5Gが創出する新ビジネス
ニュース
» 2021年01月28日 16時27分 公開

5Gで職場のコミュニケーションを活性化 NECネッツエスアイが実証実験

NECネッツエスアイは、ニューノーマル時代の5Gを活用した新しいワークスタイルの実証実験について発表。日本橋イノベーションベースを中心に「コミュニケーション活性化」と「職場環境の見える化」を行う。

[エースラッシュ,ITmedia]

 NECネッツエスアイは、1月28日にニューノーマル時代の5Gを活用した新しいワークスタイルの実証実験について発表。東京都の「5Gを活用した『新たなワークスタイル』モデル実証補助金」を活用して実施する。

 実証実験では「社員が孤独を感じる」「社員同士のコミュニケーションが不足する」といったテレワークなどオンラインワークの普及と同時に生まれた課題に対し「コミュニケーション活性化」と「職場環境の見える化」で解決を目指すというもの。2021年1月から2022年3月まで、日本橋イノベーションベースを中心に行う予定だ。

 コミュニケーション活性化では5Gでオフィス間やオフィス・自宅間を高精細映像で接続し、遠隔地にいながらリアルタイムかつ臨場感のあるやり取りができる環境を構築。在宅勤務における孤独感の解消やコミュニケーション機会ロスの低減効果を検証しつつ、自律走行するロボットをリアルアバターとして活用する。

NECネッツエスアイ コミュニケーション活性化

 職場環境の見える化では、温度・湿度・照度などの環境データをリアルタイムに把握。最適な労働環境の提案と、業務効率の向上につなげるとしている。

NECネッツエスアイ 職場環境の見える化

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう