneのようなラインアップになったiPadだが、2022年以来のフルモデルチェンジとあって注目を集めている。そんな新しいiPad Pro(13型)、iPad Air(11型)を、非常に短い期間ながら試用することができた。ここでは、そのレビューをお届けしよう。

薄く、軽くなったiPad Pro

 レビューのために触れたiPad Proは13型だったが、このモデルを手に取ったユーザーがまず驚かされるのはその薄さや重さだろう。公式スペックは厚さが5.1mm、重さがWi-Fiモデルで579g。22年発売の12.9型iPad Pro(第6世代)は、それぞれ6.4mm、682g。厚みが1.3mm、重量が103g削減された形になる。見た目がシャープになっているのはそのため。特にMagic Keyboardに装着した際には、厚ぼったさが目立たなくなり、よりPCらしいたたずまいになった。

iPad ProとiPad Air
iPad ProとiPad Air
iPad ProとiPad Air
iPad ProとiPad Air 13型iPad Proの厚さはわずか5.1m
iPad ProとiPad Air ディスプレイ側が薄くなったことで、Magic Keyboardを装着した際の姿はよりPCライクになった

 実際、手に取るとその違いは一目瞭然だ。103gというとピンとこない数値かもしれないが、その割合は前モデルの総重量の15%以上。特にミニLEDを採用してきた12.9型版のiPad Proは、そのデバイス特性ゆえにズッシリとした重みがあった。有機ELの採用により、これが解消されている。さすがに11型版のiPad ProやiPad Airより重量はあるが、13型の広いボディーに重さが分散しているためか、持ったときの軽いという印象はそれ以上に感じやすい。

 その有機ELは、コントラスト比が200万対1と非常に高く、色鮮やか。自発光のため、黒は、これまでのどのiPadと比べてもキュッと締まって見える。黒い背景だと、画面の表示がベゼルに溶け込んでしまうかのよう。これによって、シチュエーションによっては、あたかも映像だけが浮かんでいるかのように見えてくる。没入感の高さは抜群に高い。13型版は、その明るいディスプレイが大迫力で迫ってくる。

iPad ProとiPad Air
iPad ProとiPad Air iPhoneで撮った夜景の写真を表示してみた。黒が締まって見える

 このディスプレイを動作させるには、M4に組み込まれたエンジンが必須だったという。AppleがM3を飛ばし、M4にジャンプアップしたのはこうしたカスタマイズを加えるため。そのアプローチは、ダイナミックアイランドなどに対応するため、「iPhone 14」のとき、Proモデルに特化した「A16 Bionic」を開発したのに近い。こうした開発手法が取れるのは、プロセッサから端末、さらにはその上のOSまでを一貫して手掛けているAppleならではといえそうだ。

 飛躍的とまではいえないが、CPU、GPU、NPUなどの性能も、着実に向上している。以下はM4を搭載したiPad Proと、M2搭載のiPad Airを比較したもの。「Geekbench 6」で、CPUとGPUのスコアをそれぞれ取っている。iPad ProはCPUのシングルコアが3658、マルチコアが14557。GPUは53805だ。これに対し、iPad Airはそれぞれ2595、10066、41848。iPad AirのM2も決して低い数値ではなく、むしろパフォーマンスは高い方だが、M4はそれをも上回っている。

iPad ProとiPad Air
iPad ProとiPad Air Geekbench 6で計測したスコア。こちらはiPad Pro(M4)のもの
iPad ProとiPad Air
iPad ProとiPad Air M2を搭載したiPad Airのスコア

 このレベルになると、当然ながら「Photoshop」や「Lightroom」といったアプリはサクサク動くし、動画編集もこなせる余裕がある。Mac譲りのパワーを持っているのは、過去のiPad Proと同じ。ただ、この力、特にNPUを活用した標準アプリがまだまだ少ないような気がする。iPadOS 17では、オーディオメッセージの書き起こしや、FaceTimeのジェスチャーリアクションといった、それらしい機能が増えているが、まだまだ断片的。この点は、6月に開催されるWWDCに残しておいた余白といえそうで期待感が高まる。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

最新トピックスPR

過去記事カレンダー

2024年