5Gが創出する新ビジネス

三井物産とソニーグループ、5G SAとダイナミック周波数共用システムの接続実験

» 2021年08月11日 17時00分 公開

 三井物産とソニーグループは、8月11日にスタンドアローン(SA)方式の5Gとソニーの保有するダイナミック周波数共用技術の接続実験成功を発表。あわせて、同技術を活用した周波数資源活用にかかる事業化検討の覚書を締結した。

三井物産/ソニーグループ ダイナミック周波数共用技術

 ダイナミック周波数共用技術は、周波数帯ごとに管理されていた電波をデータベースで一元管理し、利用されていない周波数帯域を需要に応じて割り当てる仕組み。周波数共用モデルによるセカンダリーマーケットの創出や各国の5G移行支援、多様なユーザーの需要に応える都市作り、同一エリアでの複数のユースケース展開などに活用できるという。

 三井物産は、幅広い産業を事業領域として多角的なビジネスを展開。都市のスマート化の動きに対応したICTを利用した社会インフラ構築ビジネスや、アジアなどの新興国の生活向上に向けた持続可能なインフラ構築を多数手掛けている。

 ソニーは早期からダイナミック周波数共用技術の研究開発に取り組んでおり、米国CBRS(Citizens Broadband Radio Service)で3.5GHz帯(3GPP B48/n48)の周波数管理サービスの商用認可を米国連邦通信委員会(FCC)から受けている。これに基づき、同国でCBRS用データベースSAS(Spectrum Access System)の運用を行い、商用レベルの技術や多数の重要特許を保有している。

 両社はこれらの強みを生かし、日米欧に加えてアジアなど幅広い地域で周波数の有効活用モデルと、それを実現する先端的なビジネスと技術プラットフォームの構築や可能性を検討していく。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年05月22日 更新
  1. 貼り付ければOK、配線不要の小型ドライブレコーダーを実際に試してみた 画質やWi-Fiスマホ連携の使い勝手を検証 (2024年05月21日)
  2. 貼り付ければOK、配線不要の小型ドライブレコーダー発売 スマート感知センサーで自動録画 (2024年04月25日)
  3. Apple Watchを外出時にほぼ持ち出さなくなった理由 (2024年05月19日)
  4. ミッドレンジ「Xperia 10 VI」の進化ポイントを解説 デザイン刷新でも21:9ディスプレイ続投の理由は? (2024年05月20日)
  5. ダイソーで買える550円のスマホ向けカメラグリップを試してみた “あのライカ監修スマホ”が気になってしょうがない人に向いてる? (2024年05月20日)
  6. 「Galaxy A55 5G」のそっくりスマホ「Galaxy A35 5G」が海外で販売中 何が違う? (2024年05月21日)
  7. 身に着けられる小型ドライブレコーダー&防犯カメラ「ライフレコーダー128」、クラウドファンディング開始 (2024年03月21日)
  8. 「Galaxy S24 Ultra」のカメラを徹底検証 2億画素の10倍ズームは常用できるレベル AIやSペンを駆使した機能も秀逸 (2024年05月20日)
  9. メルカリでiPhoneが高値で取引されているワケ 出品のハードルを下げる取り組み始動 (2023年09月14日)
  10. 「iOS 17.5.1」配信 削除した写真が表示されるバグを修正 (2024年05月21日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー

2024年