5Gが創出する新ビジネス

富士通ら、オープンな5G SA仮想化基地局のデータ通信に成功

» 2022年02月18日 14時58分 公開

 KDDI、サムスン電子、富士通は、2月18日に商用ネットワークへ接続するオープン化した5G SAの仮想化基地局でのデータ通信に成功した。

 本基地局はO-RAN標準に準拠し、オープン化したサムスン電子の無線制御装置と富士通の無線装置で構成。従来の基地局のように無線制御装置へ専用ハードウエアではなく汎用(はんよう)的なハードウエアを使用し、無線装置間のインタフェースをオープン化したことで異なるベンダーでの構成を可能としている。

 ユーザーの用途に合わせた柔軟かつ迅速なソフトウエア展開や、さまざまな機器の組み合わせが可能になることで、基地局建設に関わる作業の効率化も実現。2022年度中にKDDIが本基地局を一部地域から展開予定で、今後もオープン化と仮想化に対応した基地局の開発を推進するという。

KDDI/サムスン電子/富士通 従来基地局との比較イメージ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

最新トピックスPR

過去記事カレンダー

2024年