5Gが創出する新ビジネス

2020年春にスタートする5Gの商用サービスでは、スマートフォンの枠を超えた、法人での利用シーン拡大が期待されています。例えば建築機材の遠隔操作、災害時や工場のロボット制御、地方創世に向けた観光サービス、遠隔地での診療などが挙げられます。大手キャリアは外部パートナーと提携し、新たなビジネスの創出や社会課題の解決を目指しています。そんな、5G時代の新ビジネスに迫ります。

注目記事

5Gビジネスの神髄に迫る:

次世代通信規格「5G」を用いた通信サービスを、企業や自治体などが限られたエリア内で提供する「ローカル5G」。そのローカル5Gに参入を計画し、基地局や端末の開発を進めているのが京セラだ。どのような戦略で市場開拓を進めようとしているのだろうか。

(2019年12月26日)
MNOとの関係は?:

総務省が12月17日、「ローカル5G」に関するガイドラインを公表した。ローカル5Gは、企業や自治体などの事業者が、建物内や特定地域などのエリアで提供する、自営の5Gサービス。当初は4Gネットワークを基盤とするため、携帯キャリアとの連携も必要になる。

(2019年12月17日)

新着記事

アクセストップ10